年下の女性を好きになった男性が付き合うまでに気をつけるべきこと

年下の女性が好きな人のためにデートで飲み物を渡している様子

年下の女性と恋愛するなら気を付けるべき点がいくつかある。

男性は若い女子が好きだから年下の女性を好きになることは多いと思うけれど、今までの恋愛で気を付けていたこととはどんなことだろう?

男性が年上で女性が年下だと接しやすいから仲良くはなりやすいけれど、アピールしている魅力が彼女にうまく伝わっているかといえば疑問だ。今まで恋愛がうまくいかなかったなら理由があるはず。

そこで今回は、私の経験から「年下の女性を好きになった男性が付き合うまでに気をつけるべきこと」を4つまとめる。年下の女性を好きになったら、ぜひ参考にしてみよう。年下の女性と付き合いたい男性も役立つ記事になっていると思う。

スポンサーリンク

「からかう」のと「馬鹿にする」のは違う!年下の女性を馬鹿にするなら恋愛は無理

年下の女性は基本敬語であなたと話すから、年の差だけじゃなくて立場にも「上下」が生まれやすい。そこが年下女性と恋愛しやすい理由でもあるけど、馬鹿にした態度まで調子に乗る男性は年下女性から嫌われる。

確かに年下の女性はあなたより知らないことが多いし、経験も浅い。
しかし、それがあなたにとって「魅力」だったはずで、決して彼女の弱点ではない。

男性は元々好きな人に傲慢になりやすい心理的な特徴を持つ中、実際に年の差や立場の差があることで俺様的になってしまう男性が少なくない。コミュ力の高い女子ならそれでも嫌な雰囲気は出さずに受け答えをするけど、実際本音を聞けば「馬鹿にされるのはムカつく」と帰ってくる。

出会った年下の女性と恋愛したいと思ったなら、年上の男性は余裕を見せて年の差を良い印象で感じさせないといけない。

「からかう」のと「馬鹿にする」のは根本的に違うことだから、ニュアンスの違いに疎い人はからかうこともやめて、女性として扱う方が恋愛対象になれるだろう。

年上の男性なのに緊張しすぎて余裕がないのはダサい!やせ我慢でも雰囲気のある男性でいよう

年下の女性がパソコンで恋愛のことを調べている様子

恋愛が苦手な人でも年下の女性なら話せるという人がいるが、相手から見たあなたが「素敵な年上男性」に見えているかはまた別の話かもしれない。

あなたが年下の女性に全体的なイメージを持っているように、年下の女性は年上の男性にイメージを持っている。「包容力」や「落着き」や「経済力」などはその代表だろう。

従って、同い年の男性や年下の男性にくらべ本来持っているはずの「年上男性の魅力」に含まれる部分には「期待値」が乗っているのである。

もちろん全体的な男性との比較も彼女の頭の中にあるからあなたにも優位性があると思う。しかし、それに彼女の期待値が乗っていることも事実なので、ここでも年下の女性を下に見ていると、イメージした恋愛と結果がリンクしなくなる。

特に気を付けるべきこととしては「恋愛特有の緊張」から年上男性が持っているはずの「落着き」を奪ってしまって、むしろ痛い男に認定されてしまうことだ。

年下の女性に話を聞くと、「年上男性は話していて安心できる」とよく言う。それだけ年下の男性よりも年上の男性のほうが女性の扱いにも慣れていて会話がスムーズなイメージを持っているからだ。

たとえ緊張が恋愛感情を原因にしていても、狙っている女性の前では余裕のある年上男性を演じるくらいでないと、年下の女性を落とすのが難しいだろう。

男性が年下の女性と恋愛するには、うまく年上の魅力を伝えないといけないため、好きな人のイメージを下げるようなことは避けるようにしよう。最初はやせ我慢でもいいから、余裕のある男として頼れる男性に見られる態度を取るようにしよう。

女性が魅力を感じるような「器の大きい男性」がイメージしにくい人は下の記事を参考に、自分の見せ方を考えてみよう。

年上男性だからこその「スマートさ」に年下女性はキュンとする

男性は好きな人の前ではカッコつけたいと思うものだが、年下の女性の前では思い切りカッコつけても決まる場面が多いから、積極的にアプローチしよう。年上なのに同じ目線でアプローチを受けるのも女性はキュンとしないから、スマートさは一つキーワードになる。

先ほどは「上から目線はダメだ!」と言ったばかりで混乱させるようだが、あくまでもあなたが彼女の年上である事実は動かない。嫌な形でそれを感じるのが一つ目の見出しだが、ここでは良い形で年上っぽく振舞おうという趣旨で述べている。

つまり、年上と年下の恋愛はその差を意識しながら良いバランスで魅力に変えた人が付き合うまで至るのである。

たとえば年上男性の魅力に「経済力」があるわけだから、彼女を食事に誘う際は後輩男性がいつも連れていく居酒屋などではなく、少し豪華なレストランに連れて行ってあげたり、「経験」を活かして彼女が食べ慣れないおいしいものをごちそうしてみたり、良い印象で年上をアピールする。

食事中も彼女にうまく質問しながら日頃のストレスを吐き出させてあげて、聞き上手になるのもスマートだ。

2つ3つの年の差ならそこまで本来の違いはないのかもしれないけれど、そんな恋愛こそ男性の大人な態度に女子は胸キュンする。5つ7つ離れているなら、恋愛対象だと思ってもらえるように気の利いたプレゼントも時に有効だろう。

おごりが多くなると思うけど会計もスマートさが求められるから気を付ける。「おごってやる」って態度では完全に引くので、よく使われる技だが「彼女かあなたがトイレに立つ際に済ませておく」のはおすすめだ。案外、実際にやられたことがない女子は年下に多い。

はっきり言ってお金で女性を落とすのはちょっと違うと思うのだが、それでも収入差があるなら割り勘は引かれることもある。年下を好きになったら、ちょっと頑張ってみても良い部分だろう。

ただ、お金をかけて良いレストランで旨い物を食べさせてあげれば良いかといえばそうでもないから気を付けたい。相手の女性だって気を遣うのだから、一番スマートなのは「センスの良さ」を感じさせることになる。センスは一朝一夕で獲得できないので、「ある程度のお店まででとどめておき、女性との距離が縮まっていく中で段々とグレードを上げることも可」というのが正解としたい。

恋愛経験が少ない男性は不安も大きいところなので、下の記事も合わせて読んでおくといいかもしれない。

年上なのに女々しいのは残念すぎる!嫉妬しても大人に振る舞う

年上の男性として魅力的にアプローチできても、進んだ恋愛ゆえに問題となる「嫉妬」が絡むと台無しになるから気を付けよう。

今までのことに気を付けてアプローチを続けていればそのうち彼女があなたを恋愛対象として意識しはじめる。そうなれば今度は付き合う彼氏候補としてあなたを見ることも出てくるわけだが、この段階まで進んだ恋愛の最大の壁は恋愛の複雑性。つまり、嫉妬や独占欲といったネガティブな感情だ。

同い年の男性や年下の男性なら嫉妬も男性の可愛いところとなるが、年上の男性がアピールしてきたことは大人な恋愛なので、嫉妬関係との相性が悪い。特に取り乱すことがあればこれまで温めた気持ちも一気に冷めてしまうだろう。

付き合う前は微妙な関係に気持ちは複雑になりやすが、あくまでも今までのアプローチが継続できるように、ここでも年上の男性らしさを見せるようにしよう。仲良くなって距離が縮まった段階でも彼氏面しないこともポイントだから、さきほど挙げたスマートさはここでもポイントになるかもしれない。

いずれにしても女々しい男は年上の男性として魅力がないので、嫉妬するような場面でも大人に振る舞おう。

まとめ

今回は、「年下の女性を好きになった男性が付き合うまでに気をつけるべきこと」をまとめた。

年下の女性が接しやすいのは最初に簡単な立場の違いがあって、お互いにポジションが安定するからだろう。どんな風に接したらいいか曖昧なのは同い年かもしれない。

ほかの女性同様、可愛いなと思うところはちゃんと褒めてあげて、笑いあえる関係になる頃には年上の男性として魅力を十分に伝えていきたい。

今回紹介したことはその過程で問題となることや年下の女性に幻滅されるポイントに触れているので、気を付けるべき点がわかったら積極的にコミュニケーションを取っていこう。スマートな男性を意識しておけば、カッコつけても良い関係性なので恋愛はしやすいと思う。

関連記事:

モテる男として有名な「聞き上手な男になりたい男性は下の記事を読んでみよう。

女性にモテたい男性は「女性の感情を動かすこと」を意識してみてほしい。下の記事では表面的なコミュニケーションでは女性が口説けないことを解説している。

自分の容姿に自信がない男性は下の記事で自分を磨く突破口を見つけてみよう。男は中身が勝負。外見を言い訳にしない男性になろう。

年下女性社内恋愛
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました