男性からのアプローチで女性が迷惑に感じる行動・態度!そのポイントとは?

男性のアプローチを迷惑に感じる女性のイメージ

男性が女性にアプローチする際は、「女性の迷惑」を考えないといけない。

だが、結局のところ女性の迷惑を考えすぎることでアプローチできない男性が多いというのが今の世の中の恋愛事情であるため、女性のNGを知ることでOKを確認するような意味合いでこのコンテンツを用意した。

男性が好きな人にアプローチするのは恋愛する上でとても基本的なスタンスであるため、「好きな人に頑張ってみよう」と思う人は、先に「女性が迷惑に感じる男性からのアプローチ方法」を知って、積極的に動くきっかけにしてみよう。

今回は、好きな人・気になる人にアプローチする男性に向けて、「女性が迷惑に感じる男性からのアプローチ」についてまとめる。どんな行動・態度に注意してアプローチするべきか分かれば、今よりもっと積極的な恋愛ができるはずだ。

スポンサーリンク

断られているのに何度も誘う

アプローチしている時は、「どうやって二人で会おうか」と考えることが多いと思う。
あまり踏み込んだ誘い方をできる人は少ないとすれば、言い方はどうしても遠回しな言い方で誘っている人が多いかもしれない。

そんな時、「かわされているな」と思うなら、何度も誘うのは「しつこいアプローチ」になりかねないので注意が必要だ。もちろん、2度以上あなたのお誘いが完全に断られているのなら、尚更押す場面ではない。

「しつこく誘うこと」は女性が迷惑に思う男性のアプローチとして代表的。
「いい加減に気づけよ」と思われる。

遠回しなお誘いがどの程度遠回しかにもよるけど、デートに誘っているつもりで展開する話は相手が気づきやすいアプローチになっていることが本当に多い。デートらしいデートに誘うかを置いておいたとしても、二人で会うことになりそうな話なら、きっと相手の女性はその状況を思い浮かべるだろう。

それでも、話の流れでは気づかないフリをしたり、適当なコメントで話を流したりするのは、案に「察してほしい断り方」になっている場合がほとんど。

ストレートな言葉で誘わないのが関係を崩さないための方法であったなら、相手は同じようにして、傷つけないように「脈なしサイン」を送っているということだ。

ムリにデートを成立させて、付き合わせるように連れ出しても、結局デート当日がまずい思い出になる。それなら遠回しに誘ってみて様子を見るアプローチ方法はアリ。相手も「一緒に出掛けたい」と思っているなら、遠回しな話からでも驚くほどすんなりデートが成立するものだ。

逆に言えば、言い方が悪かったと思うときや、「気付かなかったかな?」と思う誘い方でデートが成立しない時は、相手がそこまで二人ででかけたいと思っていないことが多いということ。

何度も誘うのはどんな方法でも「しつこいっ!」って思われるから注意が必要だろう。
遠回しなお誘いを繰り返すくらいなら、ストレートに誘う方が自分的に納得いく場合もあるかもしれない。

女性にアプローチするなら、しつこさに注意をしよう。

相手の返信がないのに一方的な状態で連絡を続ける

LINEは何通かに分けて送信したりすることもあるから、自分から送るLINEが相手のトーク履歴にいくつか並んでしまうこともあるけど、要件や内容が違うのに返信がない状態で自分のLINEを並べてしまうのは、結構圧迫感がある。

文字のやり取りが主になるからこそ、そこは空気を読む必要があるだろう。

返ってこないLINEにヤキモキして、めげない人は数時間おいてまたLINEを送ってしまうことが多い。しかし、「既読スルー」問題については、状況を見て対処を考えたい。追撃LINEは一気に嫌われる可能性を持っているので十分に気を付けよう。

連絡が返ってこないということは、少なくてもその瞬間に連絡を歓迎している状況ではないはずだ。今回のテーマは「しつこさ」がテーマの中心になるけど、間接的な手段であるから送り易いLINEやメールの類はもっともそれがよく現れる。

好きな人とのLINEについては下の記事でもまとめているから合わせて読んでみよう。

好きな人にLINEを既読無視された時の考え方と対処方法

付き合ってもないのに束縛する

好きな人へのアプローチ中に、勘違いして束縛に似たようなことをしてしまう、または言ってしまう男性は結構いたりする。

色々な付き合いのある女性も多いので、束縛はやはり嫌われる行為と思っておくくらいで丁度いい。愛情を感じる行為として適度な束縛はあった方がいいと思う女性もいるのだが、あくまで「好きな人から」であり、「彼氏から」であることが条件になる。

片思い中は、嫉妬してもそれを表現できずに苦しむこともあろうかと思うが、ズケズケと相手の交友関係に踏み込んだり、予定などを聞きまくったりすれば、多くの場合で相手の女性から引かれるし、嫌がられる。

付き合っていないのなら「なんであなたにそれを話さないといけないの?」と思われ、「なんであなたにそんなことを聞かれないといけないの?」って思われるのがオチである。

そして、最もまずいのが、もし脈ありだった場合に束縛みたいなことをしてしまった時の代償である。

付き合う前にいい感じの状態になった状況で友達を超えた「束縛」をしてしまった場合は、付き合った後のあなたの「束縛の強さ」を意識する女性が出てくるだろう。束縛彼氏に苦労した経験をしている女性は少なくないし、「そういう人だ」という強い印象を与えるとせっかくの雰囲気は台無しに。

束縛する権利が彼氏にあるかも境界線が曖昧なものなので、付き合う前の「束縛」は似たような行為全般含めて気を付けたい。女性が迷惑に感じる男性のアプローチ中の行為だ。

みんなの前で口説く

恋愛のアプローチ中にスタンドプレーをしてしまう男性は要注意。みんなの前でガンガンアタックすると場の空気も変わることがあり、迷惑に感じる女性は確実に増える。

態度だけでなく体の距離まで近づかれると、無意識に拒否反応が出る女性も少なくない。みんなで話しているのに過度に持ち上げたり、「可愛い」を連発したりすれば、相手の女性はその処理をするリアクションにも困るし、うっとうしく思うことが多くなる面もあるので注意をするべき。
女性が迷惑なアプローチと感じやすい。

飲み会になれば常に隣をキープする動きとかも行き過ぎるとちょっと面倒だ。やはりオープンな場所とクローズな場所の両面でアプローチして、バランスを取るべきだろう。「常に隣」にいようとしたり、みんなで居るのにいつも「二人きり」で話したがるとかも「しつこいアプローチ」と思われる場合がある。

アプローチ中でも、みんなで一緒にいる時はそれなりの対応が求められるから、不器用な男性は積極的になる時に気を付けてみてほしい。ウザイと思われてしまえば生理的にダメになってしまう人を増やすから、本当に気を付けたいポイントだ。

グループ内恋愛やコミュニティー内恋愛の場合は、相手の女性だって気になる人でも上手くアプローチしてほしいと考えるものだし、みんなの前で口説かれるのも、機会として「たまに」であれば問題ないけどガンガン来られると困ってしまう。

周りからもウザがられてしまうこともあるので、色々な面で弊害のある行為だからバランスに気を付けたい。

甘い雰囲気を勘違いし、ベタベタ触る

好きな人にアプローチしていくと基本的には仲良くなるまでそう時間がかからないと思う。

そこで問題になるのが「恋愛らしい雰囲気の作り方」だが、時々ボディタッチやスキンシップを用いることで強制的に雰囲気作りをしようとする男性がいる。

しかし、女性の感性は男性のそれとは違っているため、ベタベタ触るなら引かれる可能性が増し、雰囲気作りに失敗してしまうだろう。特に距離感を間違えた時は遊びの恋愛と勘違いされることがある。

これも当然ながら「適切な関係と頻度」であれば恋愛に効果を期待できることだ。ベタベタと言わざるを得ない状況が不味い。

好きな人と甘い雰囲気になるためには、自然と近づく距離の中で発生するボディタッチやスキンシップが必要。触って雰囲気を変える発想では多くの場合で引かれるだけに終わるから、もう少し「会話」にポイントを置くようにしよう。

仲良くなれば体と体の距離は自然と縮まってくるから、男性は多少抑え気味くらいの方がこういったことに関しては適切となる。

まとめ

今回は「男性のアプローチで女性が迷惑に感じる行動・態度」を解説した。

今回紹介している迷惑アプローチは、基本的に「しつこさ」が原因となる場合が多く、一度二度の失敗がすべてを台無しにするわけではない。また、相手の女性がすでにあなたへの好意を持っていれば違った印象になる場合もあるだろう。

状況によって変わってくる面があるものの、好きな人へアプローチをする際は気を付けたいポイントとして考えておこう。

ただ、実際にアプローチするときに「相手の迷惑」ばかりを考えていては一歩目が踏み出せないのもまた事実である。注意点を把握したなら思い切ってアプローチしていくことも大事だ。

男性は女性を知っているかどうかで恋愛力に差が付きやすい。下の記事では彼女を作るのに何が必要かを説明しているので参考にしてみてほしい。

モテない男が彼女を作るために必要なこと~恋愛に必要な3つの要素を改善・対処する方法

関連記事:

アプローチ
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました