【恋愛コラム】好きな人の好きな人になるのは難しいこと、だから苦しくて逃げるんだったら恋は叶わないままなんだ

好きな人の好きな人になりたい女性

誰もが「好きな人の好きな人になること」はとても難しいことだ。たった一人の好きな人に、自分と同じ気持ちになってもらおうとするのだから、簡単に叶う恋など現実的にそうそうない。

二人で恋に落ちるようにする恋愛なら二人の気持ちは同じように動くからハタから見れば流れで付き合うように見えても、実際はその二人は相手の気持ちが見えない以上、「恋に落ちたのは自分だけだ」と思いがちで、良い雰囲気すら疑いたくなる。

それだけ好きな人を想う気持ちは、その人に取って大切であり、「自分は好きな人の好きな人にはなれない」ってどこか理屈を抜きにした気持ちが、どんな恋愛も複雑にさせる。

そんな「片思い」のころの恋愛について、今回は「好きな人の好きな人になるのは難しい」というテーマで、恋愛コラムを徒然なるままに書いてみたい。

  1. たった一人しかいない「好きな人に好きになってもらう」という意味
    1. 付き合う前は、好きな人と付き合うことが想像できない
    2. 好きな人の好きな人になることが「難しい」からこそ、恋が叶った時の感動や喜び、幸せが大きくなる
  2. 自分の外見を言い訳に好きな人から逃げる人:「イケメンや美人はいいよね」って気持ちはわかるけど、分かるんだけど…
    1. 実例:イケメンなのに、彼女ができない大学生
    2. 好きな人の好きな人になるために「変えられるところを変える」という意識を持つ
  3. 好きな人が好きになるのに「顔や容姿」はきっかけに過ぎない!さらに、年齢を重ねると恋の仕方は変わってくる
    1. 社会人の恋愛は「中身や性格」で好きになる
  4. 好きな人を想うと誰もが苦しい…。片思いは気持ちが見えないからつらい
    1. 好きな人の好きな人になれたかも…、そう思ってからまた辛いのが恋愛
    2. 片思いが辛いから「逃げる」んじゃなくて、向き合う
  5. 好きな人から逃げる人が、なぜ「今のまま」じゃダメなのか
    1. 好きな人と付き合うには、好きな人の気持ちを聞く必要がある
    2. 好きな人から逃げない人の「想いを伝える理由」とは
  6. 片思いが苦しくて逃げるんだったら、恋はずっと叶わないまま
    1. 好きな人から逃げない!片思いを叶える人の思考
    2. 好きな人から逃げたくなる人に伝えたいこと
  7. まとめ

たった一人しかいない「好きな人に好きになってもらう」という意味

初めて彼氏ができるとき、初めて彼女ができるとき、好きな人の好きな人になれた奇跡は自分の想像を超えて神秘的なものにさえ感じることがある。

片思いから両想いになっても何だか実感がなくて、「付き合うことになった」という事実はどこか夢のよう。「本当に好きな人の好きな人になれたんだ」って、自分に言い聞かせて、これから始まるお付き合いに不安と期待が入り混じる。

現実的に想像すると不安もいっぱいなんだけど、その表情はニヤついているんだから、抑えることが難しいくらいに感動するのが「付き合うことが決まった日」である。片思いからカップルになる時は、奇跡に似た感覚になる。

恋愛経験がない人に取ってはこんな気持ちになることが何となくしか想像できないかもしれないが、何度経験しても「好きな人の好きな人になる」ということはとても感慨深い。

付き合う前は、好きな人と付き合うことが想像できない

好きな人の好きな人になるのはすごく難しいことだから、片思いから両想いになって付き合うことになっても、ふわふわした気持ちになる。どうしたって、付き合う前は好きな人と付き合うことが想像できないのだ。

たとえそれがモテる人であっても、たった一人の人から好かれることは誰だって難しい。

片思いの時は好きな人と付き合うことが想像できないで、考えれば考えるほど理屈上では好きな人と交際することが本当に難しいことだと思ってしまう。

好きな人と付き合うことが決まった時、どうしてこうなったのか、それを論理的に説明しきるのは不可能だろう。

好きな人の好きな人になることが「難しい」からこそ、恋が叶った時の感動や喜び、幸せが大きくなる

片思いにも想いの強さみたいのが現実的に存在するが、その気持ちが大きかったときほど、やはり恋が叶ったなら嬉しさが倍増する。恋愛ほど感情が動くものは他になかなかないのだから、恋愛が成就した時の幸福は圧倒的だ。

私は、付き合うことになった時に彼女から「生きてて良かった」と過去に言われたこともある。私が先に好きになったはずの子だったから、その時の気持ちは私の方こそ筆舌に尽くし難い。本当に、嬉しかった。

たった一人しかいない好きな人に好きになってもらうということは、もしそれが叶った時はこれだけ満たされた気持ちになる。

本当はこんな経験が簡単にできたらいいのだが、残念ながら簡単に手に入る幸せに人は鈍感だ。恋愛は、難しいから幸せがあると感じることも少なくない。

自分の外見を言い訳に好きな人から逃げる人:「イケメンや美人はいいよね」って気持ちはわかるけど、分かるんだけど…

好きな人の好きな人になりたい女性

恋愛は、たった一人の特別な人から好きになってもらうことに難しさがある。

そのために足らないことは誰もが全員にたくさんあって、私はこの世にコンプレックスがない人間はいないと思っている。

どんなに輝いている女優だって、どこに行ってもキャーキャー言われるアイドルだって、みんな好きな人ができれば自信満々に「さぁ、好きになりな」なんて思わないよね。

恋愛中は自信を失うし、好きな人の好みの顔が分からないからイケメンや美人だって不安になる。

実例:イケメンなのに、彼女ができない大学生

私が大学生だったころ、すごくイケメンなのにずっと彼女がいない友達がいた。

彼は雑誌にもスカウトされるような容姿で、私も羨ましく彼を見ていた部分があったと思う。

モテたかモテなかったと言えば、彼はモテてていた。なのに、彼が好きな人になった人とは付き合えなかった。

彼が好きになるのはいつも「自分を外見で判断しない人」だった。自分をブサイクだと思っている男子、可愛くないと思っている女子も似たようなことを思う人がいるだろうか?

なぜ好きな人は自分の中身を見てくれないの?って。

イケメンにはイケメンの悩みがあり、それを「いやいやイケメンならいいでしょ、少なくても恋愛するんだったらさ…」なんて思うなら恋愛の本質が分かっていない。

好きな人と上手く話せないイケメンの彼は好きでもない女子が寄ってきてチャラ男のイメージを持たれ、そのアプローチを拒否する内に女子に不信感を抱くようになってしまった。

それが原因で彼は好きな人からまだ全然知り合っていないのに好きなタイプから嫌われたのである。

好きな人の好きな人になるために「変えられるところを変える」という意識を持つ

好きな人の好きな人になるのはとても難しいのに、恋愛が苦手な人は変えられないものに言い訳して、結局変えられるものすら変えようとしていない。

イケメンだったら彼女ができる、美人だったら彼氏ができると、本気でそう思っている。私はそれが少し違うんじゃないかと思うのである。難しいんだ、好きな人の好きな人になるってことは。

正直、外見もある程度変えることができるものだ。ファッション、メイク、ダイエット、メンズも含めて美容全般、髪型、身に着けるものや持ち物などなど。あなたの周りにもきっと本当は雰囲気イケメンと雰囲気美人がいるんだと思う。

努力して、少しでもイケメンや美人に近づく人がたくさんいる。こんな人は、「恋愛に前向き」だと言えるんだと思うのだ。

恋愛のことを考えるとき、「イケメンや美人はいいよね…」って言いたい気持ちはわかる、わかるんだけど、

あなたの魅力は磨かないの?
本当に外見だけで恋愛しないよね?
カッコよくなくても、かわいくなくても恋愛がうまくいっている友達がいるよね?
ってやっぱりどうしても思ってしまう。

外見に恋愛がうまくいかない原因を求めるなら、イケメンで恋愛がうまくいかない人の気持ちを考えてみると、みんな無い物ねだりをしているだけで、今の自分と好きな人に対して、向き合っていないんじゃないかと思うのである。

好きな人が好きになるのに「顔や容姿」はきっかけに過ぎない!さらに、年齢を重ねると恋の仕方は変わってくる

高校生までは、私も外見が最初に興味を持つきっかけだった。可愛い女子をよく好きになっていたと振り返る。

美人な彼女を連れている自分がカッコ良く思ってもいたんだろう。中学生から高校生くらい、もっといって大学生も含めて、確かに外見でする恋愛は決して少ないとは言えない。

でも、私の場合は大学生から外見重視の恋愛は卒業した。美人と付き合っても、外見がかわいい女子と付き合っても、人はやっぱり中身だと思ったからだ。

社会人の恋愛は「中身や性格」で好きになる

好きになるのになかなか理由を明確化できないけれど、実際私が付き合う女子は世間的に特別美人だと言えない女子が増えた。恋愛経験も含めて、年齢を重ねて社会人になると、色々な経験から子供の恋愛を卒業していく。

大人の恋愛と子供の恋愛の違いとは~特徴や考え方はどこが違っているのか
実際に多くの恋愛経験を重ねると、恋愛には「大人の恋愛」と「子供の恋愛」があると気付く。 これは、「どちらがより良いものなのか」という視点での話ではなく、恋愛の形が変わっていくイメージに近い。 今、あなたのしている恋愛は「

もちろん中身も合わせて外見も可愛いと思って付き合うのだが、世間的な評価はあまり気にしない。一緒に生きて、恋人との時間がどうか、というところにすべてが詰まっているんだと思う。

たぶん、恋愛の本質的な幸福というのは、好きな人に好きになってもらうことが「最大」じゃない。好きな人と一緒にいる時間、思い出に残るような出来事、辛いときにそばにいてくれる安心感、いろいろと挙げたらきりがない「付き合った後」に本当の幸せがあるんだと思う。

だから、年齢を重ねると外見重視の恋愛からは卒業する。

実際、美人は3日で飽きないけれど、付き合って彼女を主観的に見れば見るほど「世間の評価はよく分からない」という状態に移行していくから、内面も外見も全部含めて「かわいいな」と思えれば、あとは「一緒にいてどんな気持ちになるのか」の方がよほど大事だと思う。

少なくても私は外見で好きにならないから、好きな人の好きな人になるのが難しい恋愛において、外見のことばかり言って他に努力ができない人は外見が原因じゃないって思うんだ。

好きな人を想うと誰もが苦しい…。片思いは気持ちが見えないからつらい

片思いが苦しいから好きな人から逃げたい女性

カップルとして付き合っていると、彼女は何かあるたびに私の気持ちを確かめる。「私はあなたが好きだよ、あなたは私が好き?」って。

付き合っていたって、恋人の気持ちすら確認したくなることがある中、片思いのつらさや苦しさは、「相手の気持ちが分からない」って点にある。

気持ちは見えないものだ。どんな相手の気持ちも目に見えなくて確信なんかない。

友達関係でも同じだし、家族でもそう。気持ちは言わなきゃわからなくて、言葉に重みを感じてもらうには、それまでの態度と行動が言葉を裏打ちするかどうかが大切になる。

もしあなたと私が出会ったとして、いきなり「好きだよ」って言ったとしたら、本気にする人はいないだろう。気持ちは積み重ねでもある。

誰もが好きな人の好きな人になるのは難しいことだって価値観を持っているから、この「気持ちが見えない」って片思いの状態は本当につらい。もちろん、「どんな人も」である。

好きな人の好きな人になれたかも…、そう思ってからまた辛いのが恋愛

恋愛は、好きな人と近づくほど気持ちがしんどくなるものだ。

遠くから見つめる恋が楽だとまで言わないが、私が恋愛するとき、好きな人との距離が近くなるほど、関わりを増やすほどしんどくなった。

好きな人とのちょっとした会話でも感情はジェットコースター状態になるのだから、一人反省会をするのは何もコミュ症だけの特徴じゃない。

「あんまり笑ってくれなかったな」
「何でそっけない態度取っちゃったんだろ」

男性も好きな人へはいろいろ考えるし、本気で誰かを好きになれば、楽しいこともつらいことも、感情が敏感になってたくさんの刺激を感じる。

でも、付き合っているわけじゃないなら好きな人とは離れている時間の方が長いんだから、つらいほうが多いのは間違いない。恋が楽しいものだっていうなら、それは本当の恋じゃない。

片思いが辛いから「逃げる」んじゃなくて、向き合う

近づくほど見えなくなる好きな人の気持ちは、片思いの時は本当につらい。少なくてもつらくなる瞬間がある。それでも苦しさに負けずに向き合うから恋は叶うんだと思う。

つらいからって言い訳して逃げるんだったら、相手の気持ちは見えない以上、たとえ好きな人が好きになってくれていたとしても、そのまま恋が実ることがないんだ。

片思いから逃げると告白することはないのだから、それでは好きな人と付き合えることはない。

好きな人から逃げる人が、なぜ「今のまま」じゃダメなのか

好きな人と仲良くなった後も、好きな人の好きな人になるのが難しいと思ったとき、「今のままでもいい」って好きな人から逃げたくなることがある。

気持ちを確かめるのが怖いって理由は大きいとしても、一番怖いのが「友達の関係が壊れる」ことである。進もうとすれば、関係はもとに戻らない。

好きな人と付き合うには、好きな人の気持ちを聞く必要がある

好きな人と付き合うためには、何等かの方法で気持ちを確かめ合う必要がある。

一般的には「告白」がその方法の代表格だ。成り行きで付き合うカップルもいるが、いずれにしても想いの確認はあやふやにでもしないといけない。

好きな人以外の人と付き合うかどうかは案外その人ごとに違っていて、確かにお試しで付き合うとか、キープで付き合うって人がいないわけじゃない。

しかし、どこか持っている「誰でもいいから付き合いたい」という願望みたいのを、具体的な誰かが現れたときに実行しないわけだから、ステップアップさせようとする関係は、もとに戻らないリスクと裏腹だ。

では、なぜ好きな人から逃げない人は今の関係を壊してでも想いをつたえようとするのだろう?

好きな人から逃げない人の「想いを伝える理由」とは

好きな人に想いを伝えて付き合おうとするのは「特別仲の良い関係が異性同士の場合に長続きしないから」であり、「近づくほど苦しくなる」からだ。

好きな人との関係が「今のままで良い」と割り切るのも難しい中、いつか関係が薄まる瞬間を迎えるんだとしたら、どんな二人もきっと「今のまま」じゃダメだ。告白するときは「そんな軽い気持ちじゃない」ってプライドも顔をのぞかせる。

友達以上恋人未満のような、微妙な距離感で接する男女は心地良い関係だと思うことがないわけじゃない。今の関係に満足していないということでもない。どうしても付き合いたいから告白すると言う理由も何か違う。

たぶん、今のままじゃダメだと思うから関係を壊しても前に進もうとするんだと思う。好きな人と自分の関係に向き合うから、今の不確かな関係がどんなに仲良くなっても苦しくなるんだと思う。

好きな人と付き合ってないのに友達関係を放置するのは、逃げているときだから。

片思いが苦しくて逃げるんだったら、恋はずっと叶わないまま

好きな人の好きな人になるのは難しい。でも、苦しくて逃げるんだったら恋はずっとかなわないままだ。

幸せになりたいと思うなら、苦しくても向き合わないといけない。

好きな人から逃げたくなる時の言い訳は受け入れるべきところを受け入れ、改善できることに対処し、最後は作った関係を自分で壊すように想いを伝える。

もしその結果失恋すれば、自分自身が根本から否定されたように感じてどんな励ましも受け入れられないような気持ちになるから、人を好きになるのは平穏とは真逆の状況を呼ぶ。

でも、好きな人ができたなら、苦しくて逃げ続けても苦しくて、結局自分の欲求を叶えることができずに自信を失い続けてしまう。

逃げる自分を好きになることは難しいから、人を好きになるならどこへ進んでも苦しんじゃないかな?

気持ちにふたをするのが一番楽かもしれないけれど、それでもその過程はつらい。

好きな人から逃げない!片思いを叶える人の思考

私はいつの頃からか、本当に好きになったらその恋にはきちんと答えを出そうと思うようになった。本気で好きになった好きな人だからこそ、色々な行動や態度の理由をきちんと話したいと思う。

恋愛はずっと頑張り続けないといけないものではない。

後から分かるある大事な瞬間に、向き合うことができるかどうか。

その答えは先にあるから「ああ、今なんだな」って思えないことのほうが多いのだけど、それでも縁がある人とはそんな瞬間を迎える。きちんと向き合えていたら、それがうまくいく。

その瞬間の中には、一緒に生きる時間ができたことを、必然に思うような体験もあった。

私はたくさんの片思いをかなえてきたが、「片思いが辛くても逃げない。自分の恋愛感情、好きな人を大切に想う気持ちを大切にしよう」といつも自分を励ます。

恋愛はみんな辛さと戦って幸せを掴んでいるから、これを読んだあなたには逃げないで幸せにアプローチしてほしいと願う。

好きな人から逃げたくなる人に伝えたいこと

引き寄せあうように出会う人が、今後あなたにもいるんだと思う。それがいま好きな人なのかどうかはわからないけど、後からそう思う人がきっといる。

もし苦しくても頑張りたいと思う人と出会えたら、とても大切な人ができたらなら、逃げないで向き合おう。言い訳しないで、その人と向き合ってみよう。恋が進む中で関係が築けるなら、進む勇気を持とう。もっとそばにいるために。

恋愛って不思議なもので、ありがたいことにそのグループで一番素敵じゃないと叶わないものじゃない。

ナンバーワンじゃなくてもオンリーワンに惹かれる。

二人の間に起ったこと、理由が説明できない楽しさや癒し、ある瞬間に弾けた気持ちもきっかけになって、好きな人の好きな人になるのがどれだけ難しいことか、わからなくなることも実際多い。

向き合って努力するのであれば…。

私は、経験から片思いの時の好きな人との過ごし方はすごく大事だと思っている。関係を温めて、不器用なりに頑張る恋愛は付き合った後の幸福が大きい。

ファッションのように、またはリアルでマッチングするようにする恋愛は刹那的な感情も多くて、幸福になれるかどうかはまた別の問題を抱えることも多いんだ。

好きな人の好きな人になるのは難しいと思う人ほど、苦しくても逃げない先に幸せがある。ずっと一人が嫌だと思うなら、逃げるのもつらいんだから向き合ってみよう。

本気の恋愛を叶える人は、どんな人も苦しくても好きな人に向き合う瞬間を作っている。常にじゃなくていい、大事な瞬間が分かるくらいには向き合っていよう。そんな瞬間を自分から作りにいこう。

この記事で前向きに頑張りたいと思う人が一人でもいたらうれしい。そんな人をこれからも応援したい。

自分をもっと鼓舞したい人は、下の記事も合わせて読んでみよう。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばにある「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感

まとめ

今回は恋愛コラムとして「好きな人の好きな人になるのは難しい」ってテーマで徒然なるままに書いた。

どんな人もたった一人の人に好きになってもらおうとするなら教科書のような対策の効かない恋愛に悩むし、コンプレックスとも向き合う。幸せになりたいと思うなら、向き合えるようになろう。少し強くならないといけない人もいるんだと思うから、ゆっくり変わっていこう。

このブログでは苦しくても恋愛に向き合おうとする人をこれからもずっと応援する。参考になる記事がたくさん書けたら本望だ。

自分の好きなタイプを知る方法~自分が好きになるタイプが分からないなら、7つの質問で診断してみよう
あなたは、自分の好きなタイプを聞かれた時に、どんな答え方をしているだろう? 好きなタイプについて誰かに話すことはなかったとしても、自分の中で好きなタイプが具体的に理解できているだろうか? 恋愛に興味を持つと自然に自分自身

関連記事:

アプローチ 付き合う前 私の恋愛観
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました