30代男性と20代女性の恋愛、ポイントは「おごること」!20代女性のお金事情と年上男性の経済力

男性と20代女性の行くお店のイメージ

30代の男性が20代の女性にアプローチする際、ポイントは「おごること」にある。

特に一人暮らしの女性なら、20代の内はお金事情が結構切実で、きちんと仲良くなってからおいしいお店を紹介してあげると、喜ばれる可能性が実際に高い。

年下の女性にアプローチしようとすると年齢差も気になって躊躇する男性が多いのだけど、何もしないのであれば恋愛が成功する可能性は限りなくゼロで、どこかに積極的にならないと何も始まらない。

この記事では、「30代男性と20代女性の恋愛、ポイントはおごること」と題し、20代の女性のお金事情から年上男性の経済力アピールの意味まで、ポイントを絞って解説していく。

20代女性を食事に誘ってみたい男性は、参考にしてみよう。

スポンサーリンク

20代女性のお金事情

なぜ30代男性と20代女性の恋愛のポイントがおごることなのか、20代女性のお金事情から見てみよう。

「リクナビ派遣」が行った調査によると、20代女性の約6割が月の収入が20万円未満で、約4割が貯蓄額50万円未満だった。月に自由になるお金は約6割が5万円未満となっている。(参考:リクナビ派遣

また、「ラララとらばーゆ総研」の調査(20代女性に限定していない)では、働く女性の平均収入は約330万円で月収の平均は約25万円だった。(参考:とらばーゆ

友達でもなかなか年収や月収の話はできないものなので参考にしてみよう。20代女性のお金事情は結構切実な人が少なくないことがわかるだろう。

特にリクナビ派遣の調査では20代女性が月に自由になるお金が月に5万円弱とのアンケート結果が出ている。付き合っていない状態でデートをするということは、この自由になるお金の中で出費をまかなうことになるので、30代男性から見るといかに金銭的な負担が大きいかのイメージができるはずだ。

20代女性の中にも高収入の人がいるけれど、そういった女性はある程度限られてくると思うので、アンケート結果をモノサシにある程度相手の金銭事情の予想ができるのではないだろうか。これを踏まえた上でデート代の負担割合を考えれば、「驕る意味」は大きいと分かる。

経済力は男性のステータス

女性から見た男性の魅力となり得るものがいくつかある中で、「経済力」もその内の一つだ。特に年上男性の魅力として考えると、更に価値が重い。

これは職業や自分からアピールする形で意中の女性に伝えることができるものでもあるのだが、結局デートを割り勘にしてしまうのなら印象も変わってこようかと思う。大きく見せたがる男が多いのもこれに影響しているだろう。目の前の振る舞いの方が大事だ。

お金を目的とした女性を好まない男性は圧倒的多数であることに疑いの余地はないのだけど、年上男性の魅力の一つに「経済力」もあるのだから、より能力の高い男性であることをアピールするのに、「驕り」は効果のあるアピール方法となる。

仕事のできる男に魅力を感じる女性は多い。特に自分の金銭的事情が悪ければ悪いほど相手に求めているケースも目立つため、余裕のある男性はカタチになおしてアピールできると、嫌味にならないことを前提に、印象をよくすることができる。驕り方も大事に違いない。

収入は能力に応じて変わってくるので、魅力的な男性との見方に作用する部分であり、「お金で釣る」とか「お金で釣られる」とかの話しで考えると、途端に寂しい考え方になってしまう。

相手のことを考えつつ、自分が負担する行為はやさしさがないとできないことでもあるから、躊躇するべきではないと思うのである。

お金が理由でデートを断る女性の存在

繋がりのない女性にアピールするなら「食事デート」などは距離を縮めるために選ばれやすい。好きになるのもならないのもコミュニケーションがないとそれ以前の話なのだから、どうやって会う時間を確保するかに最初はなかなか苦労する。

驕りの男性と割り勘の男性では、この何とも思っていない状態の誘いに対し、女性の反応が変わってくるのは先ほどの金銭的事情も影響している。

自由になるお金が限られていれば、どうしたって使う先を吟味しないといけないので、「好きでもキライでもない男性の誘い」をお金や時間の都合で断ることが出てくるわけだ。これを「驕りじゃないと来ないのか」と落胆してしまうようでは悲しい男だ。もう一歩進みたい。

常識的な女性の考え方

では、実際に「驕りで女性を誘った時に男性が思うこと」についても触れてみたい。

毎回驕りで女性を食事やデートに誘うと、男性としては「驕りだから付き合ってくれるのか」と、不安や心配に思うこともあるだろう。

しかし、常識的な女性を好きになったのなら「好意を受け取ること」に対する考え方もしっかりしているはずなので、毎回驕りでも誘いを断らない女性は脈ありとみることができることに気付く。

驕りで食事したり出かけるのはおごる方の立場に取って負担が大きい。

これは高収入だったら甘えてもいいとか言う問題ではなく、発生している必要以上の負担として捉える方が常識的な考え方だ。そう考えるならば、相手の女性は「好意」として受け取るべきかどうかの選択も実は内心で行っていると考えることができる。

つまり、何とも思っていない男性の誘いはたとえ驕りであっても何度も付き合うべきではないと判断するのだ。何度もデートにOKすれば相手が期待感を抱くことは容易に想像できることで、好意を受け取ればその意味や責任みたいのも意識する女性は多い。ただより高いものはないとの常識もここでは作用することになるだろう。一度や二度おいしいものを驕りで食べにいくことを目的とすることがあったとしても、それ以上甘えればリスクの方が大きくなることを意識することになる。

従って、「30代男性と20代女性の恋愛」で「おごり」がポイントになるのは、20代女性の金銭的事情を理解した上で負担を軽くしてあげ、好きになってもらうためのコミュニケーションの時間を増やすことで、恋愛成就の可能性を高めようと言うことだ。

驕り目的の女性に対するリスクが高まるのだけど、相手は相手で考えることがあるので、相手の性格を理解していればそうそうそんな女性には当たらないと考える。経験からもこれは個人的に思うことだ。

20代女性の実際の誘い方

最後に「実際の誘い方」に触れて終わろう。

付き合う前に女性を食事やデートに誘う際は以下の過去記事が参考になると思うので合わせて読んでみてほしい。驕りを前提としているものからタイミングを重視するものまでいくつか紹介しているので参考にしてみよう。

サラッとした誘い方はスマートだが年下の女性の場合は社交辞令に思われやすい。タイミングが見つかったらストレートに誘うのも必要になる場合があるため、交わされる感じなら思い切って誘おう。もし必要な人は下の記事も参考になると思う。

まとめ

今回は「30代男性と20代女性の恋愛」を「おごる」というポイントに絞って解説した。

20代女性のお金事情や、年上の男性に求めるもの、機会損失のリスクなど、色々な角度から「おごること」のメリットは高いと思うので、ちゃんとアプローチをしたい女性にはおごりで誘うことに躊躇するべきではないと私は考える。

学生のころはあまり男女の差がなかったお金事情も、社会人になればそれぞれの環境で大きく変わる。特に年上と年下の関係でも違いがより鮮明になるため、おごるべき時はスマートにおごってあげよう。嫌味な感じになれば逆効果ともなりかねないのでその時の態度にも気を付けられると、女性の評価や印象が良くなるはずだ。

関連記事:

年下女性
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました