失恋した女性にアプローチする時のポイント~好きな女性が失恋した場合はどんな恋愛の進め方をするの?

失恋した女性がぼんやり悩んでいる様子。

失恋した女性にアプローチする時、あなたはどんな恋愛の仕方をするだろう?

好きな女性が失恋した時や、失恋した女性を慰めている時に好きになった場合は、立ち位置が微妙でどう接していたら良いか、なかなか難しい問題を抱える場合がある。

傷心の女性にアプローチをすることになった人は、アプローチ方法に悩むことが多いはずだ。

好きな女性が失恋したばかりだと、弱っているところに付け入る感じがするけど、自分に取ってはチャンスとも思える。まだ失恋を引きずっている女性が相手の恋愛では、モヤモヤした感情と向き合うことがあるのではないだろうか。

条件のない恋愛に比べて、好きな人が失恋した時はアプローチの方法が難しい。

そこで、今回は「失恋した女性にアプローチする時のポイント」を考えてみよう。

好きな人が失恋した時はどのように接したら良いかについても一緒に触れていきたい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

女性が失恋から立ち直るまでの期間

まず最初に押さえておきたいのが、女性が失恋から立ち直るまでの期間だ。どのくらいの時間で失恋のショックから立ち直るかを知ると、本格的なアプローチをするタイミングが読めてくる。

そこで、マイナビが女性546名を対象に行った「女性が失恋から立ち直るまでの期間」についてのアンケート結果を見てみよう。

 Q. 失恋から立ち直るのにどのくらい時間がかかりますか?(単数回答)
1位 1週間~1カ月程度 35.9%
2位 2カ月~5カ月 25.5%
3位 次の恋人ができるまで 16.3%
4位 半年~1年 9.0%
5位 翌日にはすっきり 8.8%

 【女性編】失恋から立ち直る方法と期間ランキング | マイナビニュース

この結果を見ると、「女性は失恋から比較的早めに立ち直る」という表現まではできそうだ。当然、個人差は大きいものの、「翌日にはすっきりする」と答えた女性を合わせて、失恋して1ヶ月くらい経つと立ち直っている女性が4割を超えている点は、失恋女子にアプローチする男性として、案外短めな印象と映るのではないだろうか?

あくまでも目安とかイメージの部分だが、アンケートから一般的な感覚を知っておくと、「好きな女性が失恋した場合はどんな恋愛の進め方をするの?」という疑問にも答えが出しやすくなる。

スポンサーリンク

失恋した女性に本格的にアプローチするタイミング

失恋した女性にアプローチしようとする時は、どのタイミングから本格的にアプローチの色を強めていくのかが迷いどころになるけど、ポイントはその女性が「好きだった人を忘れたいと思うかどうか」である。

  • 失恋した男性を忘れたい女性=立ち直るまで早い
  • 失恋した男性を引きずる女性=立ち直るまで遅い

グチとして失恋相手を悪く言っていても、本心では「また振り向いてほしい」と思っていることがあるし、付き合っていた彼氏との恋愛であれば、別れた直後はお互いで気持ちが揺れるので、元サヤだって珍しくない。

失恋した女性にアプローチする際は、「失恋相手を現在どう思っているのか」という点を探り、「もう忘れたい」と前向きさを持ったところからアプローチを強くするのがコツだ。

紹介しているアンケートでは、次の恋人ができれば忘れられるという女性が約16%と、相手次第という人はそこまで多くはないが、あなたのアプローチによって元カレを忘れるタイプもいるため、相手の女性との接触の中で気持ちを探っていきたい。

失恋した女性にアプローチする際は、ガツガツいかない

失恋した時は、その恋愛がどの程度の期間続いていたかとか、どの程度恋人に依存していたかどの程度日常の時間を一緒に過ごしていたか(連絡する時間も含む)など、色々な要素で失恋したときの心の傷も変わってくる。

【失恋した女性の心の傷を計る要素】

  • 好きだった期間
  • 普段、好きな人と過ごしていた時間の量
  • 心の依存度

ここに個人的な失恋の痛みの感じ方まで加わるので、相手の気持ちを推し量るのはとても難しい。振る舞いだけでは見分けられないと思うべきだし、推し量るにはいくつかの情報がないと大きく事実から外れると思っておこう。

彼氏と別れたからと言って、すぐに次の恋に移れない女性は多いので、ガツガツいくと「ウザイ」と思われがちだ。「気持ちの分からない男性」とのイメージもついてしまうだろう。もしそこまで誤解されたら、片思いを両想いにする方法など無くなる。

一つの恋が終わった時、人によってはかなり傷つくことがあり、「もう恋人はいらない」と、結果的に一時的な気持ちになるとしても、その時は本気でそう思うことがある点に注意をしよう。「始まりには終わりがある」との考え方は、通常終わった時に一番痛感する。

相手の女性は、失恋直後で一番大きな恋愛の副作用に苦しんでいる。そんなところを微塵も見せないなら気にせずにアプローチするべきだが、基本的に失恋直後の女性にはあまりガツガツしない方がいい。

また、別れた直後に新しい恋人をすぐ作るのに抵抗のある人も多いという点にも注意が必要だ。世間的な見方が悪いから、気にする女性が多いのだ。「とっかえひっかえ」とか「軽い」と思われないか内心で不安に思うことがある。

以上の点を加味して考えていくと、相手の言葉や態度から脈ありを疑う雰囲気があっても、一定期間は関係を温めた方が何かとメリットがある。

ガツガツした態度と積極的な態度の違いが分からない男性は、下の記事で予備知識を付けておこう。失恋女子にガツガツ行けば嫌われる可能性が大だけど、だからと言って積極性を無くしては恋愛を進めようがないのも事実だ。

恋愛における「積極的な態度」と「ガツガツしている態度」の違いとは~片思いの時は、好きな人にどんな態度を取るべきか
恋愛は、好きな人に積極的な態度を取る人ほど上手くいっている状況がある。 言い方を変えれば、好きな人ができた時に「何もできない人」の...

失恋した女性との会話でポイントになることとは?

基本的に、女性は自分の話を聞いてほしいと思う人が多いから、相手の女性から失恋話をしてくるなら無理に話題を変えようとせず、「うん。うん。」と聞いてあげよう。頭の中でグルグルと考えるよりも、吐き出した方がすっきり忘れられる。

元彼の話を聞くのがしんどいと感じたり、自分を男性として意識していないような感覚に包まれることもあるのだけど、たとえ失恋であっても何か深い話で長時間話すのなら、二人の距離を縮めることができる。

あなたにも恋愛上のメリットがあり、恋愛成就に向けて効果もあるので、なるべく全部吐き出させてあげるイメージで話が聞けると良い。

しかし、積極的に自分から元カレの話を話題にするのはやめよう。「誰かに話したいなら俺が聞いてあげる」という姿勢で失恋話も聞いてあげた方が恋愛アプローチとしては適当だ。自分から元彼の話を出すと友達の雰囲気になってしまうので、そこは注意してほしい。

失恋した女性との会話におけるポイントを上記の内容も含んで整理しておこう。

  • 「失恋」の話しは自分から聞かず、相手から話すのを聞いてあげる
  • 元カレの批判ばかりにならず、「良いところは良い」「悪いところは悪い」と、会話のスタンスはフラットにする
  • 失恋話を機にシリアスな雰囲気になるなら、自分の考え方を真面目に語り、女性と合う感性を見つける
  • 一緒に落ち込まず、無理に盛り上げるのでもなく、励ます
  • 失恋話がまだちょくちょく出るうちは口説かない。仲良くなれば話題が二人のことに移っていくのでそこまでは待つ

失恋した女性は自信を失うことが多いので、なるべく肯定してあげて、励ますように話を聞いてあげよう。

ダメなところはダメと言った方が男性らしさはアピールできるのだけど、フォローしながら話すようにしないと余計に落ち込ませるだけになり、失恋直後だけにあなたと話をするのもしんどく感じさせる。

女性が自分を否定するような話をし始めた場合は、共感できる話には積極的に共感を伝え、彼氏を否定するよりは「励ますような話し方」をしてみると優しさが伝わるはずだ。

基本的にやさしさが染みる状態ではあるので、あからさまに口説こうとしない方がいい。女性が「気付いたら魅かれていた」という状態になり易いのが失恋した後なので、認めてあげて愛情を優しさで示し、キズを癒すように接触の機会を作っていこう。

失恋した女性は扱いに困る男性が多いので、もし女性の扱い方に自信がない人は下の記事も合わせて読んでおこう。

失恋で傷ついた時の女性心理と、恋愛の進め方とは?

失恋直後の女性は、多かれ少なかれ傷ついている。これは男性でも同じだが、女性が失恋した後に抱きがちな感情を挙げておこう。

【失恋後の女性心理】

  • 不必要を突き付けられたようで自己肯定感を失う
  • 一緒にいた人が消えた寂しさを感じる
  • 現実否定による軽いパニック状態になる
  • 気持ちのアンバランスによって塞ぎ込む
  • 理不尽な現実に怒りが湧く

その女性の性格にも大きく依存する問題だが、女性の場合は「落ち込む⇒受け入れる⇒怒る⇒前向きになる」の工程で失恋から立ち直っていく人が多い。

【女性が失恋から立ち直るまでの過程】

  1. 落ち込む
  2. 受け入れる
  3. 怒る
  4. 前向きになる

気持ちは揺れ動くものなので、上記の感情がグルグルと周りながら整理されていくこともあるが、男性よりも女性の方が「好きな人を嫌いになって忘れるタイプ」が多いので、「怒り」の感情が主になってくると立ち直りまではもう少しの状態。

ここで好きな女性との距離が縮まっているなら、失恋のことを忘れてアプローチできる状態だ。

もし仲良くなってきたと感じる時期にこの状態になれば、相手からの連絡も増えているだろう。落ち込んでいる時期は支えになり、好きな人を否定し始めた時期からはあなたとの時間に癒しだけでなく楽しさを提供できると、恋愛相手として見てくれるようになる。必要としていることも一緒に伝わるといい。

自己肯定感をなくし、自信を失いやすいのが「失恋」だから、愛情は直接的にならないようにしながらも、なるべく伝えられるように努力しよう。ちょっとした声かけから発展させるようにアプローチしていれば、鬱陶しい人にはならない。

失恋した女性とは友達の状態が長くなり易いが、ふと現状を振り返ると心の距離は思っている以上に近づいていることが多い。傷ついた後にウザイ人と一緒にいるのは面倒くさいものなので、食事とかちょっとしたことでも一緒に居られる関係になっていると両想いの期待感が持てるようになっていく。

男性側が焦ってしまうと心の整理が付けられないままにまた違う問題を彼女に与えてしまうため、相手の状態をよく見て付き合う時期を考えよう。失恋した女性との恋愛でも、やはりタイミングが重要だ。

また、失恋女性は自暴自棄になってしまうとおかしな行動を取ってしまうタイプがいる。隙もできるため、危なっかしい言動が増えることもあるのだ。

こんな時は近しい存在になれていることを前提に「叱る」こともあなたの役割になる場合がある。最終的に付き合いたいと思う相手なら愛情を持って彼女を支えてあげよう。肯定は最も大切なことだけど、否定するべきは否定し、友達として一緒にいるわけではないことを間接的に伝える。

大切に想うから言うべきことは言うというスタンスであれば、段々と雰囲気が変わってくるかと思う。真剣な態度は彼女に取って愛情を感じる行為になることが多いので、「いい人」になってしまうことがないようにしよう。優しさが愛情から派生していることを伝える。

失恋した女性との恋愛、食事やデートの誘い方は?

失恋した女性との恋愛中に「食事やデートに誘いたい」と思った場合は、2つの時期でデートの誘い方が違う。

それぞれ解説するので、恋愛の進め方に迷ったら参考にしてみよう。

失恋から立ち直る前の女性の誘い方

まだ失恋を引きずっている女性の場合は、ストレートな恋愛アプローチが重く感じさせることが多いので、「頼れる人」のイメージで支えになる接し方をする。好意がバレると「今は無理」という気持ちにさせるので注意が必要だ。

誘い方に関しても失恋したことを気遣うような感じで距離を縮めようとすれば、引かれないアプローチが可能だ。この時期は「なるべく距離を縮めることだけ」を考える。

【誘う口実】

  • 気分転換
  • 話を聞くためのサシ飲み
  • 「励ましたい」という気持ちを前提に遊びに誘う

立ち直る前の失恋女子にアプローチする場合は「優しさ」を全面に出そう。包容力を感じさせるイメージで誘うと、二人で会うきっかけができる。押し付けるのではなく「俺で良ければ…」という感じで食事に誘うところから始められると良い。

失恋の傷が癒えてきた女性の誘い方

一方、失恋から立ち直ってきた女性を食事やデートに誘う際は、失恋のことを忘れてオーソドックスな誘い方をしよう。色々聞いてあげる関係ができているなら口実に使っても良いが、前に好きだった人のことを二人で引きずるのは恋愛を進める上であまり良くない。

どこかで「あなたと私」という二人にフォーカスしていきたいので、失恋を機に近づいた距離があるなら、「次のステージ」を狙うために、失恋の傷が癒えてきた女性には普通のアプローチをしていこう。

では、「どのように女性をデートに誘うか」という点だが、これに関しては個別の記事でまとめているので、参考にしてみてほしい。

深い話ができる関係になっているはずなので、彼女が立ち直ってきた雰囲気を感じたらどんどん二人の距離を縮めていこう。

お互いのことを知り合うように話題も変えていき、自然と縮まった距離を意識させる。近い距離感になった理由を考えさせるようにすれば、気になる人になるのは難しくないはずだ。

何度か食事に行って、二人で飲む内に友達の雰囲気ができてしまった際は、下の記事も参考にしてみよう。

まとめ

今回は「失恋した女性にアプローチする時のポイント」についてまとめた。

失恋女子にも色々な状態やタイプがいるので、なるべく多くの状況をまとめたが、恋愛成就のために参考にしてみよう。

失恋直後の女性との恋愛は、とにかく勇み足になってしまわぬよう、支えとなってそこから発展していくイメージを持とう。彼氏や好きな人との間に何があったのかにもよるけれど、傷ついた状態は気持ちが不安定になってしまうので、ちょっとしたことですれ違うことがあり、そうなると距離を縮めることができない。

まだ過去の恋愛として整理がつかない状態で仲良くなっていくと、関係が微妙に思えてくるものだが、彼女の気持ちを優先すればうまくいきやすい。気持ちが揺れ動くということは誰かになびきやすい状態とも言えるので、迷いがあるものと覚悟し、ゆっくり進んでいこう。

関連記事:

男性と女性とでは恋愛観に違いがある。下の記事では「減点方式と加点方式」で男女の評価の仕方が違う点についてまとめている。男女の違いに疎い男性は読んでみてほしい。

失恋した女性との会話では、相手の気持ちに理解を示して励ますことが大切だけど、「過去の恋愛から学べること」を確認することで女性のために言えるセリフが増えるかもしれない。下の記事で詳しくまとめているので、失恋話を聞く時に自信がないなら読んでおこう。

下の記事では、まだ別れる前の「彼氏持ちの女性」を想定して、気持ちを揺さぶる言葉についてまとめている。失恋した女性との恋愛でも使える考え方が紹介されているので、恋愛の雰囲気を作るのが苦手な男性に読んでみてほしい。