好きな人が話を合わせるタイプ!会話で本音を探るには?~奥手の人を好きになった時の会話

話を合わせるタイプとの会話シーン

好きな人が話を合わせるタイプだった場合、会話していても上辺で話されている感じがして、少し寂しい気分になることがある。

「好きな人にもっと本音でしゃべってほしい…」
「好きな人の考えていることを素直に話してほしい…」
会話を合わせることは決して悪いことではないのだが、恋愛感情を抱く相手だったら気持ちは複雑で、縮まらない距離を感じることがあるだろう。

そこで今回は、好きな人が話を合わせるタイプだと判明した人に向け、会話で本音を探るにはどうしたらいいかを解説する。

あまり自己表現をしない奥手の人を好きになったのならどんな形で距離を縮めていくか、参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

話を合わせてしまうのが悪いことだと思わないこと

話を合わせてしまう人と話をしていると、それに気づいたとき、どうしてもイライラする場合がある。

「なんで社交辞令みたいなことばっかりで、本音で話してくれないの!」
相手との距離を感じるし、社交辞令を連発されているようにも感じるから、人によってはストレスを感じるだろう。

しかし、どうせなら「話を合わせてしまう人」の考え方を理解して、こちらが配慮したコミュニケーションの取り方をする方が仲良くなる考え方であり、恋愛を進める上で望ましい。

多かれ少なかれ人と人が話をする時というのは相手に自分を合わせるもの。ビジネス用の自分とプライベートの自分では違っている人も多いと思うし、TPOによってもそれが細分化されているのが当たり前だと思うから、あまり気にし過ぎないように自分をもっていくことも大切なことだ。

話を合わせてしまう人と言うのは、過度に相手にフィッティングさせてしまう人を言うけど、結構悪気がなくそうなってしまっていて、自分を出せず悩んでいる人も多い。

自分をうまく表現できないことが辛かったり、相手に合わせてしまうことが「自分を持っていない」ように見えてしまって、また自信を失ってしまうことが悪循環になってしまっているケースもよくあるのだ。

状況の違い、たとえば大人数になると「話を合わせてしまって自分を表現できない」という人も少なくなく、時と場合の違いでそうなる人もいるからパターンも様々と言える。

次からは、話を合わせてしまうタイプの人と話をするなら、どんなところに気を付ければいいかを解説する。

スポンサーリンク

ペースを合わせて相手の話を先に聞く

好きな人が話を合わせてしまうタイプで、本音の話をしたいと言うなら、自分から話をどんどん進めないことが大切だ。

奥手のタイプだったり口数が少ない人に「話を合わせる人」が多いけれど、会話をリードし過ぎると相手の本音はより分からなくなる。

なぜなら、話した内容に同調しやすいからだ。

従って、好きな人が話を合わせるタイプなら、ある程度相手が安心して会話できる状況を作るまではリードすることがまず大事になるけれど、そこから先は相手の話を引き出すように「丁寧な質問」を心がけよう。

自分が話し慣れていない人は自分の話すことをまとめるのに時間がかかる人も多いので、会話のスピードも少し落とし気味にするといい。

なお、話してくれた内容に関しては相槌を適度に入れ、否定よりは肯定を大事にし、更に質問を交えながら聞くことは、「会話の基本」として重要だ。話を合わせるタイプとの会話では聞き方にも配慮するべきなのは言うまでもない。

会話は成立するけど何となく距離が縮まらない感じがするならここは大事なところだ。

奥手の人が本音を話すきっかけ

話を合わせる人と話をしていると、時々相手のペースにむしろハマってしまって、自分も同じように表面的になってしまう人がいる。しかし、それではさらに上辺の会話になってしまって、相手の特徴をより引き出してしまうことになるのが悩みどころだ。

会話をリードするには「話題の提供」だけではなく、「会話の雰囲気」にも気を遣えるとベスト。そこで大事にしてほしいのは「自分から素直な気持ち(本音)」を表現することである。

自分自身が本音をしゃべることで好きな人に安心感を持ってもらい、会話の雰囲気に上辺感をなくしていけるといい。話しを合わせるタイプには、敢えて自分が感情を言葉にしてみよう。

何度か当ブログで主張してきたことだけど、コミュニケーションにおいて相手は鏡だ。

相手が本音を隠していると、会話の流れは深化していくことなく上辺を漂う。でも、そうしたくない状況では自分からコミュニケーションのカタチを作っていく意識が重要。なるべく努めて本音で話をして、あなたから感情を表現すると相手も変わってくる。

本音を話している人には本音で向き合うことができるものなので意識してみよう。何も考えずに空気を読むように会話している時と違ってくる。

お酒を飲んだ席などはこれが有効だ。

彼女を酔わせたい時~女性に勧めるレディーキラーカクテル8選
前回(彼女を酔わせたい時~行きつけのバーの作り方と行きつけのない場合の対応)の続きで、今回は彼女を酔わせたいとき「バーで女性に勧める...

仲良くなるまで我慢も必要、接触の回数や時間を増やそう

話を合わせる人は、相手に慣れるまで時間がかかる人が多い。警戒心も強い傾向があるので、自分から心を開いて会話することも重要だけど、実際には「コミュニケーションの量」も決め手になる。話を合わせてしまう人の気持ちを理解しつつ、心を開いてくれるまで拒絶されていると思わずに我慢も必要だ。

最初は好きな人との距離を感じると思うので、特別な感情があるときほど話し辛く感じることもあるけど、相手の性格も影響していることなので、仲良くなるためにはどうしたら良いかを考えよう。「接触の回数や時間をかけていくことが必要」と、ある意味覚悟を決めてしまえば色々と変わってくるはずだ。

これを逆に考えれば、自分以外に対する態度もどこかよそよそしいわけだから、もし仲良くなれば、それがわかり易く、縮まる距離の実感は得やすい。

まずは好きな人と回数を意識して接触を増やしていると、段々仲良くなっている感覚はあると思うので努力してみてほしい。もし、他の人と自分で会話の雰囲気が違ってくれば脈ありがわかり易くなる場合も多いだろう。

すごく奥手な女性の気持ちに気づくには~女心を理解すれば奥手女性の気持ちにも気づける
奥手な女性の気持ちに気付くのはなかなか大変である。口数が少ないし、考えていることをあまり言葉にしてくれないから、恋愛が進んでいるのか...

まとめ

今回は「好きな人が話を合わせるタイプ」と分かった人へ、会話で本音を探るにはどうしたら良いか、ヒントやコツになる部分を解説した。奥手の人を好きになった時の会話の際にも参考にしてみてほしい。

距離を縮めたいと思う相手との会話が社交辞令ばかりに感じる時は、自分を受け入れてくれないように感じて寂しいものだが、自分以外の人とも同じコミュニケーションの取り方をする時は性格の問題もあるので、少しずつ距離を縮められるように頑張ってみよう。

会話をリードして流れを作った後は、ゆっくり丁寧に相手の話を聞いてみようとすると、段々会話も深まると思うので、本文で触れたことを実践してみよう。

関連記事: