年の差恋愛がうまくいく方法~年上の立場で年下の女性・男性との恋愛を成功させるには

年の差がある好きな人がいるイメージ

「年の差がある恋愛」というと5歳差以上でイメージするけど、中には10歳以上離れた恋愛をしている人もいるし、色々話を聞くと、恋愛に年齢は関係ないという人の考えも納得できる部分がある。

条件や外見だけで好きにならないタイプや、好きになった人がタイプだという人などもまた、年の差のある恋愛をする機会が多いかもしれない。

実は私も、10個以上の違いで年の差恋愛を経験している。

実際に年の差恋愛をしてみて、やはり年に差があるからこそ難しいことも分かったし、恋愛に年の差なんて関係ないということも経験した。

この記事では、その経験を活かして、今まさに年の差がある好きな人がいる人へ向け、「年の差恋愛がうまくいく方法」を解説する。なお、この記事では「年上の立場で年の差恋愛をしている人」を対象にする。

それぞれの事情で悩むのが恋愛だけど、年の差恋愛だから起こる問題点に触れていきたい。

スポンサーリンク

年の差は忘れるものではなくて、気にならなくなっていくもの

年の差恋愛でまず最初に問題になることは、「年下が年上に気を使う」状況だ。恋愛の形として「このままで片思いから付き合うことがあるのか」という疑問が時々重い問題に感じることがある。

たとえば、敬語はその中でもわかり易くて感じやすいものと言えるけど、なんだか距離を感じる原因となる場合があって、「こんな恋愛うまくいくはずない」とネガティブになる原因となる場合も多くある。

年の差のある恋愛を進める時、この「気を遣い合う状況」は、良い方向へつなげていくしかなく、同い年同士の絡みと自分との絡みに嫉妬をしないで、自分が年上なら少し余裕を持って接するべき。年の差があるのにノリだけ合わせて絡むと、そちらの方が痛い。

年齢の差があれば、常識的に接し方が変わるのは当たり前のことなので、「敬語じゃなくていいよ」と伝えることは悪くないけど、同い年のノリで絡んでほしいと思っても、それは相手の価値観次第だし、年の差によってはそれが無理だったり、悪影響を及ぼすことの方が多くなるから、今までの恋愛とは考え方を変えないといけないだろう。

年の差は忘れようとしても会話の中に必ず意識する瞬間が訪れる。所謂「ジェネレーションギャップ」というヤツだ。

これは、なくそうと思ってなくせるものではないし、年の差恋愛においてはどちらかと言えばそのジェネレーションギャップを「楽しむもの」という位置づけにする方が正しい。

年の差は、忘れようとして忘れるものではなくて気にならなくなっていくものだ。

たとえば、生まれも育ちも都会だった人と、田舎だった人とでは色々な常識が本当は違っている。でも、仲良くなれば気にならなくなっていくし、違いはいずれ「ネタ」になっていく。

どちらが正しいとかそういうことではなくて、それぞれの価値観をすり合わせるように共有できる体験を重ねていくイメージで一緒にいてみよう。

年の差があると、すごく根本的なところに二人の違っている部分があるように感じるから乗り越えるのが難しいと感じるかもしれないけれど、実際アプローチしていくと数か月も経たない内に案外気にならなくっていくものだ。

年の差恋愛の初期は変に合わせて違和感を際立たせるよりも、通常の恋愛と同じようにあなたの魅力をもっとストレートに伝えられるように考えよう。特に、同性よりも男女の方がなおさら気にならなくなっていくものだ。

年上の説教はウザイ、相手の意見をしっかり聞くこと

年の差恋愛で最初に気になるのが「年齢の差による気遣い」だが、普通に接してほしいと思っているはずなのに、語り合うとなぜか「説教」モードのような感じになってしまう機会が多くなるのも代表的な問題点だ。

相手に対して「若い」と感じる考えを伝えられることもあるから気持ちはわかるし、自分にとって正しいと思うことを主張する場合はどうしても相手を下げてしまうような話し方になってしまうことがある。

しかし、どれだけ正しいことを主張したとしても年上からの「説教」はウザイ。

説教を繰り返してしまうなら、恋愛関係には発展していかないだろう。当然、相談されたり、内容が重くなれば、そういった雰囲気が合う場合もあろうかと思うが、それでも「説教みたいな雰囲気ばっかり」になってしまえば、悪い方向で「年の差」を意識される。

年の差恋愛で年下を好きになった場合、どうしても「説教」状態になってしまう会話は出てきやすい面があると思うけど、「相手の考えをしっかり受けとめる」ことはとっても大切なこと。

そうなれば年上の包容力を魅力として感じさせる場合を増やすことができるが、「若いなぁ」と小ばかにしたり、つい説教してしまうからと思って敢えて踏み込まないのもまた少し違う。

接触が増えていけばだんだん仲良くなっていく過程で深い話も出てくるけど、そこで「おっさん臭さ・おばさん臭さ」を出してしまうのか、「包容力のある大人な男性・女性」に見せるかは、差が出てきやすい部分だ。

紳士に振る舞うのは一緒にいる時間、離れている時に常識を考えすぎるな

年の差恋愛で問題になり易いのが「常識的な考え方では連絡すら取りにくい」と感じる点。

年の差があればあるほど普通の連絡を取り合うのがおかしいと感じる人は多いことが想定される。なぜなら、そういう相手が友達とかでも少ないからだ。

年の差恋愛は、友達として距離を近づけていくことが少し難しく感じるだろう。
立場が違う関係も多いと思われる。

たとえば学生と社会人の関係や、上司と部下の関係だったり。
5個や10個離れたような相手で、さらに立場まで違うなら、用もなくメールやLINEを送るのは相手との関係を客観視した時に何か違和感を感じる。

ここは出会い方によっても変わってくるかもしれない。
たとえば社内恋愛だったのなら、まずは接触を増やして色々な話をできるようになる方が先だ。

仲良くなった結果、用事のある内容でメールやLINEを始め、その内用もないのにメールやLINEをする仲になっていくイメージの方がいい。その他のコミュニティー内恋愛で年の差がある場合も同じように、会う機会は多いと思うので、そこで連絡を取り合う関係を先に作るイメージで接しよう。

年の差があると、慣れていない分だけ「いきなり」はちょっと引かれてしまうことが多くなる。

逆に日常の関わりがない相手だった時は、年の差は意識せずに連絡を取り合うしかない。

何かの繋がりがあれば直接会う機会があるけど、そうでないなら間接的な手段でも接触を増やす。

しかし、いずれにしても連絡を取り合うようになってからも、何かと気を使ってしまうのが年の差恋愛の特徴。

友達感覚を共有し難いので、コミュニケーションに気軽さがなく、ある意味で距離を取った接触のカタチが求められるから、むしろ気を使い合う方が普通だ。

でも、恋愛として進めていくなら、一緒にいる時間(二人で以外も含んで)は紳士的な態度を取るべきだけど、離れている時間に常識的な付き合い方を考え過ぎてしまうと、なかなか進めていくことができない面がある。

年の差があると、尚更考えてしまうのが、「相手の迷惑」だ。
でも、常識的にどう振る舞うかばかりを考えていては、元から恋愛に発展しにくい関係をブレイクアウトしていくことはできないから、相手との関係を作れてきたら、気にしない勇気も大事になる。

あなたからの連絡が迷惑に思うかどうかは、返信のスピードやメッセージのニュアンスで分かると思うので、もちろん探り探りはじめていくような感じにはなるけど、自分から動かないといけないだろう。

会っている時は紳士的に年上として、でも離れている時に連絡をする際は常識にとらわれ過ぎないように振る舞おう。ここは相手との関係がどのような状態かに依存する部分だけど、考えれば考えるほど進みにくさを感じるはずなので、少し考え方を変えるべきだ。

まとめ

今回は「年の差恋愛がうまく行く方法」として3つのポイントを問題点として挙げて解説をしていった。

相手が年下の恋愛は、年上としての振る舞い方をしてそこを魅力として伝えたいところだけど、時にそれが邪魔をして前に進ませにくいところがある。実際に年の差が与える影響は、気持ちの面の方が大きくて、精神的に越えないといけない壁はいくつかあると思う。

経験から言えば、年の差による最初の違和感は仲良くなっていくほどに気にならなくなっていく。もちろん、どうしても年の差を感じる機会が出てくるのだけど、それは二人の色々な違いの範疇に感覚が変わっていくはずだ。

初期に意識しまってしまうとうまく行かないので、悪いところばかりにフォーカスしないで、年の差があるからこそ存在する「魅力」についても目を向けて進んでいく勇気を持とう。

関連記事:

年下男性年下女性
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました