好きな人がほしい!出会いがないからネットで恋活するメリット10選

好きな人が欲しいと思ってネット恋活する女性

好きな人がほしいと思っても、社会人になった以降、普段の生活ではなかなか出会いがないという人は多いと思う。

すぐに友達になってしまうタイプの人や恋愛に積極的になれないタイプの人は、学生時代から好きな人ができないことに悩むし、恋愛が苦手な社会人は待っているだけで恋愛に必要な実際の行動が取れないことも多く、出会いのチャンスを活かせずにただでさえ少ない機会を逃すことも多い。

「このまま好きな人もできないのは寂し過ぎる…」

そんな男性や女性は、現状を変える何かの努力が必要だと感じているところではないだろうか。

そこで今回は、「好きな人がほしい」と思う人へ、「出会いがないからネットで恋活するメリット」を10個のトピックスで解説する。

将来も視野に入れて、可愛い彼女・素敵な彼氏が欲しいと思っているのにその可能性も感じない日常なら、ネット恋活を考えてみよう。

  1. ネット恋活をはじめると世界が変わるほど出会いが増える
    1. ネット恋活を始めると好きな人ができる可能性を感じられるから、前向きに恋活できる
  2. ネット恋活なら知り合う可能性の低い人と知り合うチャンスがある
    1. 恋活アプリには様々な条件の異性がいるから、出会いがない人同士の出会いがある
  3. 恋活アプリは趣味や考え方の同じ人と知り合えるから好きな人ができる
  4. ネット恋活なら容姿をきっかけにしながらも、外見より中身に比重の高い出会いがあるから素敵な恋愛ができる
    1. ネット恋活の第一印象は文字だから中身重視の恋愛が多い
  5. ネットの出会いが一般化してきて恋活サイトで真面目な恋愛ができるようになった
  6. ネット恋活なら将来まで視野に入れた「好きな人を作るための具体的な努力」が始めやすい
  7. ネット恋活だったら好きな人ができた後も恋愛のゴタゴタで日常生活に影響が出ない
  8. ネット恋活なら「二人になったらなんか違った…」というギャップにがっかりしにくい
  9. ネット恋活だったら恋活していることが周りにバレないメリットがある
  10. ネット恋活なら初対面が苦手でも恋愛に発展しやすい
    1. ネット恋活は初対面が苦手でも恋愛できる
  11. ネット恋活おすすめ3選
    1. ペアーズ
    2. ゼクシィ縁結び
    3. ユーブライド
  12. ネット恋活を成功させる人と失敗する人の違い
    1. ネット恋活を成功させる人は最初のプロフィール設定に頑張る!失敗する人はいいねするのに頑張るだけ
    2. ネット恋活を成功させる人はメッセージのやり取りに頑張る!失敗する人は気分やスケジュールに左右されて適当なやり取りをする
    3. ネット恋活を成功させる人は「無駄な会話」をしないで、お互いを理解するために自分のことを話しながら相手にも質問する
    4. ネット恋活を成功させる人はうまく自分をアピールする!失敗する人は自分をアピールできないか、アピールしない人
    5. ネット恋活が成功する人は「すぐに会いたがらない」のが特徴!出会い厨だと思われると恋活アプリは失敗する
  13. まとめ

ネット恋活をはじめると世界が変わるほど出会いが増える

ネットで恋活するメリットの一番は、やっぱり出会いの数が劇的に増えることである。

日常の中では限られたチャンスしかないのが現実だが、ネットであれば多くの人とつながることができ、恋愛に発展する可能性がある出会いの量も多くなるのがメリットだ。

ネット恋活を始めると好きな人ができる可能性を感じられるから、前向きに恋活できる

むやみやたらに利用するのはお勧めしないけれど、真面目な恋活サイトや恋活アプリに登録するなら、恋愛するスタートラインに立てるのは大きなメリットである。

ネット恋活を始めると好きな人ができる可能性を感じられるから前向きに恋活できる。「恋人ができない、できる可能性もない」という生活から変われる効果は、あなたの表情や雰囲気にも出ていく。

「ずっと恋人がいない…」という状況を変えたい場合、「出会い」は最も基本的な要素だけど、多くの人が恋愛できる環境ではないことに悩んでいて、好きな人が欲しいと思いながら何の行動もできてない。

恋人ができる可能性を感じられないなら前向きになれるはずもなく、悪循環が起きてる人も少なくないのが現実だ。

しかし、たとえば恋活サイトで一番有名なペアーズの会員数を例にとると、その会員数は約800万人(公式より)も登録者がいて、どんな人も恋愛できる可能性を実感として感じることができる。普段の生活では行動範囲や交友関係が限られてしまっているが、ネットであれば時間がない人でも出会いの可能性が探れるから、明るく恋人作りができる。

社会人になるとどうしても普段の生活が忙しいので、異性と出会うタイミングがないものだが、ネットであればこういった問題が解決できるメリットがある。

なぜ恋愛で一番大事な要素が「出会い」なのか~恋人を作ることができない人へ理由から対策方法までを徹底解説
当ブログ「恋愛のすべて」では、恋愛に必要な要素が3つに集約されることを何度も伝えてきている。 出会い コミュニケーション セルフイメージ この3つの基本的な要素を具体的な方法によって強化できれば、

ネット恋活なら知り合う可能性の低い人と知り合うチャンスがある

ネット恋活で出会ったカップル

普段の生活で新たに出会う人は、同じ業界だったり取引関係の人だったりと、あまり新鮮さを感じない人ばかりになっていると思う。

中には同じ職場の人から新たな出会いがないと言う人もいるだろう。

合コンに行こうとしたって同年代の出会いが主になり、年上好きや年下好きの人などは出会いたい人と出会うにも一苦労だ。

しかし、ネットで恋活をするなら色々な職種の人や年代の人、普段忙しくて日常の出会いが全くない人など、色々なタイプの人と知り合うチャンスがある。

恋活アプリには様々な条件の異性がいるから、出会いがない人同士の出会いがある

普段の生活で出会いがないから恋愛できない人などは恋活するメリットがとても大きいところだし、素敵な人は仕事に頑張ってる傾向もあってなかなかで会えないけど、ネット恋活ならそういう人とも出会うことができる。

恋愛相手としても素敵な人が日常に忙殺されて埋もれてしまっている可能性があるので、視点を変えると案外このメリットも大きいところだ。恋活アプリだったら行き帰りの電車の中でもできるので、新しい出会いを作ってる時間がない人も登録している。出会いがない人同士の出会いがあるのは恋活アプリの魅力だ。

めぐり合いは運命かもしれないが、何もしないのであれば何も変わらない。詳しくは後述するが、恋愛環境を変えるものとして何かを始めるのに「ネットの恋活」は始めやすく効果の高いものである。

恋活アプリは趣味や考え方の同じ人と知り合えるから好きな人ができる

恋愛ベタな人は異性の人と話すのが苦手な人も多い。せっかく出会いがあってもなかなか会話を盛り上げることができず、その後の展開が図れないで困っているという人も多いのではないだろうか。

しかしネットの恋活では、お互いのパーソナルな情報をプロフィール欄に自己紹介する形で開示するので、趣味の同じ人や考え方の同じ人、価値観の似たような人や雰囲気の合う人まで、会話のしやすい人と知り合うことが可能だ。

こういったことは普段の出会いでは会話の中で探っていく必要のあることだが、ネット恋活では予め開示してから知り合うことになるので「入口の会話」に対するハードルが低く、話の合う人を見つけやすいのがメリットである。

たとえ会話下手の人だったとしても「合う」ことが多い人となら会話が盛り上がり易い。お互いの興味が近い人との出会いはこれまでの恋愛環境を変えてくれる可能性を持つ。

ネット恋活なら容姿をきっかけにしながらも、外見より中身に比重の高い出会いがあるから素敵な恋愛ができる

外見より中身を重視してネット恋活した男性と女性

ネット恋活では顔写真を掲載している人が多いのだが、写真では相手の容姿の大凡しかわからないこともあり(※写真写りと加工の問題)、出会いの量も多いから中身をより重視する向きがある。より自分と合う人を求めている人ならネットの恋活はお勧めだ。

たとえば、「ゼクシィ縁結び」では独自の価値観診断から相性の良い人を毎日紹介してくれ、いかに「中身を重視した出会いを求めているか」を表している。

興味を持つきっかけは外見に頼らざるを得ない状況は恋活サイトも一緒だが、出会いの量が確保される恋活の出会いは、より中身を大事にしている。

ネット恋活の第一印象は文字だから中身重視の恋愛が多い

ネットでの出会いは普通、会うまでに文字を通して連絡を取り合ってから実際に顔を合わすことが多い。そのやりとりを通して自分と合う人かどうかを判断したり、信用・信頼できる人か、人となりを見る。

リアルの出会いではどうしても第一印象が容姿に偏りがちで、異性になると緊張してしまうタイプの人などは会話がうまく展開できないことも多いけれど、顔を合わせずにコミュニケーションが取れ、良い雰囲気になってから実際に会うというプロセスを踏むネットの出会いでは、これがメリットになる人も少なくない

容姿にコンプレックスを持っている人は中身をより重視するネットの恋活にチャレンジしてみると「好きな人がほしい!」という希望が叶い、恋人を見つけることもできるのではないだろうか。

ネットの出会いが一般化してきて恋活サイトで真面目な恋愛ができるようになった

ひと昔前まではネットの出会いが「出会い系」として世間的にもイメージが悪かったところが利用者に取ってデメリットの一つだったが、最近はネットそのものの利用方法や価値観が変わってきたのと、真面目な恋愛を目的としたサイトも増えたことで一般的な評価が変わってきた。

周りの見方が良くなったことはメリットに挙げることもできる部分だが、それ以上のメリットとして真面目な恋活者が増えたことは大きい。せっかく自分が真面目な出会いを求めていても、利用者のレベルが低ければデメリットの方が大きくなってしまう。

ネットの恋活が一般化してきて利用者の裾野も広がっている。カップルの出会い方が多様化している現状においてネットの利用を考えないことはリスクになりつつあるかもしれない。

ネット恋活なら将来まで視野に入れた「好きな人を作るための具体的な努力」が始めやすい

ネット恋活で結婚したいと思える人と出会えた男女

ただでさえ忙しい日常で、何か新しいことを始めることは容易ではない。恋愛をするために何かを具体的な努力をしようとした時、ついつい日頃の忙しさに負けてしまって「ただ悩んでいるだけ」という状態になってしまう人も多いだろう。

合コンや友達の紹介、出会いの場となりそうなイベントへの参加や習い事関係など、好きな人を作るためにできることはいくつか浮かぶと思うが、案外実際の行動に移そうとするとめんどくさく、時間がかかることに気付く。

しかし、これがネットの恋活であれば自宅にいながら空いた時間で活動することができ、誰かと連携してやるようなものではないので精神的な煩わしさも少ない。

プロフィール関係など最初の設定は少しめんどくさい作業になるが、生活そのものに影響するものを始めるわけではなので様々な負担が小さいことはメリットになる。

費用の問題も利用法によっては無料になることもあり、手軽さも魅力だろう。

変わりたいと思う時はまず何か始めてみることがとても大事だ。考えているだけでは現状に変化は訪れないので、恋愛環境を変えるために具体的な何かを始める時はネット恋活が手ごろな方法になる。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばから始まる「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦り

ネット恋活だったら好きな人ができた後も恋愛のゴタゴタで日常生活に影響が出ない

学校や会社などコミュニティー内の恋愛は、付き合うにしても付き合わないにしても恋仲になった時は恋愛特融のゴタゴタがリスクだ。

それを懸念して恋愛に臆病になってしまったりめんどくさくなってしまったりと、好きな人ができない人は自ら自分の恋にブレーキをかけてしまうことも多いのではないだろうか?

でも、好みではない人からのアプローチもネットの出会いなら断りやすいし、自分からアプローチした場合もネットならその後のわだかまりは気にしないで良い。恋愛することで人間関係が悪化しないのはネット恋活の魅力だ。

ネットの恋活は、基本自分の生活とは関係ない人と出会うものなので、こういった理由で好きな人ができない事態にはならない。たとえ気まずくなっても日常生活に影響はでないので、まっすぐに相手と向き合えるはずだ。

色々と考えてしまって前に進めない人に取っては大きなメリットだし、恋愛のゴタゴタで苦労した経験のある人に取っても思った以上のメリットとなる部分だろう。

多くの人は普段関わりのある人を好きになる傾向が高いと思うので、好きになっても積極的にアプローチできない人は、出会う場を変えてみるのも恋愛を成功させる一つの方法である。

ネット恋活なら「二人になったらなんか違った…」というギャップにがっかりしにくい

ネット恋活で出会った男女が二人で会った瞬間

ネット恋活の場合は会うまでにかなりの情報をやりとりするのが通例だ。自分のことを自分で紹介することになるから自己分析や自己評価の精度は気になるものの、パーソナルな情報を会う前に知ることができるので、「こんな人だと思っていなかった」というギャップが生じにくくなる。

ネットならではのデメリットとして「容姿」にギャップを感じる場合があると思うが、中身の部分では少なくなるので、話した感じでイメージとのギャップにがっかりすることがない。

これは性格や人間性重視の恋愛をする人には大きなメリットで、普段の出会いでよくある「二人きりになったら変わった」ということがないので、恋愛の進み方がストレートになりやすい。

ネット恋活だったら恋活していることが周りにバレないメリットがある

結婚・恋愛するために何かを始める時は周りの目が気になる。好きな人がほしいとか恋人がほしいと思ってると「焦っているように見られたくない」と思うし、ガツガツしているようにも見られたくないのがあなたの心理だろう。

いきなり合コンを増やしたり、出会いの場に顔を出すようになると冷やかしてくる人がいたりするものだけど、気を遣う必要がないのはネットで恋活する際の嬉しいメリット。

ネット恋活なら、周りの人に恋活がバレて嫌な気持ちになることがない。気兼ねなくできるのがメリットだ。恋人がほしいのにできないと思われれば何だかシャクだけど、日常には大きな変化がないので周りから何か言われたり思われることがない。

すぐに噂が広まる環境にいる人はネット恋活が合っているかもしれない。

ネット恋活なら初対面が苦手でも恋愛に発展しやすい

初対面が苦手だったけど恋活アプリでうまくいった二人

初対面が苦手だと、多くの出会いを作ったとしてもそれを恋愛につなげることができない。合コンや紹介を避けがちだから、多くの出会いを確保しようにもおよび腰になる人が多いのではないだろうか。

ネットの恋活ではフィーリングカップル成立後、何通ものメッセージを交換してから実際に会うという機会を作るので、初めて顔を合わす時も初対面という感じがしないメリットがある。初対面が苦手な人に取っては大きなメリットだ。

ネット恋活は初対面が苦手でも恋愛できる

好きな人を作るための行動は、どうしても初対面の対応力が求められるところがあるので、仲良くなるまでうまく会話できない人とか初対面というだけで緊張してしまう人はネットの婚活が合っていると感じるはずだ。

好きな人を作るために初対面が苦手なのを克服するためには場数を踏んで慣れていく必要があるけど、それよりも簡単且つ手軽に恋愛できる状況を作れる。

次からは、ネット婚活をしてみたいと思った人へ向け「ネット婚活のおすすめを3選」を紹介するので、興味を持ったら早速試してみよう。

ネット恋活おすすめ3選

好きな人がほしい!と思っている人に向け、ネット恋活の大手の中からおすすめを3つ紹介する。あなたの恋愛環境を変えることができるから、興味を持ったらぜひ試してみよう。

ペアーズ

本文中でも触れている恋活サイトだが、ペアーズの魅力は何といっても日本一の会員数だ。その数は既に800万人を超え、真剣な恋愛から結婚に至るカップルまで多く排出している。

会員同士で作るコミュニティ機能も充実していて、条件別の相手検索機能はもちろん、あなたに合った出会いを複数の施策でサポートしてくれる。女性は無料だから気軽に始められる恋活サイトだ。

複数の婚活サイトに登録している人ならペア―ズはまず登録しているサイトなので、「まずは人気のところから!」と思う人は無料会員から始めてみよう。女性は基本メニューを全て無料で使えるし、男性の費用も1か月分が飲み会1回くらいの料金なので、費用に悩むことはない。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィブランドが信頼のきっかけだが、実際のサービスも女性に配慮されたシステムが多くあって、メッセージ交換は本人確認が100%だし、「デート調整代行機能」など、はじめての恋活にもおすすめできるサイトである。

結婚へ積極的かつ前向きな人が集まっているのでペアーズと比べてさらに真面目な恋愛ができるのが特徴と言える。1~2年以内に結婚したい女性はメッセージ交換を長引かせるより「まずは会いたい」という人も多いから、ネットと言えどもリアルを大事にするタイプも使ってみる価値アリだ。

ゼクシィ縁結び独自の「価値観診断」で相性の良い人との出会いをサポートしており、ここならあなたと相性の良い人と繋がることができるから、会話のきっかけもたくさんあるし、より将来思考の強い恋活サイトを探している人におすすめしたい。

ゼクシィというイメージから、婚活サイトに登録しないタイプの人が普通に顔写真を掲載しているので、活動しやすい恋活サイトだと感じるだろう。

ユーブライド

累計会員数220万人以上の大手婚活サイトである「ユーブライド」は、毎月1万人以上が新規登録している婚活サイトで、ミクシィグループが運営している。恋活サイトとしてもおすすめだ。

ユーブライドでは「婚活応援コンテンツ・恋愛相談Q&A」が用意されているのが特徴で、婚活に取り組んでいるユーブライドの会員に恋愛相談ができたり、悩みや疑問が共有でき、回答がもらえるシステムがある。真剣ながらもコミュニティっぽい雰囲気があるのはユーブライドらしさになっている。

また、「つぶやき機能」ではツイッターのように自分が思ったことを短文で気軽につぶやけるから、メッセージのやりとりをしない内から相手の人柄を想像しやすいのも特徴だ。

メッセージをのやりとりを始めたときにイメージと違う場合があるので、相手のことを少し知ってからつながる方が内面重視の恋愛はしやすいだろう。

今なら31日間無料キャンペーン中なので、お試しでもおすすめだ。

ネット恋活を成功させる人と失敗する人の違い

ネット恋活を成功させる人と失敗する人の違いを理解してカップルになった男女

最後にネット恋活を始めてみたいと思った人向けに「ネット恋活を成功させる人と、失敗する人の違い」を5つのポイントで解説する。

ネット恋活を成功させる人は最初のプロフィール設定に頑張る!失敗する人はいいねするのに頑張るだけ

ネット恋活は気軽に始められるのが魅力だけど、最初のプロフィール設定だけは休日を利用しても時間をかけてきちんとやっておこう。

ネット恋活が成功する人は異性からアプローチを受けるために自分のプロフィール欄にはこだわってるのが特徴で、適当な設定にするとネット恋活が失敗する原因になっている。

ネット恋活では、ユーザー受けするプロフ設定のコツがいくつかあるので、それを調べてから設定するのもおすすめだ。

ネット恋活を成功させる人はメッセージのやり取りに頑張る!失敗する人は気分やスケジュールに左右されて適当なやり取りをする

ネット恋活を成功させる人は、男女ともに「マッチングした人とたくさんメッセージのやり取りをしている」のが特徴で、マメに連絡する人が成功している。

ネット恋活そのものは忙しい人だったり、出会いがない人が利用しているけど、気分やスケジュールに左右されてやり取りが続かない人は不信感を持たれる傾向が明らかだ。

恋活アプリは文字のやり取りで相手の性格とか人間性を見極めていくので、忙しい人に関してもいいなと思ったらせめて返信に頑張らないと関係が深まらない原因になる。

あらかじめ忙しいこととか、やり取りできる時間帯を伝えておくと誤解されることがないため、対策しておくことも重要だ。

ネット恋活を成功させる人は「無駄な会話」をしないで、お互いを理解するために自分のことを話しながら相手にも質問する

ネット恋活ではメル友を作るような感覚で活動している人が早々に距離を取られている。ネット恋活が成功する人は、お互いにどんな人か分かるように自己開示と質問を繰り返しながらやり取りしているのが特徴だ。

臆病になっているのはダメで、でもガツガツしてるのもダメだから、結局は普通の恋愛と同じようにコミュ力が求められるのだけど、恋活アプリではいいなと思い合う同士でマッチングするので、距離を取ってると他の人といい感じになってしまって疎遠になる傾向がある。

今までの恋愛よりは少し積極的に恋愛した方がネット恋活は成功しやすいので、ただ会話を楽しむだけの連絡に留めないように注意しよう。

ネット恋活を成功させる人はうまく自分をアピールする!失敗する人は自分をアピールできないか、アピールしない人

ネット恋活は自分から自分をアピールしないとプロフィールに書いたことしか相手に魅力が伝わらない。

普段の恋愛では「あざとい」と思うようなことでも、言わないとわからないネット恋活においてはアピールできる人が成功している側面が強い。

アピールできない人やアピールしない人は何度かメッセージのやり取りをしたあと「つまらない」と思われてやり取りが切れてしまうため、アピールの仕方を工夫しながらも自分の魅力を伝えないと「会いたい」と思ってもらえない。

恋活アプリでマッチングしたら、普通のやり取りの中でうまく自分の魅力をアピールして、最初に持ってもらった興味をさらに強くしてもらえるように努力しよう。

ネット恋活が成功する人は「すぐに会いたがらない」のが特徴!出会い厨だと思われると恋活アプリは失敗する

ネット恋活を真面目な恋愛として成功させるという意味では「すぐに会いたがらない人」の方が成功しやすい。

お互いに理解してから会おうとすると、もっとラフに出会いたい人は逃げていく可能性があるのだけど、真面目な人からするとかなりの好印象で安心感も持てる。

ここは、「すぐに会おうとする人」と「なかなか会おうとしない人」でどっちが優位かという話になると答えは複雑なのだが、一部にいる出会い厨を嫌がる真面目な恋愛観を持った人は、誠実に対応するイメージを持つ後者の方がウケが良く、結果的に恋活に成功しやすい。

ネット恋活では距離が縮まった時点で会おうとすることが大事なのだけど、「まだ知り合ってないのに…」と思われるタイミングで誘うより、十分にお互いを理解し合える連絡の取り方をして、お互いが望む形で会う方が会ってからの恋愛が盛り上がる。

ネットで知り合った恋愛は信用・信頼の面でマイナスからスタートする面があるから、そこを乗り越えるための具体的な努力は必要だ。時間をかけて信頼されるように持っていくのは真面目な人と出会いたい人にとって良い施策となる。

難しい解説になってしまってるが、純愛を望むのであれば時間をかけて関係を作る方が強い関係性を築ける。

やり取りする中で好意を伝えるのは重要だから、苦手だったら下の記事を読んでみよう。

まとめ

今回は、好きな人がほしいと思っている人向けに「出会いがないならネットで恋活するメリット」を10個紹介した。

好きな人がほしいと思っても、忙しい日常ではなかなか身の周りにはいい人がいないもの。

しかし、だからと言って出会いを求めるにしても合コンや紹介を頼むのも気が引けるから、実際に何か具体的な努力をしようにも難しい面がある。

ネットを通した出会いでは様々なメリットがあるので、使い方には慎重になってほしいと思うものの、今恋愛に向いていない環境にあるなら恋活サイトや恋活アプリの利用を考えてみよう。

結局話していて楽しいかつまらないかで結果が変わるのはリアルもネットも変わらないので異性とのコミュニケーションを増やす中で「相性が良い人と出会うこと」が大切だ。

関連記事:

恋愛したい
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました