告白が返事待ちになった場合、一体いつまで待つべきなのか~保留期間の考え方とやっちゃいけないこと

告白が返事待ちになった時にみるカレンダー。いつまで待つべきか悩んでいる。

せっかく告白したのに返事待ちになってしまった場合は、対処に困るものだ。自信満々な告白なんてなかなか無いから、色々なことを考えてつい裏目るような行動や態度を取ってしまうこともしばしば。

しかし、告白が保留になった時は「考え方」が大事で、やっちゃいけないことも存在する。

そこで今回は、「告白が返事待ちなった場合、一体いつまで待てばいいのか」をテーマに、保留期間の考え方とやっちゃいけないことをまとめる。告白したのに返事がない場合は参考にしてみよう。

スポンサーリンク

いつまで待つ?告白の返事待ちの期間はどのくらいか

まず最初にマイナビウーマンの行ったアンケートから、「男性が告白の返事待ちを待てる期間」について紹介する。返事待ちになった告白をいつまで待つべきか参考になるはずだ。

Q.気になる女性に告白した後、返事はどのくらい待てますか?

第1位 「1週間まで」……44.9%
第2位 「2~3日まで」……23.4%
第3位 「1日まで」……15.9%
第4位 「3ヶ月以上」……4.7%
第5位 「2週間まで」……7.5%
第6位 「1ヶ月まで」……2.8%
第7位 「3ヶ月まで」……0.9%

もー待てん! 女性に告白した後、男性が返事を待てる期間ランキング!⇒「2位:2~3日」|「マイナビウーマン」

こちらのアンケートを参考にすると、「告白が返事待ちになった場合、一体いつまで待つべきか」の一般論は「1週間まで」が答えとなりそう。

ただし、2・3日しか待てないという男性も約4人に1人いて、1日しか待てない男性も完全少数と言えない状況。3日以内という括りでは約4割となっているから、我慢して待つなら「1週間程度」という期間は意識するべき

「次の日には返事がほしい!」と思ってしまう人も、1週間くらいは常識の範囲内だから、催促するのはもう少し待とう。

「告白の返事待ちを待つ期間」ということでこのアンケートを分析すると約6割の男性は3日以上待つことができるとのことだから、それ以下の段階では「返事の催促は控えるべき」となる。

それを証明するだろうか。もう一つ興味深いアンケート結果があるので、参考にしてみてほしい。

告白の返事は「その場」か「考えてから」か

同じくマイナビウーマンのアンケートで「告白の返事のタイミング」について聞いているものが見つかった。今回のテーマは「告白が返事待ちになった場合、一体いつまで待つべきか」だが、実は「男女差」がありそうなのだ。結果を見てみよう。

Q.好きな異性に告白したとき、どんなタイミングで返事がほしいですか?

【女性】

  • 告白したその場で返事がほしい……80.3%
  • 何日か時間をかけて考えてから返事がほしい……19.7%

【男性】

  • 告白したその場で返事がほしい……77.2%
  • 何日か時間をかけて考えてから返事がほしい……22.8%

【男女のちがい】告白の返事はいつほしい?⇒せっかちさんが多いのは〇性!|「マイナビウーマン」

こちらのアンケートを参考にすると、実は男性の方が「告白の返事のタイミング」については寛容で、告白相手が時間をかけて返事を考えることを受け入れている。

これは女性の方が「恋愛」を慎重かつ重く考える傾向があって、相手の気持ちに配慮した気持ちも含まれていると思われる。大きくはないものの、今回のテーマは男女差が多少あると考えるべき。

ただし、当たり前の話として「告白したらすぐに返事がほしい」と思う人が約8割と圧倒的に「その場で返事を」と希望する。私も経験があるけれど、告白の返事待ちは1日がとても長く感じる。

上のアンケートのように「しっかり考えてから告白の返事をしてほしい」と考える人もそこそこいるから、返事待ちにしたのが「真剣に考えていること」を表現した結果かもしれない点は考慮にいれておこう。

相手によっては「待つべき時間」が存在する告白があることを踏まえた上で保留期間を考えるべきだ。

ここまでで一般論を紹介したところで、当ブログとして「告白が返事待ちになった場合、一体いつまで返事を待つべきか」の答えを示していく。

告白の返事待ちを待つ期間は1週間!3つの理由とは?

告白したのに返事待ちになった場合、その返事を待つ期間は「1週間」を基準にしよう。その理由は5つあるから、解説を加えていく。

早すぎず、遅すぎずの「時間」をあげるべきだから

告白が返事待ちになったのは必ず「理由」がある。告白が返事待ちになる確率はそこまで高くないから、「考えさせてほしい」と言われたなら、好きな人の希望なのだし時間をきっちりあげるべき

返事待ちの時間があなたに取って辛いのは相手だってわかっている。正直言ってしまえば、相手はあなたの辛さの半分くらいまでしか想像してないとは思いつつも、「真剣に考えてくれている」と信用できるのが「好きな人」だろうから、考えさせてほしいとの返事に対して思いやりを持って接するのが「保留期間の考え方」で基本とするべきだろう。

しかし、だからと言って制限なく待ち続けるのは「返事待ちの時にやっちゃいけないこと」だ。相手が時間をかけてしまったが故に「今さら返事をできない」とか「もう待ってない」なんて考えることが本当にあるから、1週間をメドにあなたから返事をもらおうとすることも大事なこととなる。

真剣さを伝えるため

人によって「恋愛観」は様々あり、予期しない告白に対して真剣に答えを出すのに「3日じゃ足りない」と思う人も当然存在する。

しかし、そこで「返事は早めにほしい」とか「もう答え出た?」と返事を催促すると、「こっちは真剣に考えているのに、急に告白してきて考える時間もくれないの?」と、最悪あなたの気持ちが疑われる可能性を引き上げてしまう。

告白が真剣だったなら、その真剣さを伝えるために「返事待ちの期間」を考えてみよう。告白相手には何か事情があるのかもしれない。ネガティブになりそうな状況だからこそ、なるべく冷静に「なぜ待たされるのか」を考えると、あなたの状況によっては「もう少し待ってみよう」という決断に納得できる場合があると思う。

「今答えが出せないなら、もういいよ」
真剣にそう言ったとしても、人によっては「それならこっちがもういいよ。どうせ真剣じゃないんでしょ!」って思う人もいるのだ。

1週間後ならもう一度告白することも可能だから

無理めな告白だった場合や、まだ相手が完全に自分のことを好きになっていない可能性を感じる告白が返事待ちになった場合、逆に考えるとその告白は「付き合える可能性が出てきた」と考えることができる

そうなると、もう告白した以上「押す」以外に選択肢はなく、とりあえずでも付き合ってもらってそこから迷わないくらい好きになってもらうことを目指すべきだ。

そこで悩むのが「もうひと押し」をいつにするのかという問題。

もし1週間くらいの時間を空けた後なら、その最後のひと押しに対して「もう一度告白する」という選択肢を選ぶことも可能。もし相手が本当に微妙な気持ちで揺れ動いていると思うなら、気持ちで気持ちを動かすことも考えよう。

通常、好きな人から告白されたら3日以内くらいには返事がくる。それが過ぎれば段々と告白された時の熱が冷め、冷静になり過ぎれば勢いがなくなって、振られる可能性が高まるだろう。

押すと決めたら最後まで押す方が相手の気持ちを動かしやすいため、1週間後までに返事が貰えない時は、もう一回気持ちを伝えることも検討してみよう。それがきっかけになって幸せになれるケースも十分あり得る。それくらい付き合うか付き合わないかが微妙になるのは、「告白のタイミング」が難しいためだ。

返事待ちの期間にやっちゃいけないこと

告白したのに返事待ちにする人は、基本的に恋愛を軽く考えていない。なぜなら、返事待ちにする方がめんどくさく、好きか嫌いかで直感的に返事をしない人だからだ。その場で返事をする方が簡単かつ気まずくもない。

従って、告白後に返事待ちになった場合、やっちゃいけないことは「自分の気持ちが軽くなってしまうこと」だ。3つポイントを紹介するので、なるべく我慢しよう。

保留期間は相手に接触しない

告白が返事待ちになったら、後から下手にあがくのはやめよう。あなたは真剣に気持ちを伝えたのだから、後は相手に決断してもらう。

時々、気まずさを解消するために冗談ぽく接してしまうことや、何事もなかったように接する人がいるが、それは我慢するべき。真剣じゃない告白と受け取られることもあって、返事がもらえなくなる可能性もあがるので返事待ちの時にやっちゃいけないことだ。

相手から接触された時も同じように判断し、「振ったら失う」という気持ちも考えてもらう。仲が良かった時ほど大事になるから、「冷たくする」より「話すなら返事がほしい」という気持ちを大切に態度や行動を決定しよう。

告白が返事待ちなのに勝手に諦めない

返事待ちになった告白は、誰でも辛い。はっきりさせようと思って告白する場合もあるし、相手と仲良く談笑できる状態じゃないから、どんな風に答えへ向かって考えているか分からないから辛いのだ。

しかし、その辛さに負けて勝手に諦めるのはやっちゃいけないこと。

真剣に告白したならその気持ちに誇りを持ってしっかり待つべき。もし振られた後のことを考えて「友達に戻りたい」と思ったなら、相手の返事に対してそのように振舞えば良い。

勝手に諦めて自分から告白を流してしまうのは自分の弱さである。相手は相手で考えていることがあるため、告白して勝手に諦めるという「好きな人を振り回す行為」はやっちゃいけない。

現実的に告白を無しにはできないから、きちんと答えを出してもらおう。友達として元に戻りたいなら、返事の後の態度を考えるべきである。

友達や周りの人にしゃべりまくる

主に「辛さ」を理由に、時々返事待ちになった告白の話を周りに色々相談してしまう人がいるけど、それもやっちゃいけないことだ。仲が良いグループなどでは特に気を付けよう。

一人二人の親友に相談するのは止めないけれど、好きな人から見て「恋愛のことを暴露する人」だとあなたが思われたら、「付き合いたくない人」となってしまう。

保留期間に周りがそれを知っているような態度を取った時に、それが原因で「振る」という選択に踏み切る人がいるため、やはり返事待ちの期間で一番大切なことは「我慢すること」と言えそうだ。

恋愛はすごくプライベートな活動になるから口が軽い人は避けられる。どんな理由であれ二人の問題がみんなの問題になってしまうような行動や態度を控え、真摯に保留期間を過ごそう。

話を聞いてほしい時はコミュニティー外の第三者的な立場の人に思い切り聞いてもらう方がトラブルを防げるだろう。付き合った後や、振られた場合の「友達に戻るため」にも重要なことだ。

返事待ちになった理由は?告白を返事待ちにする相手の心理とは

次に、なぜ好きな人はあなたの告白を返事待ちにしたのか。告白を返事待ちにする相手の心理についてまとめる。

告白が返事待ちになった時、まず前提となるのは「あなたからの告白を相手が予想してなかった」ということだ。驚いてしまって答えが出せないから「考えさせてほしい」と伝えてきている。

告白が成功するか失敗するかは好きな人から見たあなたの印象がすべてなのだが、多くの人は「まだ好きになっていない状況」でも、告白してきた人を「付き合えるかどうか」という視点できちんと判断する。

それを返事待ちにしたということは、つまり「答えを出せるだけの決め手に欠ける状態」だったということ。

好きになっていないけれど、「いいな」と思うくらいの気持ちがあるから悩んでいる場合がほとんどだ。断りにくくて返事待ちにするパターンもあるのだが、「ごめんなさい」と伝える方が結局楽なので、少し間をおいて断ってしまう事の方が多い。

では、告白が返事待ちになった場合、成功確率を上げるためにあなたはどんな行動や態度を取れば良いのだろう?

次の見出しでまとめていく。

告白が返事待ちに…!成功確率を上げる「保留期間の対処法」とは

告白が返事待ちになった場合、成功確率を上げるために3つポイントを紹介する。保留期間の対処法としてぜひ実践してみよう。

普段通りの態度を取る

告白が返事待ちになると相手と会うのが気まずいし、避けたくなるのだが、なるべく普段通りの態度を取るように、意識的に頑張ろう。

返事待ちの期間に気まずくなってしまうと、せっかく前向きに考えてくれていても「付き合っても気まずい」と思われてフラれてしまう可能性が増す

連絡はしないことが基本になるが、会った時の態度は別だ。話しかけるべきタイミングではきちんと話しかけて、挨拶も普通に行おう。

あなたはあなたで「前向きに待っている」気持ちを伝えた方が成功確率は上がるため、普段よりも明るいくらいのキャラを意識して返事がしやすい空気を作ろう。

友達に協力してもらう

もしあなたの周りに応援してくれる友達がいるなら、キューピットを頼む方法も検討してみよう。はっきり言って返事待ちの保留期間はやっぱり気まずいから、二人の間に入ってくれる人がいると意思疎通が取りやすい。

何が問題で迷っているのかも把握することができるし、成功確率についても予想ができるようになるため、待っている時の辛さも軽減されるだろう。キューピットを頼む相手はコミュ力が高い人を選ぶべきで、決して地雷になってしまう人に頼んではいけないが、自分だけで解決しようとするよりも成功確率が高くなる

できれば、好きな人の同性の友達に頼めるとベストなので、頼める人がいないか検討してみよう。

返事を催促するのではなく、もう一度告白する

告白が返事待ちになった時は、最終的に返事をもらおうとアクションを起こす際、「もう一度告白する」方が成功確率を上げることができる

理由は3つだ。

  • より気持ちが伝わるから
  • 相手が今更どう返事したら良いか迷うから
  • 催促するのがスマートじゃないから

私の経験では、告白の返事待ちを待ち続ける選択が明らかに間違いだと判明している。相手だって時間が経てば経つほど返事がしにくくなるのだから、きっかけを作ってあげる方が返事をもらいやすい。

ただ、その際に催促の形を取ると女々しくなって印象ダウンが心配だ。どっちにしても気まずい瞬間になるので、だったら簡単な言葉でもう一度告白する方が返事の流れとしてスマートになる。相手の負担が減るだけじゃなく、より気持ちが伝わって実際に成功確率があがるメリットは大きい。

保留期間を終わらせるタイミングは難しいけど、1か月待つ意味はないので、1週間程度から具体的に考え、最終的にはもう一度告白して返事をもらおう

自分から諦めるように行動すれば気持ちが軽くなって失敗する可能性を上げてしまうので、十分に気をつけてほしい。

まとめ

今回は「告白が返事待ちになった場合、一体いつまで待つべきなのか」について2つのアンケート結果なども踏まえつつ、まとめていった。保留期間の考え方ややっちゃいけないことも参考にしてもらえたらと思う。

返事待ちになった告白を待つ期間は相手との兼ね合いもあって難しいけれど、これまでの恋愛の仕方や好きな人の性格も加味して考える必要がある。

振られる可能性をどうしても高く見積もってしまうが、急な告白だった場合は実際考える時間がほしい場合もある。ストレスは相当だと思うが、しっかり我慢するべきところは我慢し、自分の裏目った行動や態度でせっかくの恋愛を壊さないようにしよう。

関連記事:

付き合うか悩む・迷う告白
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました