キスには上手いと下手がある!キスが下手な人の特徴や原因7選~気持ちよくないキスとは

キスが上手い男性

キスはカップルに取ってすごく大切なもの。代表的なスキンシップの機会になっているだけでなく、カップルだからこそする物の中で最も基本的なものになっている。

しかし、キスの仕方には実際「上手い人」と「下手な人」がいて、気持ちいいキスの仕方ができない人がいる。キス下手がそのままカップルが別れる原因になるかは微妙な問題だが、彼氏と彼女で良い関係を作っていくのに必須なものである以上、キスが下手な人は改善するべきだろう。

そこで今回は、上手いと下手があるキスにおいて、「キスが下手な人の特徴や原因」を7つのポイントに絞って解説したい。気持ち良くないキスとはどんなキスか分かれば、きっと今よりもっと素敵なキスができるようになるはず。

キスすることに慣れていない人、自分のキスに自信が無い人は詳しく読んでみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

キスに口臭対策するのは基本のキ

キスで最も重視されるのは「甘美な雰囲気」である。それを最も台無しにするのが「口臭」だ。息の臭い人・口の臭い人のキスはたとえ大好きな人とのキスだったとしても幻滅してしまう。

キスの上手さと直接関係ないと思われがちだけど、要は気を遣えるかどうかにおいて「口臭対策」は基本のキであり、匂いのきつい食事のあとにキスをしてしまったり、キスされる相手のことを考えていない点において、キスの上手さと強く関連している。

自分の息には最低限気を遣おう。体質として息の臭い人や食事などが原因で息が臭い状態でキスするのはキスが下手な人の特徴だ。

下の記事では「不快なキス」の原因がぶっちぎりで「口臭」であることに触れている。「朝キス」の効果を知らない人は合わせて読んでみよう。

スポンサーリンク

唇はプルンとしているのが理想

キスも第一印象が大事なのは言うまでもないが、キスの第一印象は「相手の唇」に触れた瞬間に決まるから、男女ともに「唇のうるおい」はとても大事なキスの要素。

特に冬は乾燥によって唇がカサカサになりやすく、触れた瞬間の気持ちよさを失いやすいから注意をしよう。唇が渇いているのはキスが下手な人の特徴だ。

デート中にお手洗いに行く機会があれば、唇のうるおいチェックを簡単にでもしておくと安心。必要があれば薄くリップを塗っておこう。キスが下手な人と思われないために唇に触れた瞬間の心地良さをキープする。

リップに限らず、唇に何か塗り過ぎている場合も不快なキスになるので、ここにも注意をすること。とにかく不快なキスの要素をなるべくなくしていくのがキス下手を卒業するコツだ。

キスが気持ちよくない原因は唇の渇きにある。キスする瞬間はふいにやってくるものなので、カサカサ唇への対策もしておくのは恋人と一緒に居る時のエチケットだと考えよう。

ガチガチなキスは心地良さが無い

初めてのキスなら緊張も仕方ないが、キスは本来「柔らかさ」がとても大事。これはキスのすべての要素で重視されることだ。キスが上手くなりたいなら、動き・感触ともに柔らかさを意識しよう。

緊張は恋愛に良い作用をもたらすものでもあるけど、硬直した唇はキスの魅力を半減させる。好きな人とのキスは誰もがドキドキするものだが、努めて柔らかさを確保しないと気持ちよくない。

体全体に力が入ってしまうのはキスが下手な人の特徴なので、突然のキスに唇をギュっとしぼめてしまわぬようにも注意したい。キスに慣れている人が上手いのは、全身が適度にリラックスしているからだ。

キスは二人で息を合わるもの

好きな人とする最初のキスは、息が合わないこともよくある話。段々とキスの波長も合ってくるから過度に心配する必要はないのだけど、キスが下手な人は合わせようとしないのか、キスの息が相手と合わないのが特徴だ。合う人が少ないとも言い換えることができるだろうか。

何度もするキスやディープキスは、相手と息を合わせるのがすごく大事だ。キスの最中に心地良さを決めているのはキスのリズムや強弱も大いに関係しており、二人で息を合わせることはとても大切なこと。

余裕がないとできないことであるため、先程も触れた通りキスに対する「慣れ」も、キスが上手い・キスが下手に大きな影響を与えている。キスの波長を合わせようとしていれば、キスに慣れていない人でも恋人相手なら気持ちいいキスができると思うので、波長を合わせられるように頑張ろう。

食べられそうに感じるキスはNG!

キスは衝動的に行うと考える人もいるにはいるが、カップルのキスは愛情表現や愛情を確かめ合うために行われるものだ。この前提を忘れてキスするのはキスの下手な人の特徴。

鼻息が荒かったり、歯をガチガチあててきたり、衝動的にキスする人は気持ちのいいキスができない。優しいキスが全てではないから多少の激しさ・興奮は良いのだけど、雰囲気もあるし、相手の求めているキスも状況毎に違う。

鼻息がかかり過ぎないようにすることと、歯を当てないようにキスするのも基本的なことの一つなので、キスが下手な人と思われないために彼女や彼氏を気遣おう。

リアクションがない受け身だけのキスは残念感が強い

せっかく大好きな人がキスしてくれたのにリアクションがなく、受け身のみでキスを終えてしまうのは残念感が強く、キスが下手な人の特徴。彼氏や彼女に「今、キスしたくなかった?」と内心で思わせてしまうことが多々ある。そんな気持ちになってしまえば、気持ちが良くないキスだと感じるだろう。

キスには種類があって強弱やリズムがある。愛情表現の一つの行為として、受ける方もリアクションが大事だ。ふいのキスは確かにびっくりすることが多いのだけど、ちゃんと返してあげられるのはキスが上手い人。

キス事態にリアクションが取れなかった場合は、終わり際に笑顔でほほ笑むとか、自分なりの愛情表現を返したい。「今、キスしたくなかった?」と思わるようなリアクションを取っていることはキスの下手な人に多いので注意しよう。

唇にだけ集中するのはキスの下手な人

キスするときはそれだけ体が近づいた状態なので、基本的には抱きしめたり相手の体に触れながらする。「唇と唇を合わせるのがキス」ではなく、体全体を使ってするものだとも言えるのである。あらゆる「接触」がキスの醍醐味。

しかし、キス下手な人は唇を当てることに意識が100%向かってしまい、手のやり場や体の近づけ方が下手。全体感を失って、キスが下手な原因になってしまっている。

キスするときは唇を合わせることだけに集中しないで、手のやり場・体の近づけ方にも注意を払おう。緊張して強すぎてはいけないから、キスに慣れていない人はここに注意。

キスが下手なのはキスを全体的にコーディネートできていないのが原因の一つ。いやらしさをプラスするのではなく、愛情を表現しよう。そう考えれば決してハードルが高いわけではない。

まとめ

今回は「キスには上手いと下手がある!」ということで、「キスの下手な人の特徴」を7つのトピックスで紹介した。私なりにアドバイスも添えたので参考にしてみてほしい。

キスも含めて、物事の得手不得手は「反復作業の回数」に大きく依存する。キスに慣れていない人が下手なキスをしてしまうのはある意味当然。気にしすぎるのがさらなる緊張を生むので逆に良くない。

最後に触れているように、基本を押さえた後は「愛情表現」を強く意識してみると、相手の彼氏や彼女に取って気持ちのいいキスができるはず。強くても弱くてもダメと言われた時に、愛情を表現しようとすればイメージしやすくなると思う。相手を気遣い、思いやって素敵なキスをしよう。

男性がキスしたくなる唇に興味がある女性は下の記事も合わせて読んでみてほしい。

彼が思わずキスしたくなる唇になれる?男性の8割が支持した「キス専用美容液」なら、グロスやリップより「キスしたいぷるぷる唇」に!
女性の顔のパーツで、恋愛的に一番大事なのは間違いなく「唇」である。 男性から見た女性の唇はセクシーで、顔のパーツの中では「女性...

関連記事: