彼氏からペアリングをプレゼントされる方法~ペアリングが欲しい!と思う女性が彼氏にペアリングをもらうには?

彼氏からペアリングをプレゼントされてカップルでつけている様子

「彼氏からペアリングがほしい!」

女性なら一度は憧れるカップルのペアリングだが、世間では案外ペアリングをくれない彼氏が多くて、アピールの方法やプレゼントされる方法を知りたい女性はきっとたくさんいると思う。

ただ待っているだけではいつプレゼントしてくれるか分からないし、そもそも彼氏にペアリングの発想があるかも怪しいところ。

そこで今回は、ペアリングがほしいと思っている女性に向け、「彼氏からペアリングをプレゼントされる方法」を紹介したい。彼氏にペアリングをもらうにはどうしたらいいか、さっそく詳しく説明しよう。

スポンサーリンク

彼氏にペアリングを可愛くねだる

彼女がペアリングをほしいと思っていても、何にも言葉にせず、態度にも示さないとしたら、恐らくその気持ちに彼氏は気づけない。

何にも言わなくても彼氏からペアリングをプレゼントされたいと思う女性もいると思うけど、普段指輪をしない男性、アクセサリーすらしない男性は、特にペアリングの発想自体がない場合が多いから、女性は待っているだけじゃダメ。「彼女に愛情があること」が「ペアリングをしたい気持ちを抱くこと」に繋がらない人は繋がらないのである。

つまり、彼氏からペアリングをプレゼントされるには「彼女からペアリングを可愛くねだる」ことが必要になることが多いということ。

ペアリングを可愛くねだるには、プレッシャーを与えたり、お願いする形にならないようにする。あなたの気持ちを間接的に伝えることができれば良いので例を示そう。

  • 友達カップル、街のカップルを例にして、ペアリングへの憧れを話す
  • 指輪を扱う雑貨屋やジュエリーショップでペアリングのことを話す

きっかけを見つけて、ペアリングを肯定するように話題にしてみよう。笑顔で目を輝かせながら話せると、彼氏に「プレゼントしたら喜んでくれそう」とか、「ペアリングがしたいんだな」と思ってもらえる。

ここが彼氏からペアリングをプレゼントされる方法の出発点だ。とにかく「ペアリングがほしい」と言わずに「ペアリングがほしいと思っていることを伝えるようにすること」から始めてみる。

「指輪がほしい」だけではダメ、「ペアで指輪がしたい」ことを伝える

彼女へのプレゼントでも「リング」が上位にくるのは、女性が喜ぶプレゼントであることが主な理由だが、男性がプレゼントしたいと思っているプレゼントでもあることも理由だ。

指輪をプレゼントすることに嫌なイメージがある男性は少数派で、リングをプレゼントすることにあこがれを持っている男性もいる。

従って、「指輪がほしい」というアピールだけでは、彼女用の指輪をプレゼントするに留まるから注意しよう。嫉妬するタイプの彼氏などは彼女にいつも指輪をしてもらって彼氏持ちを周りにアピールさせたいと思うこともあるので、「ペアで!」という気持ちを伝えないといけない。

これを応用して考えると、「変な男からアプローチされないために指輪をしたい」という気持ちを伝えて、ペアリングをプレゼントされる方法へ変えることが可能とも言える。

嫉妬するタイプの男性が彼氏だったなら、これも周りのカップルなどを例にして、「指輪すると彼氏持ちってアピールできるね!」みたいな言葉で彼氏を揺さぶってみよう。「指輪するならペアリングがいいの?」くらいの質問があるとGOOD。

「自分から言うのも何かアレだし、指輪してるとわかりやすいよね」みたいに、友達のことを話題にしながら「指輪すると周りの男は寄ってこないよ」アピールしてみると、プレゼントしたい気持ちを刺激できる。同時に、ペアで!という気持ちを伝えられるとなお良い。

ペアリングを付ける指はいろいろ、彼氏に選択肢を意識させることも

彼氏や彼女がいる人が指輪を付けるなら「薬指に」というのが常識と思われがちだが、実際にペアリングを付けているカップルの中には男性側(彼氏)が色々な指に付けているケースがある。

彼氏の反応を見て薬指に指輪をすることに抵抗がありそうなら、「他の指でもいいじゃん」ってつける指に選択肢を意識させてみよう。考え方次第だけど「指輪=薬指=チャラチャラしてて恥ずかしい」との固定概念を抱いている男性もいるので、選択肢があることを伝えることも彼氏からペアリングをプレゼントされるのに重要なこと。

ペアリングを話題に出したときの彼氏のリアクションで柔軟に考えよう。

ペアリングは指輪が2個、プレゼントの費用がかさむと考える男性

ペアリングのプレゼントを避ける彼氏の中にはコストを意識している人もいる。ペアリングは指輪を2個買うプレゼント(別々ではないけれど)なので、単純に費用はかさむプレゼントなのもハードルを上げているところがある。

もし、お金に余裕のない彼氏だと思う場合で、自分も費用を負担しても良いと思う場合は、「ペアリングは二人で買うのも素敵だよね」って伝えておくのも方法の一つ。

「二人で買った方が思い出になる!」みたいな話をしておくと、費用面の問題が解決することでプレゼントされる可能性を高めることができる。彼氏とあなたの価値観なども考えて選択しよう。

二人で買うことがプレゼントにならないと思う人もいると思うので、そこはそれぞれの感覚や事情で判断するといいと思う。ペアリングがほしいと思っている人の中には、ペアで指輪がしたいだけって人も含まれていると思うので、お金の問題が気にならないなら二人で出し合いっこして買うのも良い思い出になるだろう。

ちなみにペアリングのランキングで1位に推されるブランドの一つ「THE KISS」はコスパの良さ(リーズナブルなのにモノが良くおしゃれ)がウリだが、それでも二つの指輪で2万円~3万円くらいのものが多い。大学生カップルなどでは少々お高めに思う彼氏もいるだろう。

ずっと一緒に居たい気持ちをカタチにする

記念日をきっかけにペアリングをするカップルも多い。ずっと一緒に居たい気持ちをカタチにするのも彼氏からペアリングをプレゼントされる方法の一つだ。的外れになってしまう可能性を孕んでしまうが、「二人で何か記念にしようよ」という言葉で、彼氏から「ペアリング」を引き出してみる方法もおすすめ。

カップルの記念について「何がいいと思う?」と聞いておくと、彼氏は彼氏で考える。カップルなのだし、記念品と言っても限られているから「ペアのもの」にはなるはず。それが指輪になれば彼氏からペアリングをプレゼントされる方法となる。

正直、戦略的でちょっとアレだけど、少し前に指輪の話をしておくと、指輪へつなげてくれる可能性をあげることができるだろう。あまりプレッシャーを与えるような態度はおすすめしたくないが、しつこくしなりしなければこれくらいまでアリ。

鈍感な彼氏は時と場合によっては誘導していくことも大事。話を聞いてくれる彼だったらこんな方法も考えてみよう。

彼氏を動かすのが難しいなら彼女からプレゼントしてみてもいい

ペアリングがしたいという気持ちが強いなら、彼氏からのプレゼントに拘らないことも大事になってくる。やはり相手を動かすことは難しいことで、より確実にするためにはどんどんアピール色が強くなってしまうのが困りもの。だったら、彼女からのプレゼントをする方が、より良い方法となるかもしれない。

彼氏にペアリングをプレゼントしたい!彼女からペアリングをプレゼントするのは変?やっぱり重いと思われる?
彼氏とのペアリングに憧れる女性は多いと思うけど、気になるのが「彼氏の気持ち」である。 「ペアリングをプレゼントすると彼氏はどう思う?」 「彼女か...

上の記事では、彼女からペアリングをプレゼントすることについてまとめているので、「なるべく彼氏からプレゼントしてもらいたいと思っているけど、ペアリングをしたい気持ちの方が大切!」という女性は、自分からプレゼントすることも考えてみよう。

私の経験では現実的にこちらの方法が合っている人も多いと思う。ちなみに私は彼女からプレゼントされた方の立場で体験談も書いているので、参考にしてみてほしい。

まとめ

今回は「彼氏からペアリングをプレゼントされる方法」を説明した。自分ではなく相手にアクションを起こさせるので難しさがあったかもしれないが、素敵なペアリングのために頑張ってみよう。

彼氏からペアリングをプレゼントしてもらうためには、まず自分がペアリングがしたい気持ちを理解してもらう。

「期間が経ったら…」とか「ずっと一緒に居たいと思えば…」という気持ちだけではペアリングに発想が及ばない彼氏も多いので、間接的でいいから伝えよう。

彼氏の反応次第で自分も費用の負担をしたり、指輪を付ける指を考えてあげたり、彼女の方からプレゼントすることも考えれば、「彼氏とペアリングをしたい」という気持ちが叶うと思う。

関連記事:

誕生日記念日プレゼント
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました