彼氏や彼女と別れたい時のLINEやメールの仕方~別れる前の時期の連絡はどうしたらいいの?

別れたい彼氏からの連絡に困っている女性

別れたいと思っている時に彼氏や彼女から連絡が来ると、その連絡の対応・対処に困ることがある。別れようと思っている恋人からの連絡だから、LINEやメールの返信に迷うのだ。

今すぐに別れたいならどうでもいい返信かもしれないが、まだ別れを迷うときや、相手が全く別れの雰囲気を勘付いていないときは、接し方が分からないことがあるのではないだろうか?

そこで今回は、「彼氏や彼女と別れたい時のLINEやメールの仕方」について解説する。過度な衝突を避けつつ、自分の気持ちを察してもらうためにはどのような連絡の取り方をするべきか、考えてみよう。

「別れる前の時期の連絡はどうしたらいいの?」という質問に答えていきたい。

スポンサーリンク

柔らかく伝えたいなら「徐々に」がキーワード

別れたいという気持ちがはっきりしていて、原因の解決とかにも興味がない状態でいる場合は、本格的に「どう別れるか」を考えると思う。

しかし、実際に別れ話をする前の時期に恋人から連絡が来た場合は、一気にその雰囲気を伝えるような過度な衝突を避けつつ、自分の気持ちが離れてしまったことを柔らかく伝えていこう。「徐々に」連絡の仕方を変える方が、もめごとを減らしてお互いに傷が少ない別れ方ができる。

人は失礼な態度を取られると怒る理由ができるけど、そっけなくなっていくことに対しては怒るタイミングを逸するし、怒りよりも寂しさの方が感情を支配する。あなたの対応としては恋人に寂しさを感じさせるくらいの返信が望ましいはずだ。

「別れたい」と思ったことで一気に連絡を返さなくなったり、いきなり雰囲気が変わると相手は怒りをぶつけてきやすくなる一方、「徐々に」おかしな雰囲気になっていく過程においては、怒りの感情を持ちつつも相手にはぶつけ辛くなるし、不安とか心配の方が高まる。

あなたに精神的な余裕があるなら、「徐々に」連絡の仕方を変えた方がいい。

当然ながらある程度気持ちを伝えていくことが最も重要なのだから、いわゆる「ラブラブメール」のようなニュアンスでLINE等の連絡を取り合うべきではないのだが、態度を変えようと、急変した態度になってしまうと思わぬ衝突を招いて問題が混乱する場合もあるため、「徐々に」は別れたい彼氏や彼女との連絡においてキーワードとなる。

相手の性格も考慮してこの部分を考えてみよう。

片思いの時の「脈なしLINE」状態へ

付き合っているカップルであっても、脈ありLINEと脈なしLINEの境界線は片思いの時と大きくは変わらない。

お互いで気持ちを確かめあっている様態がカップルであり、それなりに一緒の時間を過ごしているため、あまり気を遣った感じで連絡を取り合うわけではないにしろ、愛情の有無でLINEの感じが決まる点は、それなりに共通しているところが多いだろう。

つまり、付き合っている彼氏・彼女と別れたいと思う時は、先ほど述べた「徐々に」をキーワードにしながら、いわゆる「脈なしLINE」へと移行していくことが別れたい時のLINEやメールの仕方となる。

ポイントとしては5点挙げておこう。

  • 絵文字・顔文字・スタンプをやめる
  • 既読を付けるまでの時間を長くする・既読スルーを増やす
  • 自分からの連絡頻度を落とす
  • LINE等は一言で返し、会話を引き延ばさない
  • 柔らかな表現から固い表現に変える

以上のようなイメージのメールやLINEに「徐々に」移行していこう。

既読スルーに関しては1件だけでも内容によっては喧嘩になってしまうこともあるため、特に返す必要性を感じない内容のものにし、返信するべきものはそのほかのポイントに沿って返信していく。

徐々にでも雰囲気の変わったことには相手が気づくはずなので、あまりあからさまにならない感じでいいだろう。性格的な問題で「察しない恋人」であったなら、強弱は調整するといい。

別れるかもしれないと相手が気づく瞬間

恋人同士の雰囲気は、もちろん会っている時に最もその状態が鮮明になるけど、案外「連絡」にもそれが現れるものだ。

週1回~2回会うというカップルなら、離れている日の方が多くなるし、会う日であっても一緒にいる時間は長くて半日程度であることを踏まえれば、カップルにとって「連絡」がどの程度重要なものかはわかるだろう。

だからこそ、「別れるかもしれない」と相手が疑うきっかけの多くは、メールやLINEなどの「連絡の雰囲気」となる。文字のやりとりだからこそ色々と考え出すことも多いのだ。

暇な時、好きな人との履歴を読むことがよくあると思うけど、恋人とうまく行っていてない時も同様の行動を取る人は多い。

従って、変に「分からせないと!」と意気込むより、別れたいと思ったなら、相手にもそれが徐々に伝わる方が何かと良い面がある。

もしかしたら、相手がもう一度気持ちを取り戻そうと頑張ることでうまくいくきっかけになることもないわけではないし、気持ちが離れたことを知った彼女・彼氏の気持ちが急速に冷めていくこともないわけではない。

また、先ほどから言っているように「徐々に」雰囲気にだしていくことで、いきなり別れ話をされるショックもだいぶ軽減できるところがあるだろう。別れを切り出すなら、その前に「サイン」を出すべきかなと思うし、隠していても出てしまうものであるとも思っている。

衝突を避けるには(消耗しないために)

彼氏や彼女と別れたい時、最も気にするポイントの一つは「衝突することで喧嘩になり、自分も傷つき、嫌な気分になること」ではないだろうか。「別れるのが面倒」というセリフはよく聞くし、あなたが今その状況にあるかもしれない。

別れたい彼氏や彼女との衝突を避けるには「とにかく真正面から相手にしないこと」だ。LINEやメールでは、喧嘩を仕掛けられても「ごめんね」と返したり、「そんなことないよ?」とだけ返していくとヒートアップすることが少なくなる。

ケンカが盛り上がるのは売り言葉に買い言葉で二人ともが冷静さを失う時なので、「まともに相手をしない」ことが実は喧嘩をしないポイントだったりするのである。だからこそ「向き合えない関係」のカップルは喧嘩もできなくなっていき、すれ違いが末期化する。

喧嘩を仕掛けてもまともに相手をしなくなった彼女・彼氏に対しても、やはり気持ちが離れたことを実感する人は多い。喧嘩をする仲とは「本音で話したい相手」「自分の気持ちを分かってほしい相手」である必要があり、特に喧嘩できていた相手がなんでもかんでも折れ出すのは寂しいことに感じるものである。

「相手をしてもらえなくなった」と感じるだろう。
その点で、恋人に対し自分が「別れたい」と思っていることが伝わるものと考える。

綺麗な別れ方は「相手のため」であり「自分のため」

付き合っている彼女・彼氏と別れたいと思うとき、どんな別れ方が理想かと言えば、それは「両者とも傷つかない別れ」だろう。

もちろん、そんな別れが現実的にはほとんどないのだが、それに近づくほど、振りたい人にとってはいわゆる「良い別れ」にはなると思う。

綺麗に別れようとするのは「相手のため」であり「自分のため」だ。相手を傷つけたことで自分に傷を追う人もいるし、散々もめた上で別れることになればその分気持ちの消耗は大きくなる。

別れた後、すぐに恋人を作れるかどうかという問題に影響するのは当然だが、プライベートで落ち込んだりすることを考えると、平和な日常のためにも「綺麗な別れ」はある程度目指すべきかと思う。

 

傷つかない恋はないのだろう。
特にお付き合いまで発展した男女では多かれ少なかれ傷を負う。

でも、それを最小限にしていこうとするのはお互いのためになることだと思っている。

何をもって「納得」するかは人それぞれだ。
話し合いが必要になるカップルもあれば、気持ちが離れたことを確認するだけで納得する場合もある。

しかし、いずれにしてもそれを「冷静」な状態で判断するには「伝え方」が重要だろう。言葉は、時に身を包む毛布になることもあれば、時に身を切り刻むナイフにもなるもの。

今回は恋人と別れを考えている時のLINEやメールの仕方としてまとめてみたが、このような考え方のもと作成に踏み切った経緯がある。

まとめ

今回は彼氏や彼女と別れたい時のLINEやメールの仕方を紹介した。別れる前の連絡の仕方が分かっただろうか。

明確な意志として「別れたい」と思う時でも「相手から言ってきてほしい」とか「自分から言うのが何だか辛い」と感じる場合も多いと思うので、別れ方に迷う場合も多いと思う。

相手のためにも自分のためにも、綺麗な別れ方を目指す点において、別れる前の連絡の仕方は重要な意味を持っていると思うので、「徐々に」ニュアンスを伝えていけるように恋人との連絡の仕方を考えてみよう。

気持ちが離れたと相手に伝えるには、好きだったときにどのような態度・行動を取っていたかを考えると、ギャップの作り方がイメージできるかと思うので、本文も参考にしながら検討してみよう。

関連記事:

LINE・メール別れ
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました