女性をキュンキュンさせる男性の行動「NHK」とは~女性がキュンとするキスが分かる?クイズ形式で恋愛力診断

NHKの意味を考える女性

あなたは、女性がキュンキュンする男性の行動「NHK」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

男性の恋愛では、「女性をキュンキュンさせること」は大事なことであるが、実際に女性がキュンとする男性の仕草や行動について疎い男性は多い。

狙って女性をときめかせるかどうかはまた別にして、「どんな男性が女性をときめかせるのか」については、知っておく方が恋愛力向上につながるはずだ。

そこで今回は、フジテレビ選択クイズ無限大で出された恋愛ジャンルの新ワード「NHK」に関するクイズを紹介し、JK発の恋愛用語NHKの意味について解説する。

女性をキュンキュンさせる「男性のキス前の行動」ってどんなアクションだろう。今回はクイズと解説の形でまとめる。

女性をキュンキュンさせるNHKって何だと思う?

女性をキュンキュンさせる男性の行動「NHK」とは次の行動の内、どれだと思うだろうか。

番組で用意された選択肢は次の通り。

  • 寝転がってハグしてキス
  • ネックホールドしてキス
  • 寝る前に額にキス
  • なでなでして褒めてキス
  • にっこり微笑んでキス
  • 二の腕を引っ張ってキス
  • 二度見して引き寄せてキス
  • 握った手の人差し指にキス

選択クイズ無限大 – フジテレビ

選択肢を見てみると、「甘いキス」と「強引なキス」に分かれるので、最初に判断するべきなのがこの二つの内、どちらがより女性をキュンキュンさせるかということ。

この答えが分からないと正解できないわけだが、ここはまさに男性の恋愛力が問われるところ。

女子がキュンキュンするのが甘さなのか強引さなのかが一つのヒントになるので、それぞれで自分の答えを用意して読み進めよう。

JK用語「NHK」の意味

JK用語NHKの意味が知りたいカップル

今回の女性をキュンキュンさせる男性のキスの前の行動、NHKの略とは、

  • NHKの意味=二の腕(N)を引っ張って(H)キス(K)

あなたは、正解できただろうか。

番組ではこれまで女子高生を中心に流行った「男性のキュンキュンさせる行動」の振り返りがあったので多少正解しやすくなっていた。

私なりに今回のテーマを解説するので、ポイントを押さえよう。女性をキュンキュンさせたいと思う男性は、NHKという言葉を知るだけでなく恋愛力アップに役立ててほしい。

NHKの意味から考える「甘いキスと強引なキス」の女子ウケ

ヒントのところで触れたように、今回の大きなテーマは、女性に対する男性のアクションによって、その瞬間作られる世界が「甘い」のと「強引」なのと、どちらが女性をキュンとさせるのかを知ってないとクイズに正解することはできなかった。

女性をときめかせるにはどうしたら良いか、参考になるのは過去に女子の中で流行した恋愛用語。これまでJK中心に流行した女性をキュンキュンさせる行動は以下の3つが有名だ。

  • 壁ドン
  • 肩ズン
  • アゴクイ

壁ドンと顎クイは男性が強制的に女性のパーソナルスペースに侵入し、無理やりドキドキするシチュエーションを作り出すアクションで、「強引さ」がテーマになっている。

この3つの中では「肩ズン」だけ少し特殊で、甘い雰囲気を作り出す形になっているが、これが有効な条件は「普段強気、強引な男性」だ。女性をキュンキュンさせる他の行動と共通しているとみることができる。

やはり女性がときめくのは男性の強引さ、又はそこからのギャップである

強引な男性に弱い女性心理

強引に迫られるシチュエーションは普段なかなか無い場面なので、強引なキスは「私にだけ」という特別感が加わる。

甘いキスと強引なキスのどちらに優位性があるかという話にしてしまうと記事が長くなってしまうが、今回のテーマ「女性をキュンキュンさせる」という点で言えば、自分が相手の女性に取って特別な存在になれた時を条件にして、よりキュンキュンさせる行動や仕草というのは、「強引」な方である。

女性は強引に男性に迫ることがないため、男性特有の行動として「強引さに男らしさ」を感じる」のである。甘い雰囲気の「様子を見られてる感」と比較して、愛されてる実感があることも大きい。

NHKが女子ウケが良いことは、論理的にも説明が可能だ。

恋愛のシチュエーションでは、男性が男らしさをアピールするべき

今回解説している恋愛用語NHKを参考にしても、男性は恋愛のシチュエーションにおいて、相手の女性に男らしさをちゃんと感じさせないと魅力的ではなくなる。

優しいだけの男がモテないのは何となく日常で感じているところだと思うのでニュアンスは伝わるものと思うが、男性が女性の女らしさに魅かれるように、女性は男性の男らしさに魅かれるのは当たり前の話なので、恋愛的に「ここぞ」という場面は多少の強引さが必要になる。

過去記事でも書いているが、「嫌よ嫌よも好きのうち」というのは、女性との恋愛でよく感じる機会がある。

ぶっちゃけた話、恋愛力のある男性とない男性の差が大きいのがこの状態の見極めにもあるだろう。本気で嫌がっているのか、それとも恥ずかしさとか照れ、男性の気持ちを量るために嫌がっている(ふりをしている)のかという判断は非常に大切な恋愛力である。

こんなサイトを運営している私も当然ここは完全な判断などできなくて、ポイントを紹介することは可能でも、様々な条件分岐する世界で共通した答えを提示することは難しい。

ではどうするかと言えば、女性を落としたいなら多少強引でもアクションを起こすことで道を切り開くのが正解だと思っている。

玉砕ありきの方法で雰囲気を体感するしかないというのが、現時点での私の答え。ただ闇雲に当たって砕けるのは嫌いだが、男は砕けないといけない場面があるというが経験則でもある。

負け戦に出かけるのは男のロマンといったところだ。

女性をキュンキュンさせるには、「女性の妄想」がキーワード

好きな男性を妄想する女性

女性をキュンキュンさせるには女性の感覚を知る必要もあるので、男女の違いについて一つの角度から解説してみよう。

女性は男性よりも恋愛したときに妄想することが好きだ。好きな人との色々なシチュエーションを、頭の中で考える。

この状態は男性でもあるのだけど、妄想するシチュエーションに違いがあると感じる。

  • 男性の妄想=好きな人に何かしているところ
  • 女性の妄想=好きな人に何かしてもらっているところ

いやらしい話も恋愛だからここに含めて考えているけれど、これはどちらかと言えば純粋な意味で説明している。女性をキュンキュンさせるために知っておくべき男女の違いだと私は思う。

今回の答えを出すのにヒントになる考え方なので少し触れてみた。女友達との恋バナでそれぞれ確かめてみよう。

女性が「好きな男性からのアクションを妄想としている」とすれば、アクションを起こす方の立場である男性の場合は、女性心理を知れば知るほど恋愛力が上がるということになる。経験がない男性や女性との接触がない男性は、早めに恋愛環境を変えることをお勧めする。

なぜ恋愛で一番大事な要素が「出会い」なのか~恋人を作ることができない人へ理由から対策方法までを徹底解説
当ブログ「恋愛のすべて」では、恋愛に必要な要素が3つに集約されることを何度も伝えてきている。 出会い コミュニケーション セルフイメージ この3つの基本的な要素を具体的な方法によって強化できれば、

基本的なところであって全てではないが、こういった男女の違いが恋愛を難しくしているところがあるように思うので、これからもより異性が理解できるようなコンテンツも増やしていきたいと思った。

参考になる恋愛本は下の記事でまとめているので参考にしてみてほしい。

女性をキュンキュンさせるには「強引なだけ」ではダメ

今回の記事をそのまま受け取り、「女性は男性の強引さに魅かれる!」と判断することは危険な発想になる可能性があるので、注意点として正し書きを添えておこう。

今回は強引に女性のパーソナルスペースに侵入して強制的にドキドキするシチュエーションを作り出す行為だったが、このような行動や仕草は相手がとても重要だ。

「正し、イケメンに限る」という有名な言葉があるように、恋愛に絡む問題はその人にとって相手がどのような存在か、どのように思ってる人か、で全然違った印象を受ける。

  • 好きな男性、好きなタイプ=女性の許容できる範囲が広い
  • 嫌いな男性、苦手なタイプ=女性の許容できる範囲が狭い

今回の記事は、好きな人といい感じになったところで「どのような行動が女性をキュンキュンさせるのか」について一つのヒントにするべきであり、好きな女性と距離を縮めてちゃんと相手の気持ちを自分に向けてこそ意味がある行為。

勘違いする人は少ないと思うけれど、パーソナルスペースへの侵入が基本敵に人に取って「不快」であることも合わせて覚えておこう。

下の記事ではパーソナルスペースについて解説している部分があるので、人と人の物理的距離感について不安がある人は読むと参考になる。

好きな人に壁ドンをする効果と失敗しても冗談にできてしまう理由~パーソナルスペースを理解しよう
今回は、前に流行った「壁ドン」を取り上げたい。 実は、心理学で裏打ちされた壁ドンは、流行を無視できるほど恋愛テクニックとして期待できる効果があるからだ。 この記事で解説する "パーソナルスペース" がカギを握る壁ドンは、

付き合う前にNHKするのはアリ?ナシ?彼女になった後だけ?

付き合う前のカップル

最後に、NHKをするタイミングについてだが、今回紹介した「NHK」は付き合う前のタイミングでもOKなのだろうか?

私の経験をもとに様々なシチュエーションでシュミレーションしてみたが、付き合う前にNHKする条件は以下の通りだ。

  • 告白前だとしても、ほぼ両想いが確定している状況
  • 強引にキスするくらい、お互いに感情が高まった局面
  • 女性の方が奥手で、迫っても逃げるタイプ

NHKは、付き合った後はもちろんのこと、付き合う前でもOKではあるのだが、状況とタイミングは難しい。あくまでも恋愛上級者向けだろう。

高度な恋愛テクニックはその行為だけで女性をキュンとさせるわけじゃないので、技的に言えば繰り出すタイミングとシチュエーションがすべてだ。

付き合う前にキスすることから既に「どうなの?」という問題がある以上、相手の気持ちを確かめられない「強引なキス」は女性心理を完全に読み切れないと逆に気まずくなる原因となる。

恋愛初心者は「こういうことすると女子は喜ぶ」と勘違いしないようにしよう。片思いを相当進めてからじゃないと、NHK向きのタイミングはやってこない。女性は付き合う前のキスに不安を覚えることもあるし、「遊び人」と見ることもあるため、恋愛経験の少ない男性にはおすすめしない。

まとめ:NHKとは、二の腕を引っ張ってキスするという意味!女性心理を理解してモテ男を目指そう

今回は、「女性をキュンキュンさせる男性の行動、NHKとは?」という事でJK用語の解説と女性心理を前提に女子をキュンとさせる行動について考察を綴った。

男性として女性がキュンとする瞬間が分からない人は、参考になったのではないだろうか。

今回の記事は「ウィル彼の3条件って何?女友達を好きになった時のヒントと、ウィル彼の心理について」に続いて、恋愛ジャンルの新ワード紹介だった。

流行を知ると今の恋愛傾向が透けて見えるので、またこのような新しい言葉やアンケート結果などもシェアしてどのような傾向が異性の好みなのかもどんどん紹介していきたい。

★彼女ができない男性は下の記事も読んでみてほしい。

★みんなの恋愛事情に興味があれば下の記事もおすすめだ。

モテる男性ディープキス女性の心理と特徴
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました