彼女を酔わせたい時~行きつけのバーの作り方と行きつけのない場合の対応

行きつけのバー。彼女を連れていくバーのイメージ。

あなたは、女性に紹介できるような「行きつけのバー」があるだろうか。

付き合う前や付き合いはじめの時期のデートはやっぱりオシャレに行きたいところだから、1~2軒くらいは顔の利くバーを持っていたいところ。

男性は女性が心地良いリードができるとモテるから、ぜひ「行きつけのバー」を持っておいてほしい。

そこで今回は、「簡単な行きつけのバーの作り方」を紹介してみたい。
彼女を酔わせたいとき、紹介できるバーを持つために「どうやって行きつけのバーを作るか」について説明するので、バーデートに憧れる人は参考にしてみよう。

付き合う前のデートで好きな女性をバーに連れていく恋愛効果

今回、この記事を書くことを決めたのは、「付き合う前のデート」で好きな女性をバーに連れていく恋愛効果があるからだ。

行きつけのバーを作る方法を解説する前に、まずは彼女をバーに連れていく効果を理解しておこう。

デートの雰囲気を恋愛向きにできる

基本的にバーはしっぽり飲むのがたしなみなので、バーデートの雰囲気はすごく恋愛向きになっている。

居酒屋と違ってバーで女性と飲むなら、騒いでいるグループはいないし、隣の席との感覚も広いので、コソコソ話すような会話でもゆっくり話せる。

付き合う前の男女は付き合って長いカップルに比べて大きな声で話したくない内容(好きなタイプなどの恋バナ)も話題になるので、好きな女性とバーでデートするなら今までよりも恋愛の雰囲気になれるだろう。

付き合う前に友達の雰囲気が漂っている人は、行きつけのバーに連れていくことで、最近なかった恋愛の雰囲気が作れるかもしれない。

彼氏候補としてイメージアップになる

バーは、なかなか女性が行ったことがない場所なので、付き合う前に連れていくと「色々なことを知っている男性」としてイメージアップの恋愛効果がある。

女性は男性よりも友達同士で出かけることが多いから、様々なデートスポットに連れて行ってくれる男性を好む傾向がある。出不精な男性だと思われたらモテない原因になるのだが、自分が慣れていないバーをスコートする男性に対しては、「きっと毎日楽しい生活をしているんだろうな」と女性は基本ポジティブなイメージを広げる。

行きつけのバーに女性を連れていくと、「俺と付き合ったら楽しいよ」とアピールできる効果がある。

バーで酔うと本音で会話できる

付き合う前はなかなか本音トークができないものだが、距離を感じる会話だけじゃカップルになるのは難しい。そこで利用するのが「バー」だ。

居酒屋で飲むドリンクとは違い、バーは取り扱うお酒の質が良く、生のフルーツを使っていたりして飲み物がおいしい。実際はたくさん飲まない女性が多いのだが、バーで出すお酒はアルコール度数が比較的高いので、少し飲むだけでも精神的なガードはシラフの時に比べて緩みがちだ。

この環境下でデートをすれば、いつもよりも本音トークができるので、探り合いになりやすい付き合う前の片思い期に二人の関係を一気に変えることもある。

恋愛のスパイスになる部分なので、バーデートの効果という意味では押さえておきたい知識である。

バーに好きな女性を連れていく効果を押さえたところで、次からは行きつけのバーの作り方を解説していく。

行きつけのバー選び

行きつけのバーで飲むカクテルの画像

バーを選ぶ際のポイントは、2~3人くらいまでのバーテンダーでやっている小さいバーを選ぶことが重要なポイントだ。

小さいバーだといつ行っても誰かしら知っている人がバーテンに立っているので、「せっかく通ってから女性を連れて行ったのに知らないバーテンだった」ということがなくなるから、大きなバーより小さなバーがおすすめ。

大きなバーに行ってしまうと通される席が毎回違ってしまって、バーテンの立ち位置はあまり変わらないことが多くても、こちらが定位置につけないことが多い。そうなればバーテンが何人もいるところは、全員に顔を覚えてもらうのに通う時間がかかってしまうことがある。

小さなバーがおすすめというと、「そんなにオシャレなバーじゃないところしかない」なんて言う人がいるけど、行きつけのバー選びはオシャレ度をそこまで気にしなくてもいいから安心しよう。

もちろんオシャレであればあるほどいいのだが、ここには拘らず、自分が入りやすい気に入ったバーを攻めて、バーテンに顔を覚えてもらうことの方が重要だ。

小さいバーを行きつけにして、彼女を連れていくとバーらしい雰囲気でデート出来る

小さなバーは余り混んでいないからゆっくり飲めるし、バーらしい雰囲気で飲めるというメリットも恋愛では大きい。

行きつけのバーで知っているバーテンに慣れた感じでオーダーし、何か落ち着いた感じで飲んでいるあなたの姿は、ベタであるがかなり女性の受けが良い。思い切りカッコつけなくても女性はカッコ良さを感じてくれ「頼りがい」も感じてくれるから、ぜひ「小さなバー」から行きつけのバーを作ってみよう。

女性は、若ければ若いほどバーで飲む経験が少ないので、社会人3年目くらいまでは彼女へのアピールとしても好きな女の子へのアピールとしても効果が高い。ぜひ実践してみてほしい。

行きつけのバーにするために通う時のポイントは

顔を覚えてもらうにはそれなりの頻度で店を訪れる必要があるが、バーテンという職業の人はとにかく顔を覚えるが早いから安心して良い。比較的すぐに「行きつけのバー」ができるはずだ。

バーテンと会話する

その際、バーテンに自分を覚えてもらうためのポイントは、会話をして印象を残すことである。

ただ行って飲んで帰るだけでは効果は薄いし、慣れた感じが出ない。ここは最初だけ勇気を出して、会話をするようにしてみよう。次からはバーテンから話しかけてくれるようになる。

バーテンとの話題

バーテンとの会話の内容は何でもいいのだが、特に浮かばない場合は「お酒の話」を聞いてみるのがおすすめだ。これなら場所に合っているし、バーテンも気持ちよく答えてくれる。

得意な分野を話すことが嫌いな人はいない。
特にあなたはお客としてそこを訪れているわけだから、バーテンはしっかりとした対応をとってくれるはずだ。

行きつけのバーに通う頻度と回数

そうやって1~2か月の間に4回くらい行って、15分くらいでも会話していれば、2~3人までのバーテンで運営されているバーならいつ行っても顔の利く状態を作ることができる。

これであなたの行きつけのバーが出来上がる。

通う際は常連ぽく、知った感じで入っていくこともちょっとしたテクニックになる。バーテンは顔を覚えるのが仕事の一つだから、通ってくれている人を見逃すわけにはいかない。自分からも「常連だよ」って雰囲気を出してみよう。

たとえその時わからなかったとしても、今度来てくれた時のために覚えておかないと失礼だと思わせることができる。できれば行きつけのバー作りはデートに誘う前にしておきたいところだ。

何度か本当に通っていればお店で緊張しなくなるので、そのバーはあなたにとって完全ホーム。アウェーの彼女はあなたにリードを求めるだろう。そうなれば、恋愛の雰囲気もより一層高まるはずだ。

バーに通って馴染みになるのがちょっと難しいと感じた人は

彼女を連れていく行きつけのバー

もし、バーに通って常連になるのが苦手で出来ない人は、所謂「デートスポット」にあるオシャレなバーを探しておくことで対応しよう。

地元じゃないなら出かけた先に行きつけのバーがなくてもカッコ悪くない。逆に地元で遊んでいるなら馴染みのバーくらいは持っておきたいので、友達を誘ってでもやはり行きつけを持っておくとデートで困らないだろう。

バーでの振る舞い方を知らない男性は…

もしあなたがバーの初心者で、バーでの振る舞い方が分からなければ、友達を誘って何度かどこでもいいので経験しておくようにしよう。

バーの振る舞い方は決して難しくはないが、バーには居酒屋と違ったそれなりのルールが存在するから、ネットで調べるだけで済まさず、バーがどんなものかのリサーチしておかないと好きな人の前で失敗する原因となる。

事件は現場で起こるもので、机上の空論は意味をなさない。彼女や好きな人と一緒に行く前に必ず一度はバーに行って、注文から会計まで一通り経験しておくのをすすめておく。

バーに慣れている男性だと思われると、好きな人から遊んでいると思われることがある点に注意する

行きつけのバーが作れない人に「なぜデートスポットにあるバーをおすすめしたか」と言うと、デートスポットに行きつけのバーがあることは諸刃の剣で、「色々な女性を連れてきているんじゃないか」って余計な詮索を彼女にさせることもあるからだ。

少し足を運んで有名スポットに行った際に行きつけのバーがないことはあなたの弱みにはならない。安心して初めて行くバーに彼女を連れて行こう。

せっかくオシャレなスポットにきているんだから、有名なバーでよりオシャレにデートを演出しよう。彼女はきっと喜んでくれると思う。

女性は特にそうだが、人は雰囲気に弱い。
その雰囲気のレパートリーは多いに越したことはないし、バーで飲んではしゃぐ子もいないだろうから、しっぽりした雰囲気を作れて恋愛を発展させるのにも一役買うのが「バー」である。

片思いの時も両想いの時にもおすすめのデートコースだから、今まで行ったことがない男性も、ぜひ活用できるようになってほしい。

バーデートの魅力

遊びなれてない女性は、絶対というほどバーでの飲み方は知らないから、完全に男性側のエスコートを求める点がバーデートの魅力だ。

メニューを見せるのが最初だけで、追加のドリンクを頼む際にいちいちメニューをみせてもらうように頼まないといけないバーも多い。バーではその行為があまりスマートではないから、カクテルの種類なんて居酒屋レベルで止まっている女性に対し、ちょっと玄人なカクテルを紹介できれば、あなたのまた違った側面を見せることもできるだろう。

そうやって過ごす時間は、男性側が女性をリードしていくデートになるので、うまくエスコートできればあなたの印象もグッと良くなる。とにかく頼りがいを感じてもらえるデートになるので「年下女性との恋愛」では鉄板だ。

小技はあくまで小技の域を出ないが、できる努力はその分の効果を間違いなくもたらすから、デートプラン作りに役立ててみてほしい。

好きな女性、彼女を酔わせたい男性へ

付き合う前に彼女とバーデートする男性

好きな女性や彼女を酔わせたいときは、無理やり飲ませるのが逆効果になる。きちんとしている女性ほど、男性との飲みで飲みすぎないように気を付けているし、無理に飲ませる行為自体が女性から非常に評判が悪い

そこでおすすめなのが、少しのお酒で酔いやすいカクテル「レディーキラーカクテル」を女性に紹介すること。これは、おいしくスッキリ飲めるのにいつの間にか酔ってしまうようなデート向きのカクテルだ。

詳しくは下の記事でまとめているので、好きな人とお酒を飲む予定がある人は合わせて読んでみよう。

まとめ

今回は、「彼女を酔わせたい時~行きつけのバーの作り方と行きつけのない場合の対応」ということで、行きつけのバーの作り方からバーデートの魅力まで、男性が恋愛するのに外せないスポット「バー」を解説した。

バーデートは、友達から恋人になるときの「足りない恋愛的雰囲気」を助けてくれたり、やっぱり恋愛の雰囲気を作るのに素敵なデートコースとなる。

あなたに行きつけのバーがあれば好きな人をエスコートした際に思った以上の評価上昇もありうるため、ぜひ頑張って行きつけのバーを作って好きな人を誘ってみてほしい。

片思いから両想いまでおすすめできるから、積極的に彼女を誘ってみよう。

関連記事:

アプローチデートの場所大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました