白髪は染めるべき?白髪男性への女性の印象と、白髪を染めるメリット&デメリット

最近増えてきた白髪に悩む男性

40代から50代の男性は「白髪は染めるべきか、染めないべきか」で迷う時期がある。早い人だと30代後半から「白髪交じり」の状態に悩むことがあり、微妙な時期は対処に困るのが本音ではないだろうか?

白髪男性でも「ロマンスグレー」などの言葉で表現されることがあるように、実は年下女性に評判がいいという噂もある一方で、おじさん臭いとも言われ、最近白髪が目立ってきたという男性は、白髪染めの必要性について色々思うところがあるところだ。

そこで今回は「白髪は染めるべき?」という悩みを解決するために、白髪男性への女性の印象を解説しながら、白髪を染めるメリットとデメリットについて紹介し、自然に白髪を染めるトリートメントの候補までこの記事で解説していく。

白髪は染めた方がいいの?と悩む男性に参考にしてもらえたらと思う。

  1. 白髪男性への女性の印象
    1. ロマンスグレーが似合っている男性はかっこいい!でも、似合ってない男性はダサい
    2. 白髪の男性に清潔感があるならモテるけど、清潔感がないと思われるとモテない
    3. 白髪のせいでおじさんぽさが増すとモテないけど、シブイ男に見られるタイプはモテる
    4. 自然体でいたい男性は白髪を染めない方が良いが、見た目に気を使っている男性に見られたいなら白髪を染めるべき
    5. 薄毛が気になるなら染める方がモテる!毛量が気にならない男性は染めない選択もアリ
  2. 白髪染めした男性への女性の印象
    1. 白髪染めした男性の見た目がアップしたのなら素直にかっこいいと思うのが女性心理
    2. 白髪を染めると見た目の印象が変わるから、実質的に「再評価する」状況になる
  3. 白髪を染めるか染めないか迷う時の判断基準
    1. 白髪を染めるべき男性の特徴
    2. 白髪を染めないべき男性の特徴
  4. 白髪を自然に染めたいなら、使ってみるべき白髪染めトリートメント3選
    1. ラサーナ
    2. 利尻カラーシャンプー
    3. スカルプD ヘアカラーコンディショナー
  5. 若く見られたい40代・50代男性は肌ケアでアンチエイジングを!
  6. 40代メンズの白髪に似合うファッションとは?
    1. おじさん服を着ない
    2. 40代の落ち着いたファッションを目指す
  7. まとめ
  8. 追記:白髪染めの頻度を多くするとハゲる原因に!やはりトリートメントで白髪染するメリットは大きかった

白髪男性への女性の印象

20代や30代の女性と飲みに行ったり長い時間話しをすると、必ずと言っていいほど上司の男性の愚痴を聞く。いわゆる「女性の本音」はこうした会話からスタートした話題の中で出てくるが、40代や50代の男性は立場が違う若い女子の本音をなかなか聞けないと思う。

このような状況で聞く「年上男性に対する女子の本音トーク」は悪い話ばかりでもなく、仕事が順調な女性や職場環境が良い女性は、できる上司への印象を話すタイプの女性も実際にいて、30代後半や40代50代への男性の評価に関しては多くの女性から率直な話を聞いてきた。

そんな私の経験をもとに、「白髪男性への女性の印象」をメリットとデメリットの視点で解説しよう。普段なかなか若い女子の意見を聞けない男性は注目してみてほしい。

ロマンスグレーが似合っている男性はかっこいい!でも、似合ってない男性はダサい

最近白髪が増えてきた男性は、今の自分にロマンスグレーが似合っているかどうかを客観的に一度判断するようにしよう。

白髪交じりの男性であっても「ロマンスグレーが似合っている男性」に女性の印象はそう悪くない。

年下の女性にモテる男性が黒髪であるとの条件はまったく認められていないから、ロマンスグレーの髪で白髪交じりでも、それが似合っている男性は女性からモテる。実際に20代女子からかっこいいと言われるロマンスグレーの男性がいる。

つまり、白髪交じりの髪になることによって、あなたの見た目が悪くなったのか、逆に良くなったのかが大事であり、黒髪にしないと女性からモテないということはないということだ。

  • ロマンスグレーが似合う=かっこいいおじさまのイメージ
  • ロマンスグレーが似合わない=くたびれたおじさんのイメージ

年上男性がタイプの女性は、笑顔で「ロマンスグレーの男性は素敵だ」と話す。年を重ねた男性なら、多少白髪が混じっていても自然のままで十分かっこいいと話す女性はそこまで少数派ではない。

「自然なままでいるのが男らしい」と話す20代女子がいたのは、同じ男性として多少驚きがあったくらいだ。

これから挙げていくことに良い面で合致し、悪い面では対処できているなら、「自然に白髪のままでいる」という選択肢もアリだとは思う。女性の評価は白髪だけで確実に落ちるわけではないので、まずはここを理解しておこう。

白髪の男性に清潔感があるならモテるけど、清潔感がないと思われるとモテない

白髪男性が自然なまま白髪を増やしていくとき、どうしても「何もしない人」が「清潔感に欠ける状態」になってしまいやすいのがデメリットになる。

白髪のままでいる男性は髪型に気を遣わない傾向があって、小まめでなくても定期的に調髪をする男性が少ないとの話は何度も女性から聞いている話である。あなたはどうだろう?

女性が男性の印象をフィーリング的に決定するとき、清潔感は重要なキーワードで、自然なままにした時に「汚い白髪交じり」になってしまうと、その白髪は染めるべきとの判断が妥当となる。

  • 白髪交じりでも清潔感がある=年上男性としてモテるから染めなくてもいい
  • 白髪交じりで清潔感がない=汚らしいイメージでモテないから染めるべき

白髪を染めるメリットとして、黒髪であなたの頭髪の印象を統一することができ、清潔感を損なわないところは大きい。自然なままの白髪交じりな男性がどう清潔感を担保していくかというのが、女性の好印象を勝ち取るために大事になってくる。

白髪のせいでおじさんぽさが増すとモテないけど、シブイ男に見られるタイプはモテる

ロマンスグレーな男性が染めるデメリットは、せっかくの「渋さ」が損なわれてしまうことがある点だ。

40代50代の男性が素敵だという若い女性は、白髪交じりなところもおじさま世代の魅力に思うので、「変に気を使わなくていい!」という女性への印象は、逆に落としてしまうかもしれない。

ただ、白髪を染めるメリットの代表は「若く見えること」なので、おじさんぽさが白髪のせいで悪い方向に増してしまって印象を落とすなら染めるべきだ。

  • 白髪でも老けて見えない=渋い男性のイメージになるから染めないでもOK
  • 白髪で老けて見える=余計おじさんに見えるから染めるべき

顔や服装で若く見られることが多いなら「渋み」としてかっこいいロマンスグレーを目指してみても女性の印象は悪くない。

白髪を染める最大のメリットは「若く見られる」だが、若作りすることで失われる渋さとの兼ね合いが、染めるか染めないか大事な判断基準になる。

女性からモテたいなら、更けて見える男性は白髪を染めるべきだ。若い女性は老け顔の年上男性に魅力を感じないので、自分が実際の年齢よりおじさんに見えると思うならロマンスグレーが似合わないタイプである。

自然体でいたい男性は白髪を染めない方が良いが、見た目に気を使っている男性に見られたいなら白髪を染めるべき

白髪男性は自然なまま何もしていない男性が多く、ちょうどいいロマンスグレーにするために白髪染めトリートメントなどで見た目を気にしている男性が少ない。

白髪のメンテナンスはしながらも、敢えて染め切らない選択をしているという男性はやっぱり少数派だ。ここら辺は素敵なおじさま芸能人の気遣い方を見習いたいところである。

そんな状況もあり、白髪を染めるメリットして「見た目やオシャレに気を使うタイプか、全く気を使わないタイプか」という女性の印象に作用できるのも大きい。

ある人の髪に対して「白髪だ」と思うか、「ロマンスグレーだ」と思うかは、相手の女性の感性だけでなく、全体的なあなたの印象がモノをいうところがあるので、白髪を染めることで「見た目に気を遣ってる人だ」と印象付けられる効果がある。

周りから「オシャレ」って印象のない男性は、白髪を染めることで好感度があがるタイプの男性となり、「染めるべき」との答えが正解となるだろう。

自然な感じでいきたいなら後半で紹介するトリートメントで白髪をロマンスグレーとして調整する方法も検討してみるといい。

薄毛が気になるなら染める方がモテる!毛量が気にならない男性は染めない選択もアリ

40代男性や50代男性だと薄毛に悩む場合もある。白髪のままで放置するより黒髪に染める方が薄毛はケアできるので、メリットになる男性もいる

薄毛の男性が染めない判断をする=余計に薄毛が目立つ
薄毛の男性が染める判断をする=薄毛がカバーできる

特に「薄毛が少し気になるようになってきた」という段階なら、白髪交じりでいるよりも黒髪に染める方がハゲを隠せる。薄毛をケアすることで若々しく見える効果は、40代以降の男性が髪を染める効果としてやっぱり大きい魅力だ。

髪の毛の量もおじさまの印象を決める要素として重要なので、黒髪で薄毛を隠したいと思う場合は、白髪を染めるべきだ。40代や50代になってもフサフサの髪があるならロマンスグレーも似合う。

汚い印象にならないように白髪が黒髪かを選択するのも一つ。「禿散らかす男性」に女性の印象が悪いことは今更説明しなくても既に知っていることだと思う。

白髪染めした男性への女性の印象

白髪染めした男性の評価をする女性の画像。

次に、白髪染めした男性への女性の印象についてまとめる。

「今まで自然なままで白髪を放置してたけど、実際に白髪染めすると女性はどう思うのだろう?」と思う男性に読んでほしい。

白髪染めした男性の見た目がアップしたのなら素直にかっこいいと思うのが女性心理

女性は男性と違って自分の見た目に意識が高い。日々色々な方法で美容に取り組んでいて、美しくなりたいという気持ちを具体的な行動に落とし込んでいる。

そんな女性心理を前提にすると、「いきなり白髪染めしてきた男性」への評価は、「実際にかっこ良くなったのかどうか」だけで決まる。

  • 白髪を染めたらかっこ良くなった=見た目が変わったけど、印象が良くなったから全然アリ
  • 白髪を染めたけど、かっこよくならなかった=染めた違和感を感じる、「何で染めたんだろう?」と思われる

男性同士では自分の見た目に気を遣うと冷やかしなどもあるが、後述する白髪染めヘアカラートリートメントなら気づかれずに白髪染めができるので問題ない。

女性の評価は、理屈的に判断する男性心理よりも感情が優先されるので、白髪を染めることで見た目が上がるなら「急に白髪を染める」ことに不安を持つことなく、積極的に行動しよう。

白髪を染めると見た目の印象が変わるから、実質的に「再評価する」状況になる

白髪染めは周りがイメチェンに近い印象を持つため、女子から再評価されるようなところがある。見た目の印象が変わると「モテない」から「モテる」への転換が起こることも。

ここは、これまで職場でモテなかった男性にメリットが大きい部分だが、白髪染めをすると女子は素直にその見た目を評価するので、「扱い方が変わった」と感じる男性もいる。

とにかく40代以降の男性は女子からおじさんだと見られているので、「白髪を染めることで若く見られるようになった」と感じている男性は、白髪染め前よりモテるようになったと感じているのが実情だ。

女性からすると、「最近なんか変わったな…」という感じなので、白髪染めにチャレンジしたいならそこまで気にして躊躇するべきではない。かっこよくなるならこれまでのイメージも払しょくできるだろう。

ここまでを次で簡単にまとめておく。

白髪を染めるか染めないか迷う時の判断基準

白髪を染めるべきか染めないべきか迷う時は、自分の状況や考え方に合致した判断をしよう。40代男性や50代男性は、女性と違い「絶対に染めた方が良い」というほどみんながみんな同じ判断にはなっていない。

白髪を染めるべき男性の特徴

  • 同世代より若い女子からモテたい
  • 老けて見えるタイプ
  • 薄毛の男性
  • 清潔感に自信がない
  • ロマンスグレーが似合わない

5個や10個下というレベルで若い女子にモテたいなら、男性は基本的に白髪を染めるべきだ。実年齢より見た目が若い男性は年下女子からウケが良いし、恋愛対象になる可能性も上げられる。

また、同世代の女性からモテたいと思ってる男性についても、老け顔だったり薄毛の男性は白髪を染める方がモテる可能性を上げられる。

後述する白髪トリートメントなどで少しずつ黒髪に染める方法を取れば違和感を与えずに白髪対策が取れるので、モテる男の基本である「見た目を気にする男性」へ積極的に行動しよう。

白髪を染めないべき男性の特徴

  • 既にモテるタイプである
  • ロマンスグレーが似合ってる
  • 年上男性の貫録を出したい
  • 清潔感がある
  • オシャレよりも渋い男性に見られたい

白髪を染めない方が良い男性は、「今モテている」という男性が代表格だ。ロマンスグレーの髪を強みに変えることができているなら、わざと染めない男性が女性心理では逆におしゃれに見える。

真っ黒に染める男性が気持ち悪いと思われることもあるのが男性の白髪染めの難しい点である。

また、あなたが仕事のできる上司として部下の女性と恋愛する場合などでは、黒髪にするよりもロマンスグレーの髪の方が渋みを出せる効果もある。清潔感があれば男性の場合だと染めない判断が素敵に見えることもあるので、貫録を出したいと思ったら「全体観を調整する(白髪交じりから綺麗なロマンスグレーに)」という判断が正しいだろう。

白髪を自然に染めたいなら、使ってみるべき白髪染めトリートメント3選

白髪を染めるのにトリートメントタイプをおすすめするのは、「白髪を染め切って黒髪にすること」も「白髪を染め切らないでロマンスグレーを調整すること」も両方が可能だからだ。

ケアする頻度や仕方を調整できるので、一気にイメージを変えずに自然に黒髪になっていく点も大きな魅力となる。

それではおすすめする「白髪を自然に染めたいときに使ってみるべき白髪染めトリートメント」を3つ紹介しよう。

ラサーナ

3回でしっかり染まって驚き!と言う声が評判の「ラサーナ」は、美髪ケアもできる白髪染めトリートメント。白髪交じりの髪でも頻度を調整することで自然な感じで黒髪に戻すことができる。特徴は以下の通り。

  • Wカラー処方でしっかり色づく
  • 天然色素で深みのある髪色へ
  • 美髪成分を配合、潤う髪に

白髪染めトリートメントは髪を綺麗にしながら黒染めできるので、男性が大事にするべき「清潔感」が手に入る。40代男性や50代男性に試してみてほしい白髪染めトリートメントだ。

ラサーナで白髪染めしたイメージ画像

ぜひ公式サイトで確認してみよう。

利尻カラーシャンプー

こちらは白髪染めトリートメントではなく「白髪染めシャンプー」になるが、普段使っているシャンプーに置きかえるだけで自然に白髪染めができるのが簡単でうれしいメリット。

こちらなら色も3色用意されていて、ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックの中から選べる。あなたの好みの1色が見つかるだろう。

その他の特徴は以下の通り。

  • 簡単お手軽な白髪ケア
  • キレイで自然な仕上がり
  • 髪・頭皮に優しい使い心地の天然成分・無添加
  • 白髪用ヘアマニキュアブランドシェア4年連続日本一

こちらも価格はリーズナブルで、「初回限定キャンペーン」もやっているからトリートメントを使わない男性や白髪染めが特別なこととしてめんどくさいと感じる男性におすすめ。

利尻シャンプーの使い方の画像

シャンプータイプなら慣れない男性でも使いやすい。

スカルプD ヘアカラーコンディショナー

メンズシャンプーのシェアが12年連続No.1のスカルプDブランドから出ているヘアカラーコンディショナーは、まさに男性におすすめの白髪染トリートメントだ。

男性の頭皮を研究して20年以上のアンファーがスカルプDのラインナップに「男性用白髪染トリートメント」を加えたことでシャンプーとセットで使うおじさま世代の男性が増えている。

こちらは、白髪染目の目的だけでなく、髪のボリュームがほしい、見た目を若々しくする白髪染を求めているという男性におすすめで、男性の頭皮研究に定評のあるアンファーだからこそ、男性が選ぶ白髪染トリートメントとして人気を博している。

特徴を箇条書きにする。

  • 髪や頭皮をいたわり、男性専用に開発されたトリートメントタイプの白髪染
  • ハリコシ成分配合で髪のボリューム感アップ
  • 暖色系のカラーを採用し、色味からもボリューム感を演出
  • 香りは刺激臭が少ないユーカリミントの優しい香り

開発にこだわりを感じる1本なので、周りに1歩差をつけたい男性におすすめだ。おすすめした白髪染めヘアカラートリートメント・白髪染めヘアカラーシャンプーの中では唯一男性のためだけに作られたものなので、最も男性の悩みに向き合ってる商品である。

若く見られたい40代・50代男性は肌ケアでアンチエイジングを!

せっかく見た目を気にする40代や50代の男性は、白髪染め以外に「肌ケア」もきちんと行っておこう。

年齢は肌に出る。老けたオヤジは女性から見ると「清潔感がない!」って印象を与えてしまうから、白髪染めと同様に「男の肌ケア」が若い男子以上に大事だ。

ここ最近、男にも美容が流行っていることはあなたの耳にも入ってきていると思うが、40代から50代の男性用肌ケア商品も非常に人気になっている。モテる男はアンチエイジングに気を遣う時代になったということだ。ここら辺は人気メンズ雑誌「Safari」や「OCEANS」でも特集されている。

見た目年齢を決める「男の肌」にきちんと対処するなら1本で化粧水・乳液・美容液・クリームの機能をカバーした「AQUA MOIX(アクアモイス)」が老け顔対策で人気になっているので、公式サイトを見てみよう。

楽天ランキングでも男性用化粧水・ローション部門で1位を取ったオヤジの肌ケア商品だ。

アクアモイス商品説明の画像

私も日々肌ケアをしているが、1本で2か月は持つ感じなので費用は気にならないと思う。

40代メンズの白髪に似合うファッションとは?

40代メンズはオシャレに気を遣う人がモテるわけだが、白髪に似合うファッションをしている男性に至っては20代や30代よりモテる事実がある。

その理由は以下の3つだ。

  • 40代の落ち着いた雰囲気がダンディーに見える
  • 40代の清潔感あるファッションに包容力を想像する
  • 若いメンズに無い大人の男の自信を感じる

40代や50代の男性は若い男性に無い魅力を持っている。そこをプラスに想像させる男性が女性にモテるわけだが、白髪の男性はダサいファッションをしがちで、大人の男性のカッコよさを女性にアピールできてない。

おじさん服を着ない

40代の白髪男性で特にモテないのが「おじさんファッション」になってしまった人。男性の場合は女性のようにファッションに大きな幅がないので、おじさんがおじさんファッションをしないで良い。

若者と全く同じファッションセンスで選ぶのもNGだが、落ち着いたファッションを意識すれば20代とそこまで変わらないファッションをする方が女性にモテる。

40代の落ち着いたファッションを目指す

40代の白髪男性に似合うファッションは、ズバリ「落ち着いた雰囲気のファッション」だ。

では、どんなファッションが落ち着いた雰囲気になるかと言うと、高級感のある服を着るのがベストだ。質が良いものを着ると、あなた自身の品が上がる。

いわゆるファッション雑誌で紹介されるような「品が良いファッションをする」のが40代男性・50代男性がモテるコツなのだが、おしゃれなショップほどなかなか気軽に入れないという男性は多い。

もしあなたがそうなら、人気ファッション雑誌である「BITTER」の公式通販ショップを利用してみよう。ここでは、モテたい40代男性が着るべき上質な服の取り揃えが充実している。

良い服を着れば女性にモテるのはあまりに常識ではあるが、40代以降の大人の男性はここにモテる・モテないの差がある。

白髪の男性に似合うファッションを手に入れたいと思ったら、カジュアルなファッションより落ち着いていて品のあるファッションを心がけよう。

まとめ

今回は「白髪は染めるべき?」という疑問から「白髪男性への女性の印象」と「白髪を染めるメリットとデメリット」についてまとめた。白髪を染めるか染めないか迷う男性に参考になればと思う。

わざわざ染めなくても自然なままでキレイなロマンスグレーになるおじさまは染めない選択もアリだが、自然なままではムラがあったり、何となく小奇麗に見なかったり、老けてみえたりと、見た目を悪くしてしまっている40代男性50代男性はやはり多い。

対処法としては、簡単に染めることができて自然に染まっていく白髪用のトリートメントがおすすめだ。黒光りするような黒髪も似合わないので、染めたとバレない白髪染めにチャレンジしてみよう。

関連記事:

追記:白髪染めの頻度を多くするとハゲる原因に!やはりトリートメントで白髪染するメリットは大きかった

たくさんの男性に読んでもらっているので追記する。詳しく調べてみると、紹介した白髪染めトリートメントでロマンスグレーに染めるメリットが大きかったため、ここもしっかり読んでもらえたらと思う。

女性の目を気にする男性が「一気に染める白髪染め」、所謂「ヘアカラー」で白髪染めをする」場合、問題となるのが白髪染めの頻度だ。若い男性がオシャレでするヘアカラーより白髪男性が使うヘアカラーは強めになるため、頭皮へのダメージが大きいと言われている。

知り合いの医師に取材した結果、トリートメントやシャンプーで白髪染めをするのではなく、「ヘアカラー」で白髪染めをする場合の頻度は約2ヶ月に1回が適当とのこと。最低でも1ヶ月に1回以上行うと頭皮へのダメージが大きく、おすすめできないということだった。

適切な頻度で白髪染をする場合であっても、ヘアカラーだとキレイに見える期間とそうではない期間ができてしまうのが悩みになる。

40代や50代の男性は、「ハゲ」との闘いもあるため、女性の目も気にするならやはりヘアトリートメントで頭皮へのダメージを抑える方が長期的に見てもメリットは大きい。

自然にロマンスグレーにできる方法として紹介したが、ハゲない白髪染めの方法としても「白髪染めトリートメント」はおすすめなので、薄毛に悩む人ほどヘアカラーによる白髪染めには注意してもらいたい。

モテる男性社内恋愛
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました