彼女に浮気される男の特徴~浮気される前に彼氏が気を付けたいこと

浮気する彼女が、浮気された彼氏から責められている様子。浮気される男性とはどんな彼氏か考えている。

付き合った後、最も大きな問題になるのが「浮気」である。そう頻繁に起きないものではあるが、カップルが別れる理由としても上位を争う問題で、彼女ができた男性は気を付けるに越したことはない。

どちらかと言えば男性の方が浮気し易いとは言え、女性が浮気しないで一途に想ってくれるかは、付き合っている彼氏次第である部分がある。

そこで今回は、「彼女に浮気される男の特徴」を紹介しながら、「浮気される前に彼氏が気を付けたいこと」を解説する。

男性の草食化と女性の肉食化が進んでいる世の中とも言われるので、彼女がいる男性は参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

彼女を放置してしまう彼氏は浮気される

女性は、愛されたい願望が強い。

あるアンケートによれば、愛されたい女性の割合は約76%と非常に高い割合で、愛したい女性の割合約24%を大きく上回った。実に3倍以上の違いが出ている。(出所:【恋愛】あなたはどっち?“愛される”よりも“愛したい”?!

その理由は、男性に比べ女性は安心感が恋愛で重要なためである。

性の特徴から言っても恋愛にリスクを抱えている面があり、本能の部分でも説明できるため、納得のいくアンケート結果ではないだろうか。

また、過去の恋愛の失敗から学ぶのも女性の方が優秀で、男性はもう少し自由奔放。追いかけた恋愛で失敗した経験を持つ女性ほど、愛されたいという思いを強くしている。上手くいかない恋愛を冒険心で進めることがないわけではないが、慎重に考える女性が多いのもまた一つの特徴である。

説明が長くなったが、彼女に浮気される男は彼女を放置してしまうが特徴なので、男性は女性の愛されたい心理をよく理解して、彼女を放置しないように気を付けないといけない。

釣った魚に餌を与えないのは、全般的に男性に当てはまる言葉だが、やはり程度の差があって、限度を越えれば彼女が優しくしてくれる近くの男性と浮気をしてしまうことは出てきてしまう。

当然ながら、一回の浮気と言うよりは、別れを前提にすることも多くなるので、構ってくれない彼氏から乗り換える形で彼女に浮気されてしまうのである。

忙しいとか、友達をはじめとした周りとの付き合いがあったりして、どうしようもなく放置をしている感覚でいる彼氏側の意見と比べて、彼女側の意見は非常に現実的であり、「どっちが大事なの?」とか、「連絡入れるくらいできるでしょ」との考えに至る。

最低限の連絡は当然として、彼女の考えていることを想定した配慮は彼氏が浮気される前に気を付けたいこと。男女の価値観の違いは顕著なため、バランス感覚の方が現実的に求められる力となる。

「愛されたい」女性の心理は、浮気問題と密接に関係していることを覚えておこう。

同じ理由でマンネリもヤバい

恋愛に緊張感がなくなるのは、女性よりも男性が先であることが多い。デートに遅れるようになったり、ファッションに気を使わなくなったり。そもそもデート自体に気合が抜けていくのは多くの男性で経験があるのではないだろうか。

マンネリは、二人でいる時間を否定し易い事実になる。

手を抜かれている感じもするし、気持ちのバランスが取れていなければ尚更自分が空回りしているようで一緒にいてもつまらなくなる。そして何より、愛を感じない。

通常、マンネリ化するカップルは、彼氏も彼女も両方に問題があると思うが、一方的にマンネリを感じてしまう時もある。付き合っていれば相手への不満を持つのは普通のことだが、もし彼女の方に「愛されていないのではないか」と感じさせてしまうと、浮気されてしまう可能性は高くなる。

メリハリを付けて付き合うことのできない場合は、付き合ってからの時間が長くなるほど彼女に浮気されることが多くなる。一つ上の見出し部分に共通する部分も多いが、浮気される男の特徴として、彼女にマンネリを感じさせてしまうということはあるだろう。

浮気される前に気を付けるべきである。

自分が浮気症

当たり前のことだが、自分が浮気をするタイプなら、「目には目を」で彼女に浮気されることはどうしても増える。

大事にされているからこそ、自分も彼氏を大事にしようとする気持ちはとても大切なもの。それが無いなら浮気されても仕方がない。

しかし、これは至って当たり前のことであって、ある意味付き合いが破綻している状態。

敢えて取り上げたのは、女性の切り替えの早さに面くらってしまうことがあることを説明したいためだ。

浮気する彼氏の心理として、彼女が自分にベタ惚れで、その余裕から浮気をしてしまうことがある。ダメ男好きな女の子もいるし(結果的にでも)、彼女の気持ちが彼氏の気持ちに勝っている付き合いは少なくない。

しかし、それで1・2回浮気を許してくれても、ずっとそんな都合の良い付き合いが続かないことは肝に銘じるべきこと。女性は、男性よりも現実的に恋愛をするところがあり、切り替えが早いのは特徴である。

彼女の気持ちを過剰に信頼してしまうのは気を付けたい。

さらに、浮気のことだけに限らず、彼女の要望を叶えない彼氏も同じように愛想を尽かされる可能性が高いので、この部分は拡大的に解釈する必要がある。

単純には、あれだけ好きだった彼女が急に自分を好きではなくなることなんて考えもしないが、「浮気を止めて欲しい」ことを代表にして、彼女のコアな部分の要望を無視し続けるような付き合いになった場合は、彼女がどこかでスパッとその彼氏を切ることは現実的にあり得ることだ。

彼女の気持ちは彼女にしか分からないので、自意識過剰なところも含めて、彼女の気持ちに胡坐を掻かないように気を付けよう。

スポンサーリンク

心配しない、感情を言葉にしない彼氏

狩猟本能の関係からも、男性は付き合いが長くなる内に、外の女に興味を持つ瞬間が増える。

そこから浮気に進むかは別としても、付き合っている彼女から興味が薄れたりすることはよくある話だ。

女性は自分を大事にされたい感情を持っているので、彼氏から心配してもらえることは基本的に嬉しく感じる。心配してもらえることで愛を感じる意味も大きい。

しかし、長く付き合ったことなどで心配されることの少なくなった彼女は、嫉妬させたい気持ちや、我慢するべきものを我慢する必要性を感じなくなって、浮気に繋がり易い行動を取る。

心配していてもそれを隠したり、言葉に出来ない男も彼女が愛を感じないため、適度な嫉妬心を伝えることも必要なことだろう。その意味では、自分の感情を言葉にできない男全般が、彼女に浮気をされる男の特徴だと言える。

言葉で伝えないと伝わらないことがあることをよく覚えておこう。

将来性を感じない彼氏

付き合うまで分からないことは意外と多いものだ。

片思い中に相手を美化してしまうところもあるし、できるだけ良く見せようとする期間でもあるから付き合ってから相手に幻滅することはないことではない。

しかし、多くの場合ではそれを許し合って付き合っていくことが普通だし、理想の相手と付き合えること自体がほぼ無い。どこかに理想と現実の違いは感じるところだろう。

相手の弱点を知ることは付き合い当初、それだけ仲が深まったことを感じる瞬間だったりもするので悪いことばかりでもない。

だが、将来性の欠如を許せる女性が少ないのを覚えておくべきだろう。

適当な付き合いを嫌う傾向の強い女性の感性として、将来の見えない恋愛を嫌うところがある。結婚を念頭に置く女性が多いというわけでないし、年齢によるところが大きいが、無駄な彼氏がいると自分にマイナスだと思う女性はかなり多い。

男性はそこにもう少し寛容なので、女性的な考え方に気を付ける必要がある。

自分でどうにかできない部分もある問題なので難しいのだが、彼女の指摘は真摯に受け止める必要があるだろう。改善の見通しは彼女を踏み止まらせることに繋がる。特に社会人は経済力を女性に求められるので、浪費癖は嫌われる原因になる。

浮気よりも別れを直接選ばれそうだが、念頭に置いておくべきだ。

まとめ

今回は、「彼女に浮気される男の特徴」を紹介して、浮気される前に彼氏が気を付けることも触れた。

今回触れた内容は、男性側の欠点を指摘するよりも、気を付けることで比較的改善し易いことを中心に紹介した。

中心になるのは、彼女が「愛されていない」と感じる瞬間を如何に減らせるかということになる。

それには「伝える」ことが重要で、「分かっているだろう」と思い易い男性心理から歩み寄りが必要だ。

面倒臭いと感じる彼氏が多いだろうが、浮気されるよりはマシだと思うのなら、彼女が不安や不満を漏らした時くらいは、フォローするようにするべき。

自分の事情を優先したくなる彼氏は、彼女が愛想を尽かす前に対処しよう。

それだけでも付き合い自体が上手くいくと思う。

関連記事: