好きな人ができない理由の改善と対処の方法

好きな人ができない女性が好きな人のシルエットをイメージしている

「恋愛したいと思っているのに、好きな人ができない…」

一見矛盾しているような状況に思うかもしれないけれど、こんなことが恋愛ではよくあることだ。特に「ずっと好きな人ができない」という人は原因も理由もきちんとあって、改善や対処が必要になっている。

そこで今回は、「好きな人ができない理由の改善と対処の方法」を徹底的に解説したい。せっかく恋愛したいのにできないのは幸せじゃないから、ぜひあなたの原因に対処していこう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

理由①「理想が高い」の改善と対処の方法

理想が高いことで恋愛できない人は、自分の異性の好みの理想が高いことを自覚するところから対処の方法はスタートする。

この理由で「好きな人ができないのか」を判断する際はどうしても本人が曖昧さを感じるが、理想の高さを自覚していない人が多いのがこの理由の特徴である。好きな人ができないのは自分の理想が高いことが原因ではないかと疑うことは重要なので、その感覚からスタートするようにしよう。

理想が高い人が好きな人を作るための具体的な施策は、理想に合う人と出会うことに対して実際の努力することだ。

例えば、ハイグレードな人の集まるパーティーへ参加したり、自分の理想に合う人が参加している可能性の高いサークルに参加したり、イベントに参加したり。理想が高いことで好きな人ができない人は、そのままの生活で理想に合う人と出会える確率が低いところを改善しないと決して時間が解決しない。

あなたが好きになる相手はなかなか出会うことすら難しいことを自覚して、「素敵な人が現れないかなぁ」と妄想するだけの生活を卒業しよう。

また、理想と現実を差を自覚して、もっと視野を広げてみる方向も有効だ。その意味でも、「自覚」が必要とも言える。

ギャップを埋めるというより、もっと内面に焦点を合わせて異性と接することで、自分に合った人とコミュニケーションを取るように自分をもっていく。

理想というのは、その多くが表面的なモノに由来するもの。見た目(顔・体)や職業だったり、お金に関することや学歴等々。それを意識し過ぎていたのかなという感覚からスタートして、幸せを感じることができるお付き合いの相手を探すように異性と接することで好きな人ができる可能性を上げる。

このタイプは、要するにフィルターをかけて第一段階でふるいをかけてしまっていることで、好きな人ができない面がある。それを改善してみると、だいぶ変わってくるだろう。

あなたの理想の人と出会うために頑張るか、理想以外の人とももっと親しく付き合うなかでもっと内面を見る恋愛にチャレンジするか、二つの対処法から選んで実行しよう。

スポンサーリンク

理由②「警戒心が強い」の改善と対処の方法

警戒心が強い女性がバツマークを作っている

警戒心の強さは、恋愛を進めていくのに邪魔になるのは確かだ。恋愛は相手との呼吸もあるから、ガードの固い人は誰も踏み込んでくれないことで恋愛関係に発展するだけの深いコミュニケーションが取れない。

警戒心が強いことで好きな人ができない場合は、その性格を直す方向より、警戒心の強さとその他の行動でバランスを取るようにするのが現実的な対処の方法になる。

好きな人を作るためには、ある程度のコミュニケーションが取れないといけない。あなたの警戒心は、相手の警戒心を誘発する可能性があって、好きな人ができない原因は「出会う異性と遠慮がちなコミュニケーションしか取れない」から。

警戒心の強さが異性と打ち解ける邪魔をするのだが、その性格とのバランスを取る方法として推奨したいのが、意識的に自分の内面を見せる努力をすることである。

先程述べたように、警戒心の強さは相手に伝わってしまうため、それと逆のことを意識的に取り入れることで、性格を変えずに改善・対処をしていく。簡単なのは「軽い相談をしてみる」とか、「グチや悩みを話してみる」ことだ。

普段のあなたを変えることは本当に難しいことだが、何かを付け加えることはそう難しいことではない。例を挙げたのはイメージを持ってもらうためなので、あなたなりに警戒心を打ち消す逆の行動が浮かべば、それを取り入れることで改善の方向が見えるだろう。

相手のせいにせず、まず自分から心を開くために、ぜひ具体的な行動に落とし込んで考えよう。

理由③「過去の恋愛から影響を受けている」の改善と対処

トラウマに近い状態になっている「過去の恋愛の失敗」があると、正直改善が難しい部分がある。

もし、引っかかっている過去の恋愛から時間が経っていないのなら、しばらく恋愛以外のことに打ち込んで、時間が癒してくれるのを待つのも対処になるだろう。実際、恋愛毎に傷が癒えるまでの時間は違っていて、自分が考えていた時間より時を要する場合は少なくない。

時間がかなり経過した過去の恋愛を引きずっていることで好きな人ができない場合は、出会いを闇雲に繰り返すよりは、じっくりその恋愛と向き合う方が先に進める可能性が高いと経験上は思う。

散々言われたことだとは思うが、「そんな人ばかりではない」し、「そんな恋ばかりではない」。

向き合うのが怖くて何となしに時間が癒してくれるだろうと期待したけど、結果的にそれが叶わなかった場合は、思いっきり向き合う方が良いこともある。恐らく、そのままでは恋愛に臆病になってしまったり、過去の恋人が忘れられないことで次の恋愛ができない可能性は高くなっているから、とことんまで向き合う時期を探してみよう。

問題を外に求めるより、自分の中でいかに踏ん切りをつけていくかと言う視点が大事になってくると思っている。蓋をしていた過去に向き合えば、逆に苦しむ時間が少なくなる。そうする中で素敵な出会いがあれば、また違った印象でその異性を見ることができるだろう。

理由④「異性と仲良くなる時に拒絶反応が出る」の改善と対処の方法

異性と仲良くなると途端にダメになる女性

好きではない人から近寄られると、逃げたくなるのは人間としてまともな神経の一つ。
だが、これも行き過ぎると恋愛ができない理由になる。

人が人を好きになる工程はその恋愛毎でも違っているくらい、様々なドラマが起こり得る。

追いかけられるとダメなタイプは少なくないが、仲良くなることに拒絶反応を起こしてしまうのは少し行き過ぎた感覚であり、好きな人ができない原因になるところ。

それを改善していくためには、異性でも友達の感覚を大切にしていくことが大切だ。

もしかしたら、好きな人ができないことが悩みになってしまって、過度に「異性を恋愛対象として見過ぎている」のかもしれない。

コミュニケーションを密にとれば友達を好きになることだって少なくないし、誰かと仲の良い状態になったとしても他の異性とチャンスが減るわけじゃない。誰かに追われたとしても恋愛の方向へと考えすぎずに、そのまま仲良くしておくことで相手のアプローチから好きになることもあるから、異性の友達関係を拒絶するようなことが無いように努めてみよう。

そこから一歩先を行くなら、自分から追っていける人を作るためにモテそうな異性との関わりを持つようにしても良いかもしれない。あなたから追っていくことが必要なモテ系の異性と関わりを持つと、少しイイかなと意識したところからもさらに自分から進んでいかないといけないから、恋がし易くなるのがこのカテゴリーの人だろう。

異性に拒絶反応を起こしてしまう人は、追われる恋愛が厳しい人だから、自分から追う恋愛をするために、出会いを増やす必要がある。

理由⑤「生活が充実していて恋愛への欲求が小さい」の改善と対処の方法

恋愛は良い部分もあれば、悪い部分もあるから、仕事やプライベートが充実しているとどうしてもそちらが優先されて好きな人ができない。悪い状態が問題なのではなく、むしろ自分が良い状況のなのが逆に恋愛に向かない状態になっているわけだ。

充実しているからそのままでも良いなら時間をかけつつ好きな人を作っていけばいいが、もし改善・対処を目指すなら、自分が現在手にしていない充実感を自覚するのが、良い対処の方法になる。

具体的には、ラブラブな友達のノロケ話を一度じっくり聞いたり、恋愛映画や恋愛ドラマを見てみる。あなたが今持っていない「幸せ」の価値を感じれば、心から恋愛を求めるようなるはずだ。

恋愛には、他で感じることのできない幸せもある。
また、それは他のことで代用できないものでもある。

恋愛を犠牲にしているとまでは言わないが、時間的にも感覚的にも、生活の充実は恋愛との相性が良くない。辛いことがあって、その傷を癒すために恋愛する人がいるように、心の隙間って奴が恋愛を後押しすることもある。生活の充実はその真逆に当たるため、好きな人ができない理由にもなるのである。

時期によっては改善の必要性が人それぞれであるような気もするが、改善へ向けた努力は、充実感を少し取り除くことと似ているのかもしれない。今感じている幸せが本当の幸せではないと実感すれば、見るべき方向が変わるだろう。

男として、女としての充実感が自分に足りないと思えば、少し恋愛へ対する欲求も増える。そうなると周りの見方も変わるかもしれない。取捨選択の余地を一度考えてみると、よりはっきりと自分の選択が見えるだろう。

理由⑥「恋愛に必要な3要素がない」の改善と対処の方法

恋愛に必要な3要素がない女性は窓の外を見つめている

恋愛に必要な3要素とは、

  1. 出会い
  2. コミュニケーション能力
  3. セルフイメージ

である。

これについては、下の記事で説明しているので、これを持って解答としたい。
モテない男が彼女を作るために必要なこと~恋愛に必要な3つの要素を改善・対処する方法

「モテない男」となっているが、女性も同じことが言え、要は恋愛に必要な要素が欠落しているから恋愛ができない・うまくいかないことを上の記事では言っている。好きな人ができない理由もその3点に集約されている可能性はあろうかと思うのでぜひ読んでみてほしい。

所謂、恋愛ベタ故に好きな人ができない場合は、論理的にその理由と改善案を見ることで、対処の方法が得られるだろう。

焦りは禁物

最後に敢えて伝えたいのが、焦りと恋愛も相性が悪いということである。

好きな人は、本来作ろうと思って作るものではない。
そのことはあなたもよく分かっていることだと思ってはいるが、好きな人ができないことに焦りを感じてしまうと、さらに恋愛が遠のく可能性があることをもう一度考えてみよう。

恋愛は良いところも悪いところもある、バラ見たいなもの。美しさだけではなく、棘も存在する。しかも、その棘の刺さる可能性はほぼ100%だ。傷付かない恋愛は、おママごとであるかただのゲームであって、恋愛ではない。

心の準備をするために具体的な行動をすうr。好きな人を無理にでも見つけようとするのは、逆効果になる場合もあるから注意も必要だ。自分の問題点があるならそれを改善しつつ、出会いが無いなら出会いの場を探しつつ、自信が無いなら自分を磨く努力をして、自然に好きになれる人を探すべきだと思っている。

時々、あらゆることを恋愛に繋げて考えるメルヘンチックな人と出会うが、正直好きになるかどうか依然の問題で、仲良くなれない。悩みの解決は早い方が良いが、好きになるかどうかという問題は相手もあることだし、即効性があって万人に共通する対処方法は無いのだと思う。

理由を知れば改善ができるので、それを継続しながら、良い出会いを探すのが一番重要なことではないかと思っている。

まとめ

今回は、「好きな人ができない理由の改善と対処の方法」をまとめた。最後は恋愛の微妙なところまで踏み込んだが、あなたはどんな感想を持っただろう。

好きな人ができないのは、様々な理由と原因があって対処もバラバラとなる。そうなると一番大事なことは「自己分析」ということになるので、ぜひ今までの自分の恋愛の仕方を振り返って、最後は具体的な改善策へとつなげよう。

この記事は前向きに対処したい人にしか役立たない記事である。あなたが変わらないと、何も変わらない。

関連記事: