年上の女性が好意を抱く「デートの誘い方」を3つの条件別に紹介

魅力的な年上の女性のイメージ

女性をデートに誘う際、年上の女性は年上の女性に合った誘い方を考えるべきだ。恋愛をするときは、相手にカスタマイズされたアプローチがやはり効果も高く、何より結果が出る。

しかし、年の差がある女性との恋愛はなかなか相手の気持ちがわからないもの。好意を抱く誘い方が分からないことで、デートに誘えない男性が多くなっている。

そこで今回は、年上の女性が好意を抱く「デートの誘い方」を3つの条件別に紹介する。年上の女性を好きになったら、ぜひ参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

事情があって関係を壊したくない人向け「年上女性の誘い方」

社内恋愛の場合などは、好きになった年上の女性と気まずくなって関係を壊したくないと考える場合は多い。紹介や知人づてに知り合った場合もそう考える男性がいるだろう。

そんな男性は、年上の女性に「時間差を付けたデートの誘い方」をしてみよう。

普段のアプローチで会話する際、ちょっと悩みがあることや聞いてほしいことがあること、意見を聞きたいことがあることなど、狙っている年上女性に漏らしておく。年上の女性は年下であるあなたの寛容であるはずなので、その話を「ウンウン」と聞いてくれるだろう。

そこで、次のセリフを彼女に言っておく。
「今度、付き合って下さいよ」
「今度、話聞いてもらえないですか?」
「今度、〇〇さんの意見が聞いてみたいです」
上のような話し方で「今度」時間が欲しい旨を打診してみよう。

反応としては、うやむやな感じになるかもしれないが、その時はそれで良い。もし、拒否されるようなニュアンスの時は、一旦引いてもう少し仲良くなっていく方向でいく。

注意点は、この第一段階では、反応を見るような話し方はせずに「それくらい悩んでいるんですよ~的な感じ」の話し方に留めておくこと。このタイミングではなく、時間差を付けたいので世間話の延長線上のニュアンスで十分だ。

会話の流れで、そこに行き着いたようなイメージで、ボソっと言う形にしておく。
その話をしてから数日おいて、その年上の女性と話しをできる時にデートに誘うタイミングを探っていこう。その際、できれば口実があると一番良い。

仕事が早く終わる日とか、新規のお店が近くでオープンしたとか、相手から同じ話題に触れてきた時など、一言理由をつけてから第一段階で時間が欲しい旨を伝えたことをメインの理由にして食事に誘う。

気まずくなれない関係なら頻繁にデートに誘うわけにはいかないから、もし断られるようなことがあれば、「時間が取れる時ってないですか?」と話したい内容があるというニュアンスで今度は多少踏み込んでおこう。

年上の女性を誘う時の良い点は、立場が少し違っているので、恋愛的な誘いであることを消せることだ。気まずくなりたくない人はこれを利用すると良い。

もし、「ちょっと先になっちゃう」というような感じで柔らかく断られたら、それを変に勘違いしないで一旦引こく方が気まずくならない。

その年上の女性があなたに時間をあげても良いと思っているなら、1~2週間後でも代替案を出すはずだから、それがないならしつこくなってきまずくなるのを防ぐようにするべきだ。

自分をアピールしたい人の「年上の女性の誘い方」

年上の女性が振り向いてくれたときのイメージ

年上の女性に自分をアピールしていきたい人は、積極的で一生懸命なあなたを見せるようにしよう。

年上の女性が年下に感じる魅力はやはり可愛さが一番に来る。基本的に最初はあまり恋愛対象としては見ていないので、可愛がられる感じで仲良くなれることが多い。
年上の女性に自分をアピールしていきたい人は、それをそのままストレートにデートの誘い方に生かしていく。

たとえば、お洒落なレストランを探してきて色々調べてきたことをアピールしたデートの誘い方をしたり、その人の好きなアーティストのコンサートチケットを手に入れてデートに誘ったりと、年上の女性だからやんわり受け止めてくれることを期待した誘い方で、一生懸命なあなたをアピールしながら誘ってみよう。年下の男子らしく明るく爽やかに声をかけるのがコツだ。

普通、可も不可もないくらいまでの男性から一生懸命な誘いを受けたら、一度くらいはデートに行ってみようかなと思うのが女性である。年上の女性なら積極的なアプローチに上手くリアクションをしてくれるので、エネルギッシュなあなたをアピールするのは有効だ。

人なつっこい感じの人は、少し甘えて子供が親にお出かけをせがむような感じ(あくまで上手く甘えているイメージ)を織り交ぜても場が和む。

勇気を出して積極的にいける人は、年上の余裕を彼女に期待して、年の差を利用したデートの誘い方をしよう。年上女性との恋愛だから有効に機能するデートの誘い方になる。

恋愛ベタの人向け「年上の女性の誘い方」

恋愛ベタな人が年上の女性をデートに誘うと、どうしてもデートに誘っている感じが言葉やニュアンスに出てしまうのが難点だ。それを生かす形でストレートさを前面に出していければ良いところもあるのだが、腰が引けつつ言葉は強めと言った誘い方になり易いのが恋愛ベタな人。

そういう人が年上女性をデートに誘いたいと思った時は、デートらしさを完全に排除した誘い方をしよう。

デートだと自分が思って誘うと、それがそのまま相手に伝わって、その年上の女性が身構えてしまう原因になる。経験が少ないことが災いしているのかもしれないが、自分が恋愛ベタであると自覚している人は、タイミングを厳選することで自然な誘い方をするようにしていこう。

そのタイミングとして有効なのが、以下の3つだ。

  • 新しい仕事を任された時の相談
  • 年度末等やボーナス等の季節的な節目でお礼の食事
  • 相手の予定が空いていることを知った時

会話の流れの中で、「もし良かったら」といった形で言える瞬間を待つ。

上で挙げたタイミングは機会の数が少ないので、ポイントとしては会話が誘いやすい感じになった時に時間をもらう程度の誘い方をすることだ。そこに注意していれば、その他のタイミングでも声をかけていって良い。

恋愛的な好意を出すと、どうしても女性は身構えてしまうところがあるので、先輩として人間性を尊敬しているような意味合いの誘い方をするのが有効。

恋愛ベタの人は、デートを誘うこと自体が特別だと思ってしまうところがあるが、本当にデートかどうか怪しいのが付き合う前のデートである。男女は友達同士でも二人で出かければデートに見えるし、片方だけがデートだと思って出かけるパターンは無数に存在するほど、本当はそこまで特別なものではない。

恋愛が苦手な人は、特別であるように誘うから特別になってしまう面があり、ただの知人同士のコミュニケーションとしてとか、相談相手としてや、お世話になっているからと言ったような誘い方は、男女であっても成立する。

確かに、男女2人で出かけることは同性同士に比べて少ないが、それを意識しまくってデートに誘うと、面倒になりたくないとか、期待されても困るといった女性の防衛本能が顔を出す。恋愛ベタな人ほど、異性であることを意識させない誘い方を目指していこう。

普段、同性を誘う時の感じがどういう感じで誘っているかを考えると、自然さが理解できるので振り返ってみると良い。

まとめ

今回は、年上の女性が好意を抱く「デートの誘い方」を3つの条件別に紹介した。

あなたの状況やニーズによって使い分けるといいと思うので、ぜひ臆せず好きな人をデートに誘ってみてほしい。

私のイメージでは、年の差がある恋愛は恋愛的な関係を意識し辛いことから、アプローチは比較的やり易いと思っている。

二人の仲が親密になっていけばデートに誘うことのハードルはどんどん下がるので、まずは立場を利用して仲を深めていくと良いだろう。その過程で参考になればと思う。

年上の女性が持つ魅力と年下の男性であるあなたがアピールしたい魅力について下の記事でまとめているので合わせて読んでみよう。

年上の女性が持つ魅力と年下の男性がアピールしたい魅力
「年上の女性は魅力的だ」と言う男性がいるが、実際のところどんな所に魅力があるのだろう? もし恋愛をした場合に、男性はどんなとこ...

関連記事:

年上の女性と恋愛したいなら「大人の恋愛」を知っていることが条件。よくわからない人は下の記事が役立つと思う。

年上の女性を誘えたらぜひ口説くのにもチャレンジしたい。実際に口説ける雰囲気があるかどうかはわからないが、下の記事は読んでおいて損はない。

年上の女性を誘うのに、「まずは食事から」というなら、何度か食事に行けたときのために脈ありと脈なしの違いを知っておこう。