恋愛が進められる人と恋愛が進められない人の違い~私の恋愛の進め方にどんな間違いがあるの?

恋愛が進まない理由を考える男性と女性。恋愛が進められないことに悩んでいる。

恋愛を進められる人と恋愛が進められない人にはいくつかの明確な違いがある。

恋愛が技術だとは言わないのだけど、世の中には心理学に基づいた恋愛テクニックも存在していて、恋愛が進められる人は自然と異性の心を掴む恋愛の仕方ができている面もある。

「恋愛が進まない」
「恋の進め方が分からない」

好きな人ができれば誰だって片思いの進め方に悩むものだが、いつも好きな人と付き合えない人は、この記事で恋愛が進められる人と恋愛が進められない人の違いを知ってみよう。

恋愛を進められる人は、好きな人と接触しないと何も始まらないと思っている

恋愛は、何かに積極的でないとまず上手く行かない。

これは別にアプローチだけを指しているのではなく、受容力だったり共感力だったり自己開示能力だったり、コミュニケーションにおける「何か」に積極的な人は、好きな人にすべての面で消極的になる人に比べて、明らかに恋愛を進めることができる。

ただ、好きな人ができた時にまず必要になるのは「コミュニケーション」である。好きな人が自分に話しかけてくれない、LINEをくれないなら、自分から接触するしかない状況だ。その意味で、「積極的になると恋愛が上手く行く要素の一番目」はやはりアプローチということになる。

恋愛が進められない人は、好きな人に接触できない

あなたの恋愛が進まないとしたら、まずはじめに浮かぶ理由は「好きな人に接触できないこと」である。恋愛が進められる人は「好きな人に積極的に接触する」から恋を進めることができる。

恋愛を進めることができる人は肉食系とよく言われるが、肉食系男子・肉食系女子は本当に好きになってしまえば好きバレするくらい好きな人へは絡んでいくので、もちろんいつもってわけじゃないけど、積極性は恋愛するときに最も大事な能力である。

恋愛を進めることができる人になりたいなら、話しかけるか、メール・LINEするか、好きな人との関りを持とう

目が合うだけで惹かれあう恋愛は中学生まで、もしくは高校生までだから、「話しかけること」か「メールやLINEすること」に積極的になり、自分から恋愛を進めることができると、あなたの恋愛が進まない理由も改善できるはずだ。

恋愛を進めることができる人は、好きな人と接触しないと何も起きないと思っている。何もしなければ恋愛が進むはずがないから、まずは好きな人と絡むことがすべての始まりだと考えている。

恋愛が進められる人は「好きな人に好きになってもらうために頑張る」、恋愛が進められない人は「好きな人に嫌わないように頑張る」

恋愛が進められる女性

好きな人はその人に取って「特別な人」である。好きな人から減点されない恋愛の仕方は、確かに「いい人」だと思ってもらえるかもしれないが、ナンバー1やオンリー1にはなれない。

つまりは、特別な人である「好きな人の好きな人」にはなれないのである。

恋愛が進められない人と比較すると、恋愛が進められる人は「好きな人に好きになってもらうために頑張る」ことを前提に恋愛している点は大きな違いである。

あなたの恋愛が進まない理由は、「嫌われないために頑張っている恋愛」だからではないだろうか?

自分のことを好きになってもらうために頑張れているだろうか?

もし、好きな人があなたを好きになってくれるとしたら、どこを好きになってもらえるだろう?

恋愛の進め方が分からないと思っている人は、本当に自分が恋を進めようとしているかをまず考える必要がある。

好きな人に嫌わない恋愛の進め方は、恋愛が進まない

好きな人とコミュニケーションを取る時、嫌われないために頑張る人はとても表面的なコミュニケーションに留まっている。

好きな人が話すことに共感して、褒めて、受け入れて、認めてあげて。そういったコミュニケーションは「嫌われないために」とても重要で、友達関係のコミュニケーションではとても良い考え方だと思うけど、恋愛ではその他大勢の人の中から「特別な人」になれないと上手く行かないから、恋愛が進まない人の考え方だ。

好きな人とすごく仲良くなる流れで恋愛成就はあり得るから「嫌われないアプローチ」も積極的にイケるのであれば強みとなる気もするが、あなたの恋愛が進まない理由を探すとしたら「表面的なコミュニケーションのもたらす弊害」に目を向けるべきだろう。

好きな人に心を開いてほしいなら自分から心を開く。
好きな人にもっと自分を信頼して色々な話をしてほしいなら、自分から好きな人を信頼して色々なことを話す。

恋愛が進められる人は、好きな人と友達になれたと思うあたりから「好きになってもらうアプローチとはなんぞや」と考え、恋愛を進めるためのコミュニケーションを意識して接触するようにしている。

好きな人から嫌われないように遠慮することも大切だが、恋愛を進められない人は好きな人に踏み込む一言や態度を意識して、好きになってもらうアプローチの仕方に頑張ろう。

恋愛が進められる人は、好きな人に対する一度や二度の失敗が関係を壊さないと信じている

恋愛に積極的になろうとすると、必ず「失敗」と認識するべき行動や態度が出てくる。

ただでさえ相手の気持ちは自分に取って分からないものなのに、「強がり」や「ごまかし」など、恋愛の複雑性を主な原因として、不安的な感情が失敗を増やす面もあり、やはり恋愛は理屈通りになんかいかない。

恋愛が進められる人は、恋愛が進められない人に比べて、失敗の数は圧倒的に多いはずだ。恋愛に積極的にいると、どうしたって失敗が避けられないのである。

好きな人との関りを持つほどお互いの色々な面を知ることになるのだから、プラスもあればマイナスもあって、パーソナル(人間性や性格)な部分以外に行動や態度でも失敗したと思えることが出てきてしまうのである。

しかし、恋愛が進められる人は、たくさんの恋愛経験によって「縁のある人とは一度や二度の失敗が関係を壊さない」ことを知っている。恋愛が進められない人は、何か失敗すると好きな人と付き合えないと思ってしまうところにも、違いがある。

恋愛が進められない人は、たった1回の失敗でアプローチできなくなる人も多くいる。

「縁があるなら付き合える」と信じ切ることで、好きな人への失敗も前向きに考えることができる

確かに、取り返しのつかない失敗というものは恋愛に存在しているが、自分が良かれと思ったことで裏目ったとしても、縁がある人との関係はまず壊れない。

逆に言えば、一度や二度の失敗で壊れてしまうのなら、それは「縁がなかったのだ」と思うことができるのが恋愛を進めることができる人である。

もし、これがあなたとの違いになっているとしたら、恋愛の進め方という点で違いが大きいところだろう。

恋愛に積極的になりたいと思うなら、失敗が増えることを受け入れて、それでも「好きになってもらうためにアプローチしなければ恋愛が進まない」と考えることが大切だ。

好きな人との片思いを進める上で失敗は避けられないものだが、「好きな人との縁を確かめる」という恋愛の進め方をしていけば、その失敗も前向きに考えることができてくる。

恋愛が進められる人だって、好きな人へのアプローチに失敗した時は凹みます。でも、それによって嫌われるわけじゃないと分かっているから「また頑張ろう」と思えるんですね。

恋愛が進められる人は、好きな人に自分を知ってほしいと思っている

恋愛の進め方が上手い女性

好きな人の前では「恥ずかしい」という感情と戦わないといけないが、恋愛が進められる人は、好きな人に自分を知ってほしいと思っているから、恥ずかしさに負けず自分をアピールできる。

恋愛が進めれない人の特徴として、「好きな人に自分をアピールできない」という点があるけど、ここには「自分に自信を持っているかどうか」が大事な一方で、恋愛が進められる人との違いという意味では「自分を隠すのか表現するのか」が大きい。

人は感情が大きく動かないとまず好きになることがないため、自分を隠す人はどうしたって友達止まり、知り合い止まりの恋愛を繰り返すところがある。自分をアピールすることができないと、たった一人の好きな人にはなれない。

恋愛を進められる人になりたいなら、好きになってもらうポイントを意識した恋愛の進め方をする

好きな人に好きになってほしいなら、好きになってもらうポイントを意識した恋愛の進め方をしよう。

カラオケが得意ならどうにかして好きな人とカラオケに行くべきだし、スポーツ万能なら運動神経をアピールするために好きな人をスポッチャに誘いたい。分かりやすい長所じゃなくても、思いやりや優しさアピールなども、恋愛の進め方として意識するべきだ。

恋愛が進められる人は、「好きな人が自分を好きになってくれるとしたらどこに魅力を感じて好きになるのか」を、自分の中だけであっても理解している。

恋愛が進められない人は、自分の魅力についても一度深く考えるべきだろう。何を好きな人にアピールするか明確になれば、恋愛を進めることができる人に変われる。

恋愛が進められる人は、好きな人との「今の関係」がずっと続かないと思っている

恋愛を進めることができない人は、「好きな人との今の関係」に対して守りに入る意識がある。

仲良くなった人を好きになったり、好きな人と仲良くなると、「関係を壊すのが怖い」と思ってしまって恋を進められなくなってしまう人がいるのだ。「今のままでいい」「付き合えなくてもいい」と思う人は、恋愛が進められない人に圧倒的に多い。

好きな人と仲良くなると、片思いのままでいいと思うのが恋愛を進められない人

恋愛が苦手な人の中には、あえて自分から恋愛を進めない人がいる。そういう人は、好きな人の今の関係を続けたいと思うことが、付き合うことに対して消極的になる理由となっている。

付き合うということは友達関係から一歩関係を進めることを意味し、そのための行動は、いずれにせよ関係を壊してまた新たな関係になることを意味しているので、好きな人と仲良くなった時に「今の関係」を大事にすると恋愛が進まない理由になる

「友達でいい」という人は言い方を変えると「恋愛を進めたくない」と言っていることと同義だ。

恋愛が進められる人は、経験によって「好きな人との今の関係が長続きしないこと」を知っている。恋仲になった場合は、たとえそれが確信できない時期であっても進むべきタイミングで進めない場合、どこかでその関係は変わってくるし、絶えず人と人の関係は変化しているため、「現状維持」が本当に難しいのである。

付き合っているカップルですら交際3ヶ月の壁を越えられないと言っている世界なので、あなたにも納得できる部分があるだろう。

「今のままでいい」と思えば、恋愛が進まないのはある意味当然だ。恋愛を進めることができる人の恋愛が進む理由は、好きになったなら友達関係で満足せず、今の関係をもっと深めていくために関係を壊してでも恋愛を進めていくから。

しんどくても恋愛を進めていこうと思えるのは、今の関係がずっと続かないと思っているからだ。

恋愛が進められる人は、本当に好きになったら告白をする

告白できなかった人と両想いだったのを後から知ることは恋愛あるある~みんなの恋愛事情と共に
ある恋愛が過去になると、時々その答え合わせができる機会に遭遇する。 「え!あの時に告白したらOKだったの?」 同窓会などは一番イメージに近いけれど、告白できなかった人と両想いだったのを後から知ることは恋愛あるあるで、私も何度

究極的に、恋愛は気持ちを打ち明ければ付き合える可能性がある。まだ好きになっていない人から告白された場合、前向きに検討する人が意外と多いことはあなたも知っていることかもしれない。

上に張っている記事のなかでも言っているように、「本当は両想いだったのに付き合えなかったカップル」は世の中に星の数ほどいる。

好きな人の気持ちに確信が持てる時など、勘の良い人でもそうそういないのである。もちろん、恋愛が進められる人だって告白する時に成功の確信など持ってない。

恋愛を進められる人だって、告白する瞬間はすごく不安になっている

誰かを好きになれば、人は必ず主観的に見てしまうものだ。そうなれば、矛盾も含む恋愛で確信などできない。どこかに必ず「自分への恋愛感情」を否定するエピソードが浮かぶはず。

「目が合ったのに話しかけてくれなかった」とか「他の人と仲良くしていた」とか些細なことが浮かんでしまうのが恋愛中である。

好きな人との恋愛に対し、最後の一歩を進めるためには「告白」が条件になりやすいから、告白できない人は究極的に恋愛が進まない人だ。

恋愛が進められる人は、もちろんいつもではないが、本当に好きになったときは気持ちを打ち明け、告白する。その行為自体が、恋愛が進む理由となっているだろう。

なお、私から「告白できない人」へ書いたのが下の記事なので、もしあなたが告白できない人であったなら読んでみてほしい。

まとめ

今回は恋愛が苦手な人向けに、「恋愛が進められる人と恋愛が進められない人の違い」を、あえて比較から「違い」に注目してまとめた。あなたの恋愛を進めるために、参考にしてもらえたら嬉しい。

人が人を好きになった時、モテる人もモテない人も考えることはほとんど同じだ。

自分のコンプレックスと向き合うし、失敗を後悔し、自信も失う。思い通りにいかない恋愛に対して「めんどくさい」とも思うから、逃げたい瞬間やどうしようもなく落ち込むことや凹むことが出てくる。

しかし、大切な気持ちに対して頑張れない自分ではいたくないと私は思う。「どうせ倒れるなら前のめりに倒れたい」とまでカッコつけないけれど、冷めた人生じゃつまらないし、大事なことは大事にしたい。

「この人とのことだけは…」と思えるような人との出会いがあったなら、自分らしく恋愛しよう。あなたにもそんな人が現れたら、勇気を持って進んでほしい。

この恋愛サイトの読者には、後で後悔するような恋愛の仕方だけはしてほしくない。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばから始まる「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦り

関連記事:

アプローチモテない男性モテない女性私の恋愛観
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました