ラブレターの書き方と例文【私の三行ラブレター】~愛を込めて「手紙」という花束を、今あなたに

ラブレターの例文をイメージした画像

メールがメインだった時代からLINEがメインになった後も、未だに「想いを込めたラブレター」は恋愛に欠かせないものの一つだ。

あなたは、「好きだ」という気持ちを込めたラブレターを、好きな人に渡したことがあるだろうか?

彼氏や彼女からラブレターを受け取った経験はあるだろうか?

片思いも両想いも全部含めて、好きな人がいるなら時にはラブレターを書いてみてもいいと思う。手紙が恥ずかしいならLINEだって、メールだっていいから、あなたの気持ちを伝えよう。

今回は「ラブレターの書き方と私の三行ラブレター」を紹介したい。

『愛を込めて「手紙」という花束を、今あなたに贈りたい』
そんな気持ちをラブレターで表現しよう。

ラブレターのメリット

好きな人にラブレターを書きたいという気持ちをもっと高めるために、まずはラブレターのメリットを紹介しよう。

ラブレターには、普段の会話や普通の手紙で愛情表現する時と違う “ラブレターのいいところ” がある。

ラブレターの魅力と効果5つ

  • じっくり考えて、納得した気持ちを伝えられる
  • 何度も読み返すことができるから、好きな人・恋人があなたを気になる度に読んでもらえる(喧嘩したときなども含めて)
  • ラブレターで告白するなら、相手に考える時間ができる
  • 字が綺麗ならあなたの魅力に、字が汚くても丁寧に書けば愛情が伝わる
  • 普段言えないことも手紙なら伝えられる、離れてから読んでもらうようにすればそこまで恥ずかしくない

ラブレターの魅力は色々あると思うけれど、すぐに浮かぶメリットを「魅力と効果」という点で5つに絞って挙げた。いいところもたくさんあるから、ラブレターを書きたい相手がいるなら、タイミングをみて書いてみてはどうだろう?

次からは、ラブレターの書き方を解説する。

ラブレターの書き方とコツ

ラブレターの書き方に迷う女性の手紙

ラブレターを書いたことがない人はラブレターの書き方が分からないと思うので、ポイントになる部分をいくつか解説したい。

不安が減ればきっと気持ちが伝えられる。じっくり読んでみよう。

ラブレターを書くタイミング

「ラブレターをいきなり書くのは引かれるかも…」なんて思うあなたは、下に挙げる5つのタイミングを選んでラブレターを書いてみよう。

恋愛では、好きな人に気持ちを伝えるのが大切なことだ。ラブレターを書くタイミングに悩んだとしても、下の5つのタイミングなら一般的である。もちろん手紙にしないでメールやLINEだってOKだ。あなたらしく表現しよう。

  • なかなか告白できない人がラブレターで告白する
  • 喧嘩したときにラブレターで仲直りする
  • 記念日はラブレターでとことん甘い雰囲気にする
  • 記念デートのお礼にラブレターを書く(ずっと一緒にいたいという気持ちを伝える)
  • 付き合い始めから仲良しカップルになれた実感が沸いた時に、ラブレターでさらに雰囲気を良くする

私がラブレターを受け取ったタイミングは、一番多いのが「付き合った記念日」、次いで「喧嘩した仲直りの時」、意外と少ないのが「付き合う前の告白」という感じだ。

何にもないときにいきなり受け取るラブレターもあって、受け取った感じでは違和感なく嬉しいと思えたのを覚えている。彼氏へのラブレター、彼女へのラブレターなら、あまりタイミングを読まなくても大丈夫だろう。

元カレや元カノとの復縁は、色々と伝えたいことがある中でなかなか会えない場合もあって、ラブレターは比較的選ばれやすいところはあるかなと思う。ケンカの仲直りにきちんと考えた言葉で気持ちを伝えたい時もラブレターはおすすめだ。

ラブレターの文章量

ラブレターの書き方は決まりきった形がないから、あなたらしい文章を書くことで味が出て気持ちが伝わる。ラブレターだからと言って、自分のキャラが出ない方が受け取った相手は他人行儀な印象を受けるので、自分らしい言葉で書こう。

ラブレターよりも普通の手紙っぽく書くなら便箋2~3枚になってもいいし、短い3行ラブレターも素敵だ。あなたが書きたい量の文章で良いので、気持ちが伝わるように書こう。LINEだったら、何スクロールもするような長文はあなたの方が嫌がると思うので、短いラブレターでも良い。

無難な文章量は便箋2枚だが、喧嘩した時など「具体的に書く内容がある」という場合は長いラブレターになっても問題ない。

付き合う前の告白するのにラブレターを書く際は短めを意識するのがコツで、重くないラブレターにするべき。恋人同士、カップルの間で渡すラブレターは内容次第で少し長めでも良い。

タイミングによってはわざと重くしたいラブレターもあると思うので、雰囲気もあなた次第である。ただ、手紙で渡すなら言葉で言うよりも伝わる気持ちは大きくなるので、量は少し軽めにする方が受け取る相手の印象が良い。せっかくだしラブレターの内容はストレートに伝えよう。

ラブレターの字と、字を間違えた時の対処法

ラブレターの字は綺麗に越したことはないが、字が汚いあなたも大丈夫。ラブレターはとにかく丁寧に書くことが大事だ。手紙は自分の手で書くから味がある。その味に真心と愛情がちゃんと乗っかるように、丁寧に書こう。

丁寧に書くと、字が下手な人でも一生懸命書いたことが十分に伝わる。ラブレターを書くか書かないかに迷ったとしても、「字の綺麗さ」では考えないで良い。ゆっくり丁寧に書けば相手は気持ちが伝わってうれしいから、字に自信がない人もぜひチャレンジしてほしい。

誤字脱字に気を付けるのは当然だが、もし間違えてしまって修正する場合はなるべく書き直すようにした方がいい。修正テープが似つかわしくない内容なら、避ける方が丁寧に書いたことがより伝わって、ちゃんと気持ちが伝わる。

ラブレターは下書きをする必要があるとまでは言わないけど、下書きがあった方が字を書くことだけに集中できるので、字が汚いと思ってる人にはおすすめだ。

ラブレターのレターセットの選び方(便箋と封筒)

ラブレターのレターセットに関しては、自分が書く内容に合ったものを選ぼう。

ラブレターの第一印象は「封筒」だ。ラブラブなカップルは華やかな封筒でいいと思うけど、付き合う前や喧嘩したときのラブレターは少し落ち着いたものの方がいい。

レターセットは文章の雰囲気に合わせるのが好印象を掴むコツだから、値段よりもデザインと雰囲気でレターセットを選ぶと失敗しない。

なお、ラブレターを渡す際は「便箋だけだとダメ」ではない。レターセットで便箋と封筒がセットになってる方が印象は綺麗だし、愛情も感じるが、その分もらった方は改まった感じも受けるので、軽い雰囲気で渡したいと思ったら便箋だけでもOKだ。

改まった感じを出したい、プレゼントような感じでラブレターを渡したいと思ったら、本屋の文具コーナーやスーパーの文具売り場でレターセットを用意しよう。安いものが良いなら、100均でもOKだ。

ラブレターに書く内容

ラブレターに書く内容はせっかくのラブレターだし、気持ちをストレートに書くのが愛情を伝えるコツだ。

彼氏や彼女への感謝、反省、「好き」というストレートな気持ち、褒め言葉、これからのこと…、色々とラブレターの内容はあると思うけど、あなたの気持ちをストレートに書くことで「意味が分からない」「何を伝えたかったか分からない」「どうリアクションしたらいいか分からない」と思われることを防げる。

片思いも両想いも、恋愛していると色々な感情を持つので、複雑な恋愛感情が災いして分かりにくい手紙にしないことがラブレターの内容に関するコツだ。あなたがラブレターを書く動機次第でなるべくストレートに気持ちが伝わるように書こう。

せっかくラブレターを書いたのに「結局この手紙は何が言いたいのか分からない」では寂しい。一日置いて読んでみると少し客観的に自分のラブレターを読めるので、伝わるラブレターを書くコツは、ちょっと時間を置いてもう一度読んでみることだ。

なお、ラブレターの書き方については、ラブレターの例文の後に、男女別にコツをまとめなおす。彼氏へのラブレター、彼女へのラブレターそれぞれに恋人が喜ぶラブレターの書き方のコツをまとめるから、ぜひ1つ先の見出しにも期待してもらいたい。

ラブレターの例文「私の三行ラブレター」

ラブレターの例文を参考に書いた3行ラブレター

ここからは、具体的なラブレターの例文を示してみよう。長く書くラブレターの例文はあまり参考にならないので、3行ラブレターを書いてみる。

三行ラブレターならLINEやメールでも送りやすいので、TPOに合わせて参考にしてみるのもありだと思う。

今日で三か月の記念日だね。

短い時間に色々なことがあって、すごく充実した時間だったって思う。

〇〇が好きだよ、これからもずっとずーっと一緒にいたいな。

頑張っているのが素敵って言ってくれて、すごく嬉しかった。

でもさ、俺が頑張れるのは〇〇のおかげだって、気づいているかな?

いつもありがとう。なかなか言えなくてごめんな。

昨日も、今日も、明日も、あなたを愛してます。

ずっと変わらずにこれからも。

そんな気持ちを大切にしたいと思える俺は、今とても幸せです。

 今日、ずっと目標にしてたことが達成できたんだ。

こんな節目に振り返ると、〇〇の顔がどんどん浮かんできて、なぜか涙が出た。

いつも支えてくれてありがとうって言ってくれるけど、それはやっぱり俺の方だよ。

 ありがとう。

出会ってくれて、好きになってくれて。

一人じゃないって、初めて本当にそう思えた。

ずっと黙ってきたけど、〇〇が好きです。

恥ずかしくていつもはぐらかす自分が嫌だった。

ほんとはずっと「好きだ」って言いたくて仕方なかったんだ。

○○と過ごす時間がすごく幸せで、ずっと一緒にいたいっていつの間にか思ってた。気づいたら好きになっててさ、もうどうしようもなかった。

ずっと友達のままは嫌なんだ、付き合ってほしい。

何度人生を繰り返しても、絶対に俺たちは出会うと思う。

安心してていいんだよ。何度でも君を見つけるから。

どんなことがあっても絶対に離さないから。

三行ラブレターは設定まで説明するには文章量がないので、これを読んでいるあなたに響くかは分からないけれど、いくつか私が考えた三行ラブレターを書いてみた。

ラブレターを書く際は、文章を膨らませて書いてみたりすることで応用もできると思うので、参考にしてみよう。

彼氏へのラブレターのコツ(男性心理を踏まえたラブレターの書き方)

彼氏へのラブレターの書き方を実践した彼女

ここからは、2つの見出しを使って男女別にラブレターの書き方についてのコツをまとめる。

まずは、彼氏にラブレターを書く女性向けに3つのコツを解説する。

ラブレターをもらう男性心理では、「事実」をもとに褒められると嬉しい

女性が書くラブレターは抽象的な文章が多くなってしまうタイプがいるのだけど、男性心理では「結果」に対する価値観が高いため、「いつも優しくしてくれてありがとう」と書くなら、「私が体調崩した時、すごく心配してくれたよね、○○くんって本当に優しい人だなって思ったんだ。いつも優しくしてくれてありがとね」みたいに書く方が、具体的なエピソードが浮かんで、彼氏が嬉しいラブレターの書き方になる。

ラブレターなら「かっこいい」などの誉め言葉も多いと思うけど、なるべく「あの時、かっこいいって思ってくれてたんだ!」と思い返すような書き方ができると良い。

男性心理では、ラブレターに「本当に大好き」と書かれていると嬉しい

男性心理では、「未来」より「現在の愛情」を彼女に求めるところがあるため、「ずっと一緒にいようね」より「○○くんのことが本当に大好き」って書かれている方が嬉しい。

もちろん、未来のことを書いてもうれしいのだが、もし未来に関することを書くなら、現在の愛情の大きさをわかりやすく言葉にしよう。

男性は、”女性は好きな人に好きと言う” イメージを持っているので、せっかくラブレターをもらうなら「きっと好きって書いてある」と期待している。ないと多少のがっかりがあるので、大好きって言葉をラブレターの内容に含ませよう。

男性心理では、ラブレターに「一緒にいると楽しい、安心する、落ち着く」と書いてると嬉しい

彼氏にラブレターを渡す女性は、付き合って1年以内の人がほとんどだと思うが、もしまだ付き合って3か月から半年以内なら、ラブレターに「一緒にいると楽しい、安心する、落ち着く」という趣旨の言葉を入れよう。

男性心理では、彼女の満足する彼氏になりたいという気持ちがあるのだが、そこには不安や心配もある。それを彼女のラブレターで払拭してくれると、ラブレターをもらったことが何倍もうれしくなる。

最近は俺様的な彼氏が減っているので、もし優しいタイプの彼氏にラブレターを書くなら「楽しい、安心する、落ち着く」というラブレターの内容に含ませよう。

彼女へのラブレターのコツ(女性心理を踏まえたラブレターの書き方)

次に、彼女にラブレターを書く男性向けに、女性心理を踏まえたラブレターの書き方を解説する。

女性心理では彼氏から「自分の存在」をそのまま認められると嬉しい

彼女にラブレターを書くなら「支えられてる」とか「○○がいるから頑張れる」などの、彼女の存在を認める言葉をラブレターに含ませよう。

具体的に褒めることも彼女が喜ぶラブレターになるが、彼女の存在そのものを認める言葉が、恋愛中の女性心理では嬉しい。彼女としては「彼氏は私がいて幸せなんだ」と思うことが自己肯定感を高めて幸せを感じる要因になるのだ。

これは彼女との交際全般におけるコツともなるが、彼女を安心させようと思ったら、彼女の具体的行動や態度に言及するのではなく、「彼女がいてくれたから」「彼女と出会えたから」という点を話してあげると良い。

恋愛中の女性は絶えず彼氏に対して不安や心配の気持ちがあり、喧嘩したり雰囲気が悪くなるとその気持ちが支配的になる。それを払拭させてくれる彼氏は、彼女が安心できる彼氏だと評価する。

彼女にラブレターを書くなら包容力を感じさせる手紙を書こう

女性心理ではラブレターくらい素直に好きだと言ってほしい!未来や将来のことが書いてあったら最高にうれしいラブレターになる

女性はなかなか好きって言ってくれない彼氏に悩んでいる。もし、彼氏から手紙をもらったなら、そのラブレターくらいは好きだと言ってほしいし、できたら未来のことや将来のことまで書いてあったらベストなラブレターになる。

普段、好きだと言わないタイプの男性は、彼女への手紙に「好きだよ」という言葉を含ませよう。手紙は残るものだから恥ずかしいと思ってしまうかもしれないが、口で言えないなら文字で伝えるしかない。

好きだと伝え上で、月並みでも「ずっと一緒にいようね」と書いてくれたら、喜ばない彼女はいない。男性心理では「甘すぎる」と思うことが、女性心理では「普通の愛情表現」だと思うので、彼女に感覚に合わせたラブレターの書き方を実践するべきだ。

「いつも好きだと言わない彼氏が手紙で好きだと言ったら気持ち悪いと思われる…」と不安はまったく勘違いである。彼女は好きだからあなたと付き合っている。好きだと言われないと見失うのが彼氏の気持ちだから、たとえば彼女からラブレターをもらった返事などで手紙を書くなら、彼女の温度感に合わせたラブレターを書こう。

女性心理では彼氏の気持ちをもっと知りたいと思っている!彼女のために考えたこと、やったことをラブレターに書こう

彼女にラブレターを書くなら、普段言葉にしない自分の気持ちを書くと、彼女が喜ぶラブレターになる。これがあるかないかで「好きだと書く意味」も変わってくるので、ぜひ、彼女にために考えたこと、彼女にためにやったことを具体的に書いて、普段から彼女を大切に思っていることをラブレターで伝えよう。

女性心理では、自分のことを大切にされたいという価値観が高い。しかし、普段の付き合いでは男性がどうしてもぶっきらぼうで、彼女は愛されてる実感が弱くなっていることがよくある。ラブレターを書くならこの愛されてる実感を充電しておくことがうまく付き合うコツだ。

愛されてないと彼女が感じる彼氏の態度と行動~愛を感じない彼氏とは
彼氏に愛されてないと彼女が感じる時は、彼氏の態度や行動がそう思わせていることが多い。 愛してるか・愛していないかの問題は、実際は「愛情の伝わり方」が重要になっている。 もし「彼女が愛されてない」と感じる態度や行動を彼氏が

彼女が喜ぶラブレターを書きたいなら、あなたが彼女を大切に思ってしたことや考えたことを手紙で伝えて、「こんなに思ってくれてたんだ」という感動するラブレターを書こう。

次に、ラブレターの渡し方とラブレターを渡すタイミングについて解説する。

ラブレターの渡し方と、ラブレターを渡すタイミング

かわいいラブレターの渡し方をする高校生

ラブレターを書いた後は渡し方や、渡すタイミングに悩むと思うので、ポイントを解説しよう。

ラブレターは内容だけでなく、渡し方が重要だ。

ラブレターの渡し方

ラブレターを好きな人に渡すときは、その内容に合った雰囲気で渡そう。人はイメージを持って文章を読むので、ラブレターに合わない雰囲気で渡すと、伝わる文章を書いていても伝わらくなってしまう。

また、ラブレターを渡すときは一言添えるのも気持ちを伝えるコツである。雰囲気は空気感だが、言葉にすればより具体的に相手がラブレターをもらったことに気づく。

ラブレターを渡すのは恥ずかしいから、ついぶっきらぼうな言い方をしてしまうことが多いので、なるべく笑顔で渡せるように頑張ってみよう。相手は「どんな内容の手紙なんだろう…?」って不安感も持つので、ポジティブに読んでもらえる雰囲気を作る方が愛情を感じる。

ラブレターを渡すタイミング

ラブレターを渡すタイミングは、デートの帰り際がベスト。

ラブレターの効果を最大化するには「一人で読んでもらう」のがコツだから、その場で読んでもらうのではなく、デートが解散してから読んでもらおう。

ただし、彼氏や彼女の誕生日や記念日などのラブレターは、日ごろの感謝や愛情表現としてラブレターを書いているはずなので、その場で読んでもらう方がラブレターを渡す効果が高い。

普段、言葉にしにくい気持ちをラブレターにした場合は、恥ずかしくても一緒に居る時に読んでもらおう。

いずれにしても、心理学の「ピークエンドの法則」は意識するべきなので、デートの後半からクライマックスのタイミングでラブレターを渡すのがラブレターを成功させるコツだ。

ピークエンドの法則:
1つの経験の「ピークがどうだったか」で記憶が決まるという心理学の法則。ラブレターを渡すタイミングを「デートの終わり際」にすることで、そのデートそのものが良い思い出になる。

ラブレターはもらって嬉しいものなので、プレゼントの一つだと思って「デートの終わり際」で渡し、じっくり読んでもらうために「デートの解散後」に一人で読んでもらおう。

メッセージカードのような簡単なラブレターの場合は、渡すタイミングは同じだが、一緒にいる時に読んでもらう方が愛情が伝わるし、カップルで思い出に残る。

まとめ

今回は、ラブレターの書き方と、例文(私の三行ラブレター)を紹介した。

普段言えないことを手紙やメール、LINEで伝えるのは素敵なことだ。伝えたい気持ち、伝えないといけない気持ちは、是非相手に伝えよう。

愛を込めて「手紙」という花束を、今あなたに…。

やっぱりラブレターは書けない!と思うあなたは、女心を理解するために下の記事で紹介する恋愛本を読んでみよう。気持ちを伝えるのは大事なことだと気づけると思う。

関連記事:

長続き記念日告白
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました