微妙な人からの誘いに「とりあえずデート」するメリットと魅力~断るか、断らないか迷ったら

取りあえずデートの様子

微妙な人からの誘いに対し、あなたは「断る派」だろうか?
それとも「断らない派」だろうか?

恋人がいないフリーの人は、普段の人付き合いの中で「微妙な人からの誘いを受ける」ということがあると思う。好きな人がいると迷うかもしれないが、嫌いな人だったり恋愛対象外の人でない微妙な人だったら、デートに行くか行かないかの判断は意外に分かれるのが現実のところ。好きな人がいない人でも、やはりそれぞれの恋愛観で色々な判断があろうかと思う。

では、微妙な人の誘いにとりあえずデートするメリットや魅力って何だろう?

この記事では、断るか断らないか迷うような微妙な人の誘いに、「とりあえずデートする」メリットや魅力についてまとめてみるので、もしこんな経験をしたら参考にしてみてほしい。

もちろんデメリットもあると思うけど、今回は「とりあえずデート」を前向きに考えてみたいと思う。

スポンサーリンク

タイプでない人でも好きになる可能性

1回のデートだったとしても、その相手を厳選したくなる気持ちはよくわかるけど、「とりあえずデート」することでその後に好きになっていく可能性は、やっぱりあると思う。

無理に好きになることはないし、そこまで期待しないとしても、もしデートに誘ってくれるような人と恋愛が始まるなら、幸せな恋愛になる可能性は高いだろう。既にあなたへ興味を持っている人との恋愛だから、トントン拍子に進んでいく可能性を孕んだ誘いとなっている。

デートに誘われても、タイプではないから断ろうか、とりあえずでもデートしようか迷う時、特にさしあたってその人とデートに行くことが問題ないのなら、「とりあえず一回」って発想が時と場合によってはあってもいいのかなと思うところ。

二人になった時に良い意味で変わるタイプの人もいるし、二人の相性は二人にならないと分からない部分もある。

二人で一定の時間を一緒に過ごすことで気付くこともたくさんあるだろうから、可能性を排除してしまうのは考え物かもしれない。

恋愛がご無沙汰なら、キュンとする瞬間が恋愛の良さを再発見させる

過去の恋愛からご無沙汰になってしまっているなら、とりあえずデートでも「キュン」とする瞬間はきっとあるんじゃないだろうか。

恋愛からしばらく遠ざかると恋愛自体が面倒に思うことも多くなるけど、そんな時ほどデートする時に「キュン」とする瞬間は訪れやすいところがある。

実際に久々のデートをすれば分かってもらえると思うが、やっぱり異性の反応はどこか同性とは違っている。

普段の生活でも異性と同性に関係なく接することがあるけれど、デートでの絡みはまた違った印象があるだろう。何気ない瞬間に「やっぱり恋人がいるといいな」って思う時がある。

異性絡みの問題は一度流れ出すといくつかが連動し始めることも多い。具体的に説明するとかなり長くなってしまうのだが、経験則で納得できる人は多いのではないだろうか?

つまりは、何がきっかけになるか分からないし、きっかけがないと始まらないところが恋愛にあるということだ。その微妙な人と恋愛が始まる可能性があるだけじゃなく、取りあえずデートすることによって他の恋愛が始まる可能性もあって、何かのきっかけになるかもしれない。

久々デートなら相手を厳選せずに、「異性とのデート」を純粋に楽しんできても良いだろう。
またここについては記事を改めたいけど、自分の今の恋愛環境に変化を与える可能性があることはメリットの一つだ。

デートの模擬体験的発想

デートになれていない人ほど、「とりあえずデート」には積極的に出かけてほしいと私は考える。

異性の扱いに慣れておいた方が、実際に本命の相手とのデートをする際に何かと気づけることが出てくると思うし、デートにはデート特有の雰囲気もあるから、しばらくデートしていない状況で大切な人と出かけることになった時、多少たじろぐところも出てくる。

当然、誰と行くかが問題になり易いデートにおいては、模擬体験的発想の通じないところがあるけれど、イメージが具体的にできるかどうかで違ってくる部分は少なからずあろうかと思う。

「誰でもいいから経験値を増やせ」と言っているわけではなく、緊張のし過ぎがデートをぶち壊すことがあるのを知っているからそう思うのだ。

「デート」に対して漠然と不安のある人は多いと思うので、そこを緩和できるメリットは大きいと考える。いつもは好きにならないタイプかもしれないが、微妙な人とのデートで「デートスキル」が上げられるかもしれない点は、恋愛的にメリットと言って良いだろう。

微妙な人の誘いに乗ることで確実に一人の異性とのデート経験が積めるから、本当に好きな人とのデートでも役立つ可能性がある。

想われる幸せはセルフイメージを高める

先ほど記事を改めると言った部分について一つだけ示しておこう。それは、「想われること」がセルフイメージを高めることに繋がる点だ。

あなたをデートに誘ってきた微妙な人は、確かにすべてが恋愛的な意味合いではないかもしれない。

しかし、仲良くなりたいと思ったり、興味を持ってくれたのは間違いないだろうし、実際に行動にまで移してくれたのだから、何かあなたにとって良い意味があったはず。そんな人と「とりあえずデート」であっても一緒に出掛けることで、想いに触れる瞬間があったなら、それが癒しに感じたり、セルフイメージを高めるところがあると思う。

実際の恋愛では、「好きな人に好かれないと意味がない」と考えがちだが、もし機会を厳選していることで自分の自信を失っている状態だとしたら、マイナスの効果は大きい。

いくつかの視点で今回のテーマである「とりあえずデート」を考えているから、この部分は少し黒い感情のようにも思うけれど、想われる幸せを感じるべき人はいると思うので、敢えて挙げておく。

こんな視点からも考えてみよう。

行きたい場所でデートするなら、純粋に「楽しめるデート」が可能かも

微妙な人からデートに誘われた時、相手への興味関心で考えれば、どうしてもデートそのものにもそれが影響するけど、「どこへ何をしに出かけるか」を考えたなら、悪い相手ではないかもしれない。

本来、異性と行くべきような場所で行きたいと思っていた場所があったなら、あまり気を遣わずにその場を楽しめることもあるだろう。この部分だけで「とりあえずデートの魅力」とはしたくないけど、そのほかのことも合わせると「行きたい場所」に行くことでメリットを増やせるように思う。

「誰と」が、デートにおいて重要な意味を持つことは言うまでもないことだ。

でも、案外「どこへ何をしに」も初デートでは意味深い。微妙な人が相手なら、好かれたいと思う気持ちが原因で好きな人には言いにくいことが言えることもあると思うので、行きたかった場所を指定して「とりあえずデート」に出かけよう。

せっかくなら、楽しめるようにセッティングすることを考えると、また違った気持ちになるかもしれない。その当日が楽しいデートであったなら、恋愛が進まない状況であっても、案外満足度の高い充実した日になるのではないだろうか。

まとめ

今回は「微妙な人からの誘いに、とりあえずデートするメリットと魅力を解説した。
実際には「微妙な人」をもっと細分化して考えるべきだし、正直なところデメリットもあると思うけど、前向きに考えたい人に取っては参考になる部分もあったのではないだろうか。

「とりあえずデート」は当日にいきなり気乗りしなくなったり、ドタキャンも多い約束だから、心から「行きたい」と思えない場合は、今検討して出した答えが行動に移されないこともあると思う。

でも、それでも前向きに考えていることは良いことだと思うし、自分のためにもなることだと思うから、今回挙げたメリットを確認して、受けている誘いをどうするか考えてみよう。行くと決めたなら楽しもうとする姿勢も大事なことだ。

関連記事:

初デート大学生の恋愛
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました