彼氏に構ってほしいなら彼女がやってみる5つのこと~構ってくれない彼氏の対処法とは?

彼氏に構ってほしい彼女のイメージ

大好きな彼氏と付き合っている女性なら、「彼氏に構ってほしい」と思うことがあると思う。別にかまってちゃんな性格でなくても、女性は彼氏の愛情を感じたい瞬間があるし、忙しい彼氏にそう思うタイミングもある。

しかしその想いが何かをきっかけに切実になってしまった場合は、構ってほしいという気持ちが暴走して喧嘩してしまったり、お互いに意地の張り合いみたくなってうまくいかないこともある。構ってほしいと思ったときは、構ってもらうべきタイミングであることも多いので、ガマンだけが二人のうまくいく方法じゃない。

そこで今回は「彼氏に構ってほしいなら彼女がやってみる5つのこと」を紹介してみよう。
構ってくれない彼氏の対処法を知れば、今よりもっと仲の良いカップルになれるはずだ。

スポンサーリンク

彼氏に「構ってほしい」と不満でなく希望として伝える

構ってくれない彼氏だからと言って彼女が不満の形で「構ってほしい」ことを伝えても、相手は重く感じたりめんどくさい彼女に感じがちで、逆効果になる場合も多い。

不満はどうしても攻撃色を帯びるので、構ってほしいという気持ちは「希望」の形で彼氏に伝えられるように頑張ってみよう。彼氏としてもどうしたらいいかよく分からずに、素直な言葉として伝えてこないことで彼女の気持ちが理解できていないこともある。

言葉にするのは色々思うところもあるとは思うけど、大事なことだ。

構ってほしいという気持ちは、発展して悪い方に育つと、彼氏を疑ってしまったり、自分を責めたりして、案外厄介な問題になっていくことも多い。実際にそうなりかけている読者もいると思うけど、「察してほしい」という気持ちではなかなかうまくいかないものだ。

構ってくれない彼氏ならきっかけは日常的にあると思うので、少し真剣な話としてきちんと気持ちを伝えてみよう。何も重い話をするわけじゃないので、何を感じて何を思っていたかを話すイメージだ。

もし、彼氏が彼女の気持ちを理解できなくて構ってあげられていなかったのならそれで変わる可能性があるし、素直な気持ちは愛情を感じる言葉になり易いので、ラブラブモードに戻る可能性も引き上げてくれる。

不満の形で外に出ていた言葉や態度もあったと思うので、そこについては謝罪の気持ちを持って、彼氏にどんな構い方をしてほしいのか、わかり易く伝えてみて、彼氏の言い分を聞くと、お互いで気持ちの良い付き合い方が探せるかもしれない。

我慢の限界まで行くと余裕の無さが衝突を生むので、その前にタイミングを計りたい。

彼氏の趣味を一緒にやってみる

彼氏に大好きな趣味がある場合、彼女が「一緒にやってみたい」と言ってくれることはきっとうれしいことだ。

男性にはうんちくを語りたいタイプもいるし、「俺ってスゲーだろ」のドヤ顔も似合うような「自分の趣味の世界」に彼女が入ってきてくれるなら、はじめは手取り足取りきっと構い倒してくれる。彼氏に「教えてほしい」と甘えてみても可愛い彼女と思ってもらえる。

一人好きな彼氏の場合は、自分だけで楽しめるものが何かあるはずだから、邪魔にならないように一緒の時間を確保するのに苦労するけど、一緒にそれをやれるようになると構ってくれるきっかけになることがある。

既にしつこい感じで構ってちゃんモードになっているなら、すぐに実行しないで少し軌道を修正してからお願いしてみよう。

構ってほしいと思っても、一緒の時間さえ確保できていない場合は、どんな方法も難しい。

しつこい彼女は嫌われるだけ、自分が制御できなくなったら距離を取る

これまでも少し触れているが、構ってほしいアピールをある程度しているのに彼氏が構ってくれないなら、それ以上しつこい感じで接するのは危険がいっぱいだ。

愛情が冷める原因となり、逆効果だから、しつこく構ってほしいアピールするのはやめよう。自分が制御できていないと思うなら距離を取って、彼氏が負担と思わないようにすることも対処法の一つとなる。

彼氏に構ってほしいと思うときは、倦怠期のようになっているケースも多くある。
以前は構ってくれていた彼氏が一定の時期からすこしずつそっけない感じになって構ってくれなくなるのは男性心理を考えるとよくある話で、そこから彼女の構ってほしいオーラを受け続けると「めんどくせぇ」となってしまう彼氏が多くいる。これもすれ違いを生む原因。

もし頭の中が彼氏ばかりになってしまって「構ってほしい」という気持ちを育ててしまったなら、会う度にそれを発散してしまっている自分に気づくこともあろうかと思うけど、それでも「彼氏が悪い」と思ってしまえば軌道修正ができず、嫌な雰囲気になってしまうことが増えているかもしれない。

ある程度そういったことはカップルの日常茶飯事と言えなくもないけど、やはり「程度問題」を考えないわけにはいかないだろう。距離を取ったりして自分の関心が彼氏にばかりいかない対処法も考えよう。

 

気持ちを試さないで素直に甘える

彼女が「彼氏に構ってほしい」と思うとき、ツンデレな態度はうまくいかない原因になりやすい。彼氏としてはツンツンした態度ばかりに目が行ってしって、彼女のご機嫌取りばかりやっているような感じがするからだ。

特に「好きなら〇〇でしょ」って言葉を連発されると、気持ちを試されているようで彼氏も素直になれない。案に気持ちを試す態度や言葉も同様だ。構ってほしい気持ちは、どんな時も爆発させるとタチが悪い。

構ってほしいモードになった彼女はどうしても彼氏の気持ちを確認したくなるところがあるから、今一度自分が素直に甘えられているのかを考えてみよう。

構ってほしくて取る態度は彼氏から見るとかわいいことも多いけど、結局攻撃してしまっている時は、二人とも素直になれない原因になる。

安心しきった彼氏を少し心配させる

彼氏が構ってくれなくなったのは、彼女の気持ちに安心しきったせいかもしれない。

「釣った魚にエサをあげない彼氏」の対処法は「もう一度釣らせること」でもあったりするから、ちょっとした刺激がうまくいく要因になることもあるので、何か考えてみよう。

ただ、嫉妬心を刺激しすぎるのは控えておくべきかなと思う。

小悪魔チックに嫉妬心を煽って彼氏を振り向かせることはできると言えばできると思うけど、裏目った時は被害が大きい。あなたも責められる立場になるだろうし、本来仲良くなろうとして行うことが全く逆の方向に進むから注意だ。

それなら「彼氏のための時間」を削減することで「もう一度釣らせる」ことを考えてみた方が副作用がなくお勧め。彼に「構ってほしい」と伝えているのに効果がなく、自分がしつこい感じになっていることを反省する場合、思い切って彼氏から目を離してしまうと女性を追いたい男性心理に訴えて、効果があったりする。

「距離を取る」までしなくても、連絡を取りながら、自分の生活を忙しくしてしまうことで彼氏に依存状態になってしまっているところから脱却する。

彼女を構ってあげない彼氏は、彼女の気持ちに安心しきっていることも多く、エサをやらないでも自分から離れることがないと思っている。会っても会話が少なく適当に過ごされたりするなら、途中で「疲れているみたいだから帰るね」なんて言われるとドキっとするし、その後の時間で考えることも出てくるものだ。

責めるわけでもなく、優しく言われると、彼女の変化に気づいた彼氏の行動や態度が変わることがある。恋愛の駆け引きについては賛否両論あるからあくまで一つの選択肢として考えよう。

まとめ

今回は「彼氏に構ってほしいなら彼女がやってみる5つのこと」を紹介した。
構ってくれない彼氏の対処法として参考になるところがあっただろうか。

彼氏が構ってくれなくなる原因にいくつか種類があるため、個別の対応が必要だけど、基本として「不満」は「不満」を呼ぶことを覚えておくべき。構ってちゃんになった彼女を制御しきるのは彼氏として本当に難しい。

「どちらが悪いか」と言ったような考え方は一方的になって問題になり易いから気を付けよう。

本当は仲良くしたいだけ。
素直にそう言えると解決するものがあるかもしれない。

関連記事:

長続き倦怠期嫉妬
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました