【片思い】恋愛が難しいと感じる理由とその改善策や対処法

恋愛が難しいと感じる理由をイメージした「二人が持つパズル」の画像。

恋愛が難しいと思う理由はいくつかの視点から論理的に説明が可能だ。

「勉強は得意なのに恋愛は苦手」なんて人は世の中に本当に多くて、「仕事ができても恋ができない」というタイプがたくさんいる。もしかしたら、あなたもそうかもしれない。

そこで今回は、片思いをテーマの軸に、恋愛が難しいと感じる理由とその改善策や対処法についてまとめていく。

恋が難しいのはなぜだろう?
そして、その改善策・対処法とはどんなものだろう?

こんな疑問を持つ人に私なりの答えをまとめるので、恋愛が難しいと思ってしまう人は是非参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

恋愛では、問題解決型の思考ができなくなる

恋愛は、人の営みの中で最も感情的な活動の一つだ。恋愛するととても主観的になってしまい、どんな人も自分を完全に客観視できない。好きな人とのことで冷静になれない瞬間も多く、自分の恋愛をコントロールするのはほぼ不可能だろう。

そんな側面のある「恋愛」では、問題解決型の思考ができないことが恋愛を難しいと感じる理由になっている。恋愛中の問題定義は頻繁にするのに、その解決策を考えるところまで行く前に、ただただ悩んでしまうのである。

「何で冷たくなったんだろ…」
「今日のカレ、すごくそっけなかったな…」

上に挙げた心の声は、恋愛すれば必ずと言っていいほど誰でも経験することだが、(自分の中の)その事実を前にショックを受けたり落ち込んでしまったり、時に目を背けたりして、問題解決型の思考にたどり着けないのである。悩みだけが深くなるという特徴がある。

好きな人との関係も、本来は改善・対処の方法をしっかり考えて実践することで、最低限「友達関係」なら論理的に良化していくことは可能だ。

でも、恋愛感情が絡むと、自分の気持ちにフォーカスしてしまって「問題を解決するためにはどうしたらいいか」という発想を奪う。自分の気持ちを考える時間と問題を解決するために考える時間のバランスが悪くなってしまうのである。

問題が起きているのに、それを解決するために思考することができなければ、好きな人のそっけない態度や冷たい態度を前にどうしてもあきらめたくなったり、気持ちにふたをしたくなる。

では、どうやって対処すれば恋愛に問題解決型の思考ができるようになり、恋愛の難しさを軽減できるだろう?

問題解決型の思考ができないことを改善・対処するには

もし、あなたが恋愛において問題解決型の思考ができない場合は、友達へ恋愛相談することで対処・改善するようにしてみよう。

友達に相談してみると、たとえその人が聞き上手でも「解決策」の提案がほとんどの場合で出てくる。聞いているだけという態度を一貫することは難しいので、「こうしたらいいんじゃない?」って話が聞けるはずだ。

ただし、相談した際に提案された解決策は、有益なものから無益なもの、害しかないものまで様々だから、あなたがそのまま実行する必要はない。問題を解決する思考へチェンジするためのきっかけにしてほしいのだ。友達の話を聞いて、あなたが感じたことや考えたことを深堀することで、あなたなりの解決策が浮かんでくる。

「それが今の問題か。それを解決するためにはどうしたらいいんだろ…?」
こんな風に思えたら、まさに問題解決型の思考がスタートする。

友達に恋愛相談することで、現在の問題が明確になり、友達の発言によってあなたの思考も明確になることがあるので、恋愛したときの「主観的考え」から抜け出して冷静な判断をするためにも、ぜひやってみてほしい対処法だ。

落ち込むだけでは今の問題が深刻化し、恋愛の難しさは一向に改善されないので、問題解決型の思考を意識して恋愛を前に進めていく意識を持とう。

スポンサーリンク

好きな人に好きになってもらう難しさを感じると、諦める理由を探してしまう

恋愛は、好きな人に好きになってもらうという点に難しさがある。好きな人は基本たった一人の人なので、好みの問題もあるし相性の問題もあり、モテる人であったとしてもピンポイントで好きになってもらうのはやっぱり難しいと感じるものだ。

こんな基本構造がある恋愛では、特に恋愛が上手く行かない人ほど「諦める理由探し」をしてしまうのが、余計に恋愛成就を難しいものにしている。最初から上手く行く恋愛しか叶えられないのである。

好きな人と話したり、連絡を取ればどうしたって脈ありと脈なしをいちいち気にする。それは感情の問題なため、改善することも対処することもかなり難しい。何も感じないように対処しようとして、恋愛から「自分の気持ち」を抜いてしまうと、それはもはや恋愛とは呼べないだろう。

好きな人との絡みの中で、なかなか上手くいかない期間に「諦める理由」を探してしまって、まだ何も始まっていない内から諦めるように考えていくのは、あなたが恋愛を難しいと思ってしまう理由になっている。

相手の立場になって好きな人の気持ちを考えてみると、諦めようか迷っている人からアプローチされてもふわっとした愛情を向けられるように感じるから、片思いが叶わないのである。

諦める理由を探してしまう人の改善策や対処法

好きな人ができると辛くなってすぐに諦めてしまう人は、アプローチに対する考え方を改めよう。

アプローチ初期に脈なしサインが出るのは当たり前で、これから好きになってもらう期間・これから興味を持ってもらう期間との割り切りが必要だ。最初から惹かれあうような恋愛に終始していては、恋愛が難しいと感じて当たり前なのである。

アプローチは、好きな人の脈を確認するために行うものではない。興味を持ってもらうために行うもので、関係を深め、自分の魅力を伝えるために行うのである。

【恋愛】失敗経験を増やす「腰の引けたアプローチ」は、セルフイメージをどんどん下げる効果しかない
多くの人が、恋愛で悪循環になってしまっているところをよく目の当たりにする。どちらが先かをとりあえず置いておいて、腰の引けたアプローチ...

上の記事は男性向けの記事だが、すぐにあきらめる理由を探す人を「恋愛で腰を引いてしまう男」として表現している。本来、恋愛では好きになるきっかけがたくさん存在しているので、最初から「いいな」と思う人同士の恋愛だけが叶うわけじゃない。

友達としてだって仲良くなるうちにお互いが必要な人になっていったり、仲良くなるにつれてギャップに気付いたり、素敵な内面に触れたことで好きになることだって全く珍しくないのである。たとえ最初の印象は悪くても、きちんとアプローチすることで好きな人の気持ちを動かせることは実際にあること。

片思いするとすぐに諦める理由を探してしまう人は、関係性へのアプローチで対処をしよう。まずはお互いに中身をよく知るために「仲良くなること」を目指す考え方に転換し、友達関係でも距離を縮めていくことに頑張る。

好きになるのに時間がかかるタイプも多いし、自分の恋愛が上手く行く可能性を自分から奪っていては恋愛が進まないので、まだ仲良くなる前の脈なしサインは気にし過ぎないように対処しよう。

これから好きになってもらうために頑張るのがアプローチだ。

恋愛は、はっきりしないから難しい。いい感じになっても微妙な空気が漂う「恋愛の雰囲気」

恋愛は好きな人と仲良くなった後にも難しい理由がある。それが「イイ感じになった後、ふとしたきっかけで微妙な空気が漂う」という点だ。付き合う間近で片思いから両想いになっていてもこんなことが起きる。恋愛の雰囲気ははっきりしなくてすごく難しい。

ここは、今説明した諦める理由を探す人が恋愛を難しいと感じる理由にもなっているところだが、まさに恋愛特有の問題と言える。

いい感じになっても微妙な空気が漂う理由は、下の4つが代表的だ。

  • 好きか好きじゃないかを問わず「お互いが意識し始める」から
  • 距離が縮まったことで本音と建て前のバランスが崩れるから
  • 付き合う前の感じが嫉妬の表現に繋がるから
  • 言いたい気持ちと言いたくない気持ちが複雑で感情的になるから

いい感じになった二人は、どちらかに恋愛感情がある場合が多く、お互いに本当は好き同士になっていることも少なくない。

そこに、距離感の問題や気持ちの表現、お互いの意識などを理由に、いい感じになった後も付き合うまでに微妙な空気を体験しやすい。恋愛ドラマでもよく描かれるが、距離が縮まったからこそすれ違いが生まれるのである。

不器用な人や、男性心理・女性心理に疎い人は、片思いが叶う直前にこの「微妙な時期」を乗り越えることができず、恋愛が成就しない。「せっかくいい感じだったのに…」となってしまえば、恋愛が難しいと感じるのが当たり前だろう。

いい感じの時の微妙な空気を乗り越えるためには

ここに対処するなら、仲良くなったこれまでの経緯に対し「自信」を持つことが何よりも大事だ。

片思いの間はなかなかお互いの気持ちがはっきりしない。でも、なるべく努めて冷静に客観的に二人の状態を思い出してみよう。振り返ることで、現在の関係性がどう築かれていったかを冷静に理解でき、複雑な恋心を完全に理解できなくても、想い合う関係を付き合うまでつなげることができる

付き合う前は、つまり好きな人と仲良くなった後は、脈ありの時ほど微妙な空気を体験する瞬間が必ずある。

いい感じの時は、自分が意識してしまうだけじゃなく、周りに冷やかされるような経験も多くなるし、「あれ?なんか空気が重い」なんて感じるときほど、好きな人の恋愛感情に焦点を当ててみる。あなたも複雑な気持ちを抱えることがあるように、好きな人も同じように複雑な気持ちを抱えているかもしれない。

距離が縮まってきた段階で、脈ありサインと脈なしサインに注目することは「告白」への道も考えて妥当な判断だ。両想いなら告白するべきタイミングになってきているのも確かな事実。

しかし、ここで微妙な空気が漂うと、それを「脈なしサイン」に感じてしまってそこで恋愛を終わらせる理由にしてしまう。それでは叶う恋であっても叶わない。恋愛関係は友達関係のようにラフではないことを知っておいてほしい。ちょっとしたことでも傷ついたり、やっぱりナイーブなものなのだ。

本来、いい感じまで来れる恋愛はそうそう多くないのではないだろうか?

仲良くなった理由は恋愛感情も絡んでいるかもしれない。もし、好きな人があなたに対して複雑な感情を持つなら、それは恋愛中だからだ。

微妙な空気は「好き避けを見分ける」ことが重要になるケースがあるので、心配な人は対処法として下の記事を読んでおこう。

男性心理・女性心理が分からない

異性の微妙な気持ちを「察することができる人」は間違いなく恋愛が上手い人だ。完全に相手の心理が分からないとしても、おおよそのところを察することができれば、恋愛は上手く行きやすい。

逆に、察することができない人は恋愛が難しいと感じる。

恋愛では、モテる人がもっとモテていくという現象が多いのだけど、それは「異性を知る、理解する」ということが大きい。恋愛経験の中から、男子なら「女の子はこういうことが嬉しいと感じる」ってわかっている人、女子なら「男の子はこういうことが嬉しいと感じる」ってわかっている人が、更にモテる好循環に入る。

恋愛経験がない人は、恋愛の各場面で相手の気持ちを察することができず、細かなところも含めて気持ちのすれ違いが恋愛をどんどん難しくさせるのである。

異性の心理を理解すると、「遠慮」から「気遣い」に変わり、「自分本位」から「相手本位」に変わることができる。主観的でありながらも相手のことを想う余裕も手に入れることがあるだろう。「どうしたらいいんだろ…?」って考えている時間が長く、適切なアクションに迷うと、どうしたって気分は落ち込んでしまうから、案外重要なことなのである。

恋愛が難しい理由は、女性の心理・男性の心理が分からないことも大いに関係している。

男性心理・女性心理を学ぶには

異性の心理は一朝一夕に学ぶことが難しい分野だ。「そもそも男女で分けて人間を語るべきではない」という人がいるくらい、男女と言っても色々なタイプがいる。

しかし、私の恋愛経験や友人関係の恋愛、読者からの恋愛相談を全て加味して、明らかに男女では恋愛を通して想うことや感じること、希望や不満が全然違っている。少なくても恋愛を前提にしたとき、男女を分けて考えないと上手く行かないと確信しているほどだ。

ではどう対処するか、と考えた場合に一番良い方法は「異性との付き合いを増やすこと」になるのだけど、それが難しい場合は、事前知識を付けて自分の生活の中から確認していくことをおすすめしたい。

要は、信頼できる有益な書籍から学び、あたりを付けて検証することで異性への認識レベルを向上させるという改善策だ。

下の記事で男女別に恋愛本のおすすめ書籍をまとめているので、異性の付き合いを増やせない人は読みたい本を見つけて、漠然とした認識をもう少しクリアにしてみてほしい。

本の内容を鵜呑みにしないで、自分の経験や人間観察を通して必ず確かめることがポイントとなる。察する男・察する女になれると、恋愛が難しいと感じる理由を改善できると思う。

社会人恋愛は仕事との両立が難しい!恋愛は精神的コスト・時間的コストが大きい

恋愛は、精神的コストと時間的コストが大きいところにも難しさがある。特に、忙しい社会人は、時間を見つけて特定の異性と親密になっても、仕事の都合でスケジュールが合わなくなって、結局恋愛が壊れてしまう経験を多くしている。日常の柱である「仕事」を優先して、「恋愛」がどうしてもおざなりになってしまうのだ。

そもそも、いい感じになる人や、好きな人や気になる人ができない人も現実に大変多い。

ここは意識して改善しようとしても対処が難しい問題だ。せめて「精神的コスト」を乗り越えるだけの恋愛に対するモチベーションは「幸せになるために」必須となっている。気持ちの部分から仕事に流されてしまう人は、下の記事を読んでみよう。

社会人恋愛は学生恋愛より難しいのはそれだけ色々な余裕がないから。時間がない人は、しっかり対策を取ろう。

忙しくて恋愛できない人の対処法(気持ちの余裕がない人を含む)

忙しい社会人でも恋愛できている人は「ネット」を活用できている。気持ちの余裕がない人も、通勤時間など空いた時間を使って気になる人と繋がれるから、恋愛に必須となる「出会い」を忙しくても確保できている。

彼氏を作るため、彼女を作るために日常から努力を始めると、「いいなと思える人との出会い」だけで時間的・精神的コストはかなりのものになる。会う前から色々と確認できる「紹介の案件」も、そんなに多くの機会に恵まれない人がほとんどだろう。

つまり、好きな人がいない人に取って「出会いを作ること」が既に恋愛の難しさを感じる理由になって、恋愛力アップすらできないで悩みを深くしている現実があるということ。

私も日常に多くの出会いがない仕事をしているので「出会いがないこと」に対処すべき期間があったのだが、恋活・婚活アプリを使うことで劇的な変化があった。信頼できるサイトを探して体験してみたのだけど、毎日に「恋人を作るための具体的な努力ができている」と感じて恋愛に対する不安や焦りみたいのが消えた

私が実際に使う上で考慮した点は以下の5つだ。(4つ目は実際に使ってみないと分からないが、期待できるかどうかで判断し、使用後に評価した)

  • 恋愛に真剣な人が使うサイトであること
  • セキュリティの安心感があること
  • 既に多くの人が使っていて、実績があること
  • 繋がりたいと思える人がたくさんいること
  • ネットのメリットを享受できるように、相性が分かるツールを用意していること

全てに当てはまったのは「ゼクシィ縁結び」と「ペアーズ」だった。

ゼクシィ縁結びの特徴は、ゼクシィの結婚に対するイメージと女性からの信頼感で「恋愛に対する真剣な人の割合が圧倒的に高い点」だ。それでいて、1月以内に恋人ができる割合が高く、半年以内で恋人ができる割合は実に8割まで達している。

メールアドレスがあれば無料で中身を確認できるので、出会いがないなら一度は見てみてほしいサイトである。独自の価値観診断も女性に人気で、相性の良い人と繋がれるから付き合った後も幸せが続く恋愛に期待できる。

ペアーズについては、とにかく参加人数が多くて出会いの数が他のアプリを圧倒している点が最大の特徴。地方の人はサイトやアプリを使ってもなかなかいいなと思える人と繋がることが難しいが、ペアーズなら期待できる。

そもそも恋活・婚活アプリを使う理由はリアルない出会いを作るためなので、アクティブユーザー40万人以上という膨大な数は魅力である。

さらにコミュニティ機能(同じ趣味嗜好の人が繋がる機能)が優秀で、趣味が同じ人と繋がれたり、好きなものが同じ人と繋がれたりするから関係作りが進めやすい。

ペアーズは女性が無料で使えるので、当ブログの場合は女性ユーザーが多く登録している。ここも一度は見てみてほしいアプリである。

仕事が優先になって恋愛できないのは社会人の共通した悩みであるため、具体的な対処法を実践して対策を取ろう。

まとめ

今回は、片思いをテーマの軸に「恋愛が難しいと感じる理由」「その改善策や対処法」をまとめた。これを読むことであなたの恋愛が少しでも進めやすくなれば幸いだ。

恋愛は、とても感情的な活動だから難しいと感じるのはみんなが同じだ。プロフェッショナルに淡々とこなす恋愛は恋愛じゃないから、複雑な感情を自分自身でも持て余してしまう。特に片思いの時は、苦しさや辛さの方が勝るとさえ思う。

本当はフィーリングカップルから関係を深めていくような恋愛の仕方が一番楽しいし幸せなのだろうけど、現実の恋愛はそうそう順調に進まない。それはモテるかモテないかにあまり依存せず、一つ一つの恋愛ごとに事情は様々だ。

でも、やはり改善の仕方や対処の方法を知っているか、それとも苦しむだけで悩み、思考停止をしているだけかの差は大きい。

今回紹介したことはどれも特効薬になり得ないものかもしれないけれど、難しい恋愛だからこそ少しずつ自分を変えて幸せを掴んでほしいと思う。

関連記事:

スポンサーリンク
記事下アドセンス
記事下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツヴァイ訴求
本格的な恋愛診断でした!【無料】

自分の恋愛傾向について、詳細な分析コメント付きで数値化してくれる「プロが作った無料恋愛診断」を受けてみました。
20歳以上限定ですが、とても参考になる恋愛診断だったので読んでみてください。
【人気記事】

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!

スポンサーリンク