「結婚売れ残り男」は地雷⁈ 結婚市場で売れ残った男性の特徴!いい男とダメ男の見分け方とは

「結婚売れ残り男は地雷?」と疑問を持った女性

30代や40代の男性と出会った結婚したい女性は、「売れ残り男にいい男はいるの?」と、その年齢まで結婚しなかった男性を不安視してしまうことがある。

「何かあるから結婚できなかったんだ…」
「売れ残り男はどうせ地雷でしょ…」

確かに30代後半から40代で売れ残った男性は「他の女性が選ばなかった男性」ということもあるが、全く出会いの無い「結婚できない環境にいた」というパターンや、「結婚に興味を持つ年齢が高った」ということもあって、売れ残り男の中にもいい男は確実に存在する。

要は、正しく売れ残り男を理解して、売れ残った男性の中にいるいい男の見分け方を知っていれば良いのである。

そこで今回は、「何歳から売れ残り男なのか」を確認した後で、いい男とダメ男を見分けるために「結婚市場で売れ残った男性の特徴」を解説する。

女性が結婚相手に選ぶべき売れ残り男の見分けまで踏み込んでまとめていくので、結婚したい女子はぜひじっくり読んでみよう。

何歳からが売れ残りの男性?平均初婚率から見る本当の結婚適齢期

「売れ残り」とは一般的に結婚適齢期を過ぎても結婚していない男女のことを指すが、「何歳からが売れ残り」なのか、実際は曖昧に把握している女性が多い。

しかし、売れ残りになる年齢を正しく知らなかったり、誤って認識していると、あなたが出会う男性を誤解した目で見てしまう。

これを機に、何歳からが売れ残りなのかを知って、出会った男性を正しくイメージしよう。結婚相手を見つけるための一つの材料にして欲しい。

女性は何歳から売れ残り女?

まずは、女性の売れ残り年齢を解説していく。女性の場合は何歳から売れ残りと言われるのだろう?

女性の結婚については、昔から「クリスマスケーキ理論」でよく語られる。

クリスマスケーキ理論とは、24日(24歳)までは定価で売られて、25日(25歳)になると割引が始まり、やがて半額となって売れ残ってしまうクリスマスケーキのように、女性が結婚市場から除外されていく過程を表した理論だ。

この理論から言うと、結婚相手から見た女性は24歳が旬で、25歳には「売れ残るか売れ残らないか」の狭間におり、26歳になったら遂に「売れ残り女」になるということになる。

昔のイメージでは20代半ばくらいが女性の結婚適齢期で、それを過ぎた20代後半女性は「売れ残り女」と見られた。つまり、アラサー女は売れ残り女との認識だ。

しかし、近年では世間一般の平均初婚年齢が以前と比べて高い晩婚化が進んでいる。実際、厚生労働省の人口動態統計によると昨今の日本における女性の平均初婚年齢は29.4歳である。

2019年の令和の時代において、本当に20代後半女性は「売れ残り女」と言えるのだろうか?

紹介したデータから、女性の結婚適齢期は時代の変化とともに20代半ばから20代後半へと変化したと考えられるため、20代のうちは売れ残り女ではない。

では、「何歳から売れ残りの女性になるのか」という点だが、「自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実」でも解説しているデータを参照するに、女性の場合は30代に突入したら「売れ残った」と言えるだろう。

特に大きな壁となるのが「35歳」なので、結婚するまでの付き合う期間まで考慮すると、30歳前後のアラサーで彼氏ナシの状態は結婚への焦りを感じるべき年齢ということになる。

男性は何歳から売れ残り男?

続いて、男性の「売れ残り」年齢を見ていこう。

男性の場合も女性と同様で、結婚適齢期が昔よりも高くなってきている。

厚生労働省の人口動態統計によると、以前までは20代後半から30代前半が結婚適齢期であったのに対して、最近の男性の平均初婚年齢は31.1歳であることから、男性の場合は30歳からが結婚適齢期だと考えられる。

男性は、20代のうちはまだ遊んでいたいと考える人が多く、年収や貯金などのお金の問題もあって、結婚のことは後回しにしがちだ。若さが残る20代を過ぎて30代に突入すると、自分自身の将来を考えるきっかけとなり、結婚も視野に入れ始める。

男性の場合は30代前後の時期に、大きな仕事も任されるようになり、貯蓄も貯まってくるため、結婚が現実的なものとなってくるのだ。

では、男性が売れ残り男となる年齢だが、結婚適齢期が30歳からだとすると、35から36歳あたりからが売れ残った男性ということになる。

あなたのイメージとギャップはあっただろうか?

下に平均初婚率の表を男女別にまとめた表を作成しておいたので、「現実とイメージのギャップ」を埋めておこう。

男性女性
平成7年 28.5歳 26.3歳
平成17年 29.8歳 28.0歳
平成23年 30.7歳 29.0歳
平成24年 30.8歳 29.2歳
平成25年 30.9歳 29.3歳
平成26年 31.1歳 29.4歳
平成27年 31.1歳 29.4歳
平成28年 31.1歳 29.4歳
平成29年 31.1歳 29.4歳
平成30年 31.1歳 29.4歳

注:平成26年から30年は変化なし。各届出年に結婚生活に入ったもの。
(出典:厚生労働省 人口動態統計)

結婚売れ残り男にはどんな特徴があるの?売れ残り男の特徴

売れ残り男の特徴を持った男性

結婚を前提に「何歳から売れ残りなのか」を確認したところで、ここからは売れ残ったと言える30代・40代の男性を前提に「売れ残り男」の特徴を解説していく。

近年進んでいる女性の社会進出が要因となり、経済的に自立している女性が増えているため、昨今の日本では独身の未婚男性が急激に増加している。

それに加えて、現代の日本では晩婚化が深刻な社会問題に。結婚適齢期が徐々に遅くなってきているのは前述した通り明白な状況だ。

婚活では、結婚相手に求めることや条件は人それぞれ異なるので、結婚市場でどんな出会いがあるかは誰も予想できない。例えば、容姿が整っていない男性でも、積極的にアタックして幸せを掴むことのできる人もいれば、逆にイケメン高収入でも何か問題を抱えている人は結婚できずに売れ残ってしまっている状況もある。

婚活では思わぬ素敵出会いがあるかもしれないし、ハズレ男に捕まってズルズル引きずってしまうパターンもあって様々なので、ハズレ男に引っかからないためにも「売れ残り男」の特徴を理解して、幸せな結婚にアプローチしてほしい。

「結婚売れ残り男」は大きく2つに分けられる

婚活中に出会った男性がいくら良い人だとしても、売れ残り男だったら「何かワケありなんじゃないかな…」「実はモラハラ男だったりするんじゃ…」と不安に思うかもしれないが、売れ残り男は何らかの理由で「結婚チャンスに恵まれなかったいい男」の可能性も十分ある。 

もちろん実際に、結婚売れ残り男の中には「訳アリ難アリのハズレ男」というケースもあって、問題となるのは、売れ残った男の中でいい男を見分ける方法である。

実際に活動してみると、婚活中に「なんでこの人独身なんだろう?」と感じるほどに素敵な男性に出会うこともあるのだが、婚活女子は出会いを結婚にすぐに結びつけがちなので、焦って相手の表面しか見ないまま結婚してハズレを引いてしまうのに注意をしよう。

婚活で出会う売れ残り男は「結婚のチャンスに恵まれなかったいい男」と「訳アり難アリなダメ男」の大きく2つのタイプに分けられる。

よりよい人と出会って幸せを掴むためにも、どんな人がアタリでどんな人がハズレなのかを理解できるようにしていきたい。

女性に対して上から目線になる売れ残り男

女性に対して上から目線の態度をとりがちな男性は、30代で売れ残ってる独身男性の特徴だ。

最近は世の中が男女平等の価値観に変化しているので、無駄にプライドが高い男性は婚活しても売れ残る。言葉の端々に女性をバカにしている価値観が顔を覗かせると、女性は結婚相手候補として見切りをつけてしまうからだ。

「女は仕事が辛くなったら結婚して辞めれるからいいよな」「女は泣けばどうにかなるって思ってる」など、女性を軽視するような発言をしがちな男性は女性に対してデリカシーがない。

女性に対して上から目線な態度をとる男性は「女性よりも男性の方が優位である」という昔の父親像にも似た固定観念を持っている。時代遅れな価値観が婚期が遅れる理由だ。

出会ってすぐなのに上から目線の男性は、女性が男性に逆らうような言動をした時に逆上して暴言を吐いたり、暴力を振るうこともあるため注意したい。特に女性との関わりをあまり持たずに年齢を重ねた男性が女性を軽視する場合は、深い仲になるべき男性ではないだろう。

ただ、性格的に優しさを感じる男性であれば、「本当は自分を受け入れてくれる心の優しい女性を探し続けている」という本音を持っている場合も。

上から目線の男性でも、きちんと付き合って女性を信頼すれば、「デリカシーなし男」から「尽くす男」へと変化し得るという点は婚活女子が理解しておきたいポイントだ。

売れ残り男性の中で良い男を見分けたいなら、「なぜ結婚できないのか」を見極めて自分の価値観と照らし合わせたい。

上から目線になってしまうのが原因で結婚できない男性は割と単純なタイプなので、彼の本当の性格を見極めるのも一つだろう。

このタイプは一見「ダメ男の売れ残り」のように思えるが、関わる女性のタイプ次第では「いい男」に変化するため、あなたが尽くすタイプの女性ならば相性を確かめても良いかもしれない。

結婚に対して危機感がない売れ残り男

結婚のことを現実的に考えられず、危機感を持てない男性は30代になっても売れ残る傾
向にある。

「会社の女性といい雰囲気になってデートを重ね、交際することに。それから1年間くらい同棲して結婚…」というような、全く現実を知らない夢見がちな30代男性もいるのだ。

結婚に対する危機感ゼロの男性は、本気で自分がドラマや漫画やアニメに出てくるような展開で結婚できると本気で信じている。

婚活とは、結婚というゴールに向かって一生懸命出会いを作って、気になる相手にアプローチして好きになってもらうという高難易度の活動だ。それにも関わらず、このタイプの男性は、白馬の王子様を待つ女性心理と同じように、「いつか素敵な女性と…」との幻想に逃げて続けた結果、売れ残ってしまっている

婚活パーティーなどで周りを見渡してみて、あまり女性にアピールしていない人がいたら、結婚に対して危機感のない幻想男かもしれない。このタイプは、女性に自分の理想を過度に追い求め、その価値観を女性に押し付けがちで、「ダメ男」である可能性が高い。女性は積極的にアピールしていない男性に、寡黙でクールな印象を受け、かっこいいと感じることがあるから注意をしよう。

売れ残り男なのに危機感がないタイプの中身は、結婚を現実的に考えることのできない夢見がちな男性だから、最初は上手くいったとしてもその後の交際で破綻する危険性がある。

女性は理想だけを語られてもしんどいだろうから、このタイプは「ダメ男」認定しても
良い。

過去の恋愛を美化しがちな売れ残り男

いつまでも過去の恋愛を美化して、それに囚われている男性は40代でも売れ残っていることが多い。30代の時に恋愛できない理由が「元カノとの恋愛を美化しすぎている」ということになると、どうしても恋愛経験が積めない面も大きい。

付き合っていた男女が別れる理由は、性格の不一致やすれ違い、異なった価値観や体の相性が合わないなど様々なものがあるが、元カノを忘れられない男は妥協婚してもずっと元カノとの思い出を大切にする。婚活で出会うことがあれば、ダメ男認定するべき男だ。

昔の恋愛や初恋に囚われた男性は、たとえ素敵な相手に出会ったとしても本気になれなかったり、恋愛が一向に進まない傾向にある。「なぜ、過去の恋愛に囚われているのか」と自問自答しても、はっきりとした答えを本人ですらわかっていない。

一番理解してくれたから、可愛かったから、尽くしてくれたから…など、いくら口では言っていても、忘れられない本質的な理由は「結婚してもいい」とまで思えた相手だったから。もう戻れない過去を美化している限り、彼は一歩も前に進めない恋愛弱者のままである。

本人が変わらない限り、ずっと「ダメ男」の可能性が高いため、婚活女子はこんなタイプの男に引っかからないように注意したい。

もちろん、自分が変わろうと努めているのならば「いい男」に成り代わることも十分に考えられる。しかし、過去の恋愛に囚われていることを自覚しようとせず、次の恋に進もうとしないのであれば、その男性は永遠に「ダメ男」だ。

時間がないアラサー女子の結婚相手として相性を試す必要がない男である。

自分の話ばかりする売れ残り男

自分の話ばかりをする男も、30代から40代で「売れ残り男になる人の特徴」だ。

婚活では、男女ともに自分のことをアピールすることが重要である。お互いに積極的にならないと相手のことをよく知ることができないから、交際にまで発展するのが難しい。

だが、初対面なのに自分の話ばかりする自己中心的な性格かつ自分に酔っている性格の男性は、結婚市場で売れ残っている傾向にある。

女性心理としては、話していても必ず自分の話に戻す男性との会話は楽しくないし、常に自分が中心でいたいという姿勢が30代後半になっても「売れ残り」という結果をもたらしたのだろう。30代を過ぎても女心を理解しようとしない性格が厳しい。

このタイプの男性は、結婚相手に選ぶのは非常に危険で、「大ダメ男」と言っても過言ではない。自己中心的な考えをしているから、女性から何か言ったところで跳ね返されることが想像でき、改善の余地も期待できないからだ。本命女性との交際で直る「売れ残り男の特徴」ではない。

会話をする上で基本中の基本である「言葉のキャッチボール」ができない男性は避けたいところ。また、自己中心的な男性は、将来的にモラハラ夫になってしまう可能性もある。

自分の話ばかりする売れ残り男性にはより一層注意してほしい。

女性に免疫がない売れ残り男

女性に免疫がない男性も30代で売れ残る男の特徴だ。女性の扱い方を知らない男性は婚活で女性と出会っても、その先に進むことができない。

例えば、中高は男子校、大学も理系学部で男ばかりの学生生活を送り、就職先も同性だらけで女性と関わらない生活を送ってきた男性がこんなタイプになりがち。

もちろん、女性に興味がないわけじゃないから、気になる人にはアプローチするが、女性と接する機会が皆無だったため、女性のエスコートの仕方を知らない。女性経験の少なさ故に、どうすれば良いのかわからないまま失敗に終わってしまう。

女性に免疫がない男性はこのような失敗の繰り返しで、30代で売れ残ってしまったのだ。

では、経験の少なさから、女性に免疫のない売れ残り男は「ダメ男」なのだろうか
という点だが、それは一概には言えない。「成長」という形で女性の扱い方を学ぶことができれば、良い男に変わるタイプがたくさんいるからだ。

あなたが付き合うなら、「自分好み」に教えてあげることも可能である点は魅力でさえあるだろう。

人柄によっては「ダメ男」になり得るが、ただ単に女性慣れしていないだけで「ダメ男」とは言えないため、もし出会ったならその男性の本質を見極めるようにしよう。

女性に免疫がない男性は、浮気をしたり遊ばれる心配も少ないし、なにより誠実なタイプの男性に多い。これは、結婚相手を探している女性にとって大きなメリットだと思う。

このタイプの売れ残り男は付き合い方で「いい男」に変わることが多いから、いいなと思うなら積極的にアプローチしてみても良い。

コミュ障な男性は売れ残り男になる

コミュニケーションに何らかの問題を抱えている、いわゆる「コミュ障の男性」も30代から40代で売れ残る傾向にある。

気になる女性との会話を盛り上げようと自分から一生懸命盛り上げようとするが、うまく喋れなくて沈黙になってしまい、女性に愛想を尽かされてしまうのだ。

コミュ障の男性は話していてもいまいち盛り上がらないし、気まずい雰囲気になってしまうから、結婚市場では敬遠されて売れ残ってしまう。典型的な売れ残り男の特徴だ。

多くの女性は、結婚相手に選ぶ男性に「頼れるリード力」を求めているから、会話を盛り上げることができない男はダメ男に見える。

それは一理あるのだが、婚活女子は少し視点を変えて女性が男性をリードすることも考えてみよう。コミュ障は「心理的な壁を取り払うこと」で改善されるため、女性の頑張り次第でどうにかなる弱点だ

コミュニケーション能力は後天的でも身に付けることができるから、男性自身にも向上心があれば改善され得る。

正直コミュ障の売れ残り男はそれだけで「いい男」とも「ダメ男」とも言えないので、口下手な男性でも強く惹かれた場合は積極的にアプローチしよう。「コミュ症男との恋愛は、女性のリード力が問われる」と言い換えることができる。

結婚する上で特殊な事情を抱えている男性は売れ残る

結婚する上で何か特殊な事情を抱えている男性は、40代でも売れ残っている。

例えば、宗教上の理由、シングルマザーの家庭で育ったこと、家族に障害を持った人がいる、親に借金がある、などがそれに当てはまる。

良い人に巡り会えたとしても、男性が結婚できない事情をカミングアウトすると、女性は受け入れることができなくて、最終的には破局してしまうのだ。

そこで男性は、受け入れられなかった現実と共にその事情に負けた自分をネガティブに捉え、婚活するモチベーションも下がって売れ残り男になってしまう。

特殊な事情を抱えている=ダメ男とはならないが、あなたに取って受け入れることができない事情を持った男性はどちらにせよ結婚相手には選べない。理想の結婚がしたいなら、いわゆる「普通の男じゃない」と分かった時点で離れるのも一つである。

ただ、特殊な事情と一言でいってもそれぞれ問題の大きさがあるので、もし気が合って人柄も良くて、この先一緒にいたいと思うような相手であるなら「一緒に乗り越える」ことも考えてみるべきだ。

その男性も特殊な事情とは向き合ってきているから、一度話を聞いてみて判断するべき。せっかく出会えたいい男なら、女性も自分自身と向き合ってよく考えてから結論を出すと良い。

売れ残り男の中にいるいい男の特徴とは?売れ残り男の見分け方

売れ残り男の中のいい男の見分け方に成功した女性

本気で結婚したいと思っている女性は、いい男と出会って、関係を深めるための時間をなるべく多く取る必要がある。

ダメ男に時間をかけても仕方ないのだが、現在婚活中の女性は売れ残り男の中にいる「いい男の特徴」を知っているだろうか?

女性は「3K(高収入・高学歴・高身長)が揃っていること」と答えがちだが、それは違う。

もちろん、ルックスが良くてハイスペックに越したことはないが、婚活で容姿や表面的な条件ばかりを重視していると、売れ残った「ダメ男」に引っかかってしまう可能性が高まってしまう。3kを揃えた男性が売れ残っている理由を考えれば、私が言いたいことをストレートに理解してもらえると思う。

売れ残りのダメ男に振り回されて貴重な時間を無駄にしてしまわないためにも、これから紹介する「売れ残り男の見分け方」を理解して今後に生かして欲しい。

売れ残り男の中にいる「誠実な男性」の見分け方

ルックスや社会的地位も「いい男」の条件として大事なものであるが、結婚生活を送る上で忘れていけないのは、誠実であるかどうかだ。

結婚しても、「浮気しない」「暴力を振るわない」「真面目に働く」「賭け事をしない」などを守り、家族を大切に考えてくれるため、誠実な男性とは安心した結婚生活を送ることができる。

では、誠実な男性はどう見分けると良いだろう?下の9つをぜひチェックしてみてほしい。

  • 同性の友達が多いか
  • 友達や知り合いの悪口を言わないか
  • 年齢に合った出世ができているか
  • 連絡をきちんと返すか
  • 小さな嘘であっても、嘘をつかないか
  • 遅刻しないで、時間を守るか
  • 質問に向き合って正面から答えるか
  • 物を大事にする性格か
  • 約束を忘れない、約束を守るか

売れ残り男の中にいる誠実な男は、女友達こそ少ないものの、その信頼から同性の友達は多い。真面目に働いていれば着実な出世はできているはずなので、「何でそんなに誠実なのに仕事はできないの?」と思う男はあなたの前だけ作っているダメ男だ。

嘘をつかないのは誠実な男性の見分け方で基本となるが、「傷つける嘘」や「悪意のある嘘」をつかないのは絶対の条件なので覚えておこう。

嘘をつかないということは周りからの信頼も厚いため、トラブルに巻き込まれることも少ない。穏やかな家庭を築きたい婚活女子と合っている男性のタイプだ。

結婚したい女子に人気ナンバーワン!売れ残り男の中にいる優しい男性の見分け方

優しさは女性が結婚相手に求める条件のランキングでも1位に来る「最も重視しているポイント」一つ。人に優しくできる人柄を持った男性は、彼氏候補よりも結婚相手候補として非常に人気がある。

他人の立場にたって物事を考え、言動ができる男性はいい男だ。しかし、結婚市場には、「自分をよく見せたい」という思いから、表面上だけ優しいタイプの「売れ残り男」がいるから注意したい。

では、どのようにして本当に優しい売れ残り男を見分けると良いだろう?下の10個をチェックポイントにしてみよう。

  • 謙虚に振る舞う男か
  • 家族思いな男性か
  • デート中に接する赤の他人に優しいか
  • 犬や猫など、動物に優しいか
  • ギブアンドテイクの「テイク」を求める、見返りを期待した優しさではないか
  • 自己中心的にならない、思いやりを持った男性か
  • 女性の失敗をフォローする受容力の高い男か
  • 注意するべきところを注意できる「強い優しさ」を持った男性か
  • 女性の話をじっくり聞いてくれる男性か
  • 束縛しない男性か

本当はやさしくないタイプの男は、交際・結婚といった目的を果たした瞬間に急に優しくなくなる可能性が高い。

本当にその男性が優しさを持ち合わせているかどうかを確かめるには、自分に対する優しさだけではなく、他人に対して優しいかどうかを見ればわかるから、「職場で慕われているか」「後輩からの評判はどうか」なども彼の話ぶりから推測したい。

根っこの部分から優しいのであれば、他人にも優しく接することができるから、様々な角度からその男性を見てみよう。

精神的に安定している売れ残り男は結婚相手にふさわい男!見分け方は?

精神的に安定している男性は、ピンチやチャンスの状況下で落ち着き、冷静な行動を取ることができるため、一緒にいて安心することができる。売れ残り男だったとしても、女性の結婚相手にふさわしい男だ。

結婚相手が感情の起伏が激しく精神的に不安定だと、家族の不調和を招いたり、うまくいかないことが多々出てくるため、結婚相手として見た時に「精神的に不安定な男と安定している男」の違いは大きい。

精神的に安定してない男は、ピンチの時は慌てて適切な判断ができなくなり、チャンスの時には調子に乗ってしまう。時にはエスカレートして暴力行為にまで発展してしまう人もいるため、絶対に注意が必要だ。

結婚相手としていい男を見つけるためにも、男性の精神状態に気を配ってみよう。

感情が安定している男の見分け方として下に5つのチェックポイントを挙げておくので、ぜひ覚えておいてほしい。

  • トラブルがあった時の対応
  • 喜怒哀楽の落差
  • 言葉遣いの変化
  • 仕事の状況で女性の態度が変わるか
  • ケンカになった時と普段の態度の比較

ある程度関わっていかないと精神的な安定度は見抜けないけれど、女性は「一緒に居て落ち着く感覚」があればそこまで外れ男を引くことはない。

精神的に安定している男は包容力が高いから、確かめるために何かアクションを起こすよりも、「同じ時間を過ごしてどう感じるか」を重要視しよう。

交際しているかしていないかに関わらず、付き合いが長くなると色々なことが起こっているので、その過程で感情が安定しているなら売れ残り男であったとしても良い男だと思われる。

ダメ男と結婚する「売れ残り女にならない」ために

売れ残り男のことが気になる女性はアラサー前後の頃から急増するが、前述している通り売れ残り女になる年齢は30歳からと意外に若い。

もし「現在彼氏ナシ、出会いナシ」になっているなら、現実と向き合うために下の記事を読んでおこう。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばにある「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感

30歳前後のアラサー女子は相手の男性から売れ残り女だと見られる可能性があるわけだが、しっかりした婚活を始めれば逆転はまだまだ可能な年齢だ。

つまり、売れ残りのダメ男と結婚しないようにするためには、本格的な婚活が必要になってきている。それが30歳前後の女性である。

もし、「婚活に私の求める男性はいるの?」と疑問に思っている人は、CMでもおなじみの結婚相談所大手であるオーネット(旧楽天オーネット)の結婚チャンステスト(無料実施中)を受けてみよう。

このテストでは、自分が設定する結婚の条件にマッチする男性がどのくらいいるかを知ることができるので、婚活市場における自分の価値を浮き彫りにできる。

悩みは具体的な行動を取ることですごく楽になるので、「何もしないまま自分の価値を下げる」という選択をしないように、前向きにアクションを起こしてみてほしい。

まとめ:結婚売れ残り男でも、きちんと良い男の見分け方を知っていれば幸せな結婚ができる

今回は、結婚市場で売れ残ってしまった男の特徴と、売れ残り男の中にいる「いい男とダメ男を見分ける方法」についてまとめた。

本文で紹介している「厚生労働省の人口動態統計の平均初婚年齢の推移」から、これまで常識だと思っていたイメージを覆すような、現代の日本におけるリアルな結婚適齢期がわかった女性も多かったと思う。

結婚市場で「売れ残り」となる年齢は、女性は30歳から、男性は35歳からという結論だ。この年齢までは「行き遅れ」とか「売れ残り」とは思わずに、まっすぐ出会った男性と向きあってみよう。

あなたの年齢や出会いによっては、売れ残り男との交際や結婚に悩むこともあると思うが、売れ残り男の中には「いい男」と「ダメ男」の2種類がいる。恋愛感情が悪い場合や、恋愛に臆病になっているといい男でも30代で売れ残っているパターンはあり得るので、ぜひ「売れ残り男の見分け方」をきちんと実践して、これまでの恋愛経験や年齢だけで判断しない女性になろう。

「売れ残り男」には色々な特徴を持ったタイプがいるが、一見「いい男」でも「ダメ男」の可能性があるから注意したい。表面上だけいい男のダメ男もいるのは事実である。

婚活女子は、表面的に男性を見るだけではなく、人間性や人柄などの内面もしっかりみなくてはいけない。本気で婚活中の女性には、是非ともこの記事を参考にしてリアル「いい男」と結ばれて欲しい。

関連記事:

結婚
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて

コメント

タイトルとURLをコピーしました