社内恋愛ができない人の特徴10選~あなたがなぜ会社で恋愛できないのか、なぜ社内恋愛が難しいのかを紐解く

社内恋愛できない人の特徴を持った男女

社会人になった以降、出会いがない状態に悩む人が多い中、社内恋愛で幸せになる人が一定の割合で存在する。

「会社で恋愛するのはどうなんだろう?」と思いつつも、相手がいないと進むはずもない恋愛においては、価値観として「社内恋愛への積極性」に大きな違いがある。

「会社で接しているうちに好きになってしまった」とか、「好きにならないようにしていたけどやっぱり社内恋愛しちゃってる」という人までいて、社内恋愛する人の事情も様々だ。

しかし一方で、興味があっても社内恋愛が向いていない人や、社内恋愛ができない人もいるのが事実。職場恋愛してみてもいいかなと思っているのに好きな人はおろか、気になる人さえできないのは、出会いがない人に取ってはちょっと辛い。

そこで今回は「社内恋愛ができない人の特徴」を10個のトピックスでまとめてみたい。

あなたがなぜ会社で恋愛できないのか、なぜ社内恋愛が難しいのかを紐解くので、「社内恋愛」に興味がある人は是非最後まで読んでみてほしい。

  • 社内恋愛や職場恋愛で「好きな人ができない理由」
  • 社内恋愛や職場恋愛で「好きな人ができても付き合うまでの恋愛が難しい理由」
  • 社内恋愛や職場恋愛が向いてない人はどんな特徴があるのか

この3つをテーマの中心にしれ徹底解説するので、社内恋愛できない人を深く理解しよう。

  1. 社内恋愛できない人は、心の奥では「積極的に社内恋愛したくない」と思っている
    1. 深層心理で職場恋愛を否定している人は、会社で好きな人ができない
  2. 社内恋愛できない人は、恋愛すると仕事に打ち込めないタイプが多い!仕事に打ち込みたい人も社内恋愛しない傾向
    1. 社内恋愛が進まない人は仕事と恋愛のバランスが取れない人に多い
    2. 恋愛のことを日常生活に引きずってしまう人は社内恋愛できない
    3. 好きな人がいると頑張れるというタイプが社内恋愛向きの人
  3. アプローチに慣れていないと社内恋愛ができない!社内恋愛が難しいのは、周りにバレないで恋愛しないといけないから
    1. 社内恋愛は周りにバレないようにアプローチしないといけない
    2. 社内恋愛が成功する人は好きな人の気持ちを推し量るのが上手く、相手の気持ちに合わせた行動も最適化できている
  4. 自分のかっこ悪い姿・可愛くない姿を見られたくない人は、社内恋愛に向いてない人
    1. 好きな人から見た自分に意識が強すぎる人は、社内恋愛できない!その理由とは?
    2. 表面的な恋愛をしないで、内面で恋愛する価値観がないと社内恋愛が難しい
  5. 社内恋愛できない人はずっと一緒にいるような恋愛が嫌い
    1. 社内恋愛できない男性は、近すぎる人を恋愛対象に選びたくない心理がある
    2. 社内恋愛できない女性はキャリア志向が強い傾向がある!バリキャリ系女子は職場に好きな人がいる状態が居心地が悪い
  6. オープンな恋愛がしたい人は社内恋愛できない
    1. 社内恋愛できない人は、社内恋愛を秘密にするのがめんどくさい
  7. 好きな人によく嫉妬する人は社内恋愛が難しい!嫉妬深いタイプは、社内恋愛が辛いから諦めてしまう
    1. 嫉妬する人は職場恋愛の付き合う前の恋愛が辛いから、片思いが長続きしない
  8. 恋愛に初心な人は好きな人を意識し過ぎるから社内恋愛が難しい
    1. 社内恋愛のドキドキを楽しめるようにならないと、社内恋愛は難しいまま
  9. 社内恋愛できない人は、喧嘩した時の対応が下手
    1. 好きな人と上手くいってない時期の対応力が、社内恋愛ができる人と社内恋愛できない人の違いになっている
  10. 仕事は仕事、職場の人と距離を置きたい人は、恋愛だけ別に考えることはできない
    1. 職場を仕事の関係だと割り切る人は社外の出会いに目を向けるべき
  11. まとめ

社内恋愛できない人は、心の奥では「積極的に社内恋愛したくない」と思っている

社会人になって恋愛できないことに悩んでいる人と話していると、「会社で恋愛するのもアリかなと思う」と言う割に、実は心の奥で自分の社内恋愛を否定しているケースがよくある。

今回挙げる「社内恋愛できない人の特徴」がどんどん当てはまるなら、あなたは「積極的に社内恋愛をしたいと思っていない」から「社内恋愛できない」という状態になっている可能性がある。

社内恋愛したいけど好きな人もできないと言う人は、自分の心の奥で「できれば社内恋愛じゃない方が良い」と思っていないだろうか?

深層心理で職場恋愛を否定している人は、会社で好きな人ができない

やはり、社内恋愛には大きなデメリットもあって否定派の人も少なくない。

もしあなたが深層心理で職場恋愛や社内恋愛を否定していると、いいなと思う人にも「職場の人だから…」「会社の人だから…」と否定して見てしまうことになり、自然に好きになるきっかけをなくしていく。

少し極端にポイントを挙げると、深層心理で社内恋愛肯定派と社内恋愛否定派では、恋愛的にこんな違いがある。

  • 社内恋愛肯定派=社内の人か社外の人か恋愛対象として気にしないため、コミュニケーションが多い職場恋愛に発展しやすい
  • 社内恋愛否定派=社内の人を好きになりたくないという心理があるため、職場の人をいいなと思ったら好きにならないように短所を探すところがあり、自然に好きになることがない

価値観として「社内恋愛に抵抗がある人」は、好きになるかもしれない人が現れても意識的にマイナス査定するようなところがあるため、会社で好きな人ができない状態になるのである。

よくよく考えてみると、実は自分が社内恋愛否定派で、無意識に恋愛感情を否定しながら会社で生活していないだろうか?

ただでさえ普段好きな人ができない人は、こういった理由が絡んでいる場合、社内恋愛ができない状態になりやすい。

恋愛する時に、リスクやデメリットを考えてしまう人は、展開次第でいくらでも自分の生活環境が悪化する可能性を持った社内恋愛を自分から否定しまうため、口では「いい人いないかな?」と言っていても、本気で職場に好きな人を作る気がない。

ここが問題になっている人は、下の記事で社内恋愛のメリットを知ると共に、社内恋愛のデメリットを具体化して、「本当に社内恋愛はダメなのか」という点と向き合ってみよう。

社内恋愛のメリット&デメリット~付き合う前から別れた後まで
社内恋愛をイメージすると、あなたはメリットとデメリットのどちらをより強く意識するだろう? 社内恋愛の良し悪しで言ったら、やっぱりデメリットを強く意識する人が多いかもしれないが、結婚相手と出会った場所の1位は「職場」だから、社内

社内恋愛できない人は、恋愛すると仕事に打ち込めないタイプが多い!仕事に打ち込みたい人も社内恋愛しない傾向

社内恋愛できない女性

社内恋愛はどうしても仕事に影響が出てしまうものだ。本気で職場恋愛したことがある人は分かると思うが、はっきり言って仕事への影響をゼロにすることは不可能に近いことである。

どうにかしてなるべく仕事への影響をなくそうと二人で努力できれば問題なく付き合う社内恋愛カップルもいるけれど、片思いの時はそううまくいかず、人によっては仕事に打ち込めなくなってしまったり、業務に支障をきたしたりして、ハードな仕事であればあるほど、社内恋愛と仕事の相性が悪いことを痛感していく。

社内恋愛が進まない人は、(職場の同僚や上司など人間関係も含めて)仕事への影響を考えながら恋愛していることが、積極的になれない原因になってしまっているケースが本当に多い。

恋愛していると良いことも悪いことも出てくるため、切り替え力がないと仕事も恋愛も上手くいかないことに悩みやすい。

社内恋愛が進まない人は仕事と恋愛のバランスが取れない人に多い

社内恋愛や職場恋愛は、上手くいってる人を見ていると「器用に恋愛できる人」が成功させている傾向が強い。

オンとオフの使い分けもそうだし、職場での態度や接し方など、会社に好きな人ができると仕事と恋愛にバランス感覚が求められるため、特に恋愛経験が少ない人は「社内恋愛が進まない」という状況に悩みやすいのが特徴だ。

仕事と恋愛のバランスが取れない人は、たとえ職場に好きな人ができても中途半端なアプローチしかできないで、好きな人と親密な関係になれないでいる。

あなたは、好きな人がいても仕事に集中できるだろうか?

この答えにYesと即答できない場合は、社内恋愛が進められない人になる。そういう意味では、社内恋愛できない人は、恋愛に不器用な人とも言えるだろう。

恋愛のことを日常生活に引きずってしまう人は社内恋愛できない

職場に好きな人がいる状態は「より仕事が頑張れる」という人がいる一方で、何かと気にしてしまって仕事に打ち込めないと感じる人がおり、後者は社内恋愛できない人の特徴だ。

仕事に打ち込みたいと思っている人が社内恋愛できないというケースは本当に多く見てきたので、恋愛のことを日常生活に引きづってしまうタイプの人は「仕事と恋愛のどっちを取るか」という2択を迫られた時、(結果的にも)仕事を取る。

どこかのタイミングで恋愛に対する意識は変わることもあるのだが、もともとの価値観が強く影響しているところなので、変わろうとしても変えられないケースが目立っているのは特徴と言うべき事柄だ。

あなたが仕事に打ち込みたいと思っているなら、職場で好きな人を作りたいと強く思うことはないはず。集中したいと思うことがあると邪魔なものは排除しようとする心理が働くため、恋愛に不器用だと仕事に集中するパターンが多い。

好きな人がいると頑張れるというタイプが社内恋愛向きの人

社内恋愛に向いている人は「好きな人がいると頑張れる!」というタイプの人だ。「好きな人に良いところを見せたい」「好きな人に自分をアピールしたい」と思っていると仕事の活力が出る人もいるけど、逆の人は社内恋愛できないタイプになっている。

恋愛は頭の中をいっぱいにしてしまうこともあることだが、力に変えようとすれば仕事の頑張りを後押しすることもある。

社内恋愛が難しいと思っている中でも社内恋愛したいと思うなら、こういった「前向きに恋愛する」という発想が一つ答えになる。恋愛中にネガティブになりやすい人は、下の記事が自分を変えるヒントになるかもしれない。

恋愛でポジティブになる方法のヒント~ポジティブ思考とネガティブ思考の違いを知って辛い片思いから卒業しよう
恋愛は、上手く行かないことばかりで、ついネガティブ思考になりがちだ。片思いが辛いのなら、「恋愛はめんどくさいからしない」という意見も当然のように感じる。 しかし、世の中にはポジティブ思考で恋愛する人もいて、辛い片思いを乗り越え

アプローチに慣れていないと社内恋愛ができない!社内恋愛が難しいのは、周りにバレないで恋愛しないといけないから

会社で恋愛することは、常識の観点から “良くないこと” だと考える人が多いため、社内恋愛はアプローチの仕方が難しい。

周りに気を遣う人ほど好き避け(=好きだから避ける)も多くて、実質的に恋愛慣れしてることが成功の条件になっている。

社内恋愛で好き避けが多い理由とは?ごめん避けを押してはいけない理由も解説!
社内恋愛では「好き避け」が多くなるという特徴がある。 恋愛が得意な人は「社会人としてもういい大人なんだから、好き避けは無いんじゃないの?」と思う人が多いと思うけど、社内恋愛特有の複雑な理由もあり、恋愛経験が少ない職場恋愛の片思

自分自身のことで想像すると勘違いするのだけど、既に結婚している人や彼氏・彼女がいる他人の目で考えてみると、周りにカップルがいる職場を歓迎しない人は決して少なくないことがはっきり分かると思う。

恋人がいない人でも周りに社内恋愛カップルがいると「めんどくさい」という感覚を持っている人が一定の割合で存在するため、基本的に社内恋愛のアプローチは周りにバレないように行われる。

ここが社内恋愛の難しいところだ。

社内恋愛は周りにバレないようにアプローチしないといけない

職場恋愛のアプローチは周りにバレないように行う必要があり、踏み込んだ関係になっていく際に上手くアプローチしないと、相手が迷惑に思ってしまうことがあるため、パワーバランスも難しい。

なぜ多くの人が社内恋愛が難しいと思っているのかと言うと、「社内恋愛独特の距離感」が攻略できないからだ。

会社だから難しいのが社内恋愛であり、距離を縮めやすいのも社内恋愛だから、アプローチがきちんとできる人にとっては恋愛しやすい環境があるが、アプローチが恥ずかしいという人や、奥手な人に取っては「公的だけど近い関係性」が社内恋愛できない理由になる。

周りに迷惑にならないように恋愛しようとすると、「積極的に行くべき局面と引くべき局面」をなるべく正確に判断して適切に行動したいので、アプローチが下手な人に取っては「周りの目が気になって恋愛できない」となってしまう。

学生の時の学校内恋愛やクラス内恋愛との違いがここにある。

社内恋愛が成功する人は好きな人の気持ちを推し量るのが上手く、相手の気持ちに合わせた行動も最適化できている

恋愛で難しいのが「好きな人との距離感」だが、公的な理由で距離が縮まりやすい社内恋愛においては、好きな人の気持ちをなるべく正確に推し量れる人が成功しやすく、「今ならいける」と思うタイミングで思い切った行動が取れる人が、周りに迷惑を掛けずに好きな人から好かれることに成功している。

アプローチは経験によって自分の良さを伝えつつ距離を縮めていく方法を会得するようなところがあるので、好きな人と付き合いたいと思う人は、いつまでも「自分の気持ち」と向き合っていないで、「好きな人の気持ち」と向き合う時間を増やす必要がある。

好きな人がウエルカムの状態なら一気に距離を縮めてプライベートな関係に持ち込むべきだし、まだ信用されてない内は信頼関係を作るための行動が必要になっている。恋愛のアプローチは「自分の勇気が出た瞬間に頑張る」のではなく、「好きな人の気持ちから自分の行動を選択する」のがコツだ。

アプローチ力に自信がない人は、下の記事でまずは「社内恋愛で気を付けること」を学んでみよう。

自分のかっこ悪い姿・可愛くない姿を見られたくない人は、社内恋愛に向いてない人

職場恋愛が向いてない女性

社内恋愛の良いところは「普段のその人を見られること」だけど、社内恋愛できない人からすると、視点が変わってデメリットになっている

好きな人から見た自分に意識が強すぎる人は、社内恋愛できない!その理由とは?

自分のかっこ悪い姿を見られたくない人、自分の可愛くない姿を見られたくない人は、社内恋愛に向いていない。

誰でもこんなことは考えるものだけど、より自分の見られ方に意識が強い人は社内恋愛ができない人だ。

なぜなら、仕事ではミス以外でも上司から説教されたり、お客さんとトラブったりするのが日常的にある中、素敵な自分を見せることでしか恋愛できない人は、自分の見せたくない姿を見られることで気まずい思いをし、一気に引いてしまうのが特徴になっているからだ。

恋愛の現場が自分の職場だと、仕事上のかっこ悪い姿をさらすことで「もう嫌われた」「こんなの見られたらもうアプローチできない」と思ってしまって、気持ち的に好きな人からフェードアウトしていく。

職場恋愛では、自分の普段の姿が見えて過ぎてしまうため、何かネガティブなことが起こった時に好きな人の自分に対する印象を気にして勝手に諦めてしまう人がたくさんいる。

表面的な恋愛をしないで、内面で恋愛する価値観がないと社内恋愛が難しい

会社で嫌なことがあった時にお互いで励まし合える関係になるのは難しいことだとは思うけれど、そういった恋愛のプロセスを踏める人でないと、会社で恋愛するのは難しい。

男性なら “かっこつけマンタイプ” 、女性なら “ぶりっこタイプ” がすべてを知られる職場恋愛を難しいと感じている。

人は年齢を重ねる度に外見や表面的なことを気にする恋愛観から、人間性も含めた内面を重視する恋愛観に転換していくところがあるが、20代前半から半ばにかけては恋愛経験の未熟さゆえに付き合う前から好きな人と信頼関係を作る恋愛の仕方をできない人が多い。そこを踏まえると、社内恋愛できない人は入社3年目くらいまでは「外見でモテない傾向」がある。

ただし、入社4年目から5年目を境に、「出世できた人」や「仕事ができる人」「人当たりが良い人」などが社内恋愛できるように変わってくるので、内面で勝負する人でまだ社会人になって浅い場合は、恋愛力を上げつつ自分がモテる時期を待ってみるのも方法の一つになってくる。

あなたの実年齢に関わらず、社内恋愛に向かない恋愛観のままではどこかで訪れる “社内恋愛特有の気まずさ” は乗り越えられないから、心と心で繋がる恋愛の仕方ができるように自分の恋愛力を磨こう。

社内恋愛の場合、普段の愚痴は前向きな発言で終えることを意識
上で解説した「励まし合う関係」になるのに軽い愚痴は入り口になるのだが、共通の話題だと思って愚痴が多くなる場合、又は好きな人の愚痴を聞いてあげる際も、恋愛成就に向けては「最後に前向きな発言で終えること」を必ず意識しよう。
社内の人同士の恋愛は仕事の話題が多くなるが、結果グチが多くなれば恋愛の雰囲気が遠くなる。「相談」の形になれば深い会話で関係そのものが深くなる場合もあるが、片思いの初期は何かと「友達への道」を進めてしまうことが多い。
そこへ対処する意味も込めて、素敵な人との印象をお互いで持てるよう、前向きな発言でまとめることで「また会いたい」「あの人と話していると前向きな気分にさせてくれる」と思われるような恋愛の仕方で社内恋愛しよう。
会話が弾めばそれで良いと言えるほど単純な話ではないので、当サイト読者は絶対に意識してほしい。

社内恋愛できない人はずっと一緒にいるような恋愛が嫌い

社内恋愛ができない人の特徴は「ベタベタと一緒に長くいる恋愛が嫌い」であることも挙げられる。

社内恋愛できない人は、ずっと一緒にいるような恋愛よりも、お互いのプライベートも大事にして、刺激し合えるような関係を望む特徴があるのだ

会社で恋愛すると、どうしても色々な場面で「一緒にいる」ことになる。それは間接的な場合も多いのだけど、一緒にいる感じを味わえるのはメリットに思っていないと社内恋愛できない

社内恋愛できない男性は、近すぎる人を恋愛対象に選びたくない心理がある

好きな人との距離感が近づきすぎて息苦しくなる人や、恋愛していても自由を好む人は、ずっと近い距離で付き合いのある社内恋愛に向いていない。特に男性はこういった特徴がはまりやすいだろう。

社内恋愛は別れる時、別れた後も問題が発生しやすいので、自分の考え方と合わない場合は「社内恋愛に向いていない」と結論付けて、他の場所で彼氏・彼女を作る道を模索する方が建設的である。

男性心理は自由を重んじるところがあるから、ある程度恋愛経験をしている男性は職場に好きな人を作ると息苦しさを感じやすい。自分に近すぎる人が恋愛対象になるかどうかは個人差が大きいので、「出会いがない」と思ってもだからと言って「会社の人が恋人になることを喜べるのか」は一度考えておくべきことだ。

上手くいきそうになった瞬間から、「なんか違う」と思うとアプローチが思わせぶりな態度になってしまって、人間関係を悪化させるだけに終わる。

社内恋愛できない女性はキャリア志向が強い傾向がある!バリキャリ系女子は職場に好きな人がいる状態が居心地が悪い

一方、「ずっと一緒にいる恋愛が嫌い」という理由で社内恋愛できない女性は、キャリア志向が強いのが特徴だ。いわゆるバリキャリ系の女子は、職場に好きな人がいる状態に居心地の悪さを感じるので、いいなと思うところで恋愛感情を消してしまう。

ここは前述した「仕事に打ち込みたい」という理由と被るように思うかもしれないけど、それだけじゃない。

キャリア志向が強い女性は「職場の人」と「好きな人」とで態度を変えたい心理が強い中、好きな人が職場の人だと恋愛に癒しがないから、会社関係者との恋愛が苦手なのだ。「素直になれない」という点も併発させることがある。

社内恋愛のようなずっと一緒にいる恋愛が向いているかどうかは、自分の性格を踏まえて考えていかないと、自分自身の中で矛盾を起こすことがあるから注意しよう。

オープンな恋愛がしたい人は社内恋愛できない

社内恋愛が難しいと思う女性のパソコンを打つ姿

社内恋愛は、基本的に秘密の関係が続く。社内の人と恋愛するなら、付き合う前もオープンにアプローチするのが常識違反だし、付き合った後も秘密で付き合うことになるのが一般的だ。

オープンな恋愛をしたいと考える人は、自分の周りの人に自分の恋愛をしゃべりたい人で、仲良くなっていく内に「秘密ね」となってしまうような恋愛が難しいと感じやすい。

また、「ついしゃべっちゃった」というのが問題となって恋愛が壊れるパターンも考えられる。

職場恋愛・社内恋愛がバレるきっかけや理由~秘密で付き合う時の注意点
職場恋愛や社内恋愛をしている人は、周りへの影響などを考えて「秘密に付き合っていきたい」と思う人が多い。 しかし、社内恋愛の経験がないなら、どんな場面や状況で「社内恋愛がバレる」のか、きっかけや理由がぼんやりとしてしまっているの

上の記事で紹介している内容が「難しいと感じる」なら、社内恋愛ができない人の特徴にはまることになるので、いい感じまで行ったとしても付き合うまでは至らない。

オープンな恋愛で何も気にせず恋愛したいと考える人は、社内恋愛できない人だ。

社内恋愛できない人は、社内恋愛を秘密にするのがめんどくさい

私の経験でも、恋愛を楽しみたい人が「社内恋愛を秘密にするのがめんどくさい」という理由で職場の好きな人を諦めた人が何人もいた。

オープンに恋愛したい人は、周りに気を遣って恋愛する職場恋愛が悪いことをしているように感じてつまらないと感じ、気になる人ができても「わざわざ会社の人と恋愛することはない」と結論付けていくようになう。

社内恋愛は周りにバレないように工夫しないといけないことが恋愛が進む度に出てくるので、本気で好きにならないと進めるのがめんどくさくなるところがある。

秘密で付き合おうと言われたことがある人は納得できる部分だと思う。

好きな人によく嫉妬する人は社内恋愛が難しい!嫉妬深いタイプは、社内恋愛が辛いから諦めてしまう

社内恋愛を代表とするコミュニティ内恋愛は「好きな人のことが見えすぎること」がその人の恋愛を邪魔することがあり、典型的な例は「嫉妬の問題」だ。

あなたがもし嫉妬し過ぎる人であったなら、社内恋愛が難しいと感じるだろう。会社では、好きな人が異性と話している場面を頻繁に見るし、中にはとても親しげに話している姿を目撃することもある。

嫉妬するタイプの人が社内恋愛をしようとすると、どうしても「辛い恋愛」に感じやすく、見えすぎることがデメリットとなってしまう。

見ないようにしてもそう意識するがあまり、余計に目が行ってしまうのが恋愛なので、なかなか対処が難しいのがこの問題の特徴だ。

嫉妬する人は職場恋愛の付き合う前の恋愛が辛いから、片思いが長続きしない

特に片思いの社内恋愛では、嫉妬の問題で長続きしない人をよく見かけた。想うだけで辛いから早々に気持ちを割り切ろうとしてしまうのである。

あなたが会社で恋愛できないのは「嫉妬」の問題に「自信の無さ」が絡んでいるのが原因かもしれない。

【恋愛】自分に自信がないのはモテない理由になる~自信がある人と自信がない人の違いと、具体的な解決策とは?
恋愛は、モテる人とモテない人の違いが年を追うごとに広がっていく傾向がある。 その理由の一つは、「自分に対する異性としての自信」に、モテる・モテないと言ったそれまでの恋愛経験が大きく関係していることが大きい。 当サイト「恋

秘密で恋愛する社内恋愛だからこそ、難しい「嫉妬」の問題が自分の中で大きくなる場合は、社内恋愛が向いていない。

ある程度の経験があって割り切れる人の方が、幸せそうに社内恋愛している事実がある。

恋愛に初心な人は好きな人を意識し過ぎるから社内恋愛が難しい

社内恋愛が難しい原因が「恋愛慣れしてないこと」だった女性

社内恋愛の距離感はかなり微妙な問題になることも多く、好きな人を意識し過ぎる人は嫉妬以外の問題でも苦労しやすいのが特徴だ。恋愛に初心な人は職場の好きな人を意識しすぎるから、社内恋愛が難しいと感じている。

例えば、二人で食事に行っても基本は秘密になるので、次の日は何もなかったように会い、普通に仕事上のコミュニケーションを取らないといけない。

それが意識し過ぎる人は何かあったわけでもないのに普通の態度が取れなくなって、相手からは「めんどくさい」とか、「恋愛関係になるとこじれそうだ」などといった印象を与えてしまう。

そうなっては会社で恋愛できないのは当然だろう。

社内恋愛のドキドキを楽しめるようにならないと、社内恋愛は難しいまま

微妙な距離感で秘密を共有しつつ、そのドキドキ感を楽しめるくらいでいると職場恋愛はうまくいきやすい。

恋愛するといっぱいいっぱいになってしまうのであれば、公的な付き合いのある社内恋愛でうまく立ち回ることができず、どこかのタイミングで恋愛を壊してしまう。

もし会社内や職場に好きな人ができた時は、意識的に余裕を持つように努めないと、好きな人の恋愛相手には選ばれないはずだ。恋愛経験がなくても職場恋愛しやすい人になることは可能だから、相手目線になって「どんな態度を取ってほしいのだろう?」と考えた振る舞いをすることが大切だ。

社内恋愛できない人は、喧嘩した時の対応が下手

社内恋愛は告白して一気に決着を図る恋愛ではないから、片思い期間は割と長めなのが特徴になっている。

会社内の人と恋仲になっていくと距離が近くなって色々なこともあるけれど、気持ちの距離が縮まることでよく起こってしまうのが「喧嘩」「ちょっとしたすれ違い」である。

好きだからケンカになる理由と、好きな人と喧嘩した時の対処法~素直になれない片思いだからこそ起きるすれ違いを考える
「相手が好きな人だから喧嘩になる」 恋愛感情は特別な感情だから、「どうでもいい人」には抱かない想いを持て余すと、人は好きな人に攻撃的な言葉や態度を取ってしまうことがある。 距離が近くなってきた相手だからこそ、軽い言い合い

社内恋愛できない人はこういったいざこざの処理が下手なのが特徴だ。ちょっとしたことで関係が壊れそうになると、「付き合ったらもっと大変になる」と、せっかくいい雰囲気になった人が離れてしまう。社内恋愛の難しいところだ。

好きな人と上手くいってない時期の対応力が、社内恋愛ができる人と社内恋愛できない人の違いになっている

社内恋愛や職場恋愛では、好きな人と上手くいってない時期の対応力がすごく重要だ。

身の回りの人を好きになるからこそ、何かあった時に良い意味の「割り切り」「さり気ないフォロー」が大事になる。

会社は誰かと関係が悪化すると不味い場所だから、踏み込んだ関係になる「恋愛」が絡むと、向いている人と向いていない人の違いがはっきりする場面を迎える

恋愛経験が普通にあって、異性の扱いに少し慣れていないと超えるべきハードルが超えられずに「社内恋愛できない」という状態に陥ってしまう人がいる。

気持ちの距離が近づいたところで持ち合う「複雑な気持ち」をよく理解して、表面上をうまく取り繕いながら、お互いがオフィシャルなところで環境を悪化させず、それでいて裏では微妙な問題を処理できる恋愛力が必要だ。

仕事は仕事、職場の人と距離を置きたい人は、恋愛だけ別に考えることはできない

仕事の人とプライベートで会うのが嫌な人は少数派ではない。仕事は仕事とし、プライベートとは分離したいと考える人は、当然ながら社内恋愛ができない人の特徴だ。恋愛だけ別に考えることはできないため、「会社の飲み会が嫌い」とか「職場の付き合いが苦手」だと思ってる人は、社内恋愛が向いてない。

職場を仕事の関係だと割り切る人は社外の出会いに目を向けるべき

出会いのない社会人でも、うまくプライベートな活動ができる人は恋人を作っている。
仕事の話をしたくない人や、会社の人と会うのは職場だけで良いと考える人は、社内恋愛が向いていないので、違う場所に目を向ける必要性が高い。

本当に好きになって恋愛していると、会社内の恋愛でも好きな人とのコミュニケーションに癒しはあるのだけど、もともと仕事とプライベートを分けたい人は、そこまで気持ちが盛り上がらずに恋愛できない

会社で恋愛できない人はここが問題となって気持ちにブレーキをかけるから社内恋愛が難しい。実際に会社内の人と付き合った経験から自分の価値観を知る人も多いから何とも言いにくいが、自分の価値観がはっきりしている人はわざわざ失敗の経験を増やさずに恋愛の仕方を変えた方が良い。

プライベートを大事にしたい人が社外恋愛が向いている理由は、職場の関係を平和に保つ方がプライベートの恋愛に頑張れるから。会社以外で好きな人を作るのが難しいと思ったとしても、「自分が幸せになるためにはどうしたら良いか」といった視点で恋愛のことを考えるようにしてみよう。

結婚願望がある場合は自分の年齢との戦いもあるため、「どの程度恋愛に本気にならないといけないのか」を知るために下の記事を読んでおいてほしい。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばにある「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感

まとめ

今回は「社内恋愛できない人の特徴」を10個のトピックスでまとめた。
あなたがなぜ会社で恋愛できないのか、なぜ社内恋愛が難しいのか、ヒントはあっただろうか。

生活の土台にある職場で恋愛するのはやはりデメリットもあって、向いていない人がいるのは事実。出会いがないと悩むからこそ「職場」に目を向けるのなら出会いを作る方に頑張る方が向いている人がいるだろう。

下の記事では、自分の恋愛をプロに診断してもらえる「恋愛傾向診断」を受けた私の体験談を綴っている。現在恋人がほしいのにできない人は、参考にしてみよう。

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!
もし、あなたの恋愛力が数値化される診断があるとしたら、受けてみたいと思わないだろうか? しかも、プロが真剣に作ったテストで、恋愛傾向まで分析してくれて、詳細な分析コメントまでくれるとしたら? 恋愛のプロである大手結婚相談

関連記事:

社内恋愛
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました