長い片思いがつらい理由~ずっと同じ人を好きなら、しんどくなるのはあなただけじゃない

長い片思いがつらい女性

長い片思いは本当につらい。

ずっと同じ人が好きなのにその恋が実らないことが最大の理由だけど、長く片思いが続くことで色々な問題が発生することも、辛い恋愛になってしまう大きな原因だ。

ずっと同じ人を好きなら、しんどくなるのはあなただけじゃない。

この記事では「長い片思いがつらい理由」についてまとめるので、しんどくなった人や混乱してしまった人は、一度客観的に自分の恋愛を振り返ってみよう。

長い片思いをした時につらくなる理由を取り上げていくから、「自分だけじゃない」って理解することで少しでも前向きに恋愛と向き合うきっかけにしてほしい。

最後には、長い片思いから付き合えた人のきっかけも紹介する。

  1. 長い片思いとは、どのくらいの期間なのか
    1. 長い片思いとは好きになって1年以上経つのに進展しない恋のこと
    2. なぜ好きになってから1年以上経つと長い片思いだと言えるのか
  2. 長い片思いは恋愛を進めていくことができない自分を何度も反省するから辛い
    1. 長い片思いは、自分の恋愛の仕方の「失敗が溜まる」から辛い
  3. 長い片思いは、周りの友達が応援してくれても、実際の好きな人との距離が縮まらないから辛い
    1. 友達から応援されると、好きな人を諦めたくなくなるからつらい
    2. 友達に頼りながら長く片思いを続けると、諦めるべき片思いを見極められない
  4. 長い片思いは「今のままでもいい」と「もっと親密になりたい」という想いの狭間で揺れる期間が長いからしんどい
    1. 長い片思いは好きな人との友達期間が長いから、失うリスクが高く感じて辛い
  5. 長い片思いの友達関係では、嫉妬の問題を解決不可能なのがつらい
    1. ずっと同じ人を好きでいると、好きな人に好きな人ができる
    2. 長い片思いになった時は、嫉妬心に負けないことが恋を叶える条件になる
  6. 長い片思いによって「ずっと恋人がいないことに悩む」ことがつらい
  7. 好きな人に長い片思いをしていると、突然関係が切れるのがつらい
    1. 長い片思いが「付き合えないまま」続いた場合は、いつか自然にさよならする時期がくる
  8. 長い片思いから付き合えたきっかけ
    1. ずっと友達を続けていたけど、好きな人の転勤がきっかけで長い片思いから付き合えた
    2. 喧嘩した時に感情的になったことがきっかけで長い片思いから付き合えた
    3. 好きな人が彼氏や彼女と別れた、好きな人が振られたことがきっかけで長い片思いから付き合えた
  9. まとめ

長い片思いとは、どのくらいの期間なのか

長い片思いとはどのくらいの期間なのか考えながら見る砂時計

最初に、片思いの期間について「どのくらい期間好きだったら長い片思いなのか」という点を明確にしておこう。

長い片思いとは好きになって1年以上経つのに進展しない恋のこと

一般的な片思いの期間は好きになってから3か月から6ヶ月(半年)くらいであるため、長い片思いとは「好きになってから6ヶ月以上経つ」のが最低限の目安で、一般的には「好きになってから1年以上経つのに進展がない恋愛のこと」を指す。

実際、出会ってから付き合うまでの期間で最も告白の成功率が高いのは「3か月」であるという統計データがある。詳しくは下の記事で解説しているが、50%以上の確率で告白が成功するのが6ヶ月以内の告白で、片思いの期間が3ヶ月を過ぎると時間が経つ度に告白の成功確率が下がるという結果が出ている。

統計から分かる「告白が成功する条件」~タイミング・時期・場所・方法~告白経験者233名の分析結果から見えたこと
片思いが進んでいよいよ告白のタイミングを考える時、「告白が成功するか失敗するか」という期待と不安は、なかなか告白に踏み切れない理由になる。 特に告白直前は好きな人ともある程度仲良くなった自覚がある頃だし、告白が失敗すれば友達関

なぜ好きになってから1年以上経つと長い片思いだと言えるのか

片思いにも付き合うまでの流れが色々あるから3か月から6ヶ月という片思い期間にこだわることはないのだが、このくらいの恋愛期間であれば好きな人から見た自分の評価が定まってないため、「進展が望める期間」である。

最初は友達の雰囲気だったとしても、何かのきっかけで意識される可能性が現実的な確率で存在する。

しかし、好きになってから1年以上経つ長い片思いになった時は、お互いのことをそれなりに知っていく中で恋愛が発展しなかったということであり、意識されるきっかけが難しい状態になる。

普通の友達として接してきた好きな人に対しては、「今さら誘えない」とか「急にアプローチしても変に思われる」と心配して、アプローチになかなか積極的になれないだろう。

少しでも恋愛が進んでいればその限りではないが、もしほとんど進展してない場合は「付き合える可能性が感じられない」という点で、1年以上の片思い期間を持って長い片思いだと言える。

もしお互いにいいなと思っていた場合や、意識されてた場合は、1年以内に何かしらのエピソードから急接近する時期を迎えるものだ。そうなってない中で友達関係が落ち着くと、長い片思いだから辛いと思うことがたくさん出てくる。

詳しく「長い片思いが辛い理由」を解説していこう。

長い片思いは恋愛を進めていくことができない自分を何度も反省するから辛い

片思いが得意な人はそんなにいないとわかっていても、長い片思いはだんだんと自分に自信を持てなくなるものだ。

片思いが叶わない期間が長引くと恋愛が苦手だと思い込む人が増えるのは、それだけ自分のことや恋愛の仕方を何度も反省するからである。

長い片思いは、自分の恋愛の仕方の「失敗が溜まる」から辛い

長く片思いをしている場合はなかなか好きな人と付き合えないでいるわけだから、自分の行動や態度を振り返るとうまくできなかった経験が溜まっていくことになり、片思いがつらいと感じやすくなる。

片思いが長くなった場合は、進まない自分の恋愛に対して後ろ向きな反省が増えるため、それを否定するようなエピソードも少なくて、自分を責めてしまうことでつらくなる。

ただ想い続けるということは案外難しいから、やっぱり恋をすれば自分への自信を失いがちで、うまくいかない期間が長くなるほど自分自身を否定しがちである。

片思いが長いほどつらくなる人が多いのも納得できるところだろう。

長い片思いは、周りの友達が応援してくれても、実際の好きな人との距離が縮まらないから辛い

長い片思いをする女性とその友達

あまり自分の恋愛のことを言わないタイプの人も、長い片思いをしているとふとした瞬間に好きな人のことを友達に話してしまったり、好きな人と接している自分を見て周りが気づくことも増えてくる。

ずっと同じ人が好きだと、自分から話すか周りにバレるかして、片思いを応援されることが多いと思う。

しかし、長い片思いはここに一種の問題がある。

友達から応援されると、好きな人を諦めたくなくなるからつらい

長い片思いをしてることを知らない友達は、友情の意味であなたの好きな人を知った時点で、片思いがうまくいってるかのように応援するようなコメントをくれる。

「仲いいじゃん!絶対大丈夫だよ♪」なんていう友達は決して悪気はなくて、ただ前向きな話にしているつもりだ。

だが、長い片思いの時はこういうことが支えになるので、自分も気づかぬうちに期待してしまい、縮まらない距離とのギャップでつらくなる。落ち込んで、元気を出しての繰り返しのようになれば、いまの状況がつらいと感じて当然だ。

こんな時は、ある意味同じところをグルグルしているかのように感じるケースが多く、つらくなるから励ましてもらおうとし、励ましてもらってはメンタルを立て直してまた片思いを続けてしまうようになる人もよく見かける。

友達に頼りながら長く片思いを続けると、諦めるべき片思いを見極められない

恋愛なのだから結局好きならそのままで良いというのが答えではあるが、片思いを続ける理由を探すように友達から励ましてもらうようになると、長い片思いはつらい期間が長くなるだけとの結果が多い。

ずっと同じ人が好きで、ただ想うだけがつらくなった時は、きちんと答えを出していく恋愛の仕方があなたにも求められるかもしれない。長い片思いをそのまま続ける判断は、次に好きになる人を否定する行為でもある。

長い片思いは「今のままでもいい」と「もっと親密になりたい」という想いの狭間で揺れる期間が長いからしんどい

長い片思いをする人は好きな人と友達になれているケースが多い。彼女や彼氏になるより、友達なら嫌われない限り一定のところまでは距離も縮むのだが、友達として接していると今度は「今の関係を壊す」という状況へのステップアップがつらくなる。

どうしても、今のままでいいと思ってしまって、嫌われるかもしれない思い切ったアプローチができなくなるのだ。せっかく好きな人と仲良くなれたと思ってから時間が経っているので、「失う怖さ」が増してしまうのである。

長い片思いは好きな人との友達期間が長いから、失うリスクが高く感じて辛い

付き合うにしても振られるにしても、友達関係から片思いの答えを出す際は、「今の関係」を壊すことになる。

これは好きな人と仲良くなっているときほどつらい決断で、片思いが長いと「付き合えなくても仲良く一緒にいられたら良い」と考えがちだ。

それなのに、恋愛感情はどうしても波みたいのがあって好きな気持ちが時々爆発するから、「もっと親密になりたい」という感情と、そうしようとすることで起こるかもしれないデメリットの間で揺れることになる。

そういう意味では長い片思いがつらい理由は、好きな人との関係性に悩む時間が多いからとも言える。

片思いのあるあるではあるが、長い片思いをしたときほど今の関係が壊れるデメリットが大きくなってしまうので、「今のまま」なのか「付き合えるかどうかを確かめる」のか、短い片思いの人と比べてより悩みは深くなるのだ。

勇気が出なくて告白できない場合、その間に過ごした期間がより告白の決断を難しくするのはなんとも皮肉なことだけど、実際に長い片思いで問題とならないことがないくらい、誰でも悩むことになっている。

告白の勇気が出せない人へ:

片思い期間が長くなると、友達から恋人へのステップアップが逆に遠くなるのが特徴だけど、好きな人との距離が縮んで両想いの兆候があるなら、どちらかが勇気を出さない限り二人に付き合う未来は来ない。
もし、告白の勇気が出ないだけで、二人がすれ違うような恋愛の仕方をしている可能性がある人は、下の記事を読んでみてほしい。

好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと

長い片思いの友達関係では、嫉妬の問題を解決不可能なのがつらい

長い片思いの好きな人に嫉妬する女性

上の見出しで解説した通り、長い片思いは好きな人と友達として仲良くなることが多いのだけど、友達関係でどれくらい仲良くなったとしても付き合っていないなら「束縛」はできない関係だ。

恋愛感情に付随する感情の中で「嫉妬」はすごく取り扱いが難しい気持ちだから、両想いでも恋愛がつらい理由になるところ、嫉妬の問題が長い片思いのつらさを数倍に引き上げることも珍しくない。

ずっと同じ人を好きでいると、好きな人に好きな人ができる

長い片思いをしていると、好きな人は誰かしら異性と仲良くなったり、恋人ができたりすることも出てきてしまう。好きになるような人だから、多くの場合で相手は素敵な人だ。

そうなれば、うまく感情をコントロールできる人は少なくて、落ち込んだり当たってしまったり、いずれにしてもネガティブな感情の拠り所を失い、我慢するにしてもすごくしんどくなる。

長い片思いの一番つらいところは嫉妬に絡む問題かもしれない。「もっと一緒に居られたら」とか「どこかで片思いがかなわないかな」と考えることも、そうならない現実を前に辛い理由となるけれど、自分が好きな人の隣をキープできないなら嫉妬の感情が絡むエピソードが増え続けてしまうのが辛いところだ。

長い片思いになった時は、嫉妬心に負けないことが恋を叶える条件になる

長い片思いを実らせるには、絶対にこの「嫉妬してしまう自分」への対処が必要で、こじらせると自分から関係を壊してしまうことになるから、注意をしないといけない大きなポイントだ。

長い片思いを成就させるには、その辛さに打ち勝つことが最低条件となる。

もちろん、こじらせないで片思いを続けたからと言って恋愛成就の可能性が高いわけじゃないのだが、つらさに負けてこじらせるとそもそも好きな人から好かれる自分になることができない。

嫉妬が辛くなった時はアプローチに頑張る勇気に変えるのが恋愛上手の考え方であるため、好きな人と友達を続けながらも二人の関係にアクセントを与える行動を取ろう。

長い片思いによって「ずっと恋人がいないことに悩む」ことがつらい

長く片思いをしているということは、ずっと付き合う恋人がいない状況である。誕生日やクリスマスなどのイベントごと、年末年始などの恋人と過ごしたい節目のタイミングでは、長い片思いによって「ずっと彼氏がいない自分」「ずっと彼女がいない自分」に悩むのがつらい。

周りに彼氏持ちや彼女持ちの人がいなければまだつらさは軽減されるが、それでもずっと恋人がいないことは、恋愛に興味を持つ人ほどしんどい要素になってしまう。

「羨ましい…」思わず憧れてしまうカップルの特徴~羨ましいカップルってどんなカップル?
周りにいるカップルの中に、思わず「羨ましい…」と思ってしまうカップルはいるだろうか。 近くでイチャイチャされればムカつくことも多いと思うが、良い雰囲気のカップルは微笑ましくてつい憧れてしまうこともあるものだ。 付き合いた

付き合った経験がない人や付き合った恋人の数が少ない人などは、恋人がいる自分への憧れも強くなる傾向が高いため、長い片思いをしている中で「ずっと恋人ができない」のは辛いことだろう。

諦めて次の好きな人を探すかどうかといった発想までする場合は、こんな感情も長い片思いをしんどくさせている。

実際、「人並みの恋愛経験がしたい」と思って、恋人を作るために諦めるという選択をする人もいる。

好きな人に長い片思いをしていると、突然関係が切れるのがつらい

長い片思いから好きな人と別れた女性

長い片思いは答えを出せずに別れを迎えやすい恋愛の形だ。

アプローチして盛り上がりポイントを作るように恋愛できればそうでもないが、片思いが長くなると友達感が強くなり、告白以外も含めてその恋の答えを出すことが難しくなる。

そこで問題になるのが、長い片思いの自然消滅だ。

長い片思いが「付き合えないまま」続いた場合は、いつか自然にさよならする時期がくる

「今のままで」と願った関係は、どれだけ好きな人と仲良くなれても、付き合えない以上はどこかで切れる。

相手に恋人ができることもそうだし、卒業や転勤などの外部環境にも左右され、長い片思いになった時は、気づいたら関係が終わっていたということも珍しくない。男女の友達関係は、同性の友達関係と比較して弱く薄いものだから、何か離れるきっかけがあれば自然に関係が切れてしまう。

私自身は好きな人と仲良くなれた場合、「今の関係を守るために恋愛を進める」という考え方をするのだが、その理由は「二人の関係を維持するのさえ難しい」と過去の経験で学んだからだ。

男女の友情は成立しないと考える人がいるくらい微妙なものなので、「今の関係を壊してステップアップすること」へ恐れを抱くより、私は進むタイミングを逸しないように行動や態度を決めようとする。

長い片思いがつらい理由は、結局その恋が叶わない状況で長い時間を過ごすことになるという点に尽きると思う節もあるのだが、片思いの結末もさみしいものになるとしたら、それはすごくやるせないことである。

もし、「このままずっと同じ人を好きでいるべきか」悩んでいる人は、下の記事を読んで「自分の人生」という尺度で恋愛を考えてみてほしい。

特に、25歳以上の人はそれまでの恋愛の仕方とこれからの恋愛の仕方を変える時期に来ているので、意識を変えるきっかけにしてもらえたら本望だ。

長い片思いから付き合えたきっかけ

最後に「長い片思いから付き合えたきっかけ」を代表的な3つのパターンで解説する。

ずっと友達を続けていたけど、好きな人の転勤がきっかけで長い片思いから付き合えた

長い片思いから付き合えたきっかけで最も一般的なのが「二人が離れる時」だ。

見出しには転勤を挙げたが、サークルや部活などの引退だったり、学校の卒業、転職なども長い片思いから付き合うきっかけになる。

なぜ二人が離れる時に付き合うきっかけが生まれるかと言うと、「もう好意を隠す必要がなくなる」からだ。気まずくなるのが嫌だと思って友達を続けていた人が「なかなか会えなくなる」という状況になった時は、思い切ったアプローチをするきっかけになる。

別れが近づくと二人の間にセンチメンタルな雰囲気も流れるので、恋愛の空気も出しやすくなる。別れは切ないけど、長い片思いのラストチャンスが残っている。

喧嘩した時に感情的になったことがきっかけで長い片思いから付き合えた

長い片思いをすると好きな人との関係が落ち着いてしまってアプローチするにも今さら感が出てしまうけど、「喧嘩した時」などの大きな事件が起きると、感情的になることで好意がバレることがよくある。

告白できないにしても、「それって、好きってこと?」と聞きたくなるようなセリフが出るのは、ずっと好きだったのを隠してきたストレスが爆発することも関係している

中には「本音を言わないと誤解される」というパターンもあって、喧嘩の仲直りをする際に好意に気づかれることもある。

長い片思いをしていると「何となくは自分の好意に気づいてるんじゃないかな」と思ってしまうものだが、恋愛は自意識過剰になる人がほとんどで、友達として接してきたなら好きな人はあなたの恋愛感情に気づいてない。そこに変化を与えるのが感情的になる喧嘩なのだ。

好きな人と仲良くなると「好きだから喧嘩する」ということがあるし、近い距離感を作れれば何かの拍子に事件が起こる。長い片思いから付き合えた人の中には、感情がはじけたことがきっかけになった人がいる。

好きだからケンカになる理由と、好きな人と喧嘩した時の対処法~素直になれない片思いだからこそ起きるすれ違いを考える
「相手が好きな人だから喧嘩になる」 恋愛感情は特別な感情だから、「どうでもいい人」には抱かない想いを持て余すと、人は好きな人に攻撃的な言葉や態度を取ってしまうことがある。 距離が近くなってきた相手だからこそ、軽い言い合い

好きな人が彼氏や彼女と別れた、好きな人が振られたことがきっかけで長い片思いから付き合えた

長い片思いは恋愛の雰囲気にならないことがよく悩みになるのだけど、好きな人の恋愛に何か起きた時は、好きな人が精神的に弱ることもあるし、好きな人がフリーの状態になることもあって、ずっと想いを隠してきた人の恋愛が進むきっかけになることがある。

好きな人が恋人と別れた時や、好きな人が振られた時は、長い片思いに転機が訪れることがあるのだ。

たとえば「なぐさめてる内に雰囲気が変わった」とか「好きな人の恋愛話を聞いている内に急接近した」という事が起こる可能性があって、私自身このような展開で長く好きでいてくれた人と付き合うことになったことがあった。

長い片思いから付き合うには、「何も起きない」方が実は付き合えない可能性が高いので、好きな人に好きな人ができたり、好きな人に恋人ができた時も、諦めないと決めるなら恋愛の仕方を最適化させよう。

長い片思いをしていると色々あるから、逆転や挽回をしようと頑張れば、良い結果を手にすることもある。

まとめ

今回は「長い片思いがつらい理由」をまとめた。ずっと同じ人を好きならしんどくなる理由はたくさんあるから、それでも好きでいるならうまく感情をコントロールしながら恋愛成就へ向けて頑張ろう。

この記事は「もうあきらめたい」と思っている人も多く読んでくれたと思うので、もし片思いが辛くて諦めたいという人は下の記事を参考にしてみよう。「好きな人の諦め方」をまとめている。

好きな人から告白されるのを待っている人は下の記事も合わせて読んでおくといいと思う。

長い片思いに決着をつけるなら、「恋愛アプローチの仕方」を学ぼう。下の記事では絡想いが実らない人の原因についてまとめている。

友達 恋愛したい
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました