積極的な婚活が必要な理由はノーベル賞で証明されていた!?~待っているだけでは幸せな結婚ができないの?

積極的な婚活をした女性が結婚したイメージ

恋愛が苦手な女性は、結婚を考えた時に「自分には積極的な婚活が必要なのか」を考える時があると思う。今までの恋愛事情からストレートに結婚をイメージできないなら、結婚願望を持っていることを条件に、年齢の問題でそう思い始めるとも言えるだろう。

しかし、実際に婚活を始めるまでにはいくつかハードルがあって、できれば自然な出会いから結婚相手を探したいと思う人も多いはず。初対面が苦手な人も多いので、婚活パーティーもマッチング型の婚活も、気持ち的に抵抗を覚えるかもしれない。

そこで今回は、結婚を考える女性へ向け、「積極的な婚活が必要な理由」についてノーベル賞を取ったある理論を基に考えてみたい。無理に婚活の必要性を説く記事ではないが、重い腰を上げたい女性へ届けばと思う。幸せになるために考えてみよう。

スポンサーリンク

2012年ノーベル経済学賞を受賞したGSアルゴリズムとは

2012年に二人の経済学者が「(マッチング問題における)安定配分の理論とマーケットデザインの実践に関する功績」を讃えられてノーベル賞を受賞した。

この安定配分の理論と言うのが、男性と女性が結婚する場合なども含めた所謂「マッチング現象」を、始めて数学の概念を用いて、(全体としては)最も理想的なカップリングを実現するための理論として考案された。

全員が希望通りのカップル(企業など応用範囲は広いのだが、今回はテーマに則して説明する)にはなれないけれど(現実的にも不可能)、全体を見れば最も効率的なカップリングが可能な理論になっているのが特徴だ。

GSアルゴリズムと言われるそのマッチングシステムを紹介しよう。

参加者は、全員が結婚したいと思っていることが前提の男女(同数)。
それぞれ結婚したい人の順位付けをし、男性がランキング上位の女性からプロポーズしていく。

プロポーズを受けた女性は、婚約者がいない場合、取り敢えずプロポーズをしてきた男性をキープ(婚約)する。次にプロポーズしてくる男性が現れれば、ランキングに即してキープを順次変えていくシステムだ。

キープの変更でフラれた男性は次にランキングされている女性へプロポーズをする。
その男性が次にプロポーズをする女性にはキープがいることも想定されるが、女性は自分のランキングを基にキープを変えるかどうかを判断できる。

繰り返していくと最終的には誰かとマッチングし、全体としてはより希望にそったカップリングとなる。

条件は以下の2つ。

  1. 男性は2度同じ女性にプロポーズできない
  2. 女性はプロポーズを受けると必ず一度キープする

婚約状態にしてプロポーズをしてくる男性がいなくなるまで繰り返す形になる。

結婚を考えた時、このシステムはそのまま運用できないと思われるが、恋愛した時に「待ち」一辺倒の女性がいるとしたら、実はかなり残念な結果となっている点に気付くかと思う。

全体を通して理想的なカップリングだったとしても待っているだけの女性は

GSアルゴリズムが示した結果を見ると、能動的に行動した(プロポーズを自ら行うこと)男性側は、女性側に比べると、ランキング上位者とカップリングされることになる。

好きな女性にプロポーズをすると必ずキープされるからであり、もしキープの入れ替えが行われても、男性は2番目に好きな女性にプロポーズをし、その女性はそれまでのキープしていた男性とプロポーズをしてきた男性を比べて自分のランキングから選ぶからだ。

女性の判断は限定された条件が発生している。

これは当然ながら男女を逆転して女性からプロポーズをする設定にすると、女性の方が満足度の高いカップリングが行われる。

つまり、全体を見て理想的なカップリングを行う場合においては、能動的な行動を取る人がより満足度が上がる結果となっているのである。

理論は置いておいたとしても、それぞれが日常生活の中で実感できる部分ではないだろうか。このシステムは現実に当てはめると、そのままガチっとはハマらないし、ルールありきのシステムに思える。

しかし、待つだけの恋愛をするタイプの女性が受け止めるべき現実は重いものかもしれない。

待っているだけの人の結婚は、自分から追いかけていく人の結婚よりも幸せの総量が小さくなっているのはかなり衝撃の事実である。

対策と考察(婚活の必要性)

今回取り上げているGSアルゴリズムを現実的なものに直して考えた場合、対策は二つになってくる。

一つは、能動的なアプローチをしていくこと。
もう一つは、自分を検討してくれる人の数を増やすことだ。

能動的なアプローチの必要性は、これまでの説明で納得できるところだろう。
結婚制度が社会全体の効率的なカップリングを目指しているとは言えないが、実際のカップリングでは「妥協」があったり、「理想と違う人との付き合い」が存在している点で、効率性をある程度求めているところがある。

要するに現実を見て恋愛している人が多いということ。
特に出産を踏まえたりした婚活においてはシビアな判断が為されるところではないだろうか。

できれば能動的なアプローチができれば幸せになる確率を上げられるのは間違いないだろう。
しかしながら、恋愛のスタイルにはそれぞれの性格が関係している。

能動的にアプローチできる人は男性に多いとされながらも、「草食男子」という言葉が出てくるように、人それぞれだ。性差を考えると、男性よりも女性の方が「追う恋愛」を不得意としている人は多いだろう。

そこで二つ目の対策が現実味を帯びてくる。
つまり、選ばれるしかないのなら検討する人の数を増やそうということ。

これまで説明してきた通り、カップリングを前提にした男女が集まって、追う側と待つ側に分かれた場合、追う側の満足度が高いカップリングとなる。
これは一定のところで普段の生活を概ね表せていると仮定しよう。

そう考えると、追う側にならない・なれないとしたなら、追う人の数を確保することが大切になる。今回のGSアルゴリズムに直して考えれば、待つ女性は追う男性の数を確保するということ。

数が違ってくれば自ずとより満足度の高い男性とカップリングが成立することになる。
これが婚活の必要性を表しているように思う。

今挙げた対策の二つともを「婚活」はサポートしてくれる。
多くの人が日常生活で出会いの無い日々を送っている状況なので、「追う」と言っても追うべき相手も浮かばないという人は多いのではないだろうか。
コミュニティー内の婚活はハードルが高いだろう。

婚活を行うことで追うべき相手との出会いを確保できるのは大きい。

また、追われるのに対しても婚活の必要性を感じさせる。
あなたを発見してくれる男性が少ない状況では選ぶ場合にどうしても不利を受けることになる。追わないまでも追われるための努力は必要ではないだろうか。

ガツガツした女性を男性が選ぶかという問題もあるため、婚活をしながらも受け身でいるのは、メリットとデメリットのバランスも悪くなく、現実的な対策になる。

結婚を意識している女性に話を聞くと、多くの場合で日常に結婚相手が見つかる可能性を感じないまま、婚活するまでのモチベーションを持てなくて日々が過ぎていることが悩みになる場合もあるようだ。

結婚はライフスタイルの一部であって、昔ほど価値観を持たない人が増えてきているから、良い人が見つかれば検討するでも良いだろう。

ただ、結婚したいと思うのなら、何かの努力をすることは前向きな取り組みとして自身へ良い影響があるだろうし、幸せな結婚へダイレクトなアプローチができる。

あくまで、もし結婚したいと思っている女性は、婚活を検討してみても良いだろうとは思う。

まとめ

今回はGSアルゴリズムから見る積極的な婚活の必要性を説明した。
婚活を始めるのに理由が欲しかったり、重い腰が上がらない人が参考になったのなら嬉しい。

「待っているだけでは幸せになれないのか」という副題を付けているが、今回の記事でそこまで言うつもりはない。
結婚を含めた「人」との出会いは、授かりものに似ていて、時に運命めいた出会いもある。
それが明日かもしれないし、1年後かもしれない。

しかしながら、現実的に夢物語のように感じるのなら、具体的なアプローチをするべきだろう。

恋愛のアプローチとしてそれができないのなら、自分という存在を知って貰う努力はしてみても良いのかもしれない。

結婚に関する調査結果を基にした記事:

出会いモテない女性
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました