プレゼントの選び方に迷うとき大事な考え方は、「想いを形に変える」という発想~大事なのはモノより気持ち

恋人に渡すプレゼントのイメージ

彼氏や彼女へのプレゼント選びで迷うのは、あなたがより良いプレゼント選びがしたいと思う気持ちが強いからだ。付き合い始めのプレゼント選びに迷うことは多いのだけど、好きだからプレゼントに迷う。

異性だから好みがわからなかったり、ちょうどいい金額についても具体的に決まっていないため、やはり付き合い始めのプレゼント選びは難問である。

誕生日やイベント、記念日などは、その難問を解いて「恋人が喜ぶプレゼントを渡したい」と思う人は多いと思うので、今回は彼氏・彼女へのプレゼントをどう選ぶと良いか、考え方を説明する。

彼氏だからこそ、彼女だからこそ、素敵なプレゼントが渡したいと思う。
そこで大事になるのが「想いを形に変えるのがプレゼントである」と理解することだ。

スポンサーリンク

最も満足してもらえるプレゼントの選び方とは?

彼氏や彼女に「最も満足してもらえるプレゼント」を選ぶには、相手が欲しいと思っていた物をプレゼントに選ぶことができるといい。

付き合っている最中の会話で出てきたモノをプレゼントしたり、買い物などのデートで行った場所で恋人が気に入ったモノが見つかった時などは、それが満足度の高いプレゼントになる可能性を持っている。

「これ、ほんと欲しい!」って言ったものが頭に浮かべば、高確率で「ありがとう!これ欲しかったんだよね~」と喜んでくれるはず。

彼女や彼氏にプレゼントをする際は、事前のリサーチが正確であればあるほど満足度の高いプレゼントが選べる。恋人へのプレゼントに慣れた人は、数か月前から何となく話題に出して探りを入れたりしているのだが、プレゼント前のリサーチはタイミングを間違ったり、やり方を間違ったりするとすぐに勘付かれるのでそこは注意が必要だ。

プレゼント選びをする直前にリサーチするとわざとらしくなってしまうため、具体的に考える以前の情報で、彼氏・彼女がほしいと思っているものが分かっていると、恋人へのプレゼント選びは簡単かつ最適になるだろう。

しかし、満足度が高いプレゼントの条件が「ほしいと思っている物をあげる」ことだとしても、カップルという点ではもう一つ大事な視点がある。

満足度が高いプレゼントは何が嬉しいと感じているのか

プレゼントを渡すあなたの望みは「プレゼントを気に入ってくれること」だと思う。
彼氏や彼女に渡すプレゼントはほとんどが「モノ」であるため、気に入ってほしいし、恋人の日常で使ってほしいと考える。

そのために最初に紹介した「恋人のリサーチ」が生きてくるわけだけど、大事な視点は「受け取った時の恋人の気持ち」の方である。

もし、事前のリサーチで自分がほしいと思っていた物の中から何か一つがプレゼントされたら、きっと相手はこう思う。
「ほしいものがわかってくれてたのがうれしい」
「何でこれがほしいって思っていたのが分かったんだろう?」
嬉しさと驚きもあるから、プレゼントに満足感が増すのである。プレゼントを受け取ったときに、それが彼氏や彼女だからこそ、強烈な付加価値が加わる。

つまり、恋人のプレゼント選びで最も重要なのは、「気持ち」なのである。

「少し前だけどさ、これ欲しいって言ってたのを覚えてたんだ。だからプレゼントしてあげたいなって思ってさ」
こんなセリフで渡せるプレゼントは恋人が喜ぶプレゼントになる。でも、それはモノが嬉しいんじゃなくて、気持ちがうれしいのだ。

恋人に渡すプレゼント選びに迷ったときは、この「気持ちが形になっているのがプレゼントである」と本質を理解することが大切だ。これがわかっていると、迷いがもっと違う感情へと変わっていく。

恋人からのプレゼントは想いを形で受け取るもの

好きな人へのプレゼント選びをする際は、相手が喜ぶなるべく最高に近いものをプレゼントしたいと考える。そこには「恋人のために!」って気持ちが加わっているはずだ。カップルの場合は、それが一番大事なのである。

恋人からのプレゼントは、友達よりもその「気持ち」を受け取りたいという欲求が強い。
友達からもらうプレゼントでがっかりしたことが無いのは、「期待の違い」があって、より強い期待を彼氏や彼女にしてしまうからだ。

きちんとそのことが分かってプレゼント選びを考えると、「想いを形に変える」のがプレゼント選びであると理解でき、発想を変えることができる。
もう一段階思考が深まることで、自分の気持ちを乗せることが彼氏や彼女へのプレゼントで大切なことだとわかるはずだ。

もちろん、恋人の好みは考えるし、相手を思って一生懸命考える。
それを前提としながらも、自分が彼氏や彼女に身につけて欲しいものを選んだり、持ってほしいものを選んだりと、自分が相手の好きな人であるからこそプレゼントに自分の好みを反映させて、より気持ちのこもったプレゼントを渡しても喜んでくれる事実に気が付くと思う。

万が一自分が選んだプレゼントと恋人が欲しいものの間にギャップが生まれても、ちゃんと気持ちを込めたことが伝われば、ちゃんと最高のプレゼントになるのである。

恋人からもらうプレゼントの付加価値を意識する

恋人のためにプレゼントを選ぶ際は、「自分が相手にとって好きな人である」ということに自信を持とう。友達と恋人では、同じものをもらったとしても全然意味が違っていて、恋人にもらうプレゼントだからこその付加価値が加わっている。

友達からでもプレゼントはもらって嬉しいものだけど、恋人からのプレゼントは根本的に違う付加価値が加わっているため、「役立つもの」とか「使えるもの」とか、今までのプレゼント選びとは違った感覚で選んで良い。当然だけど、より喜んでくれそうなものをプレゼントに選ぶのは愛情である。

好きな人が気に入ったからこそ買ってくれた「モノ」であるそのプレゼントは、好きな人からのプレゼントとして喜んでもらえる。それは、趣味嗜好すら超えて喜ばれることが頻繁に起きる世界の話だ。

恋人からプレゼントをもらう時は、彼氏・彼女に「選んでほしい」と考える人がたくさんいる。

その理由は、「自分のために選んでくれたプレゼントに期待するから」である。
時々、「何がほしい」と聞くと、「特にほしいものはないよ」とつれない返事が返ってくるが、そんな人でも「好きな人が自分に何をプレゼントしてくれるか」には興味を持っている。そのくらい、「どんなもの」が大事なのではなく、「気持ち」が大事なのである。

恋人へのプレゼント選びは、相手が好きな人だからこそ迷うことがあるけれど、じっくり「恋人からのプレゼント」を本質的に考えてみると、意外に大事な視点が抜けていることに気付く人はいると思う。

あなたが相手を想って選ぶプレゼントに間違いはない。
ぜひ自信をもって愛情を形に変えてみてほしい。

ここは今回の主題になる部分なので、見出しを変えて続けていこう。

好きな人へ自分の好きなものをプレゼントする

好きな人が満足するプレゼントの中身は「好きな人のほしいもの」であると、前半で説明した。そこに本質的な話として「好きな人からのプレゼントの意味」を説明したのが先ほどまでの話だ。つまり、大事なことは「気持ち」であると説明してきたわけだ。

すべてをひっくるめて、私がプレゼント選びに迷った人へ伝えたいのが「あなたも満足するプレゼント選びの方法を実践しよう」ということ。気持ちの乗せ方を工夫することで、あなたも恋人も満足するプレゼントできれば、より良いプレゼントが渡せるのだ。

恋人関係を考えた時、あなたが選ぶプレゼントには相手から見たときに「好きな人が選んでくれたプレゼント」という付加価値が付く。

友達へのプレゼントだったら「自分の好み」はあまり考えない方が成功しやすいんだけど、恋人同士の場合はむしろ「自分の好み」を優先して考えることも良い効果を発揮する考え方だ。

当然相手のことは色々踏まえてプレゼント選びをしていくが、そこに自分の気持ちを乗せるように「彼女に似合うと思ったアクセサリー」や「カッコイイと思った彼氏につけてほしいもの」を選んでみても、恋人が喜ぶプレゼントになるのである。

だからこそ、敢えて自分の好きなものを送ると言う選択肢を私は一番お勧めしたい。
その選択のメリットを私は以下のように考えている。

  • 自分が素敵だと思うものを好きな人が身に付けてくれる
  • 自分の趣味を好きな人に間接的に伝えられる
  • 自分の満足度が高いので相手のリアクションに過度な期待をしない

例えば、身につけるもの(アクセサリー、ファッション)を想定した時、このようなメリットがあるだろう。

恋愛も人付き合いの一環だとすれば、相手の立場になってより良いものを選ぼうとすることは大切だ。
しかし、それと同時に「分からないもの」として考えることも重要である。

つまり、相手が喜んでくれるものを渡そうとする想いを出発点とし、最終的には自分があげたいものをプレゼントするという発想に変えていくことが最高のプレゼントになると思っているのである。色々考えた先に、自分の気持ちを乗せる際、「好み」を加えてみることでプレゼント選びが楽しくなる。

これは私の経験だが、恋人へのプレゼントは往々にして期待したリアクションがない場合も多い。特に女性から男性へのプレゼントでは照れてしまってなかなか最高の笑顔は見られない。時々、そんなことが原因でケンカしてしまうカップルもいるため、もう少し考え方を変えると、自分も恋人ももっと満足できるプレゼントになるのではないかと考えるようになった。

プレゼントの目的は相手を喜ばせることかもしれないが、私は「自分の気持ちを送ること」が一番の目的だと思っている。

ただ満足度の高いプレゼント選びをしたいなら、恋人と一緒に買い物に行く方が目的を達成できるだろう。

しかし、多くの人が「それはつまらない」「なんかさみしい」と感じるのは、恋人のためにプレゼント選びをしていないことが原因であり、お金のやりとりみたいに感じて不満なのである。

つまり、「恋人の喜ぶものを買ってあげること」がプレゼントの本質ではなくて、「気持ちをモノという形に変えて送ること」が本質だと考えているから、自分がほしいものを恋人に買ってもらうプレゼントの形式は選ばれないということ。

異性である相手のことばかり考えてしまうとプレゼント選びは本当に大変だ。
付き合いはじめなど、相手の情報が少ない時ほど選択肢すら浮かばないことが多い。

だったら、変に相手のことを予想してプレゼントを選ぶより、自分が気に入った「好きな人にあげたいもの」をプレゼントする方がよほど気持ちも乗ってカップルとして満足するプレゼントになるのではないだろうか。

彼氏からのプレゼントや彼女からのプレゼントは、「何が嬉しさの源泉なのか」と考えてみると、もっとプレゼント選びがあなたらしくなると思う。

まとめ

今回は「彼氏・彼女へのプレゼントの選び方」について実際の場面を深堀することで、なるべく本質的に大事なことに気づけるようにまとめた。

恋人へ送るプレゼントは、あなたの気持ちを形に変えている行為である。
「何を」ではなく、大切なことは「想いがこもっているのかどうか」だ。

プレゼント選びに迷ってしまった際は、どんなふうに気持ちを込めるか考えてみると、答えは出しやすくなる。相手のことばかりでもダメなのが恋愛だから、ぜひ相手の好きな人である自分に自信をもってプレゼント選びをしてみてほしい。

関連記事:

彼氏へのプレゼント彼女へのプレゼント
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました