恋愛するなら当たり前?ワキ脱毛している女性の割合と、一番選ばれている脱毛サロン

f:id:Brightfuture:20170214190707j:plain

夏はもちろん、春もサボれない「女性のムダ毛処理」で、一番気になるのは男女ともに「ワキ毛」となっているから、恋愛するなら「実際、脇脱毛してる人の割合ってどのくらいいるんだろう?」と気になったことがある人は多いと思う。

みんながワキの脱毛をやっているなら自分だけ遅れるのは恥ずかしいし、ぽつぽつワキやソリ残しワキで好きな人や友達に引かれたくないと思うのが乙女心だろう。恋愛に興味がある女性なら「女子力」には意識が高いはず。

現実問題、女性のムダ毛処理は恋愛にも影響を与える「女のたしなみ」だから、きちんとした知識をつけてほしい。

この記事では、「恋愛するならワキ脱毛くらい当たり前?」という疑問に答えるよう、「ワキ脱毛してる女性の割合」をアンケート結果から紹介し、「脱毛することにした理由・きっかけ」を確認した後で「ワキ脱毛で最も選ばれている脱毛サロン」について解説する。

時代は変わって多くの女性が賢い選択をしているので、あなたも参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

ワキ脱毛してる人の割合

ワキ脱毛してる人の割合として、最も公平なアンケート結果を探したところ、マイナビフレッシャーズのアンケートが見つかった。

このアンケートによれば、社会人女性200人に聞いた「脇脱毛してる人の割合」は以下の結果だった。

Q 脇のムダ毛の処理の仕方を教えてください。

1位 カミソリで剃っている 42.0%

2位 脱毛している 31.0%

3位 毛抜きで抜いている 15.5%

処理どうしてる? OLに聞いた、「脇」・「腕」・「足」

このアンケートによれば、ワキ脱毛している人の割合は「全女性の3割以上」という結果になった。

調べてみるといろいろなアンケートが見つかって、企業サイト以外にもネットアンケートを取っているところがいくつかあったが、中には「女性の半数がわき脱毛をしている」との結果もあり、女性の中でも美意識によってムダ毛対策は分かれるところだ。最も少ない割合としてこのアンケートが見つかった。

脇毛処理の方法を聞くアンケート相手の層が、「美意識が高い女子」や「恋愛に興味がある女子」が多いか、それとも「美意識や恋愛に興味がない女子」が多いかによって結果が変わりそうな印象を持った。

と言うのも、女子をイケているグループとイケてないグループに分けるわけでもないのだが、付き合うグループによって「ほとんどが脱毛しているグループ」と、「全く脱毛していないグループ」に分かれているのが現状だ。

あるアンケート調査を参考にすると、「脱毛することにした理由」で7割以上の女性が「恋愛」を意識した理由を挙げており、今の10代後半から20代終わりまでは「恋愛するなら脱毛が常識」になりつつある状況であることを伺わせた。

もう少し掘り下げていく。

脱毛している女性の割合と彼氏のいる女性の割合

脱毛している女性の割合は多くのアンケート結果を総合して考えると「約3割~4割」と言うことだったが、実は「彼氏がいる人の割合」と脱毛している女子の割合は似ていて、恋愛を通して「綺麗なムダ毛処理の必要性」に迫られるかどうかが「脱毛するか・しないか」に影響している。

2016年発表の「彼氏がいる女性の割合」が約4割ということだったから、「女の子を楽しんでいる層」というのは脱毛を例に取っても恋愛を例に取っても「約4割前後」と考えることができるだろうか。

そもそもムダ毛処理をキレイにしたいと思うのは女子力そのものだから、行動を必要にする以上「きっかけや理由」が必要なのかもしれない。

あなたの周りには脱毛サロンに通っている友達が多いだろうか?
それともほとんどいないだろうか?

「モテる」と「モテない」には共通項があるから、脱毛によって女子力にアプローチするのは恋愛に有効だと言える。

恋愛を通して幸せになりたいと思うなら「今の自分にできること」へは積極的でいるべき。既に脱毛している女性と自分とを比べて「恥ずかしい」と思えば、自信が持てないのも当然ということになってしまう。

次の見出しで具体的に「脱毛に関する女性の意見」をまとめてみよう。

なぜワキ脱毛したの?ワキ脱毛の理由やきっかけ

マイナビのアンケートでは、ワキ脱毛した理由についても意見が載っていた。脱毛女子はなぜ脱毛することにしたのだろう?脱毛の理由やきっかけを見てみよう。

脱毛している。自己処理するとプツプツした毛穴が残ってしまう(女性/24歳/電力・ガス・石油)

脱毛。色素沈着が気になりだしたので、サロンに行った(女性/33歳/生保・損保)

脱毛。剃ったあとにも残るざらざらが嫌だったので、脱毛サロンに通った(女性/28歳/医薬品・化粧品)

脱毛している。すぐ見えるところだけど、毎回丁寧に処理している暇がないので(女性/22歳/情報・IT)

当ブログの読者からは下の意見が寄せられている。

私が脱毛することにした理由は、ワキのお手入れをもっと簡単に綺麗にしたいって気持ちからでした。ムダ毛の処理はずっと続けていかないといけないものなので、その時間とかめんどうとか考えたら、脱毛サロンに行ってみたいなって、妄想に近いんですけど、ずっと思っていたんです。

脱毛する理由はやはり女性特有の「美意識」が関連していて、強弱で「行動力」に差が見られた。ムダ毛の悩みやコンプレックスも大きく関係しているのも特徴だ。その気持ちが高まる瞬間が「恋愛した時」なのだろう。

恋をすれば「ムダ毛処理」は完全な女子力だけど、女性がムダ毛に対してどんな悩みがあるかと言えば、下の7つは代表的だ。

  • ソリ残しがポツポツして見栄えが悪い
  • 毎日の自己処理が面倒で大変
  • 毛深いから剃ると赤くなるか青くなる
  • 剃っても次の日には生えてきてしまう
  • 肌を傷つけて黒ずみになる
  • 男性にワキ毛を指摘されたことがある
  • 脇処理を忘れてしまって恥ずかしい思いをした

ワキを脱毛するメリットは、上に挙げた悩みやコンプレックスが解決できること。結局のところ「必要性がある」と感じた人が脱毛する点と、先ほども触れている「友達からの誘いや紹介」がきっかけになっている。

実際、ワキ脱毛すると毎日の自己処理が本当に楽になってキレイにもなれるから、恋愛ブログである当ブログとしては早めに自己処理を卒業することをお勧めしているのだけど、情報が回ってこないとなかなか行動できない女子は多いのではないだろうか?

今はすごくリーズナブルにワキ脱毛できる時代となったから、もしあなたに知識が無いことが理由でこれまで賢い選択としてワキ脱毛を選べなったとしたら、「今、一番選ばれている脱毛サロン」という視点で「ミュゼ」を解説するので、参考にしてみよう。

スポンサーリンク

脱毛サロンは、売上・顧客満足度ともにNo.1が「ミュゼ」

現在、ワキ脱毛のNo.1はミュゼであり、公式サイトによれば脱毛サロンに通う女子のうち「10人に6人」がミュゼを選んでいる。

2位のサロンは10%を切っているので、圧倒的人気となっている脱毛サロンが「ミュゼ」である。

では、なぜミュゼが選ばれているか、その理由とは何だろう?

ワキ脱毛が通い放題で数百円の「キャンペーン」が人気の秘密

多くの脱毛サロンがいろいろなキャンペーンを毎月行っているが、ワキ脱毛に関して「通い放題」で「最安値」なのが、ミュゼが人気になっている秘密。既に309万人の女性がミュゼを利用しているのだから驚きだ。(※ミュゼは女性専用サロンのため)

2017年7月現在のミュゼのキャンペーンは「全身から選べる3か所580円」となっていて、圧倒的に安いのがまず興味を持つ人が増える理由。

10代後半から20代の女子はお金に余裕がない人も多いので、一番安いサロンにまず興味を持ち、サービス内容を知って自分が行く脱毛サロンとしてミュゼを選んでいる。

ミュゼが激安キャンペーンを張れるのは、大手にしかない余裕。はっきり言って580円キャンペーンを利用するお客さんは赤字なのだけど、キャンペーンを通じて新規客を取り込むことで安心・満足してもらい、リピーターを増やすことでNo.1サロンを維持している。

脱毛は実際やってみないと分からないと思う女子も多いので、リーズナブルなキャンペーンを体験という意味も込めて選んでいる背景がある。580円なら費用的に悩むことは無い料金だ。

ミュゼの会員向けサイトも好調だから、きちんとキャンペーンだけ使う女子も収益化できているので、「580円はミュゼに申し訳ないかも…」なんて思う必要はない。

しかも今紹介しているキャンペーンは、既存客と同じ施術を受けられるので、最大18000円分の脱毛が580円になり、相当にお得なキャンペーンだ。

僅かな料金しか払わないからサービスや脱毛機が適当というわけではない。あくまでもミュゼで満足してもらうことを目的にしたキャンペーンだから「魅力的なキャンペーン」として口コミも広がって309万人の会員数へ到達した。

勧誘無しを宣言した脱毛サロン5社との比較でもやっぱりミュゼ

脱毛サロンのキャンペーンは、どこもまず「カウンセリング」を受ける必要があるのだけど、そこで「キャンペーンが安くても他のコースを勧誘されるんじゃないの?」と不安に思う女性が、今より昔はさらに多かった。

しかし、スマホの普及でネットサーフィンがし易くなり、SNSが普及して脱毛サロンの情報も行き交うようになった今、キャンペーンを利用した新規客の評判を良くするために「勧誘なし」を公式サイトで宣言して実行する「優良サロン」が増えた。

評判が悪いと、すぐに噂となって新規のお客さんが来なくなる時代となったのである。

【勧誘なしを宣言している脱毛サロン】

  • ミュゼプラチナム
  • ジェイエステティック
  • エステティックTBC
  • 銀座カラー
  • エピレ

その中でもワキ脱毛に関して比較をすると、一番お得に脱毛できるのがミュゼになっている。理由は「580円で、完了するまで通える回数無制限のキャンペーンだから」だ。今ならVライン脱毛も完了コースでキャンペーンに含まれていて、自由に選べるのも嬉しい。

今月(2017年4月)のミュゼのキャンペーン内容については公式サイトよりも分かりやすいように表を作成したので確認してみよう。

7月ミュゼのキャンペーン価格表

ミュゼ公式サイト⇒ミュゼプラチナム

勧誘なしを宣言するサロンは「優良サロン」と言えるが、その中で最もお得にワキ脱毛できるのがミュゼ。売上も顧客満足も既に1位の脱毛サロンだから、安くてすでに支持されているサロンを選ぶのは自然な流れになっていると感じる。

「痛くない脱毛」は脱毛サロン

また、ワキ脱毛に関して「痛いんじゃないの?」と不安に思う女性も多いようだが、その「痛みの強さ」を理由に、圧倒的シェアを持っているのが「光脱毛」を採用する「脱毛サロンの脱毛」だ。

クリニックなどでやっている「レーザー脱毛」は効果が高いメリットがある一方、痛みが強いデメリットがあって、まずミュゼのように光脱毛をしてみて、その効果や体験を踏まえてレーザー脱毛にチャレンジする女性が一部にいる。

個人差があるが、脱毛サロンの痛みはゴムで軽く弾かれる程度。ほとんど痛みを感じない女子も多くなっている。

当然だけど、光脱毛に効果がないわけじゃなく、期間がかかるというデメリットがあるから、脱毛を経験してみてほかの部位を脱毛したくなった女性が「多少痛くても短期間で脱毛を完了したい」と思えば、クリニックのレーザー脱毛に通いはじめるイメージだ。

従って、脱毛のシェア自体が脱毛サロンに寄っていて、さらにその中で一番選ばれているのが「ミュゼ」ということになる。

支持されていて安心できるサロンでお得にワキ脱毛をしてみたい女子は、ミュゼの無料カウンセリングに行ってみよう。丁寧なカウンセリングは評判だから疑問や不安も全てプロが説明してくれる。「まずはキャンペーンだけ契約してみます」と伝えれば無理に勧誘するサロンではないので、賢く使えるサロンだ。

ワキ処理は早めに自己処理を卒業しよう

今回は「実際、ワキ脱毛してる人の割合ってどのくらい?」という疑問について調べ、ワキ脱毛で一番選ばれている脱毛サロンを解説した。

年間にワキ毛処理に使う時間は膨大で、キレイにもなかなかできない中、これだけ安く使えるようになった脱毛サロンは多くの女性に支持されている。男性が一番気になる女性のムダ毛は「ワキ」である点も考慮すれば、今回紹介したキャンペーンについてはぜひ賢く利用してみてほしい。

現状ワキ脱毛している女性の割合は3割~4割だけど、これは近年上昇傾向にあってワキ脱毛は常識になってきている。「もっと早くやればよかった」と思うのがワキ脱毛なので、どうせ通うなら早めに通い始めよう。今よりもっときれいになるなら、きっと自信も持てるようになる。春や夏は差がつくポイントだ。

【ミュゼキャンペーン詳細】

半額

  • 全身から3か所、自由に選んで脱毛できて580円
  • ワキとVライン脱毛がずっと通い放題、追加料金なし完了コース
  • 2017年7月31日までに無料カウンセリング予約が条件
  • 顧客満足度No.1=勧誘なしを公式サイトで宣言

ミュゼ公式サイト⇒ミュゼプラチナム

詳しくはこちら:

【ミュゼ580円キャンペーン】2017年7月は、選べる3か所の脱毛がセットで580円!脱毛デビューの女性へ、利用方法のコツなどミュゼを徹底解説
脱毛は、費用が高いイメージを持っている人もいると思うけど、この記事を読んだ後はイメージが変わると思う。「ミュゼだったらもっと気軽に脱...

関連記事: