バレンタインチョコをもらう方法はこれに決まり~変に小細工しても効果なし!カッコ悪い!

バレンタインチョコをもらう方法を実践した男性が実際に女性からチョコをもらう様子をイメージした画像。

バレンタインにチョコをもらいたい男子は、どんな方法でチョコをゲットしようとしているだろう。

変に小細工し過ぎてないか、カッコ悪い方法で伝わらない遠まわし過ぎる方法を選んでいないか、恋愛ブログを運営している私としては少し気になるところ。

ニーズのある話題だと思ったので私が推奨する「バレンタインチョコのもらい方」を方法として紹介しておこうと思った。

チョコは所詮チョコ。でもやっぱりバレンタインデーにチョコ0は嫌だと思う人もいるだろうから、又は気になるあの子からチョコがほしいと思う男性もいると思うから、直前対策を講じてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

バレンタインチョコをもらうのに小細工しない方が良い理由

バレンタインチョコをもらうのに小細工してはいけない理由は「カッコ悪い」からだ。男なんだしストレートに行こうよ!と思うのである。たかがチョコ。しかしされどチョコなのかもしれないが、イベントは楽しんだ者勝ちだ。余計なことをやるくらいならやらないほうがいいとも思う。

しかも、バレンタインにチョコをもらおうとするその小細工が本当に女性へ届いているのかも、かなり疑問である。相手の女性があなたの行動・態度に気づくとしたら、良い印象を持ってくれるのかがさらに疑問なのだ。

あなたは逆の立場で考えた時、どう思うだろう。
少なくても私は選ばない方法が「小細工」ということになる。

なぜなら、女子はむしろ「自分チョコ」とか「友チョコ」に忙しく、男子に渡す義理チョコよりも意識が高いと常々思っているから

可愛いくておいしいチョコを交換するイベントとしても、女性はバレンタインデーを楽しんでいる。男性が抱くチョコへの憧れみたいなものはそんなに考えていない。意識する女性にほど不器用に遠まわしなバレンタインチョコの催促をしてしまうくらいなら、今回紹介するバレンタインチョコのもらい方をやった方が数倍マシだと思うのである。

男としての評価を落とさないように、伝わらない、意味のないチョコをもらう方法は捨ててしまおう。

スポンサーリンク

バレンタインチョコをもらう方法

では、具体的に私が推奨するバレンタインチョコをもらう方法を紹介する。

会話の例も紹介するのでイメージはしやすいかと思うから、興味を持ったら実践してみよう。

バレンタインデーに女子からチョコをもらうために、まず好きな女性や気になる女性にバレンタインを話題に話しかけよう。ほかの話題から入って会話の途中からだと猶更いい。

バレンタインが近くなってきたらそれを話題にするのは何ら普通のことだ。コンビニでも目立つところにコーナーが設けられているし、どこを歩いても街はバレンタイン。きっかけはいくらでもあると思うので、それを利用するとやりやすい。

色々考えちゃって難しいと思うなら、正直いきなりバレンタインを話題に出しても良いと思うくらい。自然さを重視する男子は、目に入ったバレンタインのものをきっかけに話題をふってみよう。

具体的には、去年やここ数年のバレンタインについて、誰にどのようなチョコをあげていたのかをふんわり聞く(作ったのか買ったのかなど)方法はその中でもおすすめ。

「下手だけど去年は作ったんだよ!友達にあげたの♪」
とか、
「みんなで友チョコ交換しただけかな」
など、

とりあえず相手の女性は何らかのリアクションをするから、どんな答えであっても
「じゃ、今年は俺に(も)ちょうだい笑」
で、お願いする。

「えー」
なんて言われても気にしない。

「約束ねー!」
これで約束してしまう。

この方法で確実にチョコがもらえるかどうかはあなたと相手の女性の関係次第な面があって、彼女の性格も絡んでくる。ただの冗談話にならないようにしたいから「約束ね!」のところは目を見てはっきり言っておくと期待値が少し上げられるだろう。

しかし、女の子もバレンタインにチョコを渡すのは恥ずかしいものだし、喜ばれるかどうかも不安。もしチョコを欲しいと思っている女子と仲良くなっているなら良いきっかけになる会話だし、アプローチ中なら頑張ってみても良いと思う。

友達っぽい雰囲気の会話に見えるけれど、バレンタインは恋愛を意識しやすいからちょっとラフに行っても意識してもらえる可能性があるし、当日はやっぱりドキドキするもの。もらえなかったらそれはそれとして、アプローチとしてもやってみてほしい

紹介した方法のポイントをおさらいする。

  • バレンタインを話題にして去年やここ数年のバレンタインチョコを誰にどんなチョコあげたかふんわり聞いてみる
  • どんな返答でも「俺にもちょうだい!」という趣旨で返答する
  • 何か言われても「待っているね」って冗談で話を終える

これだけだ。

はっきりちょうだいとお願いするのがカッコ悪いと思えばやめておこう。私としてはほかの方法でもらおうとすることのほうがかっこ悪いと思ってこれを書いた。チョコをゲットする方法を知りたい人向けだ。

ここまでを踏まえて会話のイメージも紹介しておこう。

男 「もうすぐバレンタインだね。去年どうしてたの?」
女 「彼氏いなかったから友チョコだけあげたかな」
男 「じゃ、今年は俺にもチョコちょうだい笑」
女 「えー」
男 「約束ね!!」
女 「もう…」

みたいなイメージ。

会話だから同じ展開にならないと思うけど、さきほど説明したポイントに沿って会話を進める。これくらいの会話が成り立たない関係ではやめておこう。それなりに仲良くなってきた女の子を想定している。

そうでないとバレンタインにチョコをもらうこと自体が難しいから、仲の良さに自信がないなら会話を盛り上げたところでやってみよう。ちょっとノリに任せた感じにはなっているから、雲行きが怪しければ撤退して完全に冗談話にすれば良い

意識しすぎることなく、すいすい会話をすすめるのがコツになる。

バレンタインは、ストレートこそ最適

バレンタインに、
「俺、甘いもの結構好きなんだよね♪(※チョコ好きアピール)
とか、
「はい、ケーキ。いつもお疲れさま!(※お返し狙い)
とかで、遠まわしにチョコをもらう方法は、気づかれないか、気づかれても地雷になるかのどちらか。

いい雰囲気にあるなら恋のイベントっぽく微妙な感じがドキドキしていいと思うけど、このままではもらえないと思うときに、それでもチョコをもらう方法を探していたらストレートこそ最適。

「この人チョコが欲しいんだな」と思われるならストレートに伝えるほうが印象が良い検索で出てくる記事に逆効果とも思える方法が紹介されていたから私なりに方法を紹介した。

「意識する女性からチョコがほしい」という目的を達成するならおすすめなのでやってみよう。

相手の意識とは別に「自分的本命チョコ」でも本当にもらえるならうれしいものだ。恋を進めるきっかけにすることもできると思うので、興味があればこういった方法を参考にしてみよう。

追記:さらにやりやすいストレートなバレンタインのもらい方!「やさしさのお返しにチョコを頼む」

バレンタインの時期が近づいて関連記事が良く読まれていたので追記する。

この記事で紹介した会話が難しいと思う男性におすすめしたい、もう一つの方法があるからやってみてほしい。ちょっと偶然の要素も絡むけど、好きな人と関わりが多い人なら難易度はさらに低くなると思う。

その方法とは、「あなたが相手の女性にしてあげたことに対するお礼としてバレンタインチョコを頼む方法」だ。お返し狙いのプレゼント攻撃などとは違い、この方法なら気になる女性や好きな人に「純粋なやさしさ」を提供できるから、恋愛アプローチとしてもおすすめできる。

たとえばあなたが仕事でフォローしてあげた時など、彼女からお礼を言われるような行動や態度を実践してみよう。そのときに雰囲気良くお返しのチョコをおねだりしてしまう。大したことじゃなくても冗談ぽく言ってみるのがコツだ。ノリが良ければ本当にくれる女子も多いし、優しい女子も案外多い。

やってあげたことが大きなものであるほど成功確率が高くなるけど、この方法も関係性によっては鉄板とも望み薄ともなる。

ただ、前述しているように「きっかけを作る」というのが男性側がバレンタインに頑張ってみる最大のメリットなので、「話を振ってみよ!」って感じで行けると、いずれにしても恋愛のアクセントになりそう。アプローチは意識してもらうためにやるものなので、そんな視点に立つとやってみるメリットが見えるかもしれない。

付き合う前はノリ良く行けるかどうかも大切な要素だから、細かな工夫が空回りするより、ストレートにワントライしてみよう。

まとめ

今回は「バレンタインチョコをもらう方法」を紹介した。変に遠まわしなもらい方は恋愛的に逆効果ともなり得るのでストレートな方法が良いと思う。

自分のキャラとかもあるので、一つの参考にしてもらえたらと思う。良いバレンタインになれば私も嬉しい。意識する女子、好きな人がいるなら頑張ってみよう。

関連記事:

スポンサーリンク
記事下アドセンス
記事下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツヴァイ訴求
本格的な恋愛診断でした!【無料】

自分の恋愛傾向について、詳細な分析コメント付きで数値化してくれる「プロが作った無料恋愛診断」を受けてみました。
20歳以上限定ですが、とても参考になる恋愛診断だったので読んでみてください。
【人気記事】

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!

スポンサーリンク