好きな人に「ファンです」という告白やアプローチするのはアリ?ナシ?

ファンですと告白された女性のイメージ

前回記事(【恋愛から見る価値観】好きとファンの違い~ファンという感情は恋愛感情の一種なのか)で「好き」と「ファン」の違いを考えたが、今回は「ファンです」と好きな人に告白する場合や、アプローチとして自分が好きな人のファンであることを伝えるのがアリかナシかを考えてみる。

相手の立場では「ファンです!」という人のことをどう思うのだろう?
恋愛を進める上で効果があるのだろうか?それとも逆効果なのだろうか?

あくまで恋愛的に「ファンです」というセリフが告白やアプローチに向いているかどうかを検討してみよう。

スポンサーリンク

「ファンです」と伝えられたら相手は嬉しいのか

「ファン」という言葉の意味には全般的な好意が含まれるから、伝えられた時には多くの場合で「嬉しい」とポジティブに捉える場合が多い。

自分自身の経験でも、周りの経験を参考にしても、ほとんどの場合で「好意的に」受け取るのが特徴と言って良いだろう。

直接「好き」という言葉を使うことも多い「告白」は、実際に迷惑だと感じる場合もあって、次のような理由から「非好意的に」受け取ることがある。

  • 良い返事ができない場合は相手を傷つける(振るのが辛い)
  • それまでの関係を壊す
  • 気まずくなれば周りに迷惑をかける

それが「ファンです」と言葉が変わり、伝え方が変わった場合には、以下のような印象に変わる。

  • 単純な好意を伝えられただけと受け取る
  • 返事は基本「ありがとう」のみで終わり、重くない
  • 恋愛感情はまた別の話という暗黙の了解
  • 応援してくれる存在との認識=味方
  • 自分に何かを求めていない言葉

他にも色々な感情を持ったりすると思うけど、いずれにしても「好意的に受け取る」ことに繋がるものが多い。

最も単純に、敢えて恋愛感情に限定しない好意として「ファンです」と伝えることは、相手に取って負担にならずに、嬉しいと思ってもらえるだろう。

しかし、これがアプローチとして行われたり、恋愛感情の「告白」だとしたら、考えないといけないことが変わってくる。

その話をする前に、「ファンです」との言葉で、相手は意識するのかを考えてみよう。

「ファンです」との言葉で相手は意識をするのか

「ファンです」と言われ慣れている、よく人前に出る人を別にすれば、どのような言葉であれ自分に好意を伝えてくれる人は絶対数が少ないため、異性であれば意識することには繋がると思う。

「何でだろう?」とさえ思わないで流されるいうことはないだろう。

程度問題は個別で変わってくるが、「ファンです」って言葉には、一定のところで「感情を刺激する効果」があって、それが「意識すること」に繋がる部分があろうかと思う。

仲間内で自分のファンの女子のことを嬉しそうに話す誰かの場面はいくつか浮かんでくるし、私もそんな話し方をしたことがあった。

単純な好意ほど無邪気に喜べるものもないのだろう。

では、告白の方法として、又はアプローチの一環として好きな人に「ファンです」と伝える時の効果についてまとめていこう。

「ファンです」って言葉は恋愛のアプローチとしてアリかナシか

重くならずに好意を伝えることができ、相手も喜んでくれて意識してくれるとしたら、恋愛のアプローチとして「ファンです」と伝えることは有効なアプローチ方法になるはずだが、現実にこの言葉は恋愛関係への影響としてあまり良い結果を残していないという経験則がある。

その原因として大きいのが、「ファンです」と伝える際の関係性が、恋愛に発展し辛い場合が多いと言う点だ。

まず、関係をこれから作っていく状況において、先に好意を伝えるのは相手を引かせてしまう面がある。

ファンという言葉は直接的に恋愛感情を意味していないけれど、アプローチの一環としてあるとしたら、その意味は伝わり、好意を向けられていることが分かった相手と上手くコミュニケーションを取れる人が少ないので、関係が発展し難くなる。

その意味では、ある程度の会話ができる関係になったところから意識させることが重要ということになってくるだろうか。

かなり積極的に接触の機会を得ようとできる人ならこの問題をクリアしそうだが、結局のところで好意を伝えたがために積極性を失っていく場合が多い。

また、前回記事でも触れているように「ファン」という言葉自体が恋人関係への発展について一種の諦めを伴っており、「ファンです」とアプローチする人とアプローチの方法との間にミスマッチが起きやすくなっている。

活用の意味では、自分から相手へ好意を前提に、ある程度あしらわれながらもぐいぐい押していくような形が求められていくので、気持ちを隠しながらアプローチする方が向いているという人の方が多い。

まとめ

今回は、好きな人に「ファンです」という告白やアプローチをするとどう思われるのかをまとめてみた。

言葉そのものにはアプローチとして向いている要素があるものの、結果が芳しくないのは、スタンスが難しく、好意の伝え方が中途半端なのに直接的である点が度々問題になる。

対等な立場と言うか、距離を縮めながら意識してもらう方向で接触する方が、初期の関係では大事になってくるとすれば、ある程度好意を隠しつつアプローチするの方が良いことの方が多いかもしれない。

関連記事:

アプローチ
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました