結婚してから変わってしまう「結婚してはいけない女性」3つの特徴

f:id:Brightfuture:20141017180123j:plain

「結婚したら変わってしまう人がいる」という話は、あなたも聞いたことがあるだろう。本人の自覚があるかないかは置いておいても、実際に結婚してから変わる人がいることは事実である。

「せっかく好きで結婚したのに、変わってしまうなら結婚しなかったのに」
こんなことを後から思うとしたら、それは不幸という他無い。

そこで今回は、結婚してから変わってしまう可能性の高い「結婚してはいけない女性の特徴」について説明したい。

付き合っている段階で、色々気になるところが出てくるものと思うが、もし今回挙げることに該当していた場合は将来のことをよく考えた方がいいだろう。友人夫婦を見ていても感じたことがあったので、参考にしてもらえればと思う。

結婚のモチベーションが高い女性のタイプは危険

f:id:Brightfuture:20141017180600j:plain

結婚願望が強すぎるタイプは、付き合っていた頃と結婚後が変わってしまうことが多い。

こういう女性は、結婚後のイメージが具体的になっていることが多く、形がある程度出来上がっていることから、それにハメようとする行動が出てきて、それがエスカレートする形で変わっていく

さらに、結婚に対してゴールに近い感覚を持っているから、付き合っている時と結婚後は別物と捉えているような感じを受ける行動が増えるのも悪い特徴。

特にあなたが経済力を持っている場合や、ステータスの高い人の場合は、非常に気を付けた方が良いポイントである。結婚にモチベーションが高いタイプは、結婚相手にブランド志向を持っている場合が多いので、いわゆる「ハイスペ男子」は、しっかり警戒していくことをお勧めする。

疲れると不機嫌になるタイプは変化する女性

f:id:Brightfuture:20141017180637j:plain

結婚生活は文字通り生活を共にするわけだから、その人の素が出てくる

疲れると彼氏に対しても不機嫌さを出す彼女は、結婚後にはストレスを感じる時にもっと不機嫌になるから、「変わったな」と残念に思うことが多い女性だ。この点はどの女性も持っている部分だとも言えるのだが、問題は結婚生活の場合、疲れた時の態度でこちらが気を使えば、それがその後に段々常態化することだろう。

つまり、気を使う必要のない人とのレッテルをいつの間にか貼られてしまい、結婚生活が段々おかしくなる原因になるということ。

付き合っている時でさえ、変化の大きい女性は、結婚後の変化も大きいことをそのまま表している。会う時間に制限があるから気を使い続けることも不可能ではない「お付き合い」の中でも、変化が顕著に出る女性は結婚後の変化が必ず起こるものと覚悟をすべき。

疲れている時やしんどい時は、その人の素が出やすい。ストレスを感じると周りに気を遣う余裕がなくなるからだ。

もし、疲れている時の彼女の振る舞いに不満があるとしたら、また、その状態になる頻度が高いとしたら、結婚後に変わってしまってそれがいつもの態度になることを覚悟して結婚しないとならない。

普段の態度が変わることがあるということは、結婚後の変化に直結している。その変化の具合をそのまま結婚生活に当てはめて、慎重に判断するべきポイントだ。

あなたには優しいが他人に厳しいタイプはいずれあなたにも厳しくなる女性

f:id:Brightfuture:20141017182036j:plain

これは、二つ目のポイントの派生に当たる内容。

あなたには気を使うが、周りの人に気を使えないタイプの女性は、やはり猫を被っていると考えるべきで、結婚後に本当の姿が出てくるものと思うべきだ。

彼氏として特別扱いされていることが分かり易いので、自分の彼女としては何だか可愛くも見えるが、結婚となると話は別になる。結婚は、無理をして気を使える期間にある程度の限界がある。普段自分が家族に対し、どこまで気を使えているかを考えれば、少しこの部分が具体化するだろうか。

気を使わないと人に対して思いやりを持てないタイプの女性は、結婚後に変わってしまう結婚してはいけない女性。その気を使ってもらえない他人に自分がなってしまうことを想像して、結婚を考えるくらいで丁度いいくらいである。

結婚で失敗しないために

f:id:Brightfuture:20141017182452j:plain

理想の結婚相手と出会えるかはわからないが、結婚してはいけない女性と結婚してしまうのは本当にキツイ生活が待っているので気を付けて欲しい。

その結婚してはいけない女性を見分けるポイントは、彼女の素を見つめることだろう。

繰り返しになるが、結婚生活はいずれ家族になっていく道を進むことと認識するべきだ。つまり、いつまでも恋人同士の関係ではいないで、夫婦になっていくということ。

もちろん恋人同士の側面を失うわけではないのだが、夫婦としての側面が強くなってくるのは事実である。そうなると、その人の本質的な部分を好きかどうかが重要だと言える。

加えて、彼女の奥にあるものを尊敬できないときつい
無理は続かないし、無理を出来ないのが「生活」だと認識して考えていけば、大きな間違いはないと思う。

わざわざ試してまで確認する必要はないので、普段からの彼女を本当によく見ておくことが重要だ。好きだから結婚を考えるのだし、上で挙げてきたことを許容できる人もいるのだろうが、結局変わってしまった嫁に苦労している旦那衆の数は非常に膨大な数に上ることを考えると、厳しい賭けに出ている行動のように思う。

従って、迷っている内は結婚をするべきではないというのが確実に言える最低限のところだ。

この人だと信じ込める女性と結婚しても裏切られている人が多い中で、自分だけが何となく幸せになれると思うのは少し都合が良すぎるのだろう。その変わり、自分に取って良い人と結婚できれば、その幸せの大きさも半端ではない

だからこそ、信じられる良い人と結婚するべきだと思う。現実的な問題には目を瞑らず、幸せな結婚生活を目指してほしい。

まとめ

今回は、「結婚してから変わってしまう結婚してはいけない女性3つの特徴」をまとめた。

付き合っている彼女のことだから改めて言うべきではないこともあったと思うが、主観的になった人は気づきもあったと思う。結婚に悩んだ人は、今一度こんなチェックポイントで「結婚相手」として彼女の本質を見つめよう。

素敵な女性との結婚には想像を超える幸せがある。幸せになるために考えてみよう。

結婚する前
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました