恋に恋している時ってどんな状態?恋に恋する恋愛乙女の特徴

恋に恋する女性の特徴や恋愛の仕方を解説する女子の画像。

女性と恋バナをしていると、「恋に恋している」と感じるタイプがそこまで少なくないと感じる。リアルな恋愛と少し違った印象で恋愛トークする女性は、恋愛乙女と呼ぶに相応しい雰囲気を持っている。

しかし、恋に恋するのが悪いことかと言えばそうでもないから、恋愛観は人それぞれで良いと思うし、ある恋愛が「恋に恋してる状態」になってもいいんだと思う。

ただし、問題は「恋に恋している自覚がない人」である。年齢も考慮するべきなので、20代以降の人は恋に恋するようじゃ好きな人と付き合えない原因になることもある。

加えて、友達にからかわれてショックを受けることがあれば、自分は本当の恋をしているのか気になることもあって、「恋に恋している状態ってどんな時?」と不安に似た疑問を持つことがある。

この記事では、そんな疑問が解決できるように、恋に恋する状態について徹底解説する。

自分が恋愛乙女の自覚がある人も無い人も、今回は恋に恋してる時を一緒に考えてみよう。

恋に恋してるか診断する(恋に恋するタイプか診断する)

最初に、恋に恋してるか診断することからスタートしよう。以下の項目に当てはまるものが多いほど「恋に恋してる状態」である確率が高い。今、好きな人がいない人はこれまでの恋愛を思い出して恋に恋するタイプか診断してみよう。

  • 熱しやすく冷めやすい恋愛が多い
  • 好きな人と一緒にいる「自分」に価値を感じる
  • 好きな人の嫌いなところを直視できない
  • 自分のことを好きな人に知ってほしいと思わない
  • 好きな人を追いかけてる自分が好き
  • 恋愛の苦しさより、楽しさを感じる
  • 自分でもめんどくさいと思うことを付き合う前から好きな人に言ってしまう

上に挙げたのはこれから解説する「恋に恋する人の特徴や恋愛傾向」を箇条書きにしている。

多くあてはまる人は、「本当の恋」よりも「恋に恋してるだけ」になってしまっている可能性があるため、この記事をじっくり読んで「恋に恋する自分を卒業する方法」まで理解してみてほしい。

恋に恋する人は、熱しやすく冷めやすい恋愛が多い!すぐに好きになる、いつも好きな人がいる人は恋に恋してる状態

恋に恋する人の恋愛傾向をイメージした「ハートを手渡す女性」の画像。

熱しやすく冷めやすいタイプの人は、恋に恋している人に多く見られる特徴だ。好きになることにハードルが低く、常に誰かを好きな状態でいる人は、恋に恋をしていることが多い。

外見だけで好きになることがいけないことではないし、雰囲気に人となりが出るケースも多いので、「親しくならない内に恋愛感情を持つのが本当の恋ではない」なんて言わないけれど、いつも熱しやすく冷めやすい恋愛をしている人は、「好きな人が、実は誰でもいい」って状態になっていることもよくあるのが現実だ。

心の中の一つのポジションのように好きな人を捉えているところがあって、そこにある人を当てはめるように恋愛している。

好きな人がコロコロ変わる人は恋に恋してる?

恋愛の専門家として色々な人の恋愛話を聞いていると、好きな人がコロコロ変わる人に対して「それは恋に恋しているんだよ」って思うことが多い。

小学生の時などに「今は〇〇のことが好き」って言っていて、1ヶ月後に違う人の名前を挙げることなんてよくあったけど、それは明らかに恋に恋していただけで、本当は好きになる対象は誰でも良かったんじゃないかと振り返って思う。

人から「恋に恋している」と言われる時は「お子ちゃまだね」って言われているように感じるのはむしろ自然な感想かもしれない。

本当の恋は、忘れたくても忘れられなくて、考えたくないのに考えるような「切なさ」があるのが特徴だから、「今の好きな人は~」となってしまう恋愛観は、恋に恋している人と見られる。

恋に恋している人は、好きな人と一緒にいる「自分」に価値を感じる!本当の恋をしてないと「相手」を見てない

本当の恋をしている人は、ふとした時に無意識に好きな人のことを考えてしまうものだが、恋に恋してる状態では、好きな人で頭がいっぱいになるのではなくて、好きな人と一緒にいる自分をメインに想像する。

素敵な人の横にいる自分に価値を感じるような妄想の仕方をしているなら、好きな人が恋しくて思い出してしまうというよりは、自分の価値を高めてくれる存在として好きな人を捉えているため、恋に恋をしている状態だ。

誰かに強く想いを寄せるのが恋である点を踏まえると、自分の存在がメインで恋愛を考える人は本当の恋をしてる状態とは言えない。

好きな人で頭がいっぱいになる瞬間がない場合は、好きな人に焦がれる想いまで至らない点で、恋に恋している感覚に近い。

彼氏や彼女をアクセサリー感覚で考える人は、恋に恋するタイプ

時々、彼氏や彼女をアクセサリー感覚で考えているように思う話振りをする人と出会うけれど、そのタイプは本当にその人のことが好きで付き合っているのではなく、恋人としてのスペックとか、その彼氏や彼女を連れている自分を意識してしまっている。

恋に恋してる人は「相手」じゃなくて「自分」にベクトルが向いてるので、「本当に好きなの?」と聞きたくなるような話をするのだ。

もし、友達に自慢できる彼氏や彼女と付き合っている時、その要素がなくなったら別れるかもしれないと思うなら、それは恋に恋をしているような状況であって、本来の意味の愛情とは言えない。

本当の恋から良い恋愛ができると、カップルはもっと強い結びつきができるようになるものだ。恋から愛へ変わっていく感覚も、良い恋愛の中では強く感じることができる。

恋に恋してると好きな人の嫌いなところを直視できない・自分のことを知ってもらおうとしない

好きなの嫌いなところを見たくない恋に恋する女子。

恋に恋している人は、好きな人に作り上げた理想を壊したくないと考える人が多い。好きな人の嫌いなところはできたら見たくないと考えがちで、当然自分のことでも同じように考える。

好きになると、全部が良く見えてどんどん好きになる人こそ「本当の恋をしている」というわけではないと思うのだが、恋愛している時は好きな人のことをすべてを知りたくなる方が自然な発想である。好きと言う感情は最大の興味関心を引き寄せるので、良いことも悪いことも全部ひっくるめて、好きな人のことをもっと知りたいと思う。

どの程度の嫌悪感を持つかは別だけど、好きな人の嫌いなところや自分に取って都合の悪いとこを見たくないと思う時、つまりは「自分が持っているイメージを壊してほしくない」と、アイドルを見るような視線で好きな人を見ている時は、恋に恋している状況の特徴として挙げられる。

リアルな恋愛は、もう少し泥くさいところがあるのだ。年齢の問題ではなくて、恋愛経験の問題でもなくて、もっと感情的な営みが恋愛である。

恋に恋する人は好きな人に自分の理想を押し付ける

恋に恋する人は、自分の理想を好きな人に押しつける。

自分が作り上げた理想のイメージ通りに好きな人に振る舞ってほしいと思ってしまうタイプは恋に恋してる状態に近くて、好きな人が自分のイメージを壊す姿は見たくないと思うなら「本当に好きになった恋」とは言えない。

「あの人じゃなきゃダメ」
そんな感覚が本当の恋をしている状態で、そう思うからこそお互いに深く知り合いたいと思う。恋に恋する状態では「理想を追い求める」のが特徴だ。

恋に恋してる状態は、「追いかけている自分が好き」「恋してる自分が好き」だと感じている

割合としては多いとは言えないものの、好きな人に積極的になれる人の中には、「本当にその人のことが好きなの?」と疑いたくなる人がいる。

「本当に好きだったら不安になるから、もう少し慎重になるんじゃないの?」と感じるような態度を好きな人に取ってしまうのだ。たとえば、好きな人のファンになってしまうタイプなどがその代表的な存在である。

追う恋愛をする人の恋が実った時、今度は追われる恋愛もすることになるが、そうなっていきなり冷める経験をしたなら、それは恋に恋をしている状況だったのかもしれない。

こんなパターンの恋愛をする人は、追いかけている自分が好きだっただけで、又は恋してる自分が好きだっただけで、好きな人はその対象でしかなかったということ。

恋愛観として、追う恋愛をするタイプが追われるとダメだということは少なくないが、案外恋愛ゲームをしていると感じる場合も多い。落とすまでが恋愛だとするなら、それは一種のゲームだと言わざるを得ないし、恋に恋している場合も想定できる。

本人の中でもっとはっきり答えが出ているケースも多いことだろう。
追いかけている自分が好きだと思う人は、恋に恋をしている恋愛乙女なのかもしれない。

女性が男性を追いかけるとダメな理由7選~女子は好きな人を追いかけちゃダメ?
よく聞く恋愛の格言に「女は男を待て」という趣旨の言葉がある。 女性は好きな人を追いかけないで好きな人が追ってくるのを待てという事だが、なぜこんなことが言われるのだろう? 確かに、男を追いかける女は「追いかけるのが疲れた」

「恋してる自分が好き」という感情は、恋に恋してる人が持つ気持ち

“本当の恋と恋に恋する状態の違い” を「恋してる自分をどう思うのか」という点で比較すると、大きな違いがある。

本当の恋をすると、充実する感覚を持つことはあれど、どちらかと言うと「自分のことが嫌いになる」ことの方が多い。自分に足りないものや、自分に無い魅力などと向き合って、「こんな私じゃ…」「こんな俺じゃ…」とどうしてもネガティブに考えるからだ。

しかし、恋に恋してる人は、恋愛していること自体を楽しめるところがあって、恋してる自分が好きになる。自分に無いものより、好きな人との間に起こることでハッピーになれるので、恋愛が人生のプラスになりやすいからだ。

恋愛してる時に恋してる自分が好きだと言い切れる人は恋に恋してる状態だ。ここはもう少し解説する。

恋に恋してると、恋愛しても苦しさを感じずに「楽しい恋愛」になる

恋に恋してる女子が楽しそうに恋愛している様子。

本来、人を好きになるということは苦しいことである。

好きな人ができて近づきたいと思うとき、近づけない距離を意識しては落ち込むし、近づこうとできない自分ももどかしくなる。

誰かを好きになると自分らしく居られない人も実際に多くて、本当の恋をしている人は恋に苦しさを感じながら楽しさも感じる「複雑な気持ち」を抱えている。

一方、恋に恋している時は、この「苦しさ」があまりない。好きな人にキャッキャしているのが楽しくて、恋の駆け引きまで楽しんでやってしまうタイプもいるくらいだ。恋する自分に喜びを感じているようなイメージの恋愛は、恋に恋してる状態である。

これは付き合った後ならまだ分かる感覚なのだが、片思いの時にはあまり感じることができない。なぜなら、好きな人を想う時にどうしても「自分への自信」を失ってしまい、前述したように自分をネガティブに考えてしまうからだ。

それだけ大切な気持ちなのが「恋愛感情」というものである。

恋に恋している感覚だと、「自信がある」とか「恋愛がうまく行っている」とか関係なく恋を楽しむことができているので、羨ましい恋愛観だと思いつつも、しんどい恋愛をしている人から見ると子供の恋愛をしているように見え、「恋に恋しちゃってるんだな」と思われる。

本当の恋に悩む人は、下のような記事を読んで「失う自信をどう取り戻すか」考えている。

恋に恋することが悪いわけではない

これまで読んできて、「私も少しは当てはまるところがある…」と感じた人が多かったのではないかなと思う。特に高校生や大学生などの10代から20代前半では、恋愛経験の少なさから、本当の恋を知らないのが仕方ない部分もある。

恋をすれば主体が自分ばかりになってしまうこともあるし、浮かれたり、付き合えた時の自分を想像してみることもあるはず。

つまり、「恋に恋している状況」と「本当の恋」とを、完全に分けることはできないのである。

大なり小なり恋に恋してる感覚がいわゆる本当の恋にも存在するから、もし友達から「恋に恋してない?」と言われたのならこじらせ系の恋愛乙女としてみられたのかもしれないけれど、「直すべき」と言われたところで難しい問題でもある。

そもそも恋愛自体が超個人的なものである以上、どんな恋愛をしても良いはずだ。

「普通の恋愛」の価値とは~恋愛で「私って変ですか?」って不安や心配に思った時の読み物
あなたは、恋愛をした時に「普通の恋愛」って気になるだろうか。 恋愛で「私って変ですか?」って聞きたくなることがないだろうか。 人を好きになると実は自分自身と向き合うことが多くなる人がたくさんいて、「自分だけ変な考え方をしてい

全くとは言えなくても、あなたが恋愛することで多くの人に迷惑をかけているわけではないのだから、「恋に恋する自分を直したい」と思わないのであれば、経験の中で成長していければ良いのではないかと思う。

恋に恋する時期は、恋愛経験の浅い時期に多いため、恋愛経験を重ねることで本当の恋ができる人がほとんど。

自分にばかり目が行く恋愛をしているなら、きっとこれから先にそうではない出会いがあると思う。もしあなたがそんな出会いをこれから迎えたなら、「今までの恋愛と違う…」って感覚から本当の恋を体験することになるのだろう。

ただ、苦しい恋愛をするタイプの人に取って、今回取り上げいている「恋に恋するタイプ」の人はあまりよく映らないことが多いので、注意されているような言われ方をされる機会はあるかもしれない。

「その程度の好きなんだね」と思われないような対策は、友達同士の恋バナで必要だろう。

では、恋に恋する自分を卒業する方法とはどんな方法だろう?

対処法:恋に恋する自分を直したい!恋に恋している恋愛を卒業する方法とは?

恋に恋する自分を直したい女性の画像。

「恋に恋する自分を直したい!」と思った人のために、恋に恋するのを治す方法についてポイントを解説する。

恋に恋してる恋愛を卒業するには、これから挙げる3つの方法を検討してみよう。

恋に恋する自分を治すには、大人の恋愛を知ることが重要

恋に恋する人の特徴を総括すると、「恋愛に対するイメージが子供である」という点は特筆するべきこと。

恋に恋するタイプは付き合った後のことを考えていなかったり、そもそも付き合うことを前提にしてない恋をしていることも多く、恋愛のレベルが中学生や高校生の時で止まってしまっている人もしばしば。

そこで恋に恋する女子におすすめしたい当恋愛サイトの関連記事が下の記事だ。

大人の恋愛と子供の恋愛の違いとは~特徴や考え方はどこが違っているのか
実際に多くの恋愛経験を重ねると、恋愛には「大人の恋愛」と「子供の恋愛」があると気付く。 これは、「どちらがより良いものなのか」という視点での話ではなく、恋愛の形が変わっていくイメージに近い。 今、あなたのしている恋愛は「

「恋に恋するんじゃなくて、本当の恋がしてみたい」と思うならぜひじっくり読んでみて、20代の半ばや後半以降の大人の恋愛をきちんと理解してみよう。そこから恋に恋する自分を卒業するファーストステップが踏める。

本当の恋をしたいなら、内面で好きになる人と恋をする

恋に恋する人はすごく表面的な恋の仕方をしてしまっているので、恋に恋する自分を直したいなら、メンクイだという人も含めて「内面で好きになる人」と恋をしてみよう。

好きになる人のタイプを変えようとしている行為に近いので違和感があるかもしれないが、「もっと内面を重視しよう」と思う程度から始めてみると良い。少しずつ異性の見方が変わって、これまでの恋愛とは変わっていくはず。

なぜこの方法で恋に恋する自分を卒業できるのかと言うと、年齢を重ねて恋愛経験が増えると「好きな人のタイプが変わる」のだが、自然に変わるのを待つよりも自分で意識した方が恋愛力が上がるからだ。

本当の恋はやはり「自分にピッタリ合う人」との間に起こる。恋に恋するタイプはどうしても表面的な部分で好きになってしまっているので、「自分に合う人」という感性がまだ疎い。

内面で惹かれる人と恋をすれば、恋に恋する状態を抜け出すきっかけをつかめるので、「好きになる相手の選び方」を変えてみよう。

いつも好きな人がいる人は、本当の恋をするために恋愛しない期間を作る

常に好きな人がいる人は「好きな人のポジションにいつも誰かいる」という状態なので、恋に恋する状態を抜け出すのが難しい。そんなタイプの人は、恋愛しない期間を作ることで「本当に好きになる」という経験をしてみよう。

そのために重要なのは、毎日の生活を充実させて好きな人がいない状況でも寂しくしないようにすること。

恋に恋するタイプは好きな人のことを想って自分を支えるタイプも多いが、アクティブに行動することで精神的なバランスを取るようにすれば、好きな人を作らないでも仕事や学校で頑張れる。

恋愛しない期間を作ると「自然に好きになる」という経験をするはずだ。好きな人を探すのではなく、気が付けば好きになっていた状態になることで本当の恋が体験できる。

恋に恋する自分を直したいと思っても恋愛観そのものを変える必要はないので、「好きになり方を変える」という事を検討してみよう。

まとめ

今回は恋に恋している時ってどんな時か、恋に恋する恋愛乙女の特徴を挙げながら考えてみた。最後は、恋に恋する自分を直したいと思った人向けの対処法もまとめた。

自分の恋愛と比べて見て、あなたはどんな感想を持っただろう?

こじらせるところまで行ってしまうとアレだが、片思いの当初は恋に恋している状況と似たような気持ちになることは多いので、最初から誰かを好きになった時に「本当の恋じゃない」と区別する必要はないと思う。

ただし、恋に恋する人は主体が自分にばかり行ってしまってどうしても恋愛に必要なコミュケーションが上手く行かないところがあるので、その点だけは注意が必要だろう。

恋に恋するのを直したいと思ったら、一生一緒に居たいと思えるような人と恋をしよう。

20代の恋愛で理解しておきたい「8個のウソ」とは~20代の前半から後半まで、「知ってほしい恋愛で大事なこと」
20代の恋愛は、まだまだ恋愛経験が乏しいから多くの失敗もしてしまう時期。実際は、傷つきながらも成長するようなイメージで「20代の恋愛」はあるのだろうけど、たくさんの人が知ることになる「恋愛のウソ」は、早い段階で理解してほしい。

関連記事:

大学生の恋愛 世の中の恋愛事情
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました