ブライダルフェアは気軽に行ける?~ブライダルフェアの雰囲気や勧誘、対応のされ方を紹介

f:id:Brightfuture:20150323222218j:plain

ブライダルフェアは、行ったことが無い人からすると色々なイメージがあると思うけど、実際には気軽に行けるものだ。今まで参加した「フェア」は何かしらあったと思うのだが、ブライダルフェアが特別敷居の高いものではない。

実際に参加してみると本気で式場探しをしている人がいる一方で、デート気分で参加しているカップルもいて、みんな目的も様々な印象だ。「とりあえず見に来た」という人もたくさんいる。

そこでこの記事では、「ブライダルフェアの気軽さ」を紹介してみたい。
私個人としては、結婚式のアレコレを考える前にとにかく一度式場見学に行くべきだと思っているので、気軽に参加を決めるきっかけになればと思う。

スポンサーリンク

ブライダルフェアはイベント会場みたいな雰囲気

ブライダルフェアに行く目的は、色々なものを実際に見てみることにある。
結婚式当日を再現したチャペルを見てみたり、イベント内容によっては結婚披露宴で出される食事の一部を実際に食べてみて味を確認したり。

テーブルクロスの色から何もかもを決めていく結婚式も少なくないので、実際に当日の雰囲気を知って検討する方が、選択し易いのは説明不要だろう。

そんなこともあって、ブライダルフェアは規模が大きければとにかく見てみるところが多い。
結婚披露宴には色々なオプションを付けられるのだが、その一つ一つを紹介しているところがあったり、これからすぐにでも披露宴ができそうな会場セッティングの中で見学して回ったりできる。

これは、逆に言えばそれだけ検討する際に考えないといけない要素が多いとも言えるわけだ。
結婚式・結婚披露宴のセットは、費用が大きいので、「検討する時間」が誰でも長くなることを前提にしている。

式場見学は担当者がついて一緒に回る場合もあるのだが、押し付けてくることはまずない。
自分のところでやってほしいからプレゼンはするけど、これから結婚を控える人にあまり野暮なことは言わないし、人当りがとても穏やかな人が多かった。

所謂「強い営業をかけられる」ことは稀ではないかと思う。
「色々見てみるといいですよね」ってスタンスが目立った。

双方の都合が合わずにキャンセルになればどちらに取っても痛手は大きいので、納得の度合いには気を付けているのだろう。

営業の電話はかかって来る?ブライダルフェアの勧誘について

ブライダルフェアに参加したり、式場見学に行くと、一通りの受付を済ませることになる。
名前やら住所を書くのが多いのだが、気軽に参加した後に営業電話が鳴るのはちょっと面倒に感じるかもしれない。

実際に担当についたウエディングプランナーの営業電話がかかってくることはあった。
正し、かなり具体的な話をしたところだけであって、検討から除外したことを伝えると、1分もかからない電話となった。

後述するが、結婚式場の人は、幸せな二人を見守ると言うか、あまり強い口調で話すことが無く、なんだかふわふわした話し方をする人が多かったように思う。
何だろう。のろけさせてナンボみたいな世界。
ちょっと異質な感じを受けるが、結婚式場の中では妙にマッチする感じだ。
自分たちの幸せ感を一緒に大きくするような、そんな印象を大事にしているのかなと受け止めた。

営業の電話が鳴ることはあり得るけど、断るのは楽だし、金額が大きいだけに押し付けることは無い。
一生に一度の大事なイベントなのは、あちらもよく理解しているところなので、有益な情報(値引き交渉など)を流してくれる人と思っても良いくらいだと思っている。

ブライダルフェアの対応は柔らかい印象

女の人しかウエディングプランナーを見たことがないのだが、どの人もとにかく対応が柔らかったのが強く印象に残っている。
結婚式・披露宴の段取りを組むのは、結婚間近の二人なため、アツアツぶりを発揮しているカップルは多いのだが、それを見ている内にそうなったのだろうか。

幸せのピークを迎えている人を目の前に、それをなるべく一緒にその幸せを大きくできるように振る舞おうとする姿勢が見えた。気持ち良く式を挙げて欲しいと考えているのではないだろうか。
幸せな人を見て幸せになるタイプの人が職業に選んでいる気もした。

そんな人達が主催するイベントなので、ブライダルフェアそのものに柔らかな印象がある。
実際には数百万円が動く世界のため、気軽な感じではないはずだが、お金の話よりももっと夢の世界に誘う感じだろうか。

良い雰囲気なので、結婚を控えた二人は式場選びに前向きになれると思う。
自分達が急いでいないなら、強い営業をかけられることはないのではないだろうか。

参加者の温度差がかなり大きい世界

ブライダルフェアには近い親族総出で来ているところがあったり、一人で話だけ聞く人がいたり、明らかにまだ結婚って感じのしないカップルまで色々いて、参加者の層は見ていても面白い。

「結婚」自体は重いものだから、参加者の温度差もかなりあると表現できる。
自分達がまだ結婚式を具体的に考えていない中で、取り敢えず「見てみよう」と思ったのなら、「将来的に考えているところなので、見てみたくて」とかの話でも全く問題ない。

いきなり差し迫った相談もある一方で、色々な人達が見に来ているから、気軽に本音で話をしておいて良いだろう。
「幸せ感」を演出するところなので、気まずい感じは出さないようにしてくれる。

見学に来る人の温度差が大きい世界なので、趣旨をはっきり言っておけば、気軽に参加できるところがブライダルフェアのいいところ。

即決するようなものでないため、断るのが苦手なら「他のところを見てからまた考えます」でちゃんと引いてくれる接客は期待しておいて良いと思う。

予算に合わないなら、それもはっきり伝えると、時々値引き交渉を持ってきてくれたりするので(日取りを調整してとかで)、相手に合せようとしなくていい。

まとめ

今回は、ブライダルフェアは気軽に行けるところなのかをテーマに、気軽に参加できる理由を紹介した。色々なところがあると思うが、実際に参加してみて業界から感じたことを述べたので、参考にしてもらえたらと思う。

冒頭述べたように、結婚式・結婚披露宴を具体的に考えていく際の入り口は式場見学にある。
特にブライダルフェアでは、結婚式当日をよりイメージし易く紹介してくれるので、お勧め。
人気の式場には早めに行ってみよう。

考える際になるべく多くのことを具体化しておくのは大事なことだ。

関連記事:

結婚式
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました