わざと忘れ物する?好きな人と仲良くなるために忘れる物7選

女性がわざと忘れ物をして男性に貸してもらっている様子

少し小悪魔的な発想だけど、「好きな人と仲良くなるためにわざと忘れ物をする作戦」は、実際に効果のある恋愛テクニックだ。

忘れ物を借りることで会話のきっかけが生まれるだけじゃなく、「忘れる物」の種類によっては恋愛が進むきっかけにできるものがある。

この記事では、「好きな人と仲良くなるためにする忘れ物」を7つ紹介するので、どんな効果を狙ってわざと忘れ物するのか、使えそうなテクニックにぜひチャレンジして、あなたの恋を前進させるきっかけにしてみてほしい。

本当にわざと忘れるかは置いておくとして、ちょっとしたアプローチに役立ててみよう。

スポンサーリンク

 あいあい傘のきっかけに「傘を忘れる」

本降りの雨の時はお勧めしないけれど、小雨の場合は傘を忘れて、「好きな人とあいあい傘」で歩いてみよう。

タイミングの問題があるから、折り畳み傘をバッグに忍ばせておくと安心だ。

「傘わすれちゃった」と言われてしまえば、「じゃ、入ってく?」なんて会話は男女であってもよくある話。ただし、冒頭触れているように雨が強い場合は、好きな人もあなたもかなり濡れることになるので注意をしよう。

今回のテーマは、「好きな人の迷惑」を考えないと大失敗に終わる。

お互いにあいあい傘で歩きたいと思っていたとしても、大雨のあいあい傘は結構濡れるからテンションを下げる。好きな人からまだ何とも思われていない状況でお願いした時はイラっとさせることがあるから空気を読むべきである。歩く距離にも注意するといいだろう。

しかし、何といっても「あいあい傘」の魅力は一つの傘で歩くために体の距離が近づくことである。ドキドキするシチュエーションでもあるから、良いタイミングがあれば「折り畳み傘」をカバンに入れたまま好きな人を頼ってみよう。

好きな人の迷惑にならない!「筆記用具」を忘れる

学生の時、「よくやったよね」と思い出す「筆記用具を好きな人から借りる」という行為。
わざと忘れることはなかったかもしれないけど、忘れてしまった時は誰かに借りないといけないから、借りる相手は選んでいたように思い出す。

筆記用具を忘れて好きな人に借りるメリットは、貸す方もそう迷惑にはならない点だ。

もちろん、自分に最低限の清潔感がないといけないし、嫌われていないのは前提になってくるとは思うけど、予備があるなら貸すことにあまり抵抗を覚えない物である。

「シャーペン貸して?」から始まる会話も悪くないし、日常で会話のきっかけを見つけにくいなら、話しかける良いきっかけになる。これをきっかけに日常的に会話する関係だって作ることができるだろう。

文房具くらいでは「お礼」って概念はないのだろうけど、忘れ物をして助けてもらったなら「次」につながることがある。繋げるというイメージに近いかもしれない。

好きな人との貸し借りを意識するよりは、きっかけとして考えると何か発展があるかもしれないので、一つの考え方として覚えておこう。

好きな人の匂い、あなたの匂いがつく「上着」を忘れる

肌寒い時期のあるあるな忘れ物が「上着」である。正確に言えば「薄着で出かけて、寒くなって上着を貸してもらうパターン」だが、女性が男性に上着を貸してもらうシーンは恋愛ドラマや恋愛マンガでよく描かれる。

寒暖差が大きい季節は、デートの際など、男女間で貸し借りが発生するあるあるな物と言えるだろう。

体験すると分かってもらえると思うのだが、身に着けているものを貸し借りすると、結構相手の「香り」を感じたりする。

寒くて貸し借りするものの中には「マフラー」とかもよくあるけど、香りが移り易い物だから妙にドキドキすることもあって、まだ経験したことがない人はぜひやってみてほしいと個人的に思うところ。キュンとする瞬間になると思う。

香水をつけていると尚更香りがダイレクトに香って、好きな人に包まれる感じがある。

自分の身に着けているものを貸すのは仲良くなった後のことのように思うけど、女性は好きな人に甘えてみても良いのではないだろうか。「貸して?」とストレートに言わないまでも、「寒いね。着る服間違えちゃったかも」みたいに言うだけで、きっかけになることは少なくない。

相手の男性としては、そのようなちょっとしたアピールくらいはアリだと思うのではないかなと思う。

好きな人とLINEの交換も?「携帯」を忘れる

好きな人と連絡先を交換したい!メアドやLINEのIDを交換する方法やきっかけ
「好きな人と連絡先の交換がしたい」 同性の友達同士だったら悩むことがないLINEのID交換などの「連絡先の交換」も、好きな人が相手では意識してしまう人...

上記記事で「連絡先の交換方法」を紹介しているが、見つからない携帯を鳴らしてもらう方法も、連絡先を交換する方法の一つ。忘れ物というよりカバンの中にある携帯が見つからないパターンだ。

でもこれは、聞いていてもおかしくない仲できっかけがなかった状態なら悪くはないけど、いきなり過ぎて引かれる場合は、断りにくい方法にはなるので注意が必要。

普通は、ある程度の会話をしていたら連絡先の交換くらいは問題ないと思うので、きっかけの一つとして使ってみても良いだろう。お互いに携帯を取り出したついでにLINEのIDも交換してしまうといい。

この方法で携帯の連絡先を交換するなら、一言付け加えよう。
「登録しちゃっていい?」
何でもいいのだが、通常の方法で連絡先を交換したわけではないので、鳴らしてもらったことをきっかけにして「連絡先の交換をした」という確認ができると、その後の連絡がしやすいし、相手が登録しない場合もあるだろうから、そうなると連絡をした時に気まずい。

また、その一言で「じゃ、ついでにLINEも聞いていい?」って言いやすくなると思うので、常識的にも勝手に登録してしまうのはよそう。

もっと好きな人と話したい!「借りたもの」をわざと忘れる

好きな人に借りたものを翌日以降に返す場合、本当に忘れてしまったことがないだろうか。

好きな人から借りた物が日常的に使う物だったらとても迷惑になってしまうし、常識を疑われる行為になってしまうけれど、別にいつ返しても良いものであったなら、「借りた物を忘れること」で返すために会話や会う機会を増やせるという側面がある。わざと忘れるものとしてはありがちだ。

好きな人から貸してもらうという行為そのものが会話のきっかけになるし、返す時にも同じように、好きな人とコミュニケーションが取れる機会となる。

時には会う口実としても使われる場合があって、次の機会を作るために為される「貸し借り」も、実際の恋愛の中には存在している。定期的に会う関係に繋がるし、自然と貸し借りが発生する時はいい感じの時によく起こることだ。

仲良くなればどんなものでも貸し借りして良いかと言えば絶対にそんなことはないのだけど、話題や会うきっかけになったりするので、お互いの価値観で問題なさそうなものなら「貸して?」って一言はそこまで気を使う必要もないかなと思う。

高校生や大学のあるあるは「教科書」を忘れて貸してもらうパターン

10代の頃、高校生や大学生のあるあるは「わざと教科書を忘れる」というパターン。好きな人に教科書を借りに行くのは、ちょっとした勇気があればそこまで不自然じゃない分、ちょうどいいアプローチになっている。

好きな人には少し迷惑にはなってしまうかもしれないけど、席と体をくっつけて一つの教科書を見ることになれば、意外とドキドキする瞬間になる。違うクラスだった場合はなかなか話しかけるきっけがないことに悩むが、「教科書を借りる」というきっかけで話しかけに行くのはよく見かける光景だ。

その他にも、「取り忘れたノート」を写させてもらうのにノートを借りたり、テスト前はノートの貸し借りが「男子から女子」によくあった。

意識すると何をしても「好きだから」と考えてしまうけど、「仲がいいから」と思えれば大胆な行動はとりやすくなる。学校の中でよく使うものを借りる際は、好きな人から借りてみよう。

「手袋」を忘れるとちょっとしたテクニックでスキンシップが取れる

わざと手袋を忘れることで好きな人から貸してもらうことはあまりないのだが、実はちょっとしたテクニックで好きな人とスキンシップが取れる。

その方法とはこんなパターン。

女子:「今日、手袋忘れちゃったんだよね。手、冷たい(笑)」
男子:「今日寒いもんね(笑)」
女子:「○○くんは手、温かい?私の手、こんなに冷たいんだよ!」
ー好きな人に手を差し出して触ってもらうー
男子:「あ、ほんとだ!めっちゃ冷たい(笑)大丈夫?」

時々スキンシップがある関係なら、よくあるのが触って確かめてもらうパターンだ。じゃれて、顔に手を当ててみてもはしゃいだ雰囲気になる。距離感が難しいが、いい雰囲気になってきた時期では、少し大胆に攻めてみても良い。

寒い時期は色々な理由で恋愛が進みやすいのだが、体が近づきやすいのもその理由だ。手袋を忘れたことがきっかけで手をつなぐこともないわけじゃないし、付き合う前はスキンシップを取るのに理由が作れると確実に片思いが進みやすくなる。

ぜひ、女子から好きな男子にチャレンジしてみてほしいなと思う。下の記事も参考にしてみよう。

忘れ物が生む「好きな人とのコミュニケーション」に恋愛効果を

今回、わざと忘れ物をするのは「好きな人とコミュニケーションを取ること」が目的だ。仲良くなるきっかけ、恋愛が進むきっかけを作るのに、忘れ物を恋愛テクニックの形で使う方法を解説した。

しかし、当然ながら単発のアプローチは思ったほどの効果がない。好きな人から意識されているなら話は別だけど、まだ意識されてない状況では継続したアプローチが必要になっていて、「忘れ物を借りる」という方法から次につなげることがすごく重要だ。

あくまでも今回の方法は「仲良くなる過程」だと認識して、距離を縮める段階では会話に慣れていくようなイメージを持とう。

最初は積み重ねたアプローチにだんだんと意味が出てくる感じなので、「そっけない」「冷たい態度」など、期待した笑顔がないリアクションをされたとしても、「これからだ」という意識で片思いを進める。

ただ、「普通に話しかける」というのも難しいと感じるタイプの人がいるし、いつも同じ行動や態度では意識されないのも事実。今回解説したアプローチ方法は少し変わり種なので、試してみると面白い恋愛効果を感じるかもしれない。そのために、必ず好きな人へのアプローチは次へ次へとつなげていこう。

まとめ

今回は「好きな人と仲良くなるために忘れる物」を紹介した。
わざと忘れるかどうかはまた違う話だけど、一つのきっかけとして「忘れ物」も考えてみるといいだろう。

好きな人と仲良くなるためには、方法を考えるよりもまずは接触の機会を増やす方が話は早い。

ある程度のところからは、距離を縮めるために何が必要かを考えることになるけど、その前段階だったならきっかけを見つけて話しかけることが大事。

ちゃんと探せばそのきっかけは今回のテーマに限らずいくつもあると思うので探してみよう。下の記事も合わせて読んでみてほしい。

関連記事:

アプローチ大学生の恋愛
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました